【腰砕け】KTX開業後のトラブル集2011【ソースつき】

2012.6.21更新(4.17-年末分)

※女 乗 務 員 の 記 事 は 割 愛 さ せ て い た だ き ま す www

※事件ごとに記事原文のURLを併記しています が、日本語で読みたいときはNaverなどの自動翻訳を使ってください。
KTX未開業区間進捗やG7試運転、在来線・都市鉄道のニュースはこちら

2004年 2005年2006年 2007年 2008年 2009年 2010年 2012年
【別表参照資料】開業後の故障統計一覧
枕木不良含む第2期分まとめ

Home>>Korea >>試運転開始から開業前のトラブル集を見る >>KTXの車内設備を見る > >銀河鉄道KTXのFlash:http://enjoynews.net/photo/ktx.swf

map_ktx.gif
本日の
腰砕け
開 業時からの被害状況(Web上での判明分)
+5
人 身事故54件(死亡44名・負傷12名。48件は在来線内、1件は新線上で保線作業員が轢死、1件は在来線内で作業員が死傷、1件は列車の部品落下により 飛散したバラストに当 たった沿線の農民2名が負傷+車2台破損)+ キバノロ1頭
+2
間 接的死傷30名(延伸区間の工事事故で死亡3名負 傷7名、線路際工事のクレーン転倒で死亡1名、病死4名・転落死1名・感電死4名・感電による負傷3名・乗客による暴行で乗務員負傷1名・乗用車が駅に転 落で重傷4名・貨車トラブルで負傷1名・車内販売のゆで玉子で食中り1名など。乗客が暴行1件、デモ1件)

負傷6or13〜名(乗務 員・作業員が感電。窓から脱出しようとしてガラス片で乗客負傷1名、衝突事故で乗客負傷2or10〜名、脱線事故で負傷1)
+18
故障・システム異常148件 (うち過失2件)、車輌リコール1件
+3
他運行妨害29件(軌道侵入 で転落死1名、乗用車による線路内侵入2件、置石など5件・ニセ爆弾騒動10件・未遂2件、放火1件
踏切内トレーラー接触事故・乗用車が駅構内に転落1件、労働闘争による車体毀損1件、[山川]喫煙 で火災センサー作動6件
+1
乗務員のミス・規則違反5件(信 号所で客扱い、規定時間外の線路立入による保線作業員事故死、運転中の携帯電話使用、誤通過2件、暴行)

共食い整備65件(開業後5ヶ月以内)、202回(開業から2年 半)+2011年も現在進行形

検査・保守の不備

試験・検査の不備など

その他運営上のトラブル(予 約など)

沿線の環境問題13件(騒音 問題12件、日照権係争1件)
+2
駅舎などの施行不良19件 (疑惑含む)
が、実際は・・・2005 年1-7月だけで故障件数が1,300件にも及んでいたことが判明>>more
<リンク>
TGVweb-TGV Accidents
http://mercurio.iet.unipi.it/tgv/wrecks.html

ハインリッヒの法則(1:29:300)
http://www.anzenkun.nishio-rent.co.jp/anzen/139.htm

イ・ナックヨン(李洛淵)韓国民主党国会議員(建設交通委)公式サイト(イッテ ヨシとは読まないこと。)
http://www.nylee.or.kr/

Date
事 件要約/詳細はリンク先参 照のこと。※は試運転時のトラブルが再発
12.21
高 速鉄道への民間事業者参入が実現へ
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20111222-00000868-chosun-kr
 1899 年に京仁線が開通して以来、韓国鉄道の主要路線は一つの事業者(現在は韓国鉄道公社)による独占体制が続いてきたが、
こ の体制が113年にして崩れる見通しとなった。政府と与党ハンナラ党は、ソウル市江南区水西と釜山・木浦を結ぶ高速鉄道
(2015 年開通予定)の事業権を民間企業に付与する案を積極的に検討していることが、21日までに分かった。
同 党や政府の関係者たちによると、国土海洋部(省に相当)は最近、同党の政策委員会に対し、こうした案について報告し、
近 日中に行われる李明博(イ・ミョンバク)大統領への業務報告でも、これに関する内容が含まれる見通しだという。

  同党の関係者は「民間企業が高速鉄道を運営する場合、料金は現在より20%程度安くなるという研究成果が出ている。
料 金の引き下げや鉄道運営の効率化といったメリットがあるため、政府も積極的に検討していると聞いている」と語った。

  政府は14年末までに、水西と京畿道平沢市を結ぶ高速鉄道を建設し、既存の韓国高速鉄道(KTX)京釜線と建設中の同湖南線に乗り入れ、
水 西と釜山・木浦を結ぶ列車を15年初めから運行する計画だ。
  韓国交通研究院は、民間企業が事業権を取得した場合、ソウル―釜山間の高速鉄道の料金は現在(5万1800ウォン=約3500円、平日基準)に比べ
約20.1% 安い4万1400ウォン(約2800円)程度まで引き下げられるとの見方を示した。

  同研究院のイ・ジェフン博士は「民間事業者は料金を20.1%引き下げても、約8.8%の利益率を挙げることが可能だと分かった。
民 間事業者が運営する高速鉄道が登場すれば、利用者はKTXと比較し、選んで利用できるようになるため、サービスや運賃など
あ らゆる面で競争が活発になるだろう」と話した。

  一方、ハンナラ党は「(料金の引き下げなど)趣旨には共感できるが、収益性が高い高速鉄道の事業権を大企業に付与した場合、
論 議を呼ぶ可能性があり、またこれまで鉄道を運営してきた韓国鉄道公社の労使による反発も予想される。
こ うしたマイナス面に対し徹底的な対策を講じる必要がある」との意見を政府に伝える方針だという。
12.19
【消 毒だーーーーーーーーーー】

ソ ウル地下鉄の車内で人糞騒動相次ぐも経緯の把握は困難=韓国
サー チナ 12月20日(火)13時32分配信
http://news.searchina.ne.jp/disp.cgi?d=1220&f=national_1220_112.shtml&y=2011
  ソウルの地下鉄4号線で19日、乗客から車内に人の排泄物と推定される汚物が あるとの通報があり、途中の駅で掃除をする騒ぎがあったと、韓国の複数メディアが伝えた。

  韓国メディアは、19日の昼12時47分にソウルの地下鉄4号線の2号車の乗客から非常用電話で床に汚物があると通報があり、次の駅で清掃員が乗り込み、
汚 物を掃除したと伝えた。騒動がある40分前にも同じ電車の4号車で同様の通報を受け、清掃作業を行っていたという。

  ソウル地下鉄4号線を運営するソウルメトロによると、運転途中の駅で清掃員が汚物の撤去を行ったが、その影響による運転の遅延はなかったという。
乗 客に謝罪放送もしたが、電車内に監視カメラが設置されていないため、人の排泄物かどうかを含め詳細の把握は難しいと説明している。

  韓国のネット上でも衝撃的な話題として多くのネットユーザーがブログやツイッターなどで取り上げており
「理 解に苦しむ」「本当に事実?」などと信じがたいとの反応が多数見られる。
12.18
【韓国】国産新型車両「山川」(KTX -II)でトラブル 乗客50人余りを別の列車で移送[12/18]
http://awabi.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1324224214/
1 :かじてつ!ρ ★:2011/12/19(月) 01:03:34.20 ID:???
○KTX「山川」でトラブル 1時間運転停止 
 18日午前11時20分ごろ、全羅南道・順天駅付近で、竜山発麗水行きの韓国高速鉄道(KTX)国産新型車両「山川」(KTX−TT)703号列車が停 止した。
韓国鉄道公社(コレール)は順天駅まで列車を運行させ、乗客50人余りを別の列車で移送した。列車運行には1時間ほどの遅れが出た。
関係者は、「運行途中に異常が発生し正常な速度を出せず、運転を見合わせた」と説明した。

□ソース:聯合ニュース
http://japanese.yonhapnews.co.kr/society/2011/12/18/0800000000AJP20111218001300882.HTML
12.17
【韓 国】「どうしたソウル地下鉄」〜今度はドアの故障と水騒動[12/17]
http://awabi.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1324092151/
12.13
【韓 国・鉄道】時速180キロの韓国初の準高速列車「ITX−青春」、来年2月から営業開始[12/13]
http://awabi.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1323770585/
12.11
地 下鉄が乗客の抗議受け逆走 /ソウル
「ド アが開かず、降りられなかった」と抗議、前の駅に引き返す
http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2011/12/12/2011121201558.html
11 日午後、ソウル市内の地下鉄で、電車から降りられなかったという1人の乗客の抗議を受け、電車が前の駅に引き返すという事態が起こった。
地 下鉄を運営している都市鉄道公社は、非常事態でないにもかかわらず、後続列車の運行を遅らせてまで「逆走」を認めていたことが分かり、論議を呼んでいる。
ソ ウル都市鉄道公社(地下鉄5−8号線を運行)によると、この日午後3時45分ごろ、地下鉄7号線下渓駅を発車し、中渓駅に向かっていた7186番
列 車で、60−70代とみられる男性の乗客が、車内に設置された「非常通話装置」を通じて「下渓駅で降りられなかった」と運転士に抗議した。
こ れを受け、同列車は170メートルほど逆走し、下渓駅に引き返した。乗客を乗せて運行中の列車が逆走したケースは今回が初めてで、この区間の列車の運行に 3分ほどの遅れが生じた。
都 市鉄道公社の関係者は「ある乗客が『下渓駅で降りたかったのに、ドアが開かなかった』と、暴言や悪口を浴びせながら1分ほど運転士に抗議した。
こ れを受けて運転士が管制センターに報告し、許可を得て下渓駅に引き返した」と当時の状況を説明した。

【韓 国】地下鉄逆走:「ドアが開かず他の乗客も皆降りられなかった、損害賠償を請求すると脅された」運転士が当時の状況を説明[12/14]
http://awabi.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1323834278/
12.09
【ITX】年末開通予定の高速列車、動力装置の欠陥で試運転を中断=韓国
サー チナ 12月9日(金)12時44分配信
http://news.searchina.ne.jp/disp.cgi?y=2011&d=1209&f=national_1209_108.shtml
 12 月中旬に開通が予定されていた韓国初の都市間準高速列車、「ITX−青春」の動力装置に欠陥が見つかり、
コ レール(韓国鉄道公社)が年 内の開通に向けた試運転を11月26日に中断し ていたことが明らかになった。韓国メディアが伝えた。
  「ITX−青春」は時速180キロで、韓国高速鉄道KTXに次ぐ速さである。ソウルの春川と龍山駅を約70分で結ぶ予定で、年末の開通に向けて9月から安 全運行のために試運転を行ってきた。
  しかし、試運転中の先月25日に車両の動力装置の部品に欠陷が見つかり、コレールは26日に整備作業を理由に試運転を中断した。
発 見された動力装置の欠陥は緊急停止などの事故が相次いだKTX(韓国高速鉄道)の動力装置の欠陥と同じだという。
  精密検査と部品交換に20日ほど、交換後の試運転に通常45日から50日かかることを勘考すると、年内の開通は技術的に不可能だという。

  韓国メディアは、当初の計画より停車駅が増える可能性があることや、料金が高く予想より時間がかかること、運行前の試運転の段階で問題が頻発(ひんぱつ)
し ていることなどを挙げ、「予想より高い運賃で運行前から問題発生で利用客はもちろん地域社会の反発が大きい」「高 速電車ではなく、苦痛電車と いう汚名まである」などと伝えた。

  一方、開通予定が目前に迫っている中、運賃や停車駅などがいまだに決まっていないことも判明した。運賃は当初の5000ウォン(約340円)から9000 ウォン(約610円)に
跳 ね上がる可能性も出てきており、運賃を安く運行回数を増やしてほしいとする地域住民が反発するなど、課題は山積だ。

【社 会】 "KTXの動力装置の欠陥と同じ" 年末開通予定の準高速列車「ITX−青春」、動力装置の欠陥で試運転を中断…韓国
http://uni.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1323407089/
【韓 国】空港鉄道で作業中の5人がはねられ死亡 [12/09]
http://kamome.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1323404562/
< 空港鉄道列車事故、安全不感症がもたらした惨事>
聯 合ニュース|カン・ジョング|入力2011.12.09 14:26|修正2011.12.09 14:35|
http://media.daum.net/society/nation/metro/view.html?cateid=100005&newsid=20111209142605928&p=yonhap&RIGHT_COMM=R1

◆ 管制室に報告せずに線路へ進入..安全施設も不備
(仁 川(インチョン)=聯合ニュース)カン・ジョング記者=コレイル空港鉄道列車事故は、安全不感症がもたらした惨事という指摘が
出 ている。

9 日の仁川、桂陽(ケヤン)警察署によればコレイル空港鉄道協力業者のコレイルテックの勤労者8人は、この日の0時50分から
午 前4時まで、線路の凍結防止作業を始めるように承認を受けたが作業時間開始前に線路に進入した。
http://i2.media.daumcdn.net/photo-media/201112/09/yonhap/20111209143505907.jpg
http://i2.media.daumcdn.net/photo-media/201112/09/yonhap/20111209143505960.jpg
http://i2.media.daumcdn.net/photo-media/201112/09/yonhap/20111209143506013.jpg

彼 らは作業承認時間開始より25分早い0時25分、桂陽駅から空港方向に1.2km離れた作業現場に到着したと伝えられた。 
こ の日の0時5分ソウル駅から出発した最後の列車3157号の運行が終わる前の時間に線路に進入したのだ。

結 局、これらの中5人は線路作業中の0時30分頃列車にひかれて亡くなり、1人は重傷を負った。当時、現場にいたある勤労者は
警 察で「寒 かったため作 業をはやく終わらせようと、予 定より早く線路に入った」 と話した。線路進入に先立ちコレイル空港鉄道の
管 制室に報告しなければならない手続きも省略し た。勤労者たちは管制室に線路進入事実を知らせないまま、桂陽駅近隣の側の
門 の鍵を開いて入り、線路に到着したと警察は伝えた。

コ レイルテックの安全管理監督責任者も、作業現場に同行していなかったと調査された。 安全責任者は作業現場に同行して安全
事 故予防に万全を期しなければならないが、この責任者は事件発生当時、黔岩(コマム)駅に留まっていたことが伝えられた。
こ れと共に保護装具着用や安全施設の設置も不備だったと警察は伝えた。
コ レイル空港鉄道も、やはり列車運行が終わる前の時間に、8人もの勤労者たちが線路に入ったのにこれを制止できなかった。
死 亡者のイ某氏の婿は"列車運行時間中に、勤労者8人が線路に集まって作業を始めたが、空港鉄道の職員の中の誰も知らずに
い たとのが話になるのか"とし"勤労者たちが線路に入った状況をCCTVで把握できなかったのか、疑わしい"と話した。警察は
協 力業者の安全管理監督の粗雑および安全規則遵守違反の可否、機関士の前方注目義務違反の可否などを調査中だ。
11.20
【ITX】車両欠陥でデビュー延期へ

[春 川]準高速急行列車、今月中の開通不透明
試 運転車両の問題点が発見され、引渡しが遅くなって
料 金・停車駅などの運行計画の発表が遅れる可能性
http://www.seoul.co.kr/news/newsView.php?id=20111202017008
【春 川】京春線準高速急行列車’ITX−青春’の12月の開通予定が不透明だ
こ れに伴い、地域社会からの反発も買っている料金や停車駅、運行回数などの総合的な運行計画についても発表が遅れる可能性が提起されている。
Korail によれば、今年9月から国内で初めて導入される準高速急行列車であるITXは、京春線区間で試運転している。
し かし、ま だメーカーである現代ロテムと売買手続きが完了していない
試 運転中にITXの車両に関連する問題などが発見され、確認および補完過程を経るのに引渡しが遅くなると伝えられている。

  また、現在、他地域で運行中のKTXUー山川の場合、営業運行車両が停止するなど、さまざまな事故が相次いでいるだけに、
現 代ロテムからの引渡しを受ける前の車 両点検のプロセスをより厳格に進行しているの も理由になっている。
Korail 関係者は、「ま だ現代ロテムから車両を引き受ける段階にない状 態」と言う。

従っ て、「車両の引渡しが終わっていないため、運行開始日を設定できずにおり、料金や停車駅など総合的な運行計画の発表についてもいつになるか保証できない」 と言う。
通 常、新規導入列車の場合、車両点検に加えて、少なくとも、1から2ヶ月間の信号系統のチェックなど、実際の運行のような練習を経なければならない。
特 に今回のITX青春の導入では、既存の京春線に加えて、電鉄まで路線が拡張されるだけに、さまざまな鉄道と他の列車と信号のチェックなど、綿密な準備過程 を経なければならない。

こ れに関連して、Korail関係者は、「運行開始時点は、車両の引渡し時期に影響されるので、8両8編成を一度に売買契約するか、
ま たは分割して契約するとした場合には、どのように運行を行うかを考える必要があり、現時点で、12月から運行が可能かどうかを断言することはできない状 況」とした。
11.17
【韓 国】『ITX−青春』〜韓国初の都市間準高速列車が導入、時速180キロ[11/17]
http://kamome.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1321498512/

11.10
【韓 国】韓国高速鉄道の故障 公団が賠償求めサムスンなどを提訴[11/10]
http://kamome.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1320912593/
1 :九段の社で待っててねφ ★:2011/11/10(木) 17:09:53.00 ID:???
  【大田聯合ニュース】韓国鉄道施設公団が9日、韓国高速鉄道(KTX)京釜線の第2期区間の転轍器(てんてつき)と分岐器の障害により損害を被ったとし て、転轍器を納品したサムスンSDS
な ど19社に計40億ウォン(約2億7400万円)の損害賠償を求める訴訟を大田地裁に起こした。 同地裁が10日に明らかにした。
  公団側は「40億ウォンはこれまで発生した損害の一部で、今後、乗客が安心して利用できるよう補修が行われない場合は直接損害額を求める」との立場を示し た。

  公団の説明によると、第2期区間が開通した昨年11月から今年8月末まで、新慶州駅と蔚山駅の間の転轍器と分岐器に526件の障害が発生した。
  また、公団は8日、2008年10月に行われた転轍器の入札で、サ ムスンSDSがスペイン高速鉄道に供給実績があるかのように
虚 偽の内容の書類を提出し、落札し たとして、詐欺などの容疑で同社をソウル・水西警察署に刑事告発した。
  公団は「サムスンSDSはスペイン高速鉄道に供給実績があるという内容の書類を提出した事実がないと主張しているが、この主張も虚偽だ」と明らかにした。

ソー ス   聯合ニュース 2011年11月10日 
http://japanese.yonhapnews.co.kr/headline/2011/11/10/0200000000AJP20111110002400882.HTML
【週アス】 せっかくKTXに乗ったので、車内無線LANにつないでみたけどダメだった!
http://weekly.ascii.jp/elem/000/000/064/64983/
10.26
【韓 国・鉄道】時速700キロの「超高速列車」登場なるか、縮小模型列車を“亜真空”状態で走行実験[10/26]
http://kamome.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1319623343/
10.21
韓国鉄道施設公団、「170kmに減速して走る所は新慶州駅構内およ び蔚山駅構内各2km」
http://www.asiae.co.kr/news/view.htm?idxno=2011102116453360898&sec=sisa6
  韓国鉄道施設公団は21日KTX新慶州〜蔚山区間を時速300kmで正常運行すると発表した。
鉄 道施設公団は一部マスコミが「京釜高速鉄道2段階の新慶州駅〜蔚山駅区間でKTX列車が時速170kmに減速運行されている」と報道したことに対してこの ように説明した。
  列車速度を170kmに減速する区間は、新慶州駅〜蔚山駅区間全体(29.9km)でなく、新 慶州駅構内と蔚山駅構内の各2kmだ と明らかにした。
京 釜高速鉄道2段階区間で通 常の(最高時速300km)で運行する東大邱駅〜釜山駅区間(延長130.7km)は、平均時速206km、所用時間は38分だ。 
分 岐器と線路転換機障害が出た新慶州駅構内と蔚山駅構内区間(2km)で時速170kmに減速して走るためだ。
一 日12回の両 駅無停車の列車は平均時速が187kmに 落ちて、時 間は4分が遅れて42分に なる。 二駅両方停車する15回の列車は全く支障がない。
  東大邱駅〜釜山駅を行き来する列車(一日往復106回)中▲ 無停車列車は12回(4分遅延) ▲一駅にだけ停車する列車は79回(2分遅延) ▲2駅全部停車する列車は15回(遅延なし)だ。
韓 国鉄道施設公団の関係者は「鉄道障害に対する整備と保守を終えた」として「徹底した点検と加速試験を経、すぐに時速300kmで通過できるようにする」と 話した。
10.19
KTX、線路分岐器に問題
http://japanese.joins.com/article/749/144749.html?servcode=400§code=430
鉄道施設公団がKTX区間で時速250キロメートル以下だけで使われる一般鉄道用の線路分岐器(ポイント、転轍機)を設置し、問題が発生したことから結局 減速運行を行った。
時速300キロメートルの高速鉄道用に導入した転轍機が性能を発揮できないと明らかになったことから、
安全運行のために時速170キロメートルで減速運行することになったのだ。
鉄道施設公団のチャン・ソックン信号制御処長は18日、「頻繁な故障を起こしたKTX2期区間の新慶州(シンキョンジュ)駅と
蔚山(ウルサン)駅の転轍機8個に対する整備を終えた。まず時速170キロメートルで列車を試験運行した後に安定性が確認されれば今月末から時速300キ ロメートルで走行する計画」と話した。
新慶州駅と蔚山駅の転轍機は昨年11 月にKTX第2期区間が開通してから今年6月までで526回も故障を起こした。このうち28回は列車が立ち往生する事故だった。

鉄道施設公団はまた、時 速300キロメートル以上で使われたかのように虚偽の書類を作成して転轍機を納品したサムスンSDSを詐欺容疑で告発することにした。
10.14
【韓 国】ケーブルカーが墜落、40代男性死亡 [10/14]
http://kamome.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1318573007/
10.12
【鉄 道】韓国国産高速鉄道、ランニングマシンのような大きなローラーの上で時速400キロ台…世界トップクラス (中央日報)[11/10/12]
http://toki.2ch.net/test/read.cgi/bizplus/1318387470/

※ 三菱の新幹線用(500q/h対応)
http://www.mhi.co.jp/en/products/pdf/hydract05.pdf
9.25
Korail「最近の事象は全てロテムと鉄建公団が悪い」
議員「開発〜引渡、試運転〜営業運転が短かったんじゃね?」
Korail「イルボンやプランス、ドイツと変わりないニダ!ホラ(資 料見せる)」
議員「あれ?その資料捏造じゃね?」←今ココ


KTX -山川、無理な制作スケジュールが事故の主な原因
シ ンヨンス議員、KTX-山川製作期間先進国の半分のレベルを証明 [2011-09-25 13:15]
フ ランス、ドイツ、53〜75ヶ月、KTX-山川36ヶ月、超高速拙速制作強行
短 い工期にも61%もの設計変更
http://www.asiatoday.co.kr/news/view.asp?seq=531749
フ ランス、ドイツ、日本に次ぐ世界で4番目の 私たちの技術の高速列車KTX-山川が2010.3月に初開通後、57 件の 重大な障害を起こして、
国 民の自尊心が大きな心配の種になりつつある。23日、鉄道公社に対する国政監査では、KTX-山川の欠陥の原因が鉄道先 進国の高速鉄道に比べて
半 分や短い無理な制作スケジュールのためだ という指摘が出て、シンヨンス議員はKTX-山川と海外の高速鉄道の製作スケジュールを比較分析した結果、
海 外高速鉄道は、制作期間が53〜75カ月であるのに対し、KTXは36ヶ月に 過ぎなかった。」とし、「超 高速拙速製作が頻繁な事故の主犯」 と叱責した。
ま た、KTX-山川制作の過程で31の主要部品のうち19個(61.3%)の仕様や設 計の変更が違ってくるなど、頻繁な設計変更が行われたことも確認された。
コ レイルは、入札公告時からKTX-山川の製作期間を36ヶ月で念を押して、期限を渡す時には、遅滞日に比例して莫大な遅滞償還金を要求した。
実 際の製作会社は、初期出荷数量の期日を守ることができなくて814億ウォンの遅滞償還金をコレイルに支払った。
遅 滞償還金が限度額もなく、雪だるまのように増える状況で、国民の安全を考えた十分な検討は困難になるしかなかった。

さ て、<海外の主要な高速鉄道の製作期間>に対する国政監査資料の要求について、鉄道公社は、当時の技術サービスのデータを引用しながら、
日 本の新幹線が36月、フランスのTGV-POSが36月、ドイツのICE3が42ヶ月と いう資料提供に一貫していた。
36 月納品期日の設定が妥当であることを裏付ける有利な資料だった。しかし、シンヨンス議員がRailway Gazetteなど海外の鉄道車両の情報サイトや
ニュー スサイトを いちいち検索すると、外国の先進的な鉄道会社の実際の制作期間がどうか調査した結果、鉄 道公社が提供した資料が事実と相違と 明らかにした。

海外の高速鉄道の製作期間は通常53ヶ月〜75ヶ月で あることが明らかになったのだ。
日 本の鉄道車両(新幹線)は、 鉄道技術研究院の開発(設計)を推進して、
製 作会社が一緒に開発に参加(随意契約の構造)して購入する形態で、開発時が即製作会社の契約で見ることができ、
初 の商業運行までは通常60ヶ月程度の 期間が必要となった。
TGV-POSは、 既存のTGVレゾモデルの機関車を代替する高速鉄道用動力機関車の新規開発事業として、比較自体が話にもならないし、
そ れにもかかわらず、契約(2003.01)初の商業運行(2007.06)まで53ヶ 月か かることを確認した。

ICE3は、 シーメンスが製造する71ヶ 月が 必要とされ、同じシリーズのVelaroE (ベラロ E)※の場合は、75ヶ月ぶ りに納品したことが分かった。
シ ンヨンス議員は「最高の技術力とノウハウを持つ海外の企業でさえ、50〜75ヶ月の製作期間を必要とする事業に、
コ レイルが製作期間を36ヶ月と釘をさしたこ とから、不良の災難は始まった。」と指摘し、
「コ レイルは、国民の安全を第一順位とし、合理的な製作期間と試運転期間がどれだけか、他の国の事例を十分に調査し、その基準を定めなければならない。」と述 べた。
最 近、中国の兆候高速鉄道災害が、共産党創建90周年記念日のために無理に工期を6ヶ月繰り上げて合わせるのせいで十分な安定化期間を経ることができず、
運 行を開始して以来、頻繁に故障が発生して大惨事につながったことを忘れてはならないのだ。
9.23
【ないないないないないない】
(2011 年国政監査)"KTX故障しても交換部品がない"..コレール確保遅く 2011-09-23 18:29:00
http://news.etomato.com/Home/ReadNews.aspx?no=188184
  頻繁な故障で国民の不信を買っているKTXの交換部品がないことが分かった。
こ れは、韓国鉄道公社(コレイル)の体系的ではない部品の調達計画のためだという指摘だ。
 23 日、コレイルが国会国土海洋委員会アンホンジュン議員(ハンナラ)に提出した国政監査資料によると、
今 年8月末現在の運用の在庫基準の品目別過不足の部品は、合計124個が明らかになった。

  過不足が発生した124 品目の必要な運用の在庫は3万8050個だ が、コレイルが実 際に保有している在庫は1万3200個(34.7%)に しかならなくて不足部品が65.3%(2万4850個)に達する。
公 社は3年の平均使用量の目安に運用基準を立てて管理しているが、交換部品の在庫不足を解決できずにいる。
今 年2月の光明駅脱線事故の後には、KTXの車両故障のおそれの部品11個を割り当て、車の部品供給を改善するために100品目を618品目に拡大、管理し ている。
し かし、部品の不足を解決できずにいる。過不足が最も激しい部分は、2790 個が不足している濾過器で あり、ブ レーキ類であるディスクブレーキ用のパッドが2168個で 後に続いた。

 TX の車両故障のおそれのある部品11品目のうち、PFC 遮断スイッチは実績率が32%で最も低調な ことが分かった。
空 気ばね(65%)と動力接触器も(69.6%)も達成率を下回っている。
  故障する恐れ品目11個に対しては、全体の数量2万543個を、迅速交換予定だったが、8月末現在1万8300本のみ交換された。
故 障のおそれの部品の中で特別の対象品目として管理されている品目も7つの項目すべての過不足状態だ。
軸 上ベアリングは、1776個が不足し て全体の過不足の状況で3番目に高いことが明らかになり、車 輪の交換は、562個が不足し ている状況である。
続 いて動 力接触器188、冷却ファン127は、空気バネ104個、牽引電動機92、制動器39個がそれぞれ不足し ている。

  一方、31 品目(6万1536個)は、運用の標準よりも多いこ とが分かった。
運 用基準1万2971個人ブレーキシステムは2万9559個を保有しているなど、1000以上超過保有している品目が14個であることが分かった。
特 にKTXパンタグラフ、ブレーキディスク、センサー(動力車用、客車用、動力客車用)、エンジン(フランジャー、チップ、kit)、電動機、台車、フィル ターは在庫が一つもなかった。
該 当部品が故障する場合、すぐに交換するのが大変で、列車運営に支障がでることになる。
安 議員は「鉄道公社が発表した対策は見かけ倒し。」とし「部品調達もだめで保有資材がない状態で、列車の安全を図ることはあり得ない。」と指摘した。
コレイル職員、KTXの故障は他人事?

コレイル職員63%、 「KTXの故障はメーカーのせい」2011-09-23 17:09
http://news.naver.com/main/read.nhn?mode=LSD&mid=sec&sid1=101&oid=003&aid=0004095963
 コレイルの職員のうち半数以上がKTXの頻繁な故障責任を製作会社に回しているというアンケート調査が出た。
コレイルに責任があるという回答者は、十人のうち一人体たらくだった。23日、国会国土海洋委員会キム・ギヒョン ハンナラ党議員が国政監査に先立って、
KORAIL職員300人を対象に実施したアンケート調査によると、回答者の63.6%(191人)が、現代ロテムなどの車両製作会社の責任だと答えた。
続いて、国土海洋部の責任との回答が12.33%(37人)鉄道施設公団の責任であるという回答が11.67%(35人)だった。

 一方、鉄道公社に責任があるという回答は10.3%(31人)に過ぎなかった。、フランスから取り寄せたKTXは、2004年に81件の故障が発生した後、
現在は年間20件余りの故障が発生している。現代ロテムが開発したKTX-山川は今年に入って38件の故障が出た。
 鉄道運営者であるKORAILと建設主体である韓国鉄道施設公団、国土海洋部の間に業務提携がうまくいっているのかという質問には
19.3%(58人)だけが円滑な協力がされていると答えた業務提携がうまくいかないという回答は45.67%(137人)に達した

 一方、最近頻繁に事故がKTXの海外輸出に与える影響については、86%が影響があると回答した。
金議員は「最近KTXの頻繁な事故は、大規模な事故の予告編となりかねない。」とし、
「列車と施設、オペレーティングシステム全体を徹底的にチェックして根本的な対策を再度講じなければならない。」と述べた。
理想:2時間18分(※1日1往復のみの最速達)
現実:2時間37分


" ソウル〜釜山KTX実所要時間は2時間37分"(総 合) 2011-09-23 18:52
http://news.naver.com/main/read.nhn?mode=LSD&mid=sec&sid1=103&oid=001&aid=0005281361

(大 田=連合ニュース)ジョンチャンウク記者=ソウル〜釜山KTXの平 均所要時間は、コレイルが発表した2時間18分より19分も遅れて2時間37分16秒で あることがわかった。
国 会国土海洋委キムヒチョル(民主党)議員は23日、KORAILの国政監査で「昨年10月ソウル〜釜山のKTX高速線開通以来、
11 月に2時間35分54秒だった平均所要時間は、今年7月の2時間37分16秒ずっと遅れている。」と明らかにした。 
コ レイルは昨年10月、ソウル〜釜山KTX高速線2系統に合わせて、ソウル〜釜山の所要時間が2時間18分だと明らかにした。 
キ ム議員は「所要時間が増える理由は、すなわち線路に問題があるからだ。」と指摘した。

コ レイルが昨年11月15日から12月3日まで、京釜高速鉄道1段階区間の安全点検をした結果、報告書を見ると、砂 利道床による線路の振動箇所発生
線 路の線形補正作業を終えた後、一定期間の軌道の安定化をのために列車を徐行運行しなければならないとなっている。
ま た、持 続的な線路軌道狂いが発生し、 原因分析になるまで徐行運転をしなければならないと している。

金 議員は「砂利道床の問題は、道床をコンクリートに置き換える必要解決できる問題なのに、このためには天文学的な予算が投入され、
例 えコンクリートの道床に変更しても工期KTXの運行に支障をきたすほかはない。」とし、「線 路の軌道狂いは、まだ原因が明かされていない」 と指摘した。

「現 在、コレイルが距離比例方式で定められた運賃体系を停車駅、すなわち、運転時間に応じて異にする案を検討しているが、現 在の鉄道運賃は、
2 時間18分の基準であるだけ遅延となっている場合は、料金を削ってくれなければならない。」 と述べた。
KTX-1、KTX-山川頻繁な故障予告された障害は、人材の高齢 化、安全確保の緊急
http://www.etnews.com/201109230100
KTX -1と、KTX-山川の頻繁な故障は、予 告された障害で あり、関 連人材の高齢化と安全確保に赤信号が 灯った。イチャンヨル議員(民主党、水原長安)は23日、
「韓 国鉄道公社(以下"公社")」国政監査で、工事が提出した資料によると、KTX-1は、導入後7年の時間が経って老朽化した部品の交換や分解整備が必要な 時点だが、
営 業運転時は、同じ46編成の列車を一 括して部品交換、分解整備をするための運行的、経済的な対策が不在な ことが明らかになった。

ま た、KTX-1の導入、契約当時116億ウォンの費 用の問題で 重 整 備 マ ニ ュ ア ル を 確 保 で き ず 、
現 在の重 整備に対する経験、技術が不足している従業員が 海 外 で 訓 練 を通じ、独 自 の 製 作 していると いう点も確認された。

(中 略)
公 社は今年2月、KTX光明駅のトンネル事故で、国民の不信が高まった後こそ事態の収拾に乗り出したが、専門人材の絶対的不足とメンテナンス担当者の高齢化 により、
今 後、問題がさらに悪化するものと見られる。2011年株式会社内エンジニアリング先の従業員数は10人で、デバイス固有の担当者1人が業務を遂行してお り、
公 社の付属機関である「コ レイル研究院」の全社員81人のうち、エンジニアリング機能に関連する博士級の専門家は8.6%に 過ぎない。
メ ンテナンス労働力の16年以上の経験を持つベテランスタッフが61.4%であるが、メンテナンス担当者の平均年齢は44.7歳で、
ベ テラン従業員から業務の引継ぎを受けた年齢は、層(21〜30歳)の比率が2.25%に過ぎず、今後のメンテナンス業務の空白が発生すると予想さ れる。

イ チャンヨル議員は、「公社はKTX障害発生の第一責任者として不十分な点が多かったが、問題が発生するたびにマ スコミのせい、
列 車の製作会社のせい、韓国鉄道施設公団を咎めて事 実上の私たちの国民のリスクを放置してきた。
こ れで、他人のせい止め公社の手落ちを実現している安全確保のため万全を期する。」と注文した。
KTX山川、欠陥隠して開通…国民の安全を担保?
http://japanese.joins.com/article/021/144021.html
KTX 山川(高速鉄道)の相次ぐ故障はKTX1に比べて著しく短い製作期間と試験運転期間のためという主張が提起され、
試 運転期間に発見された設計および製作の欠陥を隠して開通していたことが明らかになった。

  韓国国会国土海洋委の姜h正(カン・キジョン)議員(民主党)は23日、コレイル(韓国鉄道公社)に対する国政監査で、
「コ レイルが提出した『KTX山川試験運行過程で表れた問題点措置結果』を見ると、KTX 山川は試験運行中に
設 計および製作の欠陥などの問題が83件見つかり、このうち36件は開通後3カ月-1年まで問題が解決されなかったこ とが確認された」と明らかにし、衝撃を与えている。

  姜議員は「KTX山川の製作および設計欠陥を事前に解決できなかったのは、国 民の安全をかけてギャンブルを するようなものだ」とし
「コ レイルと現代(ヒョンデ)ロテムは製作および設計の欠陥を隠したことについて謝罪し、再発防止対策を出さなければならない」と指摘した。
9.22
【2期区間/分岐器】安全検証なしの舶来品をそのまま使用

「KTXの分岐器、安全性の検証なしに導入」

http://news.kbs.co.kr/economic/2011/09/22/2360080.html
< アンカー> 京釜高速鉄道2段階区間に設置された分岐器の障害と関連して政府が調査を行った結果、
導 入時の安全性の検証が適切に行われていない事実が確認されました。 
KBS が単独入手した政府の調査結果をイ・ビョンド記者が報道しています。

< リポート> 今年2月の光明駅KTX脱線事故、列車の進路を変えるための、「分岐器」の故障によるものになりました。

< 録音> 6月10日9時ニュース:「KTX 2段階区間の分岐器が一日2回の割合で障害を起こして本線の一部が閉鎖されました。」
KBS の報道で9 カ月で450件以上の障害が 発生したという事実が知られており、国土海洋部が電撃的に調査を繰り広げています。
そ の結果、問題の分岐器が時 速200キロ以上の鉄道の運行実績が正しく検証されていなかったこ とが明らかになりました。
オー ストリアのメーカーから提出されたドイツとオーストリアの鉄道局の安全性証明書の真 偽は不明です。

< 録音>国土海洋部関係者
「資 料の真偽の有無について確認しろとの指示を今、公団から(ドイツとオーストリアに)資料を要請して早いうちに受ける予定です。」
特 に、列車が動いているときの安全性を確認する現場試験もしないまま、過去の試験結果に置き換えています。 安全性の検証が手抜きという言葉です。

< インタビュー>キム・ジンエ(国会国土海洋委議員)
「こ の機種自体を再施工している問題は、なぜこのような過程が、安全性が確認されず採択されたが、
こ の部分の基本的な監査が必要です。。」総体的不良が確認されると、国土部は鉄道公団の機関警告し、当時の担当者10人には警告などの懲戒処分を下しまし た。
KBS ニュース、イ・ビョンドです。
【韓 国】KTX山川の故障の36%、外国部品が原因[09/23]
http://kamome.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1316755198/
9.20
新形式車両の試運転期間をようやく日仏レベルへ引き上げ表明

KORAIL の"KTX山川、先に改善・後に引き受け"| 2011-09-20 03:03
http://news.naver.com/main/read.nhn?mode=LSD&mid=sec&sid1=102&oid=081&aid=0002229071
[ソウル新聞] コレイルが年末の追加導入予定のKTX山川5編成(50両)で、「完璧な改善がなされれば引き受けする」との条件付き買取する方針を19日明らかにした。
去る7日、民間鉄道専門家で構成された「鉄道安全委員会」が出した鉄道の安全の諸問題と推奨事項への対策です。コレイルが完全に改善を要求した事項は10 項目である。
アクセルを踏んでも、自動的にブレーキがかかる「牽引中ブレーキを締結」など、6種類の運行初期に発生していなかった新たな故障の有型の充電器の配線の過 熱などの4項目です。

先立ってコレイルは昨年3月の導入以来、これまでの山川で発生した57件の故障のうち55件が製造上の欠陥に起因するものであったと述べている。
55件中10件を除いた残りの部分は改善されたという主張があるが、検証が必要な部分だ。コレイルは京釜高速鉄道湖南線に続いて来る10月に全羅線の KTX山川を投入する予定だった。
現代ロテム側がコレイル側の注文どおりに従わないと、2014年に開通予定湖南高速鉄道に投入する高速車両の選定にも影響を与える見通しだ。
KTX山川の開発には、国費が半分に投入された。コレイルはこれと共に、山川製作会社である現代ロテムの源泉技術など、技術力の強化と先端技術の設備投資 の拡大なども求めた。

一方コレイルは鉄道技術の高い海外依存度を考えると、電気電子分野などの内製力を強化することにした。
設計と技術レベルを兼ね備えた重要な技術を2015年までに現在よりも2倍に増やす一方、
年内に、海外の車両の技術者と車両のソフトウェア専門家ら6人も採用する計画だ。特に、車両の保守品の 8 0 % 以 上 が 外 国 産
だという点を考慮して仲介商でない直購買体系を構築し、購買ラインも多様化することにした。また、山川の経験をもとに、新規開発車両の導入時に20万q試 運転を施行することにした。
KORAIL、欠陥情報暴露の労組に圧力

KTX、 事故の危険性あるのに懲戒で応酬 2011-09-20 16:03
http://news.naver.com/main/read.nhn?mode=LSD&mid=sec&sid1=103&oid=308&aid=0000005499

鉄 道労組の提供5月9日、あるテレビ局が報道したKTXの事故列車のエンジンの写真。エンジンは、いたるところが燃焼でき、片方のカバーが壊れていた。


同 社は迅速だった。8月23日、懲戒が決定が出てからたった一週間だけだった。通常10日以上かかるという通知だった。
懲 戒処分事由説明書は首都圏の鉄道車両整備団高速重整備廠の車両管理員シン・チュンス氏(42)を解任すると記されていた。
六 枚にわたって長い理由が説明されていたが、要約すると、簡単だった。内部告発が問題だった。
一 日に16年間身を置いた韓国鉄道公社を追われる身分になったシンさんは「秋夕の贈り物にもこのような秋夕プレゼントはない。」と苦々しく笑った。

  発端は、5月8日、釜山発ソウル行きのKTX 130号列車で起きた故障だった。KTXの頻繁な事故や障害が連日マスコミに報道される時だった。
光 明駅に向かって走っていた列車の末尾の客車から煙が出て車が激しく揺れた。当時、鉄道公社側は高温のエンジンの問題ですが、故障ではないと釈明した。
し かし、車両整備団が見たこのエンジンの姿は異なっていた。エンジンカバーのいずれかのベアリングがつぶれていた。故 障したKTXは310万qを走った。
250 万q走行するたびにエンジンを交換しなければならないという鉄道公社の規定をはるかに超えた数値だっ た。

事 故の経緯を調査していた鉄道公社の従業員の朴某氏が写 真を撮った。上層部報告のためだっ た。鉄道労組の高揚車両支部長のシンさんは、
鉄 道労組にも事故の事実を知らせるためにパクさんに写真を送ってもらった。糸口はその後に出た。鉄道労組に寄せられた写真がある放送局で報道され、
鉄 道公社がこれを問題視し始めた。シ ンさんと朴さんは、社内懲戒委員会に回付さ れた。会 社の内部情報を許可なく外部に通知し、会社のイメージを落としたという理由で あった。
鉄 道労組は、国民権益委員会に懲戒処分が不当だとして苦情を入れた。これまでの権益委が内部告発者の保護を強調してきたうえ、
9 月30日から「公益通報者保護法」が施行されることを念頭に置いた措置であった。8月17日に出た結果は却下でした。

権 益委は今回の件が、公益通報者保護法施行の時期に入ると明らかにした。すぐに鉄道公社の懲戒処分が続いた。
シ ンさんは、解雇、パク容疑者は解雇のすぐ下の段階である正直3ヶ月の処分を受けた。再審請求をしたが、二人の戦いは長くなる見通しだ。
再 審請求後60日以内に結果が出てくるうえに、結果が悪い場合、今後、法廷闘争まで至難の道に入る可能性が大きい。
そ れでも今、彼に残された道は、労働委員会と裁判所の行だけだ。シンさんは「会社が名誉毀損云々するが、
そ の論理なら、むしろ事故を育てる会社が名誉毀損をしているのではないか」と反問した(朴氏は、メディアの接触を負担に感じていた)。
民 主労総法律院のオ・ジウォン弁護士は、「どのような事実が真実や公益に該当する場合、名誉毀損罪は成立しないのに、今回の件もこれに該当すると判断され る。」と述べた。

「モ デルケースとして、二人重懲戒」 パク・ソングォン鉄道労組の広報局長は、二人の懲戒は、「モデルケース」と断言する。
パ ク局長は「今回の懲戒は、鉄道公社の職員に現場で起こることについて話を防止する効果を取得する。」と述べた。頻繁な事故で、世論の俎上に上がる状況を防 ぐために、
鉄 道公社が、個々の従業員の入団の中をスタートしたという意味である。実際の現場の雰囲気が萎縮された鉄道公社の職員は伝えた。
匿 名を要求した整備業勤務者は、「乱発されている懲戒の誰からのか。このような形であれば大抵の問題は、覆っていくこともある。」と述べた。
専 門家の指摘も似ていた。オソングン公共交通機関、市民社会、労働ネットワーク運営委員長は
「日 本の事例を見ても、懲戒処分中心の責任追及は、事故を育てることができる。」と語った。
キ ムチョルホン仁川大教授(産業工学)は「現在の鉄道は、大型化、高速化された人員は、引き続き削減している。特に整備関連の正社員は2007年から着実に 減少した。
リ ストラで従業員一人当たりの業務負担が大幅に増えた。このような構造を見落とし一軒の事故の責任を個人にだけ転嫁するのは不適切だ。」と述べた。
鉄 道労組によると、今年8月までの事故と関連して解雇され、鉄道公社の職員は7人、KTXの事故や障害は、31件(ムグンファ号と電車を含む38件)です。
昨 年、KTXの事故や障害が53件起きる時の事故関連の解雇者が一人もいなかったという事実と比較される。
シ ン氏が解任を通告された次の日に釜山からソウルに向かうKTXがまた止まった。今年に入って39番目の故障だった。
【ITX】バリアフル列車の実態

京 春線2階建て急行列車‘絵に書いた餅’
階 段で上がらなければならない…車椅子障害者利用不可
障 害者意見募集なくて…コレイル、法の通り製造
:2011-09-23 09:16:52
http://www.ablenews.co.kr/News/NewsContent.aspx?CategoryCode=0014&NewsCode=001420110920093125797875
今 年12月から京春線複線電鉄区間に導入される2階建て座席型急行列車の試験運行が、16日から上鳳駅で一日3回実施されている。
急 行列車は8両だ。 最高速度は時速180kmで、セマウル号やムクゲ号列車より30kmもはやい。
既 存の複線電鉄は対面〜春川区間(81.4km)の運行時間が79分だが、急行列車は40分台に運行が可能だ。 京春線の運行区間が延長されると、
龍 山から春川(98km)区間を60分台に行くことができる。
ま た、観光客のための便宜施設も一般列車と差別化した。 一般列車と座席は同じだが、回転が可能だ。 そしてお手洗いと授乳室、自転車据置台などが用意されている。

特 に4・5号車の2両には国内で初めての2階建て客車が導入された。 2階客車の高さは既存3.75mより0.11m高い3.86mだ。
こ れに伴い、2階で風景を楽しみながら、急行列車の利用を期待する車椅子障害者たちもいる。もしそうなら、期待は、すぐに裏切られることになる。
2 階に上がろうとするなら階段なので車椅子障害者の移動は不可能な のだ。
コ レイルは『交通弱者の移動便宜増進法』に従って、2階建て急行列車を製作したので問題になることがないという立場だ。
こ れに対して車椅子障害者は、製 作するときに障害者らの利用の権利を保障するための意見募集がなかったと 指摘した。
江 原道身体障害者協会の関係者も「障 害者も非障害者と同じように2階に上がって風景を楽しむ権利がある。」 と強調した。
9.19
技術不足はフランスが技術移転をボッたせい!?

現代ロテム、事故原因の究明ができなくて...KTX- 山川運営被害訴訟の準備
 2011-09-19 21:59
http://news.naver.com/main/read.nhn?mode=LSD&mid=sec&sid1=101&oid=032&aid=0002164238
  ホ・ジュニョンコレイル社長は「これまでのKTX-山川の事故が多かったですが、まだ事故原因をきちんと究明することができなかった。」と19日明らかに した。
許 社長は同日、記者団に「(KTX-山川製作会社)現代ロテムがKTX-山川のア クセルを踏んだときにブレーキに欠陥が発生す る事故をはじめ、
ま だ原因を明らかにできない事例が5、6件にのぼる。」と述べた。
  彼は「最近のKTX-山川の欠陥による運営は被害額が12億ウォンに達するものと把握し、現代ロテムを相手に訴訟を準備している」とし
「し かし、コレイルのイメージの墜落による被害額を勘案すれば、その程度額は朝飯前と」と明らかにした。
  許社長はまた「(鉄道のレールの施工を担当した)鉄道施設管理公団は、高速鉄道、京釜線2段階線路敷設工事の際、76台の分岐器を変えたのが、566回の 作動不良があった」と伝えた。
分 岐器が正常に動作をすることなく、高速鉄道を作った効果がなくなり、顧客の不満が高まったと彼は説明した。
  許社長は、「車両の製作とレールの施工で生じた問題が、整備不良の少なくとも3倍以上」と話した。許社長は「今年の2月11日のKTX光明駅脱線事故か ら、
各 種の事故を見て、我が国の鉄道の総合的技術力の不足を削減している」とし、「2004年にフ ランスアルストムから高速鉄道を持ち込んで、
重 要な技術の移転を受けることができなかった。」 と話した。当 時500億ウォンの技術移転料を節約するのに核心技術の移転をまともに受けることができなかったと、
当 時の状況についての調査が必要だと思っていると彼は付け加えた。

ペ ン・ジョングァンKORAIL副社長も、「高速鉄道の開発と関連し、速度向上のための技術開発と実用化の2つ側面がある。」とし、
「KTX -山川は、実用化の過程での問題をあらわにした。」と明らかにした。
彼 は「車の製作会社(現 代ロテム)が源泉技術を持っていない点 も問題だ。」と述べ、「これを補完するために、国内最高の専門の鉄道技術者を養成する
技 術アカデミーを年内に新設することにした。」と付け加えた。現在の鉄道建設は、鉄道施設公団、鉄道はコレイルで業務が二元化されており、
鉄 道車両の製作は、民間会社であるロテムが独占している。許社長は「日本は鉄道会社(=JR)が7つあるが1つの会社が管理する鉄道の規模は、
我 が国の鉄道全体の規模に匹敵する。」とし、「規模の経済と業務効率化のためコレイルと鉄道施設公団は合わせなければならないと思う。」と話した。
許 社長は「将来統一されると、シベリア横断鉄道(TSR)を我が国と接続しながら、鉄道の重要性が高まってきて、世界の鉄道市場は、
原 子力市場の3倍以上大きくなるほどレール施工会社·鉄道車両製作·運営社がすべての骨を削る努力を傾けなければならない。」と述べた。
結局フランスに再度泣きつく模様

KORAIL の"KTX-山川安全性の検証までの導入を拒否" 2011-09-19 21:43
http://news.naver.com/main/read.nhn?mode=LSD&mid=sec&sid1=102&oid=005&aid=0000478725
コ レイルがKTX-山川の故障のほとんどが製作会社の現代ロテムの製造上の欠陥によるものと見て、今後、安全性が検証されていない車両には導入を拒否するこ とにした。
こ のため、ロテム側に源泉技術など、技術力の強化、明らかになった問題点の早期解決を促す計画だ。コレイルは、民間鉄道専門家で構成された「鉄道安全委員 会」がこのほど発表した、
鉄 道の安全全般の問題点と分野別の提言(4分野・58項目)を受け入れ、このような内容の"KTX故障、障害その他の安全対策"を用意したと19日明らかに した。

ry

さ らに、海 外の高級人材と 国内の専門家を採用するなど、エンジニアリング機能を強化することにした。
外 部の産学研の高速車両の専門家プール(100人)を構成し、 常時協力体制も構築する。
ま た、KTX導入初 期製作会社である フ ラ ン ス の S N C F と の 技 術 諮 問 を 再 推 進、 重整備技術移転を完成してKTX老朽部品の問題も解決する。
こ れから購入するKTX-山川については、20 万qの十分な試運転期間を確保し、 車両の安全性も高める。
KTX -山川の導入時は6万9000q(法的基準4万q)試運転だけをした。
コ レイルは鉄道の安全に関する諸分野の構想段階から安全性を高めるために、「安全性検証制度」を導入し、10月から施行する。
コ レイル関係者は「これから製作される車両については、設計製作、引渡の段階で、車両運営会社としての管理監督を徹底したい」と話した。
KTXまた停車...今度は『線路の作業労働者のために』 2011-09-19 11:24
http://news.naver.com/main/read.nhn?mode=LSD&mid=sec&sid1=103&oid=079&aid=0002288231
KTX が再び運行中に急停車した。19日午前10時、馬山駅を出発、ソウルへ向かうKTX 山川386 号列車が密陽駅に到着の5分前にして10時32分に突然止まった。
KTX 側は、案内放送で、「線路作業中だった作業員との衝突の懸念があり、急に停車した。」と説明した。列車が停車してから5分後の10時37分に再び出発し た。
9.17
【ITX】2階建て急行列車京春線に導入'1時間"以内に京春からソ ウルまでOK 2011-09-17 09:39:35
http://www.newsen.com/news_view.php?uid=201109170918494100
 2 階建て急行列車が今年末に開通予定の京春線の区間で、9月16日の試験運行に入った。座席型2階の急行列車は、今後開通を控えて、
数 回ソウルと春川まで京春線の区間を行き来しながら、線路点検や安全性を確認することになる。
こ の日の春川駅で試験運行に到着した座席型2階急行列車はすべて8両だ。2階急行列車は4号車と5号車の2両は、国内初の2階建て客車で、
観 光路線である京春線の特性に合わせて広々とした眺望権を確保した。

 1 階と2階に分かれた2両の特急列車内の客室の高さはそれぞれ1,900mmと単層一般客室2,280mmよりも低くなり、階段を利用して上り下りできるよ うに作られた。
2 階建て客車の外の高さも通常の客車3,750mmに比べ110mm高い3,860mmに達している。特に、今回の座席型2階の急行列車はKTXを除く
国 内のすべての列車の中で最速の最高時速180qの速度で静音(最高70㏈以下)を実装した。
こ れに伴い今回座席型2階の急行列車は、設計基準に江原(カンウォン)春川駅からソウルサンボン駅まで約44分台、清涼里駅まで50分台、
龍 山駅まで69分程度で到着可能です。

 2010 年末に開通した一般型電車(最高速110/km、平均速度56km/h)は春川駅からサンボン駅まで79分、
主 要な駅だけに停車する急行電車は63分に到着したが、今回の2階の急行列車は1時間以内で、ソウルの都心までの移動が可能となった。
2 階建ての急行列車の内部も高級化している。部屋に21インチLCDとLED照明灯が設置され、トイレや授乳室、自動販売機、自転車スタンドなど各種便宜施 設も備えている。
ま た、2階の急行列車は8両の客室内には4列で配列された400以上の席に回転可能で、椅子の間隔がKTX-山川と同じ980mm、
客 室自体内部幅もKTX -山川より248mm大きい2,920mmと 広くなった。この他にも2階の急行列車はKTXやKTX-山川より椅子の幅は10mm、通路は220mmより増えた。
こ れから座席型2階の急行列車は、京春線の計8台が投入され、今後の顧客対応状況を確認してから30分から1時間間隔で京春線の区間を運行する予定だ。

  座席型2階の急行列車の停車駅は、まだ決定されていないが、急行電車の停車駅を中心に検討される見込みで、今年の年末開通する予定で、
正 確な開通日時は、現在協議中のことと知られた。一方コレイルは今度2階席の急行列車の名前を9月16日から25日まで、全国民をを対象に公募している。
9.16
【フランス製のKTX、なぜか日独英に支援要請の構え!?】

現代ロテム「KTX -山川安定化投資の拡大」 
2011-09-16 22:30
http://news.naver.com/main/read.nhn?mode=LSD&mid=sec&sid1=101&oid=032&aid=0002163759
現 代ロテムは、最近、鉄道の安全委員会でKTX-山川故障の原因が設計または製造上の欠陥だと指摘したことと関連して、
高 速鉄道の専門技術者を大幅に拡充して、いずれも500億ウォンの投資などを通じて、品質の革新と車両の早期安定化に注力すると述べている。
イ ミンホ現代ロテム社長は、今日(16日)記者懇談会を開き、「設計や製造上の欠陥が原因で運行障害が起きている鉄道の安全委員会の点検結果を謙虚に受け入 れる。」とし
「高 速鉄道の故障について国民に恐れ入る。」としこのように述べています。この社長は「昨年3月の営業運行開始以来、
7 月末までに発生した49件の故障につきましては、早期に改善を完了している一方、
ドイツ、英国、日 本 の鉄道専門人材を採用するなど、
R&D 人員を現在より32%増し高速鉄道先 進国の技術的アドバイス体制を構築す る。」と強調しました。
【山川】量産化前の試運転期間、TGVや新幹線より短い

"KTX-山川頻繁な故障コレイルも責任がある"

http://news.naver.com/main/read.nhn?mode=LSD&mid=sec&sid1=103&oid=021&aid=0002087073
KTX の頻繁な事故や故障は、コレイル側が60%以上の鉄道車両の技術仕様や制作会社の十分な検討なしに変更されたのが大きな原因になったことが分かった。
ま た、この部品がダルラジョトウムにもかかわらず、KORAIL側が高速化のみに汲々と先進国の半分にも満たない短い試運転を実施することで、
試 行錯誤を減らすことができないのも原因が明らかになった。このような内容は16日、国会国土海洋委員会アンホンジュン(ハンナラ党)議員室が入手した
鉄 道安全委員会の「KTXの安全点検、最終報告書」で確認された。

報 告書によると、コレイルは、新型KTX(別名KTX-山川)の製作過程で、基 本的なモデルとして開発された韓国型高速列車(G7列車)で 使用した
主 要部品の製作会社を十分な考慮なしに、相当数を交換し た。実際にレポートでは、G7 列車とKTX-山川の31つの主要な部品のうち12個(38.7%)の項目だけの
仕 様とメーカーが同じで、残り19個(61.3%)は、仕様や製作会社が変更に なったと指摘した。

鉄 道安全委員会の委員長を務めたキム・スサム漢陽大名誉教授は、「部品交換などについて、(全体の列車システムに及ぼす影響などについて)技術的には
真 剣な悩みがなされないまま決定されたようだ。」と述べた。報告書はまた、鉄 道安全法で要求される最低限の試運転の 4 万 q の 試 運 転 テストだけ
実 行されて部品の変更に伴う初期の運行上の問題点が十分にさらされる時間がなかったと明らかにした。

特 に、20両(※10連×2)を接続して重 連併結運転時に表示された10回の故障のうち4回は、前後の列車の通信障害故障に よるもので
十 分な試運転が不足し たことを示す事例だと報告書は説明した。
キ ムギファン韓国鉄道技術研究院の高速鉄道研究本部本部長は「多くの部分が変更されたにもかかわらず、時間に追われ、試運転を短くしたのが問題だったよう だ。」と説明した。

報 告書は、日 本の場合、東日本旅客鉄道(JR東日本) E 5 系 試験車両の試験後も、量産先行車を製作し、約 2 0 万 q の性能試験後の結果を反映す るようにした。
フ ランスも試運転8万q以降の量産車を 出している。これに対し、キム・フンソンコレイル側は「実 際の試運転の時間は6万9000qレベルでの法的基準も 守った。」とし
「現 在の法 自体が実効性がなく、 私たちなりの新たな試運転基準をまもなく発表する予定」と明らかにした。
【法 則発動】

【鉄 道】ブラジル高速鉄道、完成2019年に先送り--当初予定の2014年より大幅な遅れ [09/16]
http://toki.2ch.net/test/read.cgi/bizplus/1316144812/
1 :ライトスタッフ◎φ ★ :2011/09/16(金) 12:46:52.25 ID:???
ブ ラジルのフィゲイレド陸運庁長官は15日、サンパウロ市内で参加したイベントで、建設を計画しているリオデジャネイロ―サンパウロ近郊間の高速鉄道の完成 が2019年になるとの見方を示した。同国のエスタド通信が伝えた。

昨 年公表された事業計画では、17年の完成予定となっていた。ただ今年7月に実施した入札が不成立に終わったために、施設部分と鉄道運行を分離する「上下 分離方式」を導入するなど事業計画の見直しを進めている。陸運庁では10月から公聴会を実施して事業内容を詰め、再度入札を実施する方針。

ブ ラジル高速鉄道計画には三井物産など日本連合が参加を模索。韓国やフランス勢も応札を検討している。当初、14年のサッカー・ワールドカップ開催時の完成 を目指していたが、計画の大幅な遅れが続いている。

http://www.nikkei.com/news/latest/article/g=96958A9C9381959FE3E4E2E2878DE3E4E2EBE0E2E3E39790E3E2E2E2
9.15
KTX 延着補償基準、「20分遅延」から「40分遅延」に推進 2011.09.1​​5 10:54
http://news.chosun.com/site/data/html_dir/2011/09/15/2011091500910.html
コ レイルがKTXの運行の遅 れに伴う補償金の支払いを、現在よりも厳しくする案を推進す ることが知られて論難がおこっている。
国 会国土委チョ・ウォンジン(ハンナラ党)議員は15日、「コレイルがKTXの運行遅延補償金の支給の基準を現行の『20分以上の遅延』から『40分以上の 遅延』に高めることにして、
国 土海洋部、公正取引委員会規則の改正を協議している。」と明らかにした。

現 在、KTXは運行が20 分以上遅延した場合、運賃の12.5%を現金で支給し ている。今後は、40分以上の遅延が発生すると報酬を与えてくれるというのだ。
セ マウル号、ムグンファ号など一般列車の補償基準が『40分以上の遅れ』である。チョ議員は「KTXは運行速度や時間の違いで、一般列車との差があるが、
補 償に同じ基準を適用することが適切かどうか疑問。」とし、「故障や事故を減らす根本的解決策ではなく、補償の基準からの高さとする行政便宜主義。」と指摘 した。
チョ 議員室によると、今 年6月ま でコレイルがKTX延着して、乗客たちに支給しなければならない遅 延補償額は25億ウォンだっ たが、
広 報不足などで、実際の補償は10億ウォンに とどまった。これに対し、コレイル側は「我が国は、遅延補償金の支給基準が細かく区分されており、混乱を招くという問題点がある。」と釈明したと伝えられ た。
9.14
KTX頻繁な事故...部品がない 記事入力2011-09-14 17:54
http://news.naver.com/main/read.nhn?mode=LSD&mid=sec&sid1=101&oid=004&aid=0002096210
< アンカー> 頻繁な事故や故障で物議をかもしたKTX。 問題は部品調達にありました。
導 入当時より2〜3倍程度高くなる部品の価格と 配送問題にタ イムリーに部品交換をしていないのが実情で す。シンヨンフン記者が報道します。

< 記者> 2004年のKTXが運営を開始した後に起こった重 大な障害件数はいずれも340件余り。 毎年20〜30件のKTX関連の事故が起こっているわけです。
こ のように頻繁な故障や事故が起こっている原因は何な専門家たちは、KTX導入時より2〜3倍になる部品単価のために円滑な部品調達にならなくている指摘し ています。

[電 話インタビュー]チョ・ヨンワン韓国鉄道技術研究院研究員
「韓 国は高速鉄道車 両が少量なので単価も高くなって、発送も遅くなり問題と なっているため、現在のところ部品の調 達が円滑にすることはできません。」 
大 量の車を購入する当時、購入者優位にあった市場が、少量の部品を購入する時は売り手優位の市場に置き換えられています
こ のような問題を解決するためには、部品の国産化が不可欠ですが、これも状況は余裕がありません。
KTX の部品開発は研究開発費がかかるのに対し、国 内市場は小さくて気 軽に出るのが大変だ。部 品メーカーは、KTXの部品の開発には膨大なR&D投資額が入ると
現 在の国内市場規模ではこれを手に負えないと いう立場です。国 内の技術の限界も 問題と指摘されています。設計から製作まで国産技術で作られたKTX -山川の場合、
他 の国に比べて、短期間で完成されてみると製造と品質管理の面で弱点が明らかになった。

[電 話インタビュー]チョ・ヨンワン韓国鉄道技術研究院研究員
6 年という短い時間の間に見ると確かな技術力を確保できない状態で製作を しており、設計上の欠陥があり、制 作過程での品質管理の面でないがしろにした面が あります。」 
頻 繁な故障や事故で、国民の不信を買っているKTX。円滑な部品調達の不足している国内の技術力を確保し、安全に対する信頼を回復することが宿題として残っ ています。
[ニュー ス解説] KTX再整備急ぐ
http://news.kbs.co.kr/society/2011/09/14/2355734.html
ry
高 速鉄道の安全性問題は最近鉄道安全委員会の点検結果にもっと具体化されています。 鉄道安全委員会は
フ ランスから取り入れた一般KTXは部品老朽化が問題と 指摘しました。
ま た我 が技術で開発した現代ロテムの KTX山川は製作不良で安全性に問題が あるという点検結果を出しました。

一 般KTXの場合、長 年の期間高速鉄道専用鉄道ではない東大邱と釜山間路線を走り、
摩  耗 度 が 予 想 よ り 3 年 ほ ど 早 い という問題点も 提示しました。
部 品老朽化が早く進行されているから部 品を急いで入れ替える必要が あると明らかにしています。

鉄 道安全委員会は特にKTX山川の場合、列車2本を1つに重連で運行するが設計に反映されない部品製作や品質管理にも欠陷があったと指摘しました.
製 作社である現代ロテムに技術的な問題があると いうのです。ここに去年11月に開通した京釜高速鉄道2段階130キロメートルは50%がトンネルで18%が橋梁だが
こ の区間に設置された線 路転轍機は故障がひんぱんで早速な補完または全面入れ替えをしなければならないと いう意見を提示しました。
9.11
【韓 国】走行中のセマウル号から大学生が転落→死亡[09/11]
http://kamome.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1315745111/
9.07

[単 独] KTX '不安'…分岐器再施工不可避 2011-09-07 22:02
http://news.naver.com/main/hotissue/read.nhn?mid=hot&sid1=103&cid=307094&iid=420399&oid=055&aid=0000212487&ptype=011
秋 夕連休があまり残ってなかったです。 KTX 乗ってぴゅうぴゅう走って故郷へ行くつもりに気持ちが浮かれましょう?
と ころで時速 300kmの超高速で走る KTXは速度があんまり早い位ちょっとした問題も大きい事故につながることができます。

特 に去年 11月開通した東大邱と釜山を引き継ぐ KTX 2段階区間で脱 線のような大型事故を誘発することができる致 命的な障害がずっと発生し ています。 
ま さにこの線路遮断機のためです。 走る列車の進路を変えてくれる装置なのに、
致 命的な欠陷が発見されて全面再施工が不可避だという報告書が出ました。 数百億ウォンの予算無駄使いは勿論、再施工による大きい混乱が不可避に見えます。

去 る 2月光明駅で発生した KTX 脱線事故。
列 車進路を変更する時、ある軌道から別の軌道へ移動させる分岐器障害が直接原因でした。
こ んな分岐器障害は京 釜高速鉄2段階区間でばかり去年11月開通以後 481件発生し ました。

2004 年開通した 1段階区間の障害件数 10件に 比べて非正常的に多いです。

[KORAIL 線路担当職員 : 私が15年以上勤めたが分岐器システムがこんなに複合的に障害を起こすことは初めて見ました。]

今 度確認された障害の中では分 岐器がある方から他方の方に移動する途中に止めてしまう事例ま であることで確認されました。

特 に線路転轍 機途中停止障害は確認されたことだけで全部で8件な のに、 SBSが単独手に入れた政府傘下鉄 道技術研究院報告書に よると
分 岐器障害の中で一番深刻な障害現象で機 械的不良だけではなく電気的欠陷まで複合さ れて今後の重大事故の危険性まで内包すると明示しました。
し たがって 2段階区間分岐器の全面再施工が不可避だという意見を 提示しました。

国 土海洋部も数回対策会議を持って、分岐器再施工問題を集中検討していることで確認されました。

分 岐器再施工には330億ウォンが追加に投入されて、 工事にかかる2年間京釜高速鉄2段階区間で上下線交差運行など破行運行が不可避に見えます。
【KTX全羅線乗り入れ工事】
全羅線KTXの試験運行中に一部の狂いを確認

http://www.nocutnews.co.kr/show.asp?idx=1910883
  来月1日に歴史的な正式開通を控えた全 羅線KTXが試験運行の間に電気的障害で停止し、 一般列車の運行が遅れたり、
信 号機に障害が発生す るなど、いくつかの支障があったことが明らかになった。
全 羅線の高速列車の検証試験初日8月31日。午後5時頃、全州にある東山駅で試験運行中のKTX高速列車が20分ほど止まった。
こ のために付いてきた麗水(ヨス)からソウルへ向かうムグンファ号列車が同じ時間に遅れて運行され、益山駅で、乗客が他の列車に乗り換えてできないなど、支 障が発生した。
鉄 道施設公団側は「信号設備の電流障害が発生して生じた事故。」と明らかにした。

翌 日の9月1日。KTX -山川列 車の2度の試験運行の中で120 キロで走る初めての運転中に東山駅と全州駅の間で信号機トラブルが 発生した。
信 号機は列車の信号灯の役割をして軌道を取ってくれる役割をするが、2回も障害が起きた。幸いにも列車が運行されていない反対側の信号機で障害が発生し、
列 車の運行に支障が出ていないと伝えられた。このほかにもいくつかの駅では、高 速列車の進行状況を知らせる案内板から
高 速列車の進行状況や列車の移動を示す赤い点が違って表示される現象が 発生した。
鉄 道施設公団側は「このような問題点を確認して改善するために、列車の試験運行をし、すべて改善した」と釈明した。
9.04
【ア ルストムさんマジ鬼畜のボッタクリ商法】

故障ひんぱんな KTX 「秋夕故郷」 よく走るだろうか

http://news.naver.com/main/read.nhn?mode=LSD&mid=sec&sid1=102&oid=028&aid=0002108990
(中略)
当時のコレイル関係者は「秋夕連休前までに部品を交換することを目的とする。」と話した。
しかし、8月末までに部品の交換率は77%にとどまっている。
交換実績が振るわない理由は、部品供給が円滑でないため だとコレイル側は言う。
現在、部品の輸入率は90%を超える。高速鉄道が開通した2004年には技術移転を通じて部品国産化率が60%を超えたが、
部品需 要が少ないから企業が勘定が合わないと、生産を放棄して輸入率が急増したのだ。
実際に、主変圧機(1編成当たり2個 、1個当たり10億ウォン)は、46編成を交換するようになれば
購入価格だけで920億ウォンに達するが、買い替えサイクルは10年に1回で す。
界面電動機、ダンパー(車体振動吸収装置)とダンパー修理キット、バッファ(動力車と客車の間の振動吸収装置)関連の部品も国内生産が中止された。
コレイル側は国家契約法に基づいて、車両の整備時期に合わせて個々に輸入し ているが、海外の部品メーカーは、
3〜10年の間に必要な需要を一度に購入する ことを要求
しており、部品の供給支障現象はしばらく続くものと見られる。

コレイル高速車関係者は「部品調達の問題は、国土海洋部とプロジェクト参加者にこのような事情を知って部品を大量購入することができる案を協議してい る。」と語った。
9.01
湖 南新線工事現場で崩落事故

【KTX】
韓 国高速鉄道トンネル工事現場で崩壊事故 作業員1人埋まる[09/03]
http://kamome.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1315029190/
1 :なつあかねφ ★:2011/09/03(土) 14:53:10.55 ID:???
 湖南(ホナム)高速鉄道のトンネル工事現場で崩壊事故が発生し、作業員1人が埋没した。
1 日午後9時5分ごろ、全羅南道長城郡(チョンラナムド・チャンソングン)の湖南高速鉄道ダルソントンネル工事現場で崩壊事故が発生し、作業中だったユさ ん(44)が生き埋めとなった。トンネルの中では5人が作業中だった。4人は土砂が流れると直ちに避難したが、ユさんは抜け出せなかった。

長城郡と警察、119救助隊は掘削機など重装備と約50人を動員して救助作業を行っている。しかしトンネル内でまた土砂が崩れ落ちるなど救助作業は遅れて いる。2日夜までユ氏は救助されていない。

工事会社側は事故発生から6時間後の2日午前3時ごろ119に申告したことが伝えられ、事故隠蔽疑惑も出ている。
これに対し会社側は「自分たちで救助できると思って申告しなかった」と釈明したという。

中央日報2011/09/03
http://japanese.joins.com/article/466/143466.html?servcode=400
8.31
9.01
【中 国】 窓ガラスが砂利で破損…韓国高速鉄道が2日連続でトラブル[09/02]
http://kamome.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1314927515/
1 ニライカナイφ ★ 2011/09/02(金) 10:38:35.18 ID:???
◆砂利で窓ガラスが破損?韓国高速鉄道がまた2日連続でトラブル

韓国高速鉄道、KTXがまた31日と1日の2日連続で不具合が発生していたことが分かった。同国の複数メディアが伝えた。
31日には釜山からソウルに向かっていたKTX318号 が自動停止装置の作動で、 在来線とつながる区間で立ち往生した。
5分後に再出発したが、スピードが出ず結局大田駅で列車を交替して運行し、定刻より30分以上遅れた。
韓国高速鉄道の関係者によると原因は事故当時の運行速度が制限速度を超えた為という。

1日の夜には、ソウル発釜山行きのKTX161号が走行 中に車両の窓ガラスが3枚破損するトラブルが発生した。
列車は東大邱駅で窓ガラスを修復した後、予定より15分遅れて再出発。線路に敷いてある砂利が飛び跳ねて窓ガラスを直撃したのが原因だった。

窓ガラスの破損もKTXに頻発するトラブルの一つ。
10日前の8月22日にも走行中のKTX143号列車の窓ガラスが衝突音とともに2重窓が外側部分ひび割れし、
近くに座っていた乗客をほかの座席に移動させて運転を再開した。5月には割れた窓ガラスに透明テープで応急措置を取った状態で運行したが判明している。

KTXによるトラブルは今年すでに20件に上る。
緊急停止などの事故の多発で「事故鉄」との汚名があり、特に「韓国産技術」として海外進出にも力を入れているKTX山川のトラブルが多く、課 題は山積状態となっている。

サーチナ 2011/09/02(金) 10:16
http://news.searchina.ne.jp/disp.cgi?y=2011&d=0902&f=national_0902_050.shtml


部 品交換遅延で止まらないKTX事故…連休前に不安 2011年09月02日08時36分
http://japanese.joins.com/article/423/143423.html
先月31日、釜山(プサン)を出発してソウルへ向かったKTXが出発から1時間30分後の午後10時25分ごろ、漆谷(チルゴク)IC付近で停止した。
事故列車の運転士は列車の故障原因を見つけることができず、車両のすべての電源を落としてから5分後に再起動しまた出発した。
だが、速度が普段の時速300キロメートルの半分しか出ず、後続の列車にも影響が出た。コレール(鉄道公社)は結局、大田(テジョン)駅で列車を交換し、
乗客200人余りはソウル駅に予定より30分遅れの午後11時24分ごろに到着した。乗客は車両の電源を落とす過程で案内もなく、暗闇の中で不安に震えな ければならなかった。
今回の列車はこれまで頻繁に故障を起こしていた新型車両の「KTX山川(サンチョ ン)」ではなく、フランスから輸入した「KTX−1」だった。

  KTXの今回の事故は今年に入ってからだけで39回目だ。 特に今回の故障は280万人が列車を利用するとみられる秋夕(チュソク)の大輸送期間を目前にして発生したもので不安も大きい。
コレール関係者は1日、「事故原因は車上信号装置が故障したため」と話した。車上信号装置は時速300キロメートル以上で運行するKTXの核心安全装置 で、
運転士が車内から信号を肉眼で確認できないため各種安全信号を計器盤で確認できるようにしている。

  コレールが秋夕前までに終えるという故障の懸念がある部品交替作業も 進行率が86%程度にとどまっている。コレールは今年2月初めに光明(クァンミョン)駅での脱線など
KTX列車の事故が相次ぐと冷却送風機と車輪、制動表示器など主要部品6種を秋夕前までに交換し、動力接触器のような部品5種は年末までに取り替えると発 表した。
6種の部品に残り5種まで合わせると、全体交換作業率は77%程度だ。

  コレールの故障部品交換作業も遅れ、また他の部品でも故障を起こしており、秋夕のチケットを予約した乗客は不安に思う。秋夕のチケットを予約したというあ る乗客は、
故障しないKTXに乗るのは宝くじに当たる確 率だと言われている。安全に帰省できるか不安だ」と話した。


【韓 国】「故障しないKTXに乗るのは宝くじに当たる確率」部品交換遅延で止まらないKTX事故…連休前に不安[09/02]
http://logsoku.com/thread/kamome.2ch.net/news4plus/1314933706/
8.21
Topgear 韓国版で「新幹線vsGT-R」ならぬ「KTXvs外車」が実現

トプギコ、『スーパーカーvsジェットvs KTX』の対決で、初回から注目

去 る20日初放送では1%を越える視聴率を記 録
[ノー カットニュース放送芸能チームキムジェユン記者]
http://news.naver.com/main/read.nhn?mode=LSD&mid=sec&sid1=106&oid=079&aid=0002279464
 

ベールを脱いだ、ケーブルチャンネルXTMの自動車バラエティ『トップギアコリア(以下『トプギコ』)』が初放送か ら1%を超える最高視聴率を記録し、高速疾走を開始した。
去る20日放送された「トプギコ」初回にはスピラターボ、ロータスエクシジコプ 260、ポルシェカイエンSなど周囲から容易に見る難しかった
スーパーカーたちが総出動してドラッグレースやラップタイムの対決を広げて真のミッドシップスポーツカーの王座を食した。
また、MCキムジンピョがミニで、新たに発売した「ミニカントリーマン」を試乗し、よどみのない評価との直接のパラグライダーとオフロードレースにも広げ て、
様々な情報を伝えた。同時に、放送前から話題を集めた「スー パーカー対ジェット機対KTX -ソウル〜釜山レース」では、
ヘリコプターと特殊撮影装備を総動員してスピーディーながらも、スペクタクルな映像を入れて出して視聴者の視線を捕らえた。

加えて釜山まで立席に行かなければならなかったキム・ガプス、空港での航空券を得られず挫折したキム・ジンピョ、スーパーカー用高級ガソリンを見つけるた めに
京釜高速道路の休憩所を隅々まで掘ばならなかったのヨン・ジョンフンなど、我が国の現実を反映した共感ウィットにゴマ粒のような楽しさもプレゼントした。
一方で、世界最高の自動車ボライオチショイン英国BBC「トップギア」は、イギリスはもちろん、アメリカ、オーストラリア、ロシア、中国などで製作されて いる。
国内ではXTMは、英国BBCからの番組フォーマットを購入してオリジナルの韓国版 「トプギコ」で制作し、毎週土曜日夜10時に放送している。
8.18

ソ ウル倉洞の駅舎投資家の大田駅線路奇襲占拠→KTX遅延
http://news.naver.com/main/read.nhn?mode=LSD&mid=sec&sid1=102&oid=019&aid=0002207775
施工会社の不良経営で建設が中断されたソウル倉洞民間資本駅舎に投資した投資家約10人が、昨日(18日)の午後4時ごろ、
大田駅の線路を奇襲占拠する騒動を繰り広げています。警察によると、昨日(18日)午後4時25分から10分間、倉洞、民間の歴史投資家40人が、
KORAILの本社がある大田の大田駅のプラットフォームからの工事再開を要求する デモを行う過程で、下り線の線路を奇襲占拠した。
警察は、主導的に参加したA氏など19人を連行して調査してから電源帰宅措置した。
一方で、これらが線路を占拠して、ソウル駅を 午後3時30分に出発し、4時25分に大田駅に到着する予定だった釜山行きKTX143号列車が10分遅れになって乗客が不便を経験しまし た。
トッ プギアコリア、KTX vsジェット機vsスーパーカー対決"初回から殺伐としたサイズ"[2011-08-18 22:04:36]
http://www.newsen.com/news_view.php?uid=201108182204241001
地上最大の自動車バラエティーXTM「トップギアコリア」(以下トプ ギコ)が、初回から韓国を最短時間縦断するブロックバスター級のレースに出る。
来る8月20日午後10時放送されるトプギコ初回で天と地で、それぞれ最高のスピードを誇るスーパーカーやジェット機、
そしてKTXを出動させてトプギコMCのキム・ガプスとヨン・ジョン フン、キム・ジンピョが直接、ソウル〜釜山間のレースを繰り広げるの だ。
8.17
【韓 国/軍事】K1A1戦車97台リコール 左に砲を回して射撃すると 火災感知器が誤動作[08/17]
http://kamome.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1313915485/
8.15
【韓 国】大邱市、KTX増便など世界陸上大会交通対策を準備 [08/15]
http://kamome.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1313366219/
8.14
【山川/車両故障】

【韓国】
「KTX 山川また故障」〜客車下部から異常騒音[08/15]
http://kamome.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1313366225/
1 HONEY MILKφ ★ 2011/08/15(月) 08:57:05.99 ID:???
(写真)
 KTX 列車が故障をして、乗客が不便を体験する事故がまた発生しました。
14日の午後3時37分頃、幸信(ヘンシン)駅を出発して釜山に向かうKTX山川の307 号列車が大田(テジョン)駅に入る際、客車の下部から異常な騷音が発生しました。
 KORAILは列車点検のために代替列車を投入して、この過程で列車の運行が36分遅れとなり、乗客300人余りが列車を乗り換えるために大きな不便を 体験しました。
KORAILは今度の故障で他の列車が遅れる事はなかったし、問題の列車を首都圏鉄道車両整備団に入庫して、故障の原因を捜していると明らかにしました。

ソース:NAVER/YTN(韓国語)
http://news.naver.com/main/read.nhn?mode=LSD&mid=sec&sid1=102&oid=052&aid=0000368226
ム グンファ号1時間余り停電‥乗客数百人の不快感(8.14)
http://imnews.imbc.com/replay/nwtoday/article/2906429_5782.html
今日の午前0時頃、忠北ジェチョン駅付近で清涼里駅を出発して江陵駅に向かっていたムグンファ号列車の
電気の供給が突然中断され、数百人の乗客が1時間余りの間に大きな不便を経験しました。
コレイル側は機関車の内の電力供給に異常が生じたものと見て正確な事故原因を調査中です。
8.09
【山 川/車両訴訟】韓国鉄道公社、KTX山川の相次ぐ欠陥で訴訟へ
http://japanese.joins.com/article/646/142646.html
韓国メディアは、韓国鉄道公社(コレイル)側が故障が相次いでいる韓国型高速列車KTX山川と関連し、
製作企業の現代(ヒョンデ)ロテムを相手取り9日に被害求償訴訟を起こす予定だと明らかにした。 
高速列車の製作上の欠陥で製作企業を相手取り被害求償訴訟を起こすのは、04年の高速鉄道開通以来初めてとなる。
  KTX山川は昨年3月の運行開始から現在まで車両の製作上の欠陥で計53件の故障が発生し、うち38件が20分以上遅れたと、コレイル側は明らかにした。 
このため顧客への遅延料支払いなどで2億8000万ウォン(約2000万円)の直接的な営業損失が発生した、と主張した。
  コレイルは、38件のうち昨年4月2日から今年5月14日までに発生した32件(2億6353万ウォン)についてまず納付督促を進行中だが、
現代ロテムは2件(488万ウォン)のみ納付した状態で、残り30件(2億5865万ウォン)は納付していない、と明らかにした。
8.08
【山 川/車両故障】今度は車体に震動…KTXがまたストップ
http://japanese.joins.com/article/619/142619.html?servcode=400§code=430
 ソウルを出発して馬山(マサン)に向かっていた高速鉄道KTX山川がまた止まった。
列車で激しい震動が発生し、機関士が運行を中断して近くの駅に引き返した。今まで発生した39回のKTX事故のうち車体の震動が原因になったのは初めて。
 8日の韓国鉄道公社(コレイル)によると、ソウル発・馬山行きのKTX山川391列車が天安(チョンアン)牙山(アサン)駅を通過してから約5分後の午 後7時58分ごろ停止した。
コレイルの関係者は「列車機関士が運転中に激しい震動を感じ、自発的に列車を止めた。列車の震動で運行を中断したのは今回が初めて」と述べた。
列車は停止した後、約30分後に近くの天安牙山駅に戻った。乗客300人余りは午後9時ごろ、コレイルが準備した別の列車に乗り換えて馬山へ向かった。
 ある乗客は「列車が急停車し、体が前に傾いた」とし「その後、『ブレーキ装置の異常で停車した。天安牙山駅に引き返す』という案内放送があった」と状況 を説明した。事故のため後続列車3便の運行が10分ほど遅れた。
コレイル側は現在、震動の正確な原因を把握している。KTX山川はこれまでも時速 300キロ以上に速度を上げれば車体が激しく震動するという指摘を受けてきた。
3月には全国鉄道労働組合ホームページに「KTX山川はあまりにも大きく揺れる。こ のままではいつか転覆しそうだ。市民よりも私がもっと心配だ」とし、不安を訴える内部職員のコメントが書き込まれた。
その間、KTX山川では製作の欠陥による煙の発生(7月15日)、通信障害(3月20日)、機関故障(2月26日)、脱線事故(2月11日)、バッテリー 故障(2月6日)、
動力装置故障(昨年12月25日)など各種事故が絶えなかった。こうした事故で列車は数十分から1時間ほど遅れた。

 しかし今回は初めて震動のために停止したうえ、乗客を非常編成列車便に乗り換えさせたという点で、深刻な欠陥が見つかったのではないかという観測が出て きている。
事故が相次ぐ中、コレイルは5月、安全運行のためにKTX山川の編成を縮小するなど格別の措置を取ると明らかにした。


■KTX 山川また,故障...天安牙山(チョナンアサン)駅近くで立ち往生
http://www.ytn.co.kr/_ln/0115_201108082321195160
今晩7時10分ソウル駅を出発した列車は、天安牙山駅をすぎた後、突然運転時に車体が震える現象を見せて止まり、
30余分後に天安牙山駅に戻って、乗客は午後9時非常待機列車に乗り換えました。
コレイル関係者は「運転時に震える現象が激しくて、正常運行が難しく見えるとすぐに列車運行を中断したようだ。」 として、
「正確な経緯を把握する。」と明らかにしました。
8.04
KTX401 号列車どうして特に故障ひんぱんなのか
16ヶ 月間6回…修理14日ぶりにまた変事が 生じたり
欠 陥多くの山川機種に運行初期酷使重なったよ うだ 2011.08.04 02:35:23
http://news.hankooki.com/lpage/politics/201108/h2011080402352321000.htm
 竜山を出発して木浦に行く朝の初発KTX列車の故障が特にひんぱんな 理由に関心が集められている。
去年9月18日竜山足木浦行KTX401列車が忠南論山駅隣近で急に立ち止まった。列車内に設置された画面標示器が以上を起こしたからだった。
401列車は応急措置後17分後に再出発し、運行終了後にも正式修理を受けた。
しかしこの列車は10月6日に出発もする前に竜山駅構内でトライポッド(列車車輪に動力を伝達する装置)が故障を起こした。これが終りではなかった。
わずか14日後である10月20日、五松駅隣近KTX遅延事態の主人公も401列車だった。今度は電力変換関連ソフトウェア故障が'病名'だった。

 ハンナラ党旧上刈議員が3日韓国鉄道公社(コレイル)から提出受けた資料によると、KTX401 列車はわずか30日余りの間に
『故障-修理-故障-修理-故障』を繰り返したことが明 らかになった。2010年1月から今年の6月までこの列車が故障で遅延の事例は計6 回だった。
KTX401列車は去年3月2日初運行を始めてから一月ぶりの4月2日画面標示器故障で『故障鉄(サゴチョル)』リストに名前をあげた以後、
5月25日(通信機器障害)、9月18日、10月6日、10月20日、今年3月8日(暖房接触期不良)運行に蹉跌を来たした。
総遅延時間だけでも竜山-木浦運行時間(200分)の半分に達する 102分だった。
同期間事故や故障でKTXの遅延の事例は皆86件で、このうち故障頻度で断然401列車が目立つ。
513列車が三回故障を起こしたこと以外には大部分1、2回にとどまった。

 『身代金』が300億ウォン台にのぼる401列車が唯 一『KTX家の問題児』と転落した理由はなにか。コレイル側は401列車の『血統』を根本的問題として 指折る。
監査院が最近大々的監査に取り掛かるほどに故障をよく起こしているるKTX-山川(ヒョンデロテム製作)機種だからだ。
コレイル関係者は「整備をしたのによく問題を起こすことは製作欠陷が決定的原因。」と言った。
 しかしKTX機関車総65編成の中で山川だけでも19編成に達するという点で「製作欠陷」だけで説明することができない側面がある。
一部では去年3月本格運行を始めた401列車が運行初期にこき使われた点 も一原因とみなす。

去年11月以前現場に配置された山川機種は10編成位に過ぎなかった。 だから401列車が急増する需要に耐えるために過度に『登板』を頻繁にしてみると『体』に無理がいったこともできる。

コレイル関係者は「主要部品交換時期を繰り上げるなど秋夕の前に補完を終える再故障が発生しないように努力している。」と言いながらも
「決まった耐久年限があるだけに車両交換は現在考慮していない。」と言った。
済 州〜湖南海底高速鉄道、道民70%が'賛成' 【済州日報 東亜日 報】
http://localen.donga.com/News_List/3/02/20110804/39303658/1
 地域経済発展と物的・人的交流拡大のために、道民の70%が済州(チェジュ)と湖南(ホナム)を連絡する海底高速鉄道
建設に賛成していることが明らかになった。
 4日、済州発展研究院(院長両穎悟)によれば、4月28日から5月1日まで道民404人を対象に個別面接調査をした結果、
回答者の70.2%が済州〜湖南海底高速鉄道開通事業に対して賛成すると答えた。反対するという意見は29.8%に終わった。
 海底高速鉄道事業賛成の理由としては、地域経済発展(25.3%)と物的・人的交流拡大(24.2%)が最も多かった。引き続き
交通手段多様化(19.6%)、観光客流入増加(16%)、悪天候でも本土と交流可能(11%)の順だった。
 反面反対理由としては、建設にともなう環境破壊(31.9%)、建設費用にくらべ経済効果不確実(23.5%)、地震などにともなう
物的・人的被害憂慮(16%)、島固有の特性喪失(12.3%)、新空港建設と競合(7.6%)の順だった。

 海底高速鉄道が開通すれば利用するかとの質問には、69.9%が肯定的な反応を、7.2%は否定的な反応を見せた。
 海底高速鉄道の適正料金では、済州〜金浦(キンポ)航空料金を基準として‘80%水準’が54%で最も多く、‘100%水準’
16.4%、‘90%水準’11.9%、‘50%水準’4.7%、‘110%水準’4.5%の順だった。
済州〜湖南海底高速鉄道に計画に対して67.8%が‘よく知っている’と答えたが、32.2%は‘聞いたことがなかった’と答えた。

 一方国土海洋部は昨年5月、交通研究院と建設技術研究院、鉄道技術研究院の3機関コンソーシアムに、済州〜湖南
海底高速鉄道事業妥当性調査研究サービスを委任していて、年末に調査結果が出る予定だ。
8.02
鉄 道業者「KTXレールこのままおくと、大災害ぽんと鳴ることも」
KTX 相次ぐ悩みの後ろに隠された危険な真実 "緊急の診断" 2011-08-02 10:00:08
http://www.ilyoseoul.co.kr/show.php?idx=89958&table=news_politics&table_name=news_politics&news_sec=002

「鉄道のレール施工当時自制単価の低い枕木準拠できなくて」
KTX導入契約フランスTGVはなく、米国の源泉技術の狩り専門ロテム 社

 KTXの技術的な問題で立ち止まることが多く懸念の声が高まっている中、最近中国で高速鉄道が脱線し、KTXに対する不安感が広がっている。
実際にはKTXの問題提起は、数年前から続いてきたが、ほとんど埋まってきたのが事実だ。
[日曜ソウル]は、今年初めKTXのレールの工事を担当したある企業関係者に会ったことがある。この関係者は当時、KTX不良の重要性を強調し、
「放置すれば大災害がもたらされることもある。」と警告している。最近になってKTXと関連して、大小の事故が相次いでいる。
これに[日曜ソウル]は、これらの関係者を通じて、より具体的な話を聞いてみることにした。
 KTX運営の安全管理の実態に問題が提起されたことで監査院は、韓国鉄道公団と韓国鉄道施設公団などを対象に、
KTX運営と安全管理の実態を監査するための予備調査に着手したと、先月26日、明らかにした。
監査院によると、最近の相次ぐKTXの事故で国民の不信の高まりに伴い、KTXの故障や障害の発生要因など、全般的に点検、改善して
KTXの安全性を確保するために今回の調査の重点を置く計画だ。
監査院は、予備調査では、既存の監査人のKTX監査関連の処分要件の履行の実態を把握し、機関別のKTXの安全対策検査ㆍ履行実態を確認する予定だ。
今回の予備調査では、鉄道研究員、従業員等の外部専門家5人と、過去のKTXの監査経験のあるベテラン級監査役等の監査要員33人が投入された。
KTXは2004年に開通した後の一年で20件だった事故が、昨年53件と急増したのに続き、今年は今月現在、38件発生した。

下請け工事毎晩悪夢

 「KTXは動く爆弾である。このまま放っておくと、大惨事が生じることもある。」
鉄道公団の下請け工事を務めてきた地方所在A社の関係者の衝撃的な証言だ。この関係者は、KTX列車も問題だが、もっと大きな問題は、KTXのレールにあると強調した。
それによると、列車の運行において、レールは一寸の異常も許されることができない非常に重要な部分である。それにもかかわらず、KTXのレールは非常に不 安定な状態ということだ。
この関係者は「数年前の鉄道公団から鉄道保守のアウトソーシングを受け、枕木工事をした。」とし「当時のレールが老朽化した枕木あちこちで亀裂がが補修工 事をした。」と明らかにした。
引き続きこの関係者は「補修工事をしている中、衝撃的な事実を知ることになった。鉄 筋コンクリートで作られた枕木は、専門業者が作っても安全性を確保することができないのに、鉄道公団は、許可のない業者に枕木の補修工事を任せた。」 と暴露した。
この関係者の証言が続いた。
「当時、4工区、5工区の枕木に亀裂が発見され、この区間の枕木補修工事を進行した。しかし、専門業者が補修工事をしたのではない。
鉄道公団はこの区間の工事を無許可業者に任せただけではなく、亀裂の間の枕木を交換するか、専門業者に保守を依頼することなく、
亀裂の間の部分にセメントで補修してくださいとだけだっ た。これは非常に危険です。どうなるか誰もわからない。」


鉄道公団の下請けの不正疑惑

 この関係者は当時、下請け工事に参加した当事者として、深い罪悪感に苦しめられていた。彼は、夜ごとKTXが脱線して多数の死傷者が発生している恐ろし い悪夢に苦しめられた敵と告白した。
この関係者はこうした事実を、当時は、外部に口に出すことができなかったと吐露した。鉄 道公団が徹底的に口封じをしたからだ。
また、工事に参加した企業等の間では、「この事実が外部に新しい出れば工事業者と鉄道公団職員が相次いで検察の調査を受けることができる。」という恐怖感 が広がっていたというのが関係者の話だ。
この関係者は「補修工事をしたが、遠くない時点で、枕木の問題で事故が起こるだろう。」とし「今年の冬が峠になるようだ」と話した。
4工区は、大邱から蔚山区間で、5工区は、蔚山から釜山までの区間だ。この関係者によると、この区間の枕木を集中的に調査しなければならないということ だ。
専門家を同行し、この区間の枕木の安全検査を実施すると手抜き補修工事の実体が明らかになるというのがこの関係者の説明だ。
また、手抜き工事の場合には、鉄道公団の腐敗が位置している。
 この関係者は「鉄道公団は、工事のコスト削減を理由に手抜き工事を施行し、工事費 用の一部を従業員が横領した可能性がある。」とし
「当時、公社の職員は請負業者からわいろをもらって取りまとめるのが当たり前に なっていた。だけでなく、学縁に応じて、下請け業者を指定し、
その業者からリベートを受けるなどの不正が深刻だった。」と話した。過去弘益会高官だったBさんも、KTXの問題を指摘した。
Bさんは「KTXは、技術、契約自体が間違っている英語の契約書をきちんと読んでみれば、契約に重大な問題があることを知ることが できる。」とし、
「KTXはフランスのTGVを基本としているが、いざ導入する際の契約は、米国のロ テム社とした(※)。米国のロテム社は多国籍の源泉技術狩りを専門とする会社だ。
このため、KTXの技術に関連する契約は、韓国に絶対的に不利になっている。」 と話した。
この関係者によると、KTXの部品や技術の調達に問題が発生するのはまさにこのためだ。
[日曜ソウル]は、追加確認を通じて、当時の枕木補修工事の影響の実態を継続する計画だ。


※ 現代ロテム社とは別
7.31
KTXvsヒュンダイ・ジェネシス

【韓国】「KTXと乗用車が衝突」〜1人死亡(燕岐)[07/31]
http://kamome.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1312062437/
1 :HONEY MILKφ ★:2011/07/31(日) 06:47:17.52 ID:???
 30日の午後8時30分頃、忠南(チュンナム)・燕岐郡(ヨンギグン)前義面(チョンウィミョン)のチョンナム鉄道踏切で、KTX607列車と乗用車 (現代・ジェネシス)が衝突した。
この事故で乗用車の運転席に乗っていた身元不明の女性1人がその場で死亡した。
KTX607列車はソウルを午後7時3分に出発して、釜山(プサン)に午後10時48分に到着する予定だった。
この事故でKTXを含む京釜(キョンブ)線の下り列車の運行が50分程度中断され、この日の午後9時20分頃に再開された。
KORAIL(韓国鉄道公社)の関係者は、「事故車両を近くの全義駅に回送して、乗客を別のKTX 列車に乗り換えるように措置した」とし、「警察と共に正確な事故原因を調査中」と話した。

ソース:NAVER/大田=聯合ニュース(韓国語)
http://news.naver.com/main/read.nhn?mode=LSD&mid=sec&sid1=102&oid=001&aid=0005188928
7.29
中 国高速鉄道事故に青ざめる韓国鉄道関係者
世 界普及狙ったKTXは事故・故障続出
http://jbpress.ismedia.jp/articles/-/16791
7.26
KTX:重要部品の交換周期を先延ばしに
http://www.chosunonline.com/news/20110726000037
http://www.chosunonline.com/news/20110726000038
仏アルストム社の提示した交換周期を守らず
仏より悪い運行条件でも、ブレーキなどの交換を延期
予算上の理由で整備契約も放棄

韓国高速鉄道(KTX)の関係者は「韓国では、中国のような事故は決して起こり得ない」と語っている。しかしKTXは、今年だけでも大小30−40件の故 障を起こし、韓国国民の不安は小さくない。こうした中、韓国鉄道公社(KORAIL)が2010年から、KTXの重要部品の交換周期を、フランスのメー カーが提示した基準より延ばす案を進めていたことが25日までに分かった。


■189の部品のうち、約80種類の交換周期を延長
国会の国土海洋委員会に所属する趙源震(チョ・ウォンジン)議員(ハンナラ党)に、KORAILが最近提出した資料によると、KTXのメーカーであるフラ ンスのアルストム社は04年、KTXの開通とともに、189種類の部品の交換周期と いえる「TBO周期」を提示した。TBO周期とは、一定の距離や時間が経過したら装置を分解して必要な部品は交換(オーバーホール)する基 準で、部品の交換周期に当たる。アルストム社のTBO周期は、フランスの高速鉄道TGVの運行経験を基に算出されたものだ。

部品の交換周期をめぐりKORAILは10年から、内部の整備専門家の意見を基に、189種類の主要部品のうち約80種類について、TBO周期の延長を内 部で推進してきた。例えば、ブレーキ関連の部品45種類のうち37種類について、TBO周期を6年から10年に、または12年から15年に伸ばした。これ についてKORAILは「アルストム社が提示した基準は、KTX運行時の参考事項であって、KTXのTBO周期は韓国の運行環境に合わせて調整できる」と 趙議員側に説明した。
しかし国土海洋部(省に相当)の関係者は「韓国には、橋、トンネル、山が多く、運行 条件はフランスに比べて悪い。にもかかわらず部品の交換周期をフランスより長く見積もろうとするのは問題がある」と語った。趙議員は「韓国 の高速鉄道は歴史が浅い上、KORAILに所属する重装備専門の関係者に判断を任せたのでは信頼性に欠ける」と指摘した。

■交換周期が守られない部品も
04年に開通したKTXは、06年から各部品の交換時期が到来し始めた。アルストム社が提示したTBO周期に従い、一定の期間が経過した部品38種類の交 換が現在進められているが、そのうち20種類の部品について、交換実績が低いことが判明した。中でも今年5月に天安・牙山駅でトラブルを起こしたけん引電動機(TBO周期250万キロ)は、552台のうち交換が済んだのは432台。連結装 置に使われる中間連結器(TBO周期300万キロ)は、92基のうち1基も交換されていなかった。趙議員は「老朽化した部品が相当数そのまま使用されており、KTXで故障・事故 が続出する可能性もある」と語った。
また、昨年3月に運行を開始したKTX山川(サンチョン)=韓国で開発された新型車両=の場合、メーカーの現代ロテムが、TBO周期はもちろん管理対象の 品目すらまだ提示していないという。

KORAILは、TBO周期が到来した06年、アルストム社と整備契約を締結する予 定だったが、予算上の理由から放棄し た。こうした事情を考慮すると、KORAILが部品の交換周期延長を推進したのも、結局は経費節減という観点からではないのかという指摘が出ている。昨年 10月、KORAILの当期純利益は3808億ウォン(現在のレートで約283億円、以下同じ)だったが、竜山駅一帯の開発事業に伴う敷地売却益などを除いた営業利益は、5287億ウォン(約392億円)の赤字だっ た。KORAILは05年から、営業面で毎年5000−7000億ウォン(約371−519億円)の赤字を計上している。

7.24
今回は"部品交換"... KTX事故止めるか
http://news.kukinews.com/article/view.asp?page=1&gCode=kmi&arcid=0005188891&cp=nv
 政府は高速鉄道(KTX)の安全対策をまた出した。老朽されたり、問題を起こした部品の交換を急ぐことにした。
ただし、交換完了までは1年ほどかかる見込みだ。これまで、故障事故はずっと上がるしかないのに、政府は予算の言い訳をして
整備人材を補充する予定もなく、それでも安易に対処しているという指摘が出ている。
 国土海洋部は24日、「KTXの安全強化のための追加の改善対策」を発表した。今年4月に安全対策を発表したが、5〜7月にも10件の故障を起こし、
運行中に緊急停車したり、車両が緊急交換したことによるものだ。政府は、36の推進課題を新たに出した。今年4月、46個の課題を発表したが、
弱点が多かったという傍証だ。政府は、故障を継続起こす部品の全量を早期に交換することにした。電気量を調節して列車の車輪を動かすモーターブロック、
直流電力を交流に、またはその逆に変えるインバータなどだ。今年4月の対策の一環として開始された2万個の部品交換の計画とは別物だ。

 すべての車両の一斉点検を実施する。フランスから輸入されたから10年、KTX-1は故障の80%が老朽化した部品が原因で発生している。しかし、
部品の交換は来年6月まで完了する予定です。KTXの安全強化対策検査班長を務めているキムギファン鉄道研究員高速鉄道研究センター長は
「全46編、960両に達するKTX-1の部品を一時的にすべて交換するのは難しい。」 と話した。来年上半期までKTXの故障が続くということだ。
しかし、国土海洋部関係者は「その程度は理解しなければならない」とし、たいしたことがないと言う。国土部は、KTXの整備団の品質管理の専門組織を新設 することにした。
メンテナンス担当者の経験豊富なベテラン者で構成される。しかし、整備スタッフは補充せず、このような人員配置をしているなら車の維持は悪くなり、
品質管理の専門組織では、再整備の負担が重くなり、最終的に整備状態が悪くなるという懸念が出ている。国土部は、車両の修理外注業者の管理と管制機能の強 化、
信号設備の国産化の推進、教育訓練の実効性向上などの対策も新たに出したが、ほとんどが中·長期的課題だ。
その場で起こっているKTXの故障を防ぐには効果がないため、政府が4月に発表内容を焼き直ししたKTXの故障の深刻性をも正しく認識できずにいるという 指摘が提起される。
今年に入ってKTXは22日までに36回の故障を起こした。KTX- 115件、現代ロテムが制作し、昨年から運行され始めたKTX山川21件などである。

年 別車両故障
KTX-1
KTX -山川

2004-06
181
-
181
2007-09
78
-
78
2010
25
28
53
-2011.7.22
15
21
36

7.21
【韓国】熱く なった線路に水をまく職員たち(写真)[07/21]
http://kamome.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1311224316/

1+8 :HONEY MILKφ ★ [] :2011/07/21(木) 13:58:36.75 ID:???
(写真)
http://file.chosunonline.com//article/2011/07/21/540_077400156596898885.jpg
http://file.chosunonline.com//article/2011/07/21/540_559417631080496576.jpg
http://file.chosunonline.com//article/2011/07/21/540_256964152479137758.jpg
http://file.chosunonline.com//article/2011/07/21/540_854983596877264881.jpg
http://file.chosunonline.com//article/2011/07/21/540_130273099598105845.jpg
http://file.chosunonline.com//article/2011/07/21/540_919954419866892488.jpg

正午の気温が30度を超えるなど、全国的に猛暑となった20日、京畿道軍浦市内の駅
近くで、韓国鉄道公社首都圏西部本部の職員たちが、熱くなった線路に水をまいた。

ソース:朝鮮日報/NEWSIS
http://www.chosunonline.com/news/20110721000047

7.20
情報公開拒否のコレイル‘危険な秘密主義’
KTX事故原因・予防対策資料請求常に黙殺
文化日報|パク・ジョンギョン記者|入力2011.07.20 11:51|
http://media.daum.net/society/view.html?cateid=1067&newsid=20110720115120376&p=munhwa

 コレイル(韓国鉄道公安社)側がKTX故障や事故など'公開情報'項目に分類されている内容さえ、徹底的に非公開で一貫するなど、
市民団体などの情報公開要求を常に握りつぶしていて、批判世の論が広がっている。
これに伴い今年に入ってからだけで、36回の大小の故障事故を起こしたKTXを利用する市民の間では、小さい事故が大事故を産むという
『ハインリッヒの法則』が現実化するのではないかと思う憂慮が増幅される状況だ。
 コレイルの公式ホームページでは'情報公開'欄に車両故障に対する調査報告と原因分析、予防対策資料などを『公開』項目として分類している。
だが、関連項目の市民と市民団体などの閲覧請求に対しては、コレイル側は常に公開拒否の対応をしている。
実際に'透明社会のための情報公開センター'の場合、去る5月から今まで3回にかけてコレイルの情報目録に公開に分類された故障事故などに対する
記録情報を請求したが、全いぇ拒否されたことが20日に確認された。非公開にともなう'異議申請'も、やはり無視されたと情報公開センター側は明らかにし た。
これだけでなく去る5月に外部の専門家たちで構成された'安全委員会'発足以後、具体的な活動状況に対してもコレイルは非公開主義を守っている。

これに対して市民は非公開主義による不透明性がより大きい災いをよぶとし、憂慮を表わしている。19日にソウル駅で会った市民は「本当にこういうことで は、
大事故が起きるのではないか。」として口をそろえた。会社員のパク某(52)氏は「釜山への出張が多く、KTXにしばしば乗るのにこれ以上信じることがで きないため、
今後は飛行機を利用するつもりだ。」と話した。主婦キム・ヒジョン(51)氏も「忘れた頃に聞くKTX故障の事故ニュースを見ると、
大きい事故がおきる兆しのようで不安だ。」と話した。

『透明社会のための情報公開センター』の関係者は「コレイルが精密点検と交換作業などに関する内容を一切公開しておらず、
列車の安全がどのように確保されているのか知る術がない」として「非公開主義がたびたび大型事故を呼ぶという点を悟らなければならない」と指摘した。

これに対してコレイル側は「該当資料は営業利益を害する恐れがある営業秘密で、資料が公開される場合、
業務に支障を招くようになっているため公開できない」と明らかにした。

7.19
KTX事 故、今年だけで38件…専門家・市民が緊急提言(1) 2011年07月19日08時34分
http://japanese.joins.com/article/912/141912.html?servcode=400§code=430
KORAIL(韓国鉄道公社、社長・許准栄)が運営する高速鉄道KTXが開通7年目を迎え‘事故鉄’になっている。
今年だけで光明(クァンミョン)駅脱線事故をはじめ、38件の大小の事故が起きた。
特に今月は乗客が避難しにくいトンネルや橋の上でも事故が発生し、大型事故への懸念が強まっている。

これに対し監査院はKORAILに対する特別監査を準備中で、鉄道専門家は減速運行など格別の対策を要求している。
KTXは開通元年の04年、最も多い81件の事故が発生したが、その後は毎年減少し、20余件にまで減った。

しかし昨年は国産技術で開発したKTX−山川が投入(3月)され、53件も発生した。53件のうち28件が山川の
車両で事故が発生した。今年は18日現在38件で、7年間の同期比(毎年1−7月)で最多だ。
今年2月の光明駅脱線事故をはじめ、車両の機関(モーターブロック)、ブレーキ、線路転換器の故障まで原因もさまざまだ。
(略


KTX事故、今年だけで38件…専門家・市民が緊急提言(2)
http://japanese.joins.com/article/913/141913.html?servcode=400§code=430
(略
高速鉄道市民会のペ・ジュンホ代表(韓神大教授)は「KORAILがKTXの運行を中断できなければ、時速250キロ前後に
速度を低めるべきだ」と指摘した。現在、KTXの線路は時速350キロ、車両は時速320キロに合わせている。
しかし時速300キロと250キロ前後で車両や各種部品が受ける負荷は全く異なるだけに、すべての車両に対する
安全点検を終えた後、また速度を高めなければならないということだ。

ペ代表は「速度を落としても安全を確保できなければ、縮小運行でもして整備を終えた後、再投入する必要がある」と述べた。
KORAILの関係者は「KTXの運行を中断すればソウル・釜山(プサン)・大邱(テグ)など主要都市間の交通が混乱するため、
できる限り安全整備をするしかない状況」と話した。

【社説】 KTXの運行、一時中断も検討するべき 2011年07月19日14時08分
http://japanese.joins.com/article/939/141939.html?servcode=100§code=110
「事故鉄」になった高速鉄道KTXの運行を見守る国民の不安感と忍耐心が限界状況に達している。
毎日のように発生する事故のため、命をかけてKTXに乗らなければならないという不満と不信が広がっている。
速くて便利な運送手段の寵児に浮上したKTXが、国民の安全を脅かすものになってしまっている。
KTXの総体的危機局面だ。許准栄(ホ・ジュンヨン)KORAIL(韓国鉄道公社)社長は、取り返しのつかない
大事故が発生する前に、急いで格別の対策を用意しなければならない状況に直面している。

KTXの事故は今年に入って36回も発生した。脱線に運行遅延、各種障害など事故パターンが多様であるうえ、
原因もモーター・電気・冷房装置の異常などさまざまだ。ついに先日はトンネルの中で列車が止まり、
乗客400余人が1時間も暑さと恐怖に苦しんだ。また冷房装置の故障で乗客が別の列車に乗り換えるなど、
3時間に2件の事故が立て続けに発生した。一日に2件の事故が発生するのは外国でも珍しいケースだ。このままでは大事故につながるという信号を送っている のだ。

問題は、事故の原因をめぐりKORAILとKTX車両製作会社の現代(ヒョンデ)ロ テムがそれぞれ製作上のミス、運営上のミスなどと主張しながら、責任転嫁をしている点だ。
事故原因の究明がきちんと行われていないということだ。
表面的に見ると事故の1次的な原因は整備不良だ。しかし幅広い分野と部品で障害が生じているという点で、単純な整備不良レベルでない可能性もある。KTX の設計・製作・運営全般にわたり総体的な点検が急がれる理由だ。

国民に不便があってもKTXの運行を一時停止し、全車両を根本的に再整備する必要がある。
国産化を急いだために設計・技術上の問題が生じたのではないのか、徹底的に点検しなければならない。
KORAILのKTX運営と整備システムに問題がないかも詳細に調べる必要がある。
KTXに対する全面監査を検討中の監査院が留意すべき部分だ。ねじが抜けたKTXを放置し、大型人命被害事故を招くような愚を犯してはならない。

KTX: 「山川の運行トラブル、品質の不安定さに起因」
http://www.chosunonline.com/news/20110719000023

 韓国高速鉄道(KTX)で今年に入って発生した事故や運行トラブル36件について、
本紙が専門家の協力を得て分析した結果、KTX山川(サンチョン)=韓国で開発された新型車両は品質の不安定さ、2004年の開業当時から運行されてきた従来型のKTX車両は整備不良が原因となった可能性が高いことが分かった。

【韓国】今年だけで36回、「故障鉄道」KTXに政府も国民も激怒[07/19]
http://kamome.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1311048496/
1 なつあかねφ ★ 2011/07/19(火) 13:08:16.45 ID:???

 今年に入りKTXの車両事故が36回も発生した中、監査院が「故障鉄道」KTXへの全面的な監査に入る。
 監査院によると、梁建(ヤン・ゴン)監査院長は18日午前の幹部会議で「国民の安全と直結しているKTXの車両事故が多発しており、全面的な監査を実施 する必要がある」とし、「早急に監査に着手するよう検討すべきだ」と話した。梁br> 長は前日、KTX列車がトンネル内で1時間も立ち往生したというニュースを聞き、「問題をモニタリングするレベルに止まってはならない」とした上で、この ように指示したという。
 監査院は、コレール(韓国鉄道)を対象にKTXをめぐる監査を実施する方向で検討している。
監査院の関係者は、「今年下半期(7~12月)に計画していた『鉄道施設のメンテナンスを巡る実態』監査に、KTXを含めるべきかどうか、KTXの運営・ 管理実態に関する特別監査を別途実施すべきかどうかについて、まだ結論が出ていない」と話した。
 監査院は昨年7月、「慶釜(キョンブ)高速鉄道第2段階及び湖南(ホナム)高速鉄道を巡る建設事業の推進実態」についての監査結果を公開し、08年度も 「慶釜高速鉄道第2段階の推進実態」について監査を行った。公共機関が監査を行ってから1年あまりで再び監査に入るのは異例のことだ。
 監査院の別の関係者は、「すでに、先の監査で、『KTX第2段階区間に設置した線路切り替え機は、時速300キロ以上では一度も使われたことがなく、事 故の危険性がある』と指摘したにも関わらず、問題は是正されていない」とし、「様々な専門家を投入し、事故原因について全面的な検証を行う計画である」こ とを明らかにした。

東亜日報 2011/07/19
http://japanese.donga.com/srv/service.php3?biid=2011071947278

7.18
韓国で相次ぐ高速鉄道事故、監査院長「全面的な監査を実施すべき」
http://news.searchina.ne.jp/disp.cgi?y=2011&d=0718&f=national_0718_027.shtml
 韓国監査院のヤン・ゴン院長が18日、相次いで事故を起こしている高速鉄道のKTXについて「全面的な監査を実施する必要がある」と指摘し、早く監査に 着手することを指示した。複数の韓国メディアが伝えた。
 韓国メディアによると、監査院は2008年と10年の7月に京釜高速鉄道(ソウル〜釜山)や湖南高速鉄道(ソウル〜木浦)に対し、監査を実施したことが ある。本来は2年から5年の間に1回監査を実施することが通例だが、後を絶たないKTX事故を受け、2年も経たない間に異例的に監査を再開する可能性が高 くなった。
 監査院は今年の7月から12月にかけて実施予定だった「鉄道施設維持・管理実態」監査で、KTXに対する監査を除いていた。監査院の関係者によれば、 「名節の際は鉄道施設に対する需要が多いため、監査は旧盆が過ぎた10月頃に着手する予定で、今回の監査にKTXも含まれる可能性がある」という。
 一部では、相次いで発生するKTXの事故について、コレイル(韓国鉄道公社)や監督機関の無能さを批判しており、「KTX事故は国民の安全に直結する問 題であるだけに、特別監査など格別の対策が必要だ」という声が高まっている。

7.17
どう直したのか、KTX36回目の事故 【朝鮮日報】
http://news.chosun.com/site/data/html_dir/2011/07/18/2011071800165.html?news_Head2
航空機水準の整備をするとしながら、3日間で3回停止 "整備に根本問題があるようだ"

 15〜17日の3日間にKTXが停止する事故が3回おきて、KTXに対する不安感がまた大きくなっている。

 17日午前11時頃、乗客400人余りを乗せたKTX列車が、慶北(キョンブク)金泉(キムチョン)と忠北(チュンブク)ヨンドン間にある、黄嶽トンネ ル(長さ9.975km)内で突然停止した。コレール関係者は「(車輪を動かす動力供給装置の)モーターブロックに異常が生じて、機関士が車両を停車させ た。」と話した。モーターブロックは一両に6個あるが、1個が故障しても列車は動けるように設計されている。したがってこの事故は、少なくとも2個以上の モーターブロックが同時に故障して発生した可能性があると、専門家は推定している。


▲KTX止まった黄嶽トンネル… 400人余りを乗せて釜山からソウルへ向かっていたKTX列車が、17日午前慶北金泉市黄嶽
トンネルで故障を起こして、乗客が1時間余り孤立した。この日午後、別のKTX列車がトンネルに入っているところ。

 乗客は暗いトンネル内に1時間以上閉じ込められ、列車は到着予定時刻の午前11時48分から約1時間40分遅れた、午後1時28分ごろソウル駅に到着し た。

 この日午後1時45分には、釜山を出発してソウルへ向かっていたKTX列車で、発車から30分ほどたったころ、冷房装置に異常が生じた。このために乗客 800人余りは約1時間45分ほど蒸し風呂になった列車に閉じ込められ、コレールは大田駅で乗客を他の列車に乗せかえた。

 15日午前11時30分ごろには、慶南(キョンナム)密陽(ミリャン)駅に進入したKTX山川列車から煙が発生して、乗客150人余りが別の列車に乗り 換えた。

 コレールは今年上半期に脱線などKTXで事故が相次いだことから、「航空機水準で整備する。」、「外部専門家に鉄道安全全般の点検を受ける。」と発表し たが、その後も事故が絶えることなく続いている。キム・キファン鉄道技術研究院高速鉄道研究本部長は、「核心部品のモーターブロックのためにKTXが停止 したことは、整備に根本的な問題があると見られる。」と話した。今年に入ってKTX列車はのべ36回車両故障で停止している


KTXがまた故障…乗客400人がトンネル内 で1時間待ち
http://japanese.joins.com/article/886/141886.html?servcode=400§code=430
 高速鉄道のKTXがまた故障し、乗客がトンネルの中で1時間ほど閉じ込められるという事故が発生した。
17日のKORAIL(韓国鉄道公社)によると、この日午前11時ごろ、慶尚北道金泉市(キョンサンブクド・キムチョンシ)のファンハクトンネルの中で、 釜山(プサン)発ソウル行きのKTX120号列車が突然止まった。列車は1時間ほどの緊急修理の後、昼12時3分にソウルに向けて再出発した。
列車には乗客およそ400人が乗っていた。乗客は「突然列車が止まった後、『モーターに異常が発生して停車した』という案内放送があっただけで、他の措置 なくトンネル内で閉じ込められていた」とし「トンネルの中なので大事故につながらないか不安だった」と語った。
 事故が発生すると、KORAILは緊急復旧班を投入し、モーターなど駆動装置を整備した後、運行を再開した。しかしこの列車を復旧する間、他の列車は釜 山方向の線路だけを運行し、20分−1時間ほどの遅れが発生した。この列車は釜山−東大邱(トンデグ)を徐行し、予定より14分遅く東大邱駅に到着したた め、その前から問題が発生していたのではないかという指摘が出ている。
 KORAIL関係者は「モーターなど駆動装置に異常が発生したと推定しただけで、正確な故障の原因は詳細な調査後に発表する」と述べた。
ファンハクトンネルは慶尚北道金泉と忠清北道栄洞(チュンチョンブクド・ヨンドン)をつなぐトンネル(長さ9.975キロ)で、京釜(キョンブ)高速鉄道 のうち釜山金井(クムジョン)トンネル(20.3キロ)に次いで2番目に長い。

7.15
【山川/車両故障】

【KTX続報】韓国高速鉄道が走行中に煙が発生、窓ガラスを割ろうとする乗客も
[07/17]
http://logsoku.com/thread/kamome.2ch.net/news4plus/1310908373/
1 : なつあかねφ ★ : 2011/07/17(日) 22:12:53.12 ID:???
韓国現地時間15日午前11時34分、ソウルから馬山に向かう韓国高速鉄道(KTX 山川)が密陽駅に到着する直前に突然車両から煙が発生するトラブルが起 きた。180名の乗客は一時、緊急避難した。その後、韓国鉄道公社が同車両に乗客を乗車させて運行を再開したことで、乗客からは抗議の声が出ている。

列車は密陽駅から2キロメートルの地点で突然、発煙した。目撃者によると密陽駅に到着した列車は、1号車から4号車まで濃い煙が充満していたという。また 1号車の連結部分から発生した大量の煙が後続の車内にまで充満し、火災警報も鳴ったが、車内放送や乗員による説明はなく、窓ガラスを割って逃げようとする 乗客もあったという。

韓国鉄道公社は密陽駅で乗客を下車させ、車内の煙を排気した後、そのまま乗客を再乗車させて目的地に向かい、1時間かけて目的地に到着した。到着が遅れた ことで乗客は賠償と運賃の返却を求め、韓国鉄道公社は最終的に密陽駅から昌原中央駅までの最低料金8100ウォン(約600円)の返金を決定したが、一部 の乗客からは抗議の声が上がっている。

故障した列車は2010年3月に導入されたもので、故障の原因は連結部通路の配電盤で漏電があったためと見られている。鉄道公社は今回の事故を「設計上、 橋の上やトンネル内で事故が発生しても自動停車しないので、密陽駅まで走行を続けた」と説明した。
列車を製造したメーカーは、「故障した列車はすでに釜山列車検査修理工場で総合検査を行い、原因を突き止めた」と発表している。(編集担当:及川源十郎)

サーチナ 2011/07/17
http://news.searchina.ne.jp/disp.cgi?y=2011&d=0717&f=national_0717_127.shtml

【車両故障/トンネル缶詰 め】

【韓国】「KTXまた止まる」〜事故原因を調査中[07/17]
1 : HONEY MILKφ ★ : 2011/07/17(日) 15:23:09.05 ID:???
http://logsoku.com/thread/kamome.2ch.net/news4plus/1310883789/

KTXがまたまた立ち往生しました。
釜山(プサン)を出発したソウル発のKTX列車は11時頃、慶北金泉市黄鶴(ファンハク)トンネルで立ち往生したと伝えられました。
現在KORAILはKTXの事故原因を調査中であり、救援列車を準備してトンネル内で立ち往生したKTXを動かす予定と説明しました。

ソース:NAVER/MBN(韓国語)
http://news.naver.com/main/read.nhn?mode=LSD&mid=sec&sid1=102&oid=057&aid=0000170352
▲ 動画あります

7.12
韓国、ブラジル高速鉄道事業の入札を見送り
http://japanese.joins.com/article/689/141689.html?servcode=A00§code=A00
政府が国内高速鉄道技術を輸出するために推進してきたブラジル高速鉄道(TAV)建設事業への参加をあきらめることにした。
国土海洋部の崔政浩(チェ・ジョンホ)鉄道政策官は11日、「ブラジル政府が事業費をあまりにも低く決めたため、収益性がないと判断し、入札に参加しない ことにした」と述べた。これを受け、ブラジル高速鉄道事業団は12日(現地時間11日)に締め切られるブラジル高速鉄道事業に入札申請書を出さない方針 だ。

一方、高速鉄道事業団の関係者は「今回の入札不参加決定はKTX−山川の事故とは関係がない」と強調した。国内の技術で製作された高速鉄道車両のKTX− 山川は頻繁な故障と欠陥のため海外輸出に影響を与えないか懸念されてきた。


ブラジル高速鉄道、入札不調=方式変更し再実施へ
http://www.jiji.com/jc/c?g=int_30&k=2011071200132
 【サンパウロ時事】ブラジルのリオデジャネイロとサンパウロ郊外を結ぶ全長約510キロの高速鉄道計画の入札が11日、受け付けられたが、
日本を含め応札する企業連合がなく、不調に終わった。入札は、昨年11月と今年4月の2度にわたり、延期されていた。
 これを受け、ブラジル政府は入札方式を変更し、今年中にも再実施する意向を表明。フィゲイレド国家陸運庁長官によると、まず運営を手掛ける鉄道事業者を 選定、その後、工事を請け負う建設会社を決める2段階入札を想定しているという。応札をしやすくし、大幅にずれ込んでいる着工を急ぎたい考えだ。

7.10
[集中解 剖] KTXこのままではいけない、KTX、100回も 脱線の危機 毎日経済新聞
http://news.mk.co.kr/newsRead.php?sc=30100049&year=2011&no=447782&relatedcode=000090148&wonNo=&sID=300

京釜高速鉄道2段階区間(東大邱?釜山)のコンクリート軌道用転轍機76台が昨年11月の開業以来、今年6月1日までの7ヵ月間で
合計407回の故障の原因となった中、大事故につながることができる『脱線の危機』を100度も経験したことが明らかになった。

また、ドイツをはじめとする海外での具体的な軌道のために検証されたという分岐器及び転轍機は、導入を確定する前に、
ただ一度の国内テストも行われていないことが分かった。特に、監査院は、ドイツ産の分岐器を取り付ける場合、元の信号機器との相互連携性の問題で、
「障害が発生する確率が高い」と指摘し、見直 しを要求したにもかかわらず、韓国鉄道施設公団は、導入を強行したことが確認された。

毎日経済新聞企画取材チームが、新慶州駅で会った現場の関係者は10日、「転轍機が当初故障している場合、列車は既存の線路を過ぎだが、
動作している途中で止まってしまうと列車が、既存の線路に行くこともできず、転換して行くこともできず、結果的に異常なすることになる。」とし、
「そのような重大な障害が100件にもあった"と明らかにした。

彼は「異常信号が発覚するたびに、一時的な措置を取ったからよかったものの、列車が過ぎ去ったと脱線につながることができた。」とくらっとしている。

現場の従業員は、結局、先月3日、自主的に転轍機の電源を完全に消して しまった。以来、一ヶ月以上が過ぎた今まで新慶州駅や蔚山駅に
停車しないKTX列車は、本線ではなく副本線を既存の速度(時速300q)の半分ほ どである時速170qで通過している。
が、KORAILのシン・スンチャン技術本部長は、 「転 轍機が故障した場合、すぐに列車が停止するので、実際に脱線することはできない。」と反論した。

本紙が単独入手した文書によると、監査院は、2007年7月鉄道施設公団に「既存の信号の設備との連携性と経済性、保守性などを考慮し、
その分岐器導入を再検討せよ。」という処分の要求をした。これは、公団が2段階用分岐器と転轍機を導入することを決定(2008年6月)に約1年前だ。
このように最近KTXの頻繁な故障や事故は、鉄道先進国のシステムを急いで導入したが、根本的な原因として指摘されている。
国土海洋部と韓国鉄道公社(コレイル)によると、KTXは、今年に入って運行中に30回余りも故障が発生しており、昨年3月から運行を開始したKTX山川 は、最近まで40件の事故や障害が起きた。

7.09
【鉄道】ブラジル高速鉄道の入札延期せず 日本勢や中国 勢、参加に難色[07/09]
http://kamome.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1310201159/
【鉄道】ブラジル高速鉄道、「11日に入札実施」 陸運長官 [11/07/09]
http://toki.2ch.net/test/read.cgi/bizplus/1310178951/

7.05
【韓国】「夏負けした」KTXの彦陽アーチ橋、線路変形の攻防
http://kamome.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1309875808/
1:ピアノを弾く大酋長φ ★:2011/07/05(火) 23:23:28.75 ???
[総合]'夏負けした'KTX彦陽アーチ橋、線路変形攻防

【蔚山(ウルサン)=ニューシス】チャン・ジスン記者=蒸し暑さでKTXが通る彦陽(オニャン)アーチ橋に線路の変形が起きて該当区間で
減速運行が行なわれているという主張が労組によって提起された。反面、鉄道施設公団側は温度変化とは大きな関係がないという説明だ。

京釜(キョンブ)高速鉄道2段階区間の新慶州(シンキョンジュ)〜蔚山(ウルサン)駅の間の彦陽高架の下部 の鉄製アーチ橋が
夏の気温上昇によって伸びながら鉄道の一部区間が盛り上がったと5日労組が明らかにした。

労組によれば6月以後気温が上昇しながら下部は鉄製で上部はコンクリートでできた彦陽アーチ橋の変形差で高速鉄道がある橋の上部が盛り上がる変形ができ た。変形した部分はアーチ橋上の両方向150〜200mほどだ。

特にこの区間は分岐器(線路を二つに分ける機器)がある場所で、分岐器の誤作動の原因である可能性も大きいというのが労組の主張だ。

実際、KTXはこの区間を時速300kmで走ることができる本線を放って先月初めから時速170kmに減らして運行しなければならない副本線を走ってい る。

韓国鉄道施設公団もこの場所に臨時にパッドを挿入して高低を調節していて、鉄製の橋脚の温度を低くするために先月15日から橋脚にスプリンクラーを設置し 始め、
直ちに試験運営に入った。このスプリンクラーは臨時発電機を回して地下水を調達している。現在は電気線引入工事をしている状態で、
この工事が完了する前、臨時発電機で急いで水を引き込んで使っている実情だ。

労組は「高速で走行するKTX線路にきちんとした検証なしで外部温度に敏感な鉄製アーチ橋を施工したこと自体が問題」と主張した。

これに対して鉄道施設公団側は彦陽高架区間の減速運行は鋼合成コンクリートアーチ橋の夏の温度変化により発生した変位とは関係がないという釈明だ。

公団側は「鋼合成コンクリートアーチ橋は構造上温度変化により上下方向へ変位を許容する条件で設計施工された」として
「彦陽高架の変位を測定した結果、垂直変位幅は21.3mmであり、これは国内の高速鉄道設計基準だけでなく
日本の設計基準も満足するように施工
された」という説明だ。

現在、新慶州駅および蔚山駅の構内を時速170kmに減らして運行していることに対しても
公団側は「線路転換装置に障害が発生して原因調査および整備などを施行するためであり、現在、整備を完了して試験運行中にある」と明らかにした。

また、パス挿入と遮熱ペイント、スプリンクラー作業と関連しても公団側は「開通以後1年間検測した線形の結果を基準として
最適の線形条件を維持しようと厚さ1〜5mmのパッドを挿入して調整中であり、超高温の異常気候発生時に備えてスプリンクラーと遮熱ペイントを施工した」 と明らかにした。

ソース:NAVER/ニューシス(韓国語) 記事入力 2011-07-05 16:55
http://news.naver.com/main/read.nhn?mode=LSD&mid=sec&sid1=102&oid=003&aid=0003949695




7.02
【車両故障】

【韓国】「KTXが光明駅でまた事故」〜車輪から煙出て停 止[07/02]
http://kamome.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1309551137/
1 :HONEY MILKφ ★:2011/07/02(土) 05:12:17.82 ID:???
1日午後5時50分ごろ、ソウル発釜山行きの韓国高速鉄道(KTX)151号が、京畿道・ 光明駅に入る途中、車輪から煙を出し停車する事故があった。
乗客700人余りは光明駅 で待機していた非常列車に乗り換え、17分遅れで釜山に向け出発した。
コレール(韓国鉄道公社)によると、煙が出たのは5〜6号車の間の車輪部分で、摩擦が原因とみられる。
同社関係者は、事故原因については高陽車庫で精密調査を行うと説明した。
光明駅では2月にKTX脱線事故が発生した。ことし全国で起きたKTXの運行遅延・障害は10件余りに達する。

ソース:聯合ニュース
http://japanese.yonhapnews.co.kr/headline/2011/07/01/0200000000AJP20110701004100882.HTML
7.01
「KTX金井トンネル、釜山都市鉄道マンドク駅火災に無防備」
http://news.naver.com/main/read.nhn?mode=LSD&mid=sec&sid1=100&oid=001&aid=0005141242
国内最長のKTX金井トンネル、釜山都市鉄道けど、ヲタの駅舎が、火災発生時に大きな被害を出すことができるという指摘が出た。
釜山市議会の災害の防災対策小委員会(キム・ヨウンク委員長)は、KTX金井トンネルと都市鉄道3号線マンドク駅舎の現場点検の結果、
火災に弱いことが分かったと1日明らかにした。KTX金井トンネルには、消防専用の 無線通信補助設備が設置されておらず、
緊急事態発生時に消防の通信を行うことができ迅速な対応ができない状況だ。 また、トンネル内に煙をなくす排煙の設備をしていない
構造の担当者が適切に役割を果たすことができないだけでなく、多くの人命被害も懸念される。このほか、救難避難所の応急薬や
空気呼吸器セット、防護防塵マスクなども装備されて2次被害まで懸念され、防水用器具とは、有事の際に活用することができないほど
離れて設置されているか、ロックになっていたと市議会は、明らかにした。

釜山都市鉄道の中で最も深い地下68mに位置し、地下鉄3号線マンドク駅舎の模擬訓練の結果、火災発生時に激しい煙のせいで
誘導などを見ていない大規模な人身事故にさらされていた。キム委員長は、「消防施設の設置に関する法律の特定の
消防対象物の軌道車両用のトンネルが除外されており、安全施設の設置を強制することができない。」とし
「関連法改正で、鉄道施設の安全の詳細基準の定期点検を年1回以上定例化する必要がある。」と述べた。

6.25
鹿グモ

【韓国】KTX、野生動物に衝突して停車騒動[06/25]
http://kamome.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1309012205/
1 :HONEY MILKφ ★:2011/06/25(土) 23:30:05.21 ID:???
ソウル、龍山を出発して全南、木浦に向うKTXが、赤鹿と見られる野生動物に衝突 して停車する騒ぎとなった。
昨夜10時40分頃、光州市光山区、林谷駅を通過したKTX417号の列車が、赤鹿 と推定される動物と衝突して、車両前部の一部が破損して50余分間停車した。
この事故で特別なケガ人は発生しなかったが、安全のために後続のムグンファ号に乗客200人余りを乗り換えさせた。

ソース:innolife.net
http://contents.innolife.net/news/list.php?ac_id=2&ai_id=133989


KTX:木浦行き列車、キバノロと衝突し緊急 停車
http://www.chosunonline.com/news/20110628000047
 25日、木浦行きの韓国高速鉄道(KTX)山川(サンチョン)=韓国で開発された新型車両=が
湖南線林谷駅を過ぎたところでキバノロと衝突する事故が起こった。 KTXは緊急停車、
前方動力車の下部パネルと自動列車停止装置(ATS)保護カバーが破損し地面に接触していたことが分かった。
 28日に韓国鉄道公社(KORAIL)が発表したところによると、KTX開通後、走行中の列車と動物による
接触事故により、列車の運行に支障が生じたケースは14件あるという。

6.24
テググモ

「三日坊主」コレイル、KTX東大邱駅で死亡事故
:2011-06-24 16:08:00
http://news.etomato.com/Home/ReadNews.aspx?no=168155
最近、頻発するKTXの事故で安全性論議が起きた韓国鉄道公社(コレイル)が"蓋果天仙"を決意したか、三日もしないうちに、また事故が発生した。
24日コレイルによれば、東大邱駅8番乗り場の横の線路に60代の女性が、釜山を出 発し東大邱駅舎に進入した
KTX第118号列車にぶつかってその場で亡くなった
。今回の事故で、ソウルへ向かうKTX第118号列車が20分間遅延運行された。

コレイル関係者は「運転手の手違いで列車に乗客が轢かれた事故があった。」とし、
「事件の経緯を把握するために、運転士や関係者への調査があるだろう。」と話した。

今回の事故は、コレイルが21日、鉄道の安全管理を航空レベルに高めるために、「航空水準安全管理システム構築方案」を策定したと発表してから三日目に起 きた。

コレイルが発表した案の主な​​課題は、▲車両整備システムの改善▲メンテナンスの最適化▲人的力の強化▲リスク事前管理▲旅行秩序の確立などである。

コレイルは「これまで放置されてきた車両のメンテナンスシステムを常時監視するように変えて、列車の性能に関係なく、
一定の周期で検査する従来の方法を、機能が低下した施設を選別して点検周期を短くするように修正する計画。」と明らかにしたしたことがある。
しかし実際コレイルが提示した安全慣例体系案の内容を見ると、これといった改善の意志が見えない。

特に、今回の東大邱駅の事故と関連して、「リスク要因の収集·管理案」に対するコレイルの立場は、「さまざまな方法でリスク要因の収集」という短い文章だ けだ。
「安全観察制度」の運用方法また、コンサルティング時のチェックリスト、アンケート、非公式インタビューの活用などにより、従来に施行していたのと大きく 違わないことが分かった。
さらに、今回の東大邱駅KTXの事故の場合、発生から4時間の間、東大邱駅の安全環境処は、適切に事件の経緯を把握すらしていないことが確認された。

これに対して鉄道労組関係者は「コレイルの航空レベルの安全管理の方策は、根拠のない言論プレー」と指摘し
「今回の東大邱駅の事故は、域内での安全管理を担当する人材がかなり不足している状況だからだ。」と話した。

彼は続いて「コレイルの事業規模は、新規路線、駅舎が増設されるなど、着実に拡大するのに対し、
利益を残すために、専門人材の代わりに非正規職を活用してみると、事故が頻繁なことしかない。」と付け加えた。

6.21
鉄道の安全管理を航空レベルに、事故多発で対策
http://japanese.yonhapnews.co.kr/headline/2011/06/21/0200000000AJP20110621003100882.HTML
【大田聯合ニュース】コレール(韓国鉄道公社)は21日、鉄道の安全管理を航空機レベルに高めるため
「航空水準安全管理体系構築案」を策定し、実行に入ると明らかにした。
体系構築案は、安全、旅客、電気、人事、輸送、車両、施設の7分野で来月中に完了する短期50課題をはじめ、
中期21課題(年内完了)、長期3課題(来年完了)の74課題で構成される。
分野別主要課題をみると、まず現在は一般鉄道車両だけで適用されている装備と検査部署の分離をKTX(高速鉄道)車両と電動車にも拡大し、
整備と検査が常時実行されるよう改善する。維持補修業務も最適化し、老朽化などで性 能が低下した設備の点検周期を短縮する。
これまで交代周期が設けられていなかった部品についても、細部交代周期 を定める。

KTX運転士は任用前評価を実施し、水準未達者は除外する。5年ごとの力量評価も行う。
リスク要因が発見された場合、ただちに報告させる「自律報告制度」を導入し、問題解決まで体系的に管理する。
リスク要因を自ら申告した職員は処罰しない方針だ。
このほか、鉄道旅行秩序確立のため、車内で喫煙した乗客に対する罰金を最大1000万ウォン(約74万円)とし、
痴漢などの行為にも500万ウォン以下の罰金を科す案を法制化する。
短期50課題のうち高速鉄道の運行関連で制度改善が必要な46課題は、すでに改善を終えた。
許准栄(ホ・ジュンヨン)社長は、航空分野の安全管理体系を綿密に分析し、鉄道分野に取り入れる案を講じたと説明。
鉄道に対する国民と社会全般の信頼を得るため、さらに努力していくと述べた。
一方、コレールは国産のKTX新型車両「山川」(サンチョン、KTX−II)で部品の欠陥が見つかった問題を受け、
先月16日からKTXの縮小運行を実施している。それ以来、KTXで発 生した故障は4件(9日に1件)で、縮小運行前(29件、5日に1件)に比べ大きく減った
今月に入ってからは1件の故障も発生していない。

6.16
[単独]KTXの線路の固定装置破損‥監査院の指摘を無視
http://imnews.imbc.com/replay/nwdesk/article/2870691_5780.html
<アンカー>
列車が通る鉄道には、脱線事故を防ぐために鉄道をしっかりと固定させる装置が設置されています。
ところが、京釜高速鉄道2段階区間の線路の固定装置の多くは破損したと明らかになりました。チョン・ヨンイク記者の単独報道です。

<VCR>
列車が通る線路に設置されたW字型固定装置です。列車が走るとき、線路が動かないように脱線を防ぐ重要な機能です。
京釜高速鉄道2段階区間の線路の固定装置です。W字型のクリップが多数つぶれています。
クリップを線路に挟む継ぎ目の部分が破損した所もあり、クリップの継ぎ目が完全に丸ごと消えた部分もあります。

MBCが入手した韓国鉄道施設公団の内部文書によると、今年1月、大邱-蔚山の区間を調査した結果、
このように破損した固定装置が、なんと75カ所で発見されたことが分かりました。
固定装置が破損すると、列車が動いているとき線路の間隔が一定に維持されず、脱線事故が起きる可能性があります。

実際に今年4月に発生したKORAILの盆唐線の地下鉄の脱線事故も線路の間の間隔が広がって発生したことが判明しています。
このように固定装置が破損し​​た原因は、固定装置の部分である"レールパッド" の欠陥のためだ。

列車の振動を吸収する必要があるレールパッド本来の機能ができなくて、クリップの継ぎ目が衝撃に耐えられず破損したんです。
すでに監査院も施工前の去る2007年、このような問題点を発見し、製品を交換するよう通知したことが確認されました。
しかし、鉄道施設公団は、このような監査院の指摘を無視していたことが分かりました。

<INT>韓国鉄道施設公団関係者
「監査人は、もう一度叩いてみては...もう一度安全性をチェックしてというそのような側面でした。」

昨年11月、京釜高速鉄道2段階区間が開通するまでわずか2カ月ぶりにロック数十個が破損した場合。
列車の運行を担当しているコレイル側はこれからも破損されているロック
引き続き生じる場合は、安全運行に深刻な状況がもたらされるとみて対策に腐心していること知られています。

6.15
KTX欠陥補修費用の『雪だるま』...「総体的不良」
チャ・ミョンジン議員「不良の原因正確に把握 し、管理システムの用意しなければ」
http://www.asiatoday.co.kr/news/view.asp?seq=491196
 KTXが初の運行を始めた2004年以降、現在までの列車の故障件数が294件で 修理(部品交換)にかかった費用だけで
14億6300余万ウォンにのぼることが明らかになっ た。昨年の導入以来、大小の事故で苦しんでいるKTX山川の故障件数も44件に 達することがわかった。
チャ・ミョンジン ハンナラ党議員は15日、国土海洋部の業務報告でこのように明らかにし、「KTX不良の原因を正確に把握し、
体系的な管理システムが装備されて、国民の安全と財産を守らなければならない。」と促した。
車議員によると、KTX列車の故障件数は導入初年度の2004年が81件で最も多 く、2005年と2006年はそれぞれ50件、
2007年には28件、以後着実に23〜27件を維持し ていることが分かった。

 今年に入って(5月基準)12件の故障が発生しており、KTX山川は、2010年 には28件、2011年5月現在、17件の故障が受理された。
これにより、今までKTX列車の修理にかかった費用は14億6318万ウォンに達していることが分かった。
これは、無償修理が可能な最初の2年間の瑕疵保証期間以降の2006年4月から支払われる金額である。
2010年に導入されたKTX山川は、現在の欠陥保証期間に属している。

車議員は「最近、KTXの故障に関連する一連の事態をとおしてKTXの車両線路管理上の全般的な不良債権が明らかになった。」とし、
「政府は、KTX不良の原因を正確に把握し、体系的な管理システムを備えなければならない。」と強調した。

6.14
トンネル内で缶詰め

KTX、金井トンネルでまた立った...今年3度目
[中央日報] 2011.06.14 00:36
信号機異常10分停止
http://joongang.joinsmsn.com/article/aid/2011/06/14/5287660.html
【韓国】高速鉄道KTXがまたトンネルで立ち往生 同じ場所で今年3回目[06/14]
http://kamome.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1308019126/

釜山金井トンネルでKTX列車が信号機の外で10分ほど立ち止まる事故がまた発生した。
金井トンネルでKTX列車が停止したのは今年に入って3度目だ。

 KORAIL釜山慶南本部によると、13日午後4時、ソウル駅を出発し、釜山駅に向かうKTX145号が午後6時23分ごろ、
釜山金井トンネル内で停車した。金井トンネルは長さ20.3qで、国内で最も長いトンネルである。
KORAIL側は「KTX145号機長が金井トンネル信号機からの異常信号を検出し て、列車を停車させ、
問題がないことを確認した後、再出発した。」と説明した。この列車は釜山駅に予定時間より10分遅れで到着した。
KORAILは金井トンネル内の信号機が一時的に誤作動起動したものと見て正確な事故原因を調査中だ。

 金井トンネルでは、去る3月20日にも、乗客約500人を乗せたKTX列車がトンネル内の勾配区間を登る途中、急にエンジン出力が落ち、
20分ほど立ち止まった。4月4日には信号機の異常で走っていたKTXがトンネルで停車していた。

6.13
残り64%の故障は韓国製

KTX山川、故障の40%の外国産の部品のせい

全44件中17件に達して...国内技術の確 保急務 2011-06-13 13:51
http://www.munhwa.com/news/view.html?no=2011061301070224163002
 頻繁な故障で物議をかもした事がある「KTX山川」が10件の故障のうち4件は外国産の重要な部品のためであることが分かった。
メーカー側は「外国の部品は、重要な装置のごく一部に過ぎない。」と主張するが、
「韓国型高速列車」という名前にふさわしく、より根本的な補完対策が必要だという指摘が出ている。

 国会国土海洋委員会チョン・フィス(ハンナラ党)議員が13日、韓国鉄道公社(KORAIL)から提出された『KTX山川の故障の現況』(4月末基準) によると、
KTX山川が商業運行を開始した昨年3月以降に発​​生した計44回故障のうち外国 産の部品による故障が17回全体の39%に達した。

障害が発生した外国産の部品は、主幹制御機、信号装置、減速機、高速演算·指令装置等の総合的安全性が
考慮されなければならない部分だった。去る1月14日漆谷〜金泉·亀尾高速線運行中に発生した電子ブレーキ制御ユニット(ECU)の故障、
ホーム閉鎖不良はすべて外国産の部品、この問題で明らかになった。4月5日、京釜線の大田は章で発生した動力伝達の機械的な故障にも
外国産の動力伝達装置によって発生しており、2月15日、京釜線東大邱駅で発生した通信不良も外国産の部品のせいだった。

問題は、その部品の技術である。最近のKTX側では、その列車のリコールなどを要請し、補完に出たが、海外の部品の完全な理解をもとに、
製品の欠陥や原因を把握できなければ、故障が繰り返される可能性があるからだ。実際、今年発生した動力伝達装置、
ホームの不良、画面上のインジケータ不良などの故障は、昨年8〜9月にも起きたが、再び発生した。

鄭議員は「政府とコレイルは国産化率87%という数値だけでKTXの山川を韓国産の 高速列車だと宣伝するのではなく、
故障率を下げ、外国産の部品を国産化することができる技術力を確保する ことに重点を置かなければならない。」と述べた。

これに対し、現代ロテム側は、「コアデバイスの一部(※)に外国の部品があるのは事実だが、装置全体に影響を及ぼす部品ではない。」としながら、
「当該外国の部品を国産化していないのは、生産コストと需要を考慮したものからであって、技術力が落ちてではない。」と釈明した。


※イギリスIXYS社製IGBTインバータな ど。
6.11
【車両故障】

KTX、今度は高架橋の上で止まって 2011-06-12 10:52
http://mbn.mk.co.kr/pages/news/newsView.php?category=mbn00009&news_seq_no=1070988
 頻繁な故障に削減運行まで断行したKTXが、今回は橋の上で立ち止まっています。
今日(11日)午後5時20分ごろ、ソウル駅を出発し、釜山に向かっていたKTX213号列車が大田のガプチョンを横切る高架橋の上で止まって集中してい ます。
列車は10分で再出発したが、乗客たちは不安を隠すことができませんでした。
これに対し、KORAIL側は、「電車の中で騒音がありしばらく止まったが、緊急点検し、再出発しており、特別な異常はなかった」と釈明しました。

冬の気象考慮せずに分岐器選定

分岐器調査
2011-06-11 08:35
http://news.naver.com/main/read.nhn?mode=LSD&mid=sec&sid1=102&oid=214&aid=0000180800

アンカー:最近の相次ぐKTXの事故の原因に分岐器の障害が指摘されているので、
政府が民間の調査団を立てて精査することにしました。ギムセの記者です。

記者:国土海洋部は、東大邱と釜山を結ぶ京釜高速鉄道2段階区間分岐器の安全性を検証するために、調査団を構成していると明らかにした。
調査団は8人で、機械や信号などの鉄道の安全に関連する民間の専門家で構成されました。
調査団は、来月中旬までに、分岐器に障害が起こる原因を調べ、結果を発表する予定です。
鉄道施設公団は、韓国の冬は寒く雪が たくさん来るという点を考慮せずに機種を決定したとし、分岐器に問題があったことを認めました。

インタビュー:実際に氷が凍結してみると、実際にその部分を私たちが予測できなかったのが私達の過ちだと思います。
我が国のような特性を私達が考慮していないそのような責任があると思います。

記者:このため、公団は、列車の下部の氷が事前に削除できるように、分岐器の前にバ リアを設置するなどの措置をとったと説明しました。

国土部は、障害が頻繁に発生した新慶州駅と蔚山駅の分岐器8個を15日までに整備して運行に支障を最小限に抑えることにしました。
京釜高速鉄道2段階区間では、昨年11月の開始以来、7ヶ月間の分岐器の問題に406回の障害が発生しました。

6.09
【単独】信じられないKTX、衝突事故が繰り返し発生「もみ消し」 2011-06-0921:22
http://news.naver.com/main/read.nhn?mode=LSD&mid=sec&sid1=101&oid=055&aid=0000206696

<8ニュース><アンカー>
KTXの問題がまた浮き彫りになりました。今大邱-釜山区間が線路転轍機の問題で、正常運行がされていないが、
高速で走る列車が、この装置に衝突する事故が複数回発生していたことが確認されました。グォンエリ記者の報道です。

<記者>
昨年12月27日。蔚山駅に進入していたKTX列車下部がレールの内側に設置された転轍機と衝突しました。
一週間後の今年1月3日、今度は新慶州役と顧母駅区間で同様の事故が二度も発生しました。問題は、転轍機でした。
KTX1段階、ソウル-東大邱区間に敷かれたモータ式転轍機とは異な り、
2段階東大邱-釜山区間に敷き詰められた油圧式線路転轍 機は、レールの内側に設置されているが、これが走行する列車の下部と衝突したのです。

[KORAIL関係者:まさかそんなことが起こるのでしょうか...施工時には全然(と思うできなかったんですよ)。
レールの中にあると言って(衝突事故のような)こういうことは考えていなかったのです。]

脱線につながる可能性のある重大な事故だったが、列車の走行は続きました。

[KORAILスタッフ:(フランジに)乗り上げると、脱線の危険が高くなりますよね。貴金属のようなものが
(クラッシュのため)のレールの上に...車輪の上に乗ってしまうと、脱線する可能性がとても濃厚になりますよね。]

しかし、鉄道施設公団は、このように深刻な事故が繰り返されたにもかかわらず、これを外部に公開せずに、国土海洋部にも報告されていません。
問題の転轍機は、私達KTXに設置される前には時速300km 代の高速鉄道では、使ったことのない機種です。
昨年11月、2段階の開始以来、計406回一日二回の割合でエラーを起こして21回も列車の運行が中断されました

オーストリアのせい←New!

KTXの安全性問題、今度は線路分岐器が議論の的に

http://japanese.joins.com/article/633/140633.html?servcode=400§code=430
 高速鉄道(KTX)2期区間東大邱(トンデグ)〜釜山(プサン)間に設置した線路分岐器は時速300キロメートル
以上では一度も使われたことがない製品だと明らかになった。これに伴い、韓国鉄道施設公団が安全性の検証がされて
いない核心安全装備を導入して使用を中断するという初め ての事態を呼び起こしたという指摘が出ている。
 KTX2期区間に設置された線路分岐器は46基で、施工費だけで115億ウォンに達した。すべてオーストリアの
VAEEが製作した「ハイドロスター」という機種だ。三星(サムスン)SDSが輸入し納品した。KTX1期区間
にはフランス製の「MJ81」を設置した。1基区間は軌道が砂利敷きなのでこれに適合したフランス製を使った。
ハイドロスターはKTX2期区間が開通した昨年11月から問題を起こし始めた。開通当時から障害が発生し始め今年3月までに111件の
誤作動が起きた。鉄道施設公団は先月下旬から製作会社の技術者7人を呼び鉄道技術研究院などと合同点検を行った。
しかし線路分岐器の障害原因は明らかにできず、先月末までに障害件数は406件に増えた。チャン処長は、「半月
以上にわたり精密点検をしたが、製品の問題なのか施工上の問題なのか明らかにすることができなかった」と話した。


【中央日報社説】国民を相手にKTXの安全性実験をするのか[06/09]
http://kamome.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1307598824/
【韓国】ロケット発射失敗は韓国の責任 「火薬が炸裂してナロ号が爆発 した可能性」 [06/09]
http://kamome.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1307577250/
6.08
【韓国】 KTX2期区間で分岐器異常、開業7カ月で406件[06/08]
http://kamome.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1307509145/
6.06
【韓国】ソウルの列車内で痴漢犯罪が78%急増 [06/06]
http://kamome.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1307361205/
6.02
【韓国】 KTX :ディスクブレーキを国産化[06/02]
http://kamome.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1306992129/
6.01
中国の高速鉄道、韓国が協力表明 鉄道協会副会長が長春訪問
http://www.sankeibiz.jp/macro/news/110601/mcb1106010503014-n1.htm
韓国鉄道協会の申東春副会長が吉林省長春市を訪れ、「韓国は中国同様に高速鉄道の建設を進めており、鉄道情報技術分野で優れた技術を持っている」と述べた 上で、韓国は今後、中国の高速鉄道建設に協力し、(中韓間の)互恵関係を構築し たいとの考えを表明した。
申副会長は、5月25日から長春市で開かれた第2回軌道交通フォーラムに参加。中国、フランス、チェコなどの政府や企業関係者、専門家らとともに、高速鉄 道の発展と協力について討議を行った。(中国新聞社)

5.30
【朝鮮日報】現地当局者が発言!ブラジル高速鉄道、韓・仏・日の三つ巴の争いに[05/30]
http://kamome.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1306724002/
【鉄道】 現地当局者が発言!ブラジル高速鉄道は韓・仏・日の三つ巴の争いに[05/30] ★2
http://kamome.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1306795710/
1 なつあかねφ ★ 2011/05/30(月) 11:53:22.12 ID:???
総事業費が22兆ウォン(約1兆6400億円)に達するブラジルの高速鉄道受注競争で、中国やドイツ、
スペインなどが後れを取る一方、韓国とフランス、日本の三つ巴の争いの様相を呈しているという現地の調査結果が発表された。

ブラジルの日刊紙エスタード・デ・サンパウロが28日(現地時間)に報じたところによると、高速鉄道建設事業を発注する連邦政府傘下の
陸上交通庁(ANTT)のベルナルド・フィケイレド長官は28日(同)「高速鉄道の受注競争で最も積極的なのは、韓国やフランス、日本の事業者だ」と述べ たという。

ブラジルの高速鉄道は、リオデジャネイロからサンパウロを経てカンピーナス(サンパウロ州)に至るルートで、総延長は511キロに達する。
フィケイレド長官は「(韓国・フランス・日本の)3カ国の政府は事業を受注した場合、金融支援を行う意向だということを確認済みだ。
日本は100億ドル(約8100億円)の支援を行う方針を打ち出し、韓国も同様の意向だ。またフランスも、建設に伴う資金の調達について快諾している」と 語ったという。

フランスはTGV、日本は新幹線の車両を製作する技術を有している。
国土海洋部(省に相当)の関係者は「韓国は車両の製作のほか、信号や電気設備などのあらゆる分野を一まとめにして販売する
戦略を打ち出し、日本やフランスとの差別化を図っている。車両の価格の面でも、フランスや日本に比べ競争力があると考え
ている」と話した。

郭彰烈(クァク・チャンニョル)記者 朝鮮日報 2011/05/30
http://www.chosunonline.com/news/20110530000011

5.27
中国のせい←New!

線路部品に国産よりも5百ウォン安い'中国産'納品

http://news.sbs.co.kr/section_news/news_read.jsp?news_id=N1000920383

<アンカー>
食べ物から始め一応中国産となれば驚かれるのが現実です。
鉄道線路の締結装置が中国産だったらKTXはもちろん、これまでの列車の旅がぞっとします。キムスヨン記者です。

<記者>
 京畿道坡州(パジュ)のある鉄道部品工場。鉄道線路の締結装置が内側にたくさん積まれています。
この業者は昨年から公企業や自治体からの発注の大規模な鉄道工事の線路部品を大量に納品したが、
警察の調査の結果、相当数は安全性が検証されていない中国産であることが分かりました。
部品の検収時は、通常の国内の部品を提示し、監理会社の職員たちをだました後、
実際には国産よりも価格は5百ウォンほど安い中国製の部品36万個を出荷し たと警察は明らかにしました。
これらの部品は、列車の脱線を防止するために、線路のレールと床の枕木を固定する装置で、韓国鉄道標準規格製品のみを納品する必要があります。
納品された中国の部品は、湖南高速鉄道やソウル地下鉄7号線など17ヶ所の線路工事現場に使われました。

これに対しては、会社側は、国内で独自の技術で実績のある部品を作ってきたし、
納品した中国産のパーツも派遣された国内の技術陣が作成されたOEM製品で問題がな いと主張しました。

韓国鉄道施設公団とコレイルは警察の捜査結果に基づいて問題になった線路の部品を回収していると明らかにした。

【韓国】「KTX事故がなぜ頻繁なのかと思えば・・・」〜中国産部品を使用[05/27]
http://kamome.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1306451687/

1 HONEY MILKφ ★ 2011/05/27(金) 08:14:47.52 ID:???
■ 性能検証がされていない中国産を韓国産と偽って納品した会社を摘発。
KTXや地下鉄など、鉄道工事に性能が検証されていない中国産部品を韓国産と偽り、納品した会社が警察に摘発された。

ソウル地方警察庁は特定経済犯罪加重処罰法違反の疑いで、鉄道用品会社代表のムン某容疑者(46歳)など、4人を書類送検したと26日に明らかにした。

警察によればムン容疑者らは昨年4月から1年間、韓国鉄道施設公団と韓国鉄道公社などが発注した全国17ヶ所の鉄道線路の新設・補修工事に対し、
中国産レール締結装置36万個を納品して7億ウォン余りを取った疑いを受けている。

該当の部品は列車の脱線を防止するためにレールと枕木を固定する装置で、本来は性能検査に合格した韓国産の製品だけが使われるが
中国産部品は安全性が検証されていないと警察は説明した。
これらは中国産を韓国産と偽装しても目では区別することが出来ず、一部の監理会社は製品を検収しないという盲点を利用した事と調査された。

警察の関係者は、「最近列車の安全事故が頻繁に発生しているのに国家財政で施行する
大規模鉄道線路工事も民間監理会社に責任を押し付けるなど、関係当局の管理・監督が充分でない事が確認された」と話した。

ソース:NAVER/CBS=社会部=ノーカットニュース(韓国語)
http://news.naver.com/main/read.nhn?mode=LSD&mid=sec&sid1=102&oid=079&aid=0002254365

ムグンファ号『また悶着』‥電車の中で発煙運行の遅延
http://imnews.imbc.com/replay/nwdesk/article/2857790_5780.html
<ANC>
コレイルの無窮花号列車が、また悶着が発生します。
列車から煙が出て、乗客らが緊急避難し、運行が50分ほどや遅延されました。ナ・セウン記者です。

<VCR>
今日の午後4時45分ごろ首都圏電鉄中央線我新(アシン)駅を通った無窮花号列車で急に煙が立ち込めました。
<SYN>
"ちょっと待ってください"("すぐにドアを開けて換気させんですよ")

乗客たちは右往左往して煙は止まることを知りません。最初の列車に問題が生じたのは、午後4時半頃。
楊坪(ヤンピョン)駅に着いてしばらく停車する列車が明確な説明もなしに10分ほど止まりました。
乗客がざわめき始めたが、列車は再び出発し、2つの駅を我新駅を出発するとき
突然後ろの客車からもやっとした煙をたちはじめ、乗客たちが慌てて前の客車に避難したのです。

<SYN>金詩羅氏/乗客
"煙が急に立ち込め出したんです。私は6号車にいてるのに6号車後方側の煙がちょうど入ってきて5号車、6号車は、すでに煙がいっぱいあったんです。"

電車の中で煙気が立ち込め停車を繰り返しながら竜門駅から清涼里まで、普段なら49分で到着する列車が90分以上かかりました。

KORAIL列車の故障や事故が二日に一度の割合で発生している状況で、KORAIL側は、今日の事故について、
列車に入る空気のホースが破裂され空気が漏れ出ただけで、危険な状況ではなかった"と釈明しました。
事故列車で約50分間震えるしかなかった乗客200名あまりは列車の金額の25%を返金されたまま足を向けなければしました。

KTXに続き、無窮花号列車まで事故が相次いで乗客らの不安が大きくなっています。

5.26
【車両故障×2】
KTX列車また故障‥二回停車
http://imnews.imbc.com/replay/nwdesk/article/2857135_5780.html
KTX列車が、今日また二度も止まって集中しています。
今日の昼11時40分ごろ、忠清北道永同で、運転室の画面の障害に馬 山発ソウル行きKTX山川386列車が7分間停止されて立ち止まったし、
二時間ほど後には似ている場所で、障害物検出信号が入り、釜山発の列 車が10分間停止されて集中しています。

コレイルは相次いで発生した停車の間に直接の関連はないと見て、線路と車両に問題があるかどうか調査中です。

5.20
【韓国】現代車副社長、高速鉄道のブラジル輸出を指揮[05/20]
http://kamome.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1305782083/
5.19
KTXの事故の原因が『営業秘密』?不合理なKORAIL
市民団体の情報公開要求をくまなく拒否... 国民の安全よりも会社の利益を優先? 2011.05.19 11:40:29
http://www.mediatoday.co.kr/news/articleView.html?idxno=95450
過去1年の間になんと30回以上の大小の事故故障の原因となったKTX列車と関連して、KORAIL側が原因と対策を
確認した市民団体の情報公開の要求を全面拒否して物議をかもしている。
情報公開請求の専門団体である「透明な社会のための情報公開センター」(所長ハ・スンス弁護士)が16日に公開した内容によると、
センターは、事故が発生していた今年3月からの事故故障の原因が正確には何であり、これについてどのような措置をしているかを確認するための情報公開請求 をした。
しかし、KORAIL側は三回にわたる請求をすべて拒否して、非公開 による異議の申立ても、無視されたと伝えられた。
透明な社会の情報公開センターが出した最初の情報公開請求のKORAIL側の答弁書。

 最初の請求については、KTX開通後から全ての事故の内訳と、最近の車の故障の原因を分析、調査内容、予防対策などだった。
KORAIL側はこれに「開示される場合は、鉄道公社の利益を害する恐れがあると判断されている営業秘密に関する事項として、
開示が不可能であることをご了承願いたい。」とし、いかなる情報も持ち出さなかった。
KORAIL側は続く二番目、三番目の情報公開請求に対しても開示を全面的に拒否した。センターは、区間内の危険施設、危険区間のリスト
との事故故障に関する内容が盛られた特定の文書の公開を要求したが、帰ってきた返事はもっと不合理した。
営業秘密だけでなく、危険区間のリスト部材、国益の侵害、工程の業務遂 行に支障、個人的なプライバシーの保護などを根拠として挙げたのだ。

センター側はこれに関連し、「これから仕事は、情報の一覧で、公開に分類された情報も、会社の利益を害する恐れがあるとして、
事故や故障に関する内容を非公開に一貫していた。」と批判した。

センターはまた、続く非公開の決定に「列車の事故や故障は、国民の安全と直結する問題との異議申し立てを出したが、効果がなかった。」と伝えた。
KORAIL側は、営業秘密なども同様の理由を挙げて非公開の方針を変えていないのだ。

センターはこれについて、「国民の安全と知る権利より会社の利益を優先するのか。」と物言いをつけて問いながら、
「列車事故は一度発生すると、大惨事につながる可能性が大きい。今回の情報公開を拒否するにはコレイルが顧客である
国民が感じる不安や安全性をいくらか軽視していることをよく表している。」と指摘した。

センターでは、さらに、「危険施設や危険区間に関する情報を記録化して保管していないということは対策もはずがないという傍証。」とし
「当初から、事故や故障の情報を公開し、対策を一緒に講じている場合は、一件でも多くの事件を防止し、
国民の不安を減らすことができただろう。」と明らかにした。

京郷新聞は去る9日付けの社説で相次ぐKORAIL事故と関連しホ・ジュニョン社長を問責しなければならないと主張している。
許社長は今年2月にKTX故障直後の一放送社とのインタビューで、「人がけがをしたんですか。異常信号が入ってくるので、
それを確認して再出発したんだけど、それを持ってどんな大変なことに、私のようにするのか。どこまでも小さな事故なのに...。」と言って国民を戸惑わせ た。

5.18
KTX人命死傷事故の増加傾向...今年だけですでに8件
http://news.khan.co.kr/kh_news/khan_art_view.html?artid=201105182012251&code=940100
今年に入ってKTXの線路などで発生した人身人身事故が増えていることが分かった。18日のコレイルによると、
今年1月から今までKTXの線路では、8件の人身死傷事故(公衆の死傷 事故)が発生し、6人が死亡、2人が大怪我をしたと集計された。
これは、KTX開通以降、年平均9件の人命死傷事故が起きた数値である。

KTX高速線では、2004年の開始当時、17件をはじめとして、 2005年5件、2006年6件、2007年8件、2008年に10件、2009年に12件、2010年に4件などの人命死傷事故が起こった。

KORAILの関係者は「鉄道の人命人身事故は、景気低迷と密接な相関関係がある。」と述べ、
「2008〜2009年の世界的な金融危機の時も自殺などの人身事故が急激に増えている。」と述べた。
人身事故による運行の遅れにより、営業損失も少なくなく、今年だけで3319人の乗客に遅延補償金だけで3657万ウォンが支給された。
16日、京釜線セチョン〜大田駅区間で、線路への不正侵入した50代の男をKTX高速列車が轢殺し、事故処理の影響で、
後続の10個の列車が最大1時間ほど遅延されており、先月8日にも、ソウル鷺梁津駅から50代の男性このKTX線路に飛び込んで死亡しながら列車の運行が 30分ほど中断された。

KORAIL輸送調整室の関係者は「高速線での人身事故は、運転士などが手を打つことができない不可抗力的なものが大半。」とし
「特に列車防護措置、119申告、警察の調査などで列車の遅延運行が不可避これにより、お客様苦情発生など、有無形の被害が大きい。」と語った。

5.17
テジョングモ

【韓国】「KTXにはねられて男性死亡」〜1時間足止め[05/17]
http://kamome.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1305597209/
1 :HONEY MILKφ ★:2011/05/17(火) 10:53:29.64 ID:???
昨日(16日)の午後9時54分頃、京釜(キョンブ)線172.4kmの地点である大田(テジョン)駅
と細川(セチョン)駅間の線路で身元不明の男性が、ソウル行きのKTXにはねられて死亡 しました。
KTXの機関士は、「釜山を出発してソウルに向かう途中、男性がいきなり線路に見えた」と 話した事が伝えられました。
死体の収集過程で列車が事故地点で1時間近く足止めされ、乗客200人余りが不便を 被りました。
警察ではこの男性の身元を把握する一方、機関士などを相手に正確な事故の経緯を調査 しています。

ソース:NAVER/YTN(韓国語)
http://news.naver.com/main/read.nhn?mode=LSD&mid=sec&sid1=102&oid=034&aid=0002279157

5.16
やっぱり外人頼み!?

KTX:鉄道公社、外部の専門家が安全診断実施へ
委員会、外国人を含む25人で構成
http://www.chosunonline.com/news/20110516000030
 最近、事故や運行トラブルが相次ぎ、利用者の不安が高まっている韓国鉄道公社が、
100%外部の専門家で構成される委員会による安全診断を受けることになった。
鉄道公社が、政府や同公社の関係者を除く、民間人だけの組織による調査を受けるのは今回が初めてだ。
 鉄道公社の関係者は15日「外部の専門家で構成される『鉄道安全委員会(仮称)』を設置し、
鉄道の安全対策全般について点検を行うことを決めた。必要 があれば、フランスやドイツなど外国人の専門家も委員会に参加させる方針だ」と語った。
これにより、韓国高速鉄道(KTX)でたびたび発生する事故や運行トラブルの原因が究明されるか否かが注目される。

 同関係者は「民間の専門家たちが韓国の鉄道の安全対策について実態調査を行い、国民に伝えることにした」と述べた。
委員会は学者や鉄道研究機関の研究員、鉄道関連企業の専門家など約25人で構成し、今月中に活動を開始する見通しだ。

 鉄道公社の関係者は「委員会は鉄道公社内外からの干渉に一切応じず、独自の活動を展開する。
韓国の鉄道全般について詳細かつ十分な評価を行った上で、最終的な調査結果の発表も委員会が直接行うようにする」と話した。

 今年2月、KTX光明駅で発生した脱線事故の後、国土海洋部(省に相当)は外部の専門家を含む特別点検グループを設置し、
3週間にわたり鉄道公社の列車の運行全般について調査を行った。しかしその後も、大小の事故や運行トラブルが相次ぎ、
調査の実効性をめぐる指摘が上がっていた。

 一方、今月14日午後3時13分ごろ、ソウル発馬山行きのKTX山川(サンチョン)=韓国で開発された新型車両=が
慶尚北道漆谷郡内を走行中、線路上でブレーキに異常が発生し、52分間にわたって停止する事態が起こった。
鉄道公社の関係者は「運行中に運転士がブレーキをかけなかったにもかかわらず、ブレーキの異常を示す表示が出たため、
運行を一時中止した。現在のところ、車両の製作段階でのミスが原因だと推定している」と説明した。

「KTX 山川」の事故、大災難の前兆?2011年05月16日17時57分
http://japanese.joins.com/article/971/139971.html?servcode=400§code=400
事故が相次いでいるコレイル(韓国鉄道公社)「KTX山川」列車が大型災難の前兆というツイッターの分析が注目を集めている。
あるツイッター利用者は14日、ソウル発馬山(マサン)行きKTX山川第387列車 が慶尚北道漆谷(キョンサンブクド・チルゴク)で
52分間停止する事故が発生すると、次のようなコメント を載せた。「コレイル、ハインリッヒの法則通りに進むのか」だ。
続いて「鉄道消費者の立場で思い浮かぶ用語が一つある」としてこの法則を紹介した。

ハインリッヒの法則とは、1931年に保険会社で災害関連統計を担当していたハーバート・ウィリアム・ハインリッヒ氏が導き出したものだ。
産業災害で重傷者1人が発生すれば、それ以前に同じ原因で軽傷者が29人、負傷の危機にあった潜在的な負傷者が300人いたということを
一つの法則で説明したのだ。大事故が発生する前、それに関連した軽微な事故と徴候が必ず存在するという意味だ。「1:29:300の法則」ともいう。

このツイッター利用者は2010年3月にKTX山川が初めて運行を始めて以来発生した主要事故日誌を整理し、16件を載せた。
昨年10月に天安牙山駅でモーターブロックが故障して停止した事故から、今年の光明駅付近での脱線、東大邱発ソウル行きKTXの遅延(通信障害)などだ。

ネットユーザーはインターネット掲示板やツイッターで「ハインリッヒの法則通りなら、今後13回も事故のニュースに接することになる」
「何とか山川号はこの法則を避けてほしい」「どこかでハインリッヒが事故の回数を数えているようだ」などと不安感を表している。

一方、国土海洋部によると、KTX山川は導入された直後から13カ月間に42回、大小の欠陥で故障を起こした。信号装置・空気配管の
異常が各10件、高圧回路の異常が4件、モーターブロック・扉の故障が各3件、保護装置の誤検知2件、空調装置などその他が10件だ。

5.14


「リコール」KTX-山川、安全不安感解消できるか
http://www.worldtimes.co.jp/kansok/kan/shakai/110514-1.html
 コレイル(韓国鉄道公社)が韓国型高速列車の「KTX-山川」に対して初めてリコールを要請したが、乗客らの安全不安感をきれいにぬぐえるかは未知数 だ。
コレイルは12日、政府大田庁舎で緊急会見を行い、「KTX-山川の品質確保のために、列車運行本数を減らし、主要部品の技術的補完を行う」と明らかにし た。
縮小運行でKTX-山川の集中整備時間を確保して、製作会社である(株)現代ロテムには技術的欠点補修を要請するという計画だ。

だが、コレイルが過失補修を要請した7つの故障発生部品の大部分は空気配管、パンタグラフ、
モーターブロックなどKTX-山川の核心部品であり、短期間に技術的補完が行われるかは不透明だ。
その上、7部品の中でパンタグラフ、高圧回路、重連通信装置の4部品は国産化など、自らの技術開発もなされていない状態だ。
KTX-山川が技術開発を完ぺきなものとして確保できない状態で、急い で営業運転を行ったため、安全性の問題が発生しているという意見もある。

「高速鉄道市民の会」の「俊浩(ペ・ジュノ、韓神大教授)代表は、「先進国で数十年にかけて作った高速鉄道を、わずか10年余りで国産化したもので、
品質が完ぺきなはずはなかった」とし、「試運転が不足していたという意見はすでに様々な鉄道専門家たちの間で提起された問題」と話した。

鉄道労組関係者も、「昨年、KTX-山川のスタート前、現代ロテムで開通時期などを延期しようという意見があったが、
開通日程に合わせて、無理に車両を納品して、故障を呼び起こしていると いう主張がある」と話した。

現代ロテムは、実際、コレイルに導入された19台のKTX-山川の中で、2台の納品期限を間に合わせることができず、相当な遅滞金を払ったことが確認され た。
また、当初、客車10両1編成で開発されたKTX-山川を2台に連結する「重連編成」で運用したところ、問題が発生しているという批判も少なくない。

KTX-山川では現在、列車を重連編成で連結した時、電気供給装置であるパンタグラフと通信装置などで、一部問題が発生している。
コレイルもやはり、KTX-山川をはじめとする高速列車の検査をより徹底的に行わなければならないという声が高い。
7日、運行直前に、KTX-山川の重大欠陥が発見されたが、モーター減速機が脱落直前に達するまで亀裂が進んでいたのに、
これを事前に発見できないのは検査システムに少なくない問題があることを表わしている。

コレイルの鄭インス車両技術団長は、「製作会社の現代ロテムと綿密な技術協議を通して、
KTX-山川の品質確保を行う計画だ」とし、「施設と装備、人材などを最大限動員して、集中整備を行う」と話した。
合わせて、フランスから導入されたKTXを基準に作った整備基準を、
新しく導入されたKTX-山川で修正しなければならないという専門家たちの見解もある。

高速鉄道市民の会の「教授は、「収益性がない高速列車開発事業を民間会社に全面的に任せては、技術開発がなされない」として、
「政府次元でKTX-山川の輸出を推進しているだけに、適切な支援があってこそ、実効性ある対策が用意できる」と話した。

5.13
ソウルグモ

【韓国】50代の男性がKTXにはねられて死亡[05/14]
http://kamome.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1305315213/
1 HONEY MILKφ ★ 2011/05/14(土) 04:33:33.26 ID:???
13日の午後11時50分頃、ソウル地下鉄1号線の九老(クロ)駅で、キム某さん(50歳)が大田(テジョン)方面から来たKTX 列車にはねられました。
この事故でキムさんがその場で死亡、列車の運行が30数分中断されました。
警察では、キムさんが列車に飛び込む所を見たという目撃者らの供述を基に、キムさんが自殺をしたと見て、正確な事故経緯を調査しています。

ソース:NAVER/YTN(韓国語)
http://news.naver.com/main/read.nhn?mode=LSD&mid=sec&sid1=102&oid=034&aid=0002278446

内部告発には圧力で

KORAIL、乗客の安全よりも内部の入団の中に'汲々'

2011-05-13 22:36|最終修正2011-05-13 23:01
http://news.naver.com/main/read.nhn?mode=LSD&mid=sec&sid1=102&oid=214&aid=0000178123
[ニュースデスク]<ANC>
コレイルが最近のKTX列車事故の原因をマスコミに公開した内部の従業員に対して感謝をしていて論難がおこっています。
故障の原因を見つけて修正するよりも、内部口止めするほうが急な仕事とみられます。
ジョヨウンイク記者が報道しています。

<VCR>
 乗客たちが隣の客車に避難するほどに激しい振動が発生し速度を半分に減らして運行を強行していた去る8日のKTX列車事故。
モーターがひどく溶けて非常に危険な状況だったという事実が内部の従業員がマスコミに情報提供した写真を介して知られています。
しかし、コレイルは事故原因をまだ公開もせずにいて、事故直後にはこれを縮小する姿まで見せました。

<SYN>KORAILの関係者/過去8日
"他の問題はありませんでした。このごろ消費者があまりにも気難しいため、"。
("一応、故障ではないということでしょう")
"はいはい。"

ところで、この事故の原因を写真と一緒にマスコミに情報提供した従業員2人について、昨日から強度の高い監査に着手し、論難がおこっています。
業務上の秘密の情報漏えいを禁止している社規に違反したという理由からだが、従業員に対する民事刑事上の訴訟まで辞さないという方針です。

これに対し、その従業員は、乗客たちの安全と直結する事案であるだけに公益的な次元でマスコミに発表することだけだと強く反発しています。

車輪から煙が出て、客車が激しく揺れる事故が相次ぐのに、事故の原因は明快に明らかにしているKORAIL、
改善策を用意するよりも、内部の箝口策に力を注いでいる批判が提起されています。



不安なKTX…責任を取る人もいないのか
http://japanese.joins.com/article/896/139896.html?servcode=100§code=110
 コレイル(韓国鉄道公社)が総体的な危機に直面している。ハードウェア(列車)とソフトウェア(人材)がともに故障し、
国内外で不信感を招いている。高速列車は頻繁に事故が発生し、職員は安全不感症が深刻だ。
市民は繰り返し問題が生じる列車に不安を感じ、韓国産高速列車「KTX山川」の導入を検討している外国は事態に注目している。
コレイルがKTX山川の製作会社「現代(ヒョンデ)ロテム」にリコールを要求して批判世論を避けようとする態度は、問題の核心を誤って導く。
許准栄(ホ・ジュンヨン)コレイル社長はこうした状況になったことに対して無限の責任を感じなければならない。

今年に入ってKTXとKTX山川の事故と故障はとりわけ多い。毎日のように脱線、急停車、低速・遅延運行などが発生している。
列車に乗るのが怖くなるほどだ。2月にはKTX山川が光明(クァンミョン)駅付近のトンネル内で脱線するというぞっとするような事故があった。
しかしコレイルはその場しのぎの対応を見せた。「どこが事故なのか、人がけがでもしたのか。小さな故障にすぎないのに…」(許社長)
という安易な状況判断も見られた。「事故鉄」という皮肉まで出てきていた時のことだ。

事故・故障の原因は機械的な欠陥にもあるだろうが、結局は人の問題だ。
10日に発生した列車遅延事故はねじが緩んだコレイルの自画像をよく表している。
運転士が非常ブレーキボタンの上に弁当かばんを載せたため運行が遅れるというあきれた事故だった。
コレイル労組は原因を「許社長の職員5000余人の無理なリストラと外注の拡大」と主張している。
放漫な組織を整備するのは正しい方向だ。しかし構成員との対話が不足していないか、
人材配置がきちんと行われているのか確認する必要がある。

昨日コレイルはKTX山川に対する技術的な調査に入り、KTXの主要部品を早期に取り替えると発表した。
遅れた感はあるが、問題を認めて改善に入ったのは幸いだ。KTX山川を米カリフォルニア州とブラジルに輸出するために欠陥を隠するのは正しくない。
むしろ公開し、安全性を補強すれば、より大きな信頼が生まれる。欠陥のあるものを売った後、人命事故でも発生すれば国際的な恥となる。
事故が起きてから悔やんでもどうにもならない。

5.12
黒田節も炸裂

“韓国新幹線”で故障続発 輸出焦り製造・点検拙速?
http://sankei.jp.msn.com/world/news/110512/kor11051219300002-n1.htm

 【ソウル=黒田勝弘】韓国鉄道庁は12日、事故や故障が相次ぎ世論に不安が広がっている高速鉄道
(KTX)について安全点検実施と減便を発表した。KTXは最近、国産車両に重大欠陥が見つかったため、
車両メーカーに異例の“リコール要請”するなど波紋が広がっている。

 背景として、海外輸出を焦り製造・点検などで拙速や無理があったのではないかとの見方が出ている。

 韓国高速鉄道はフランスTGVを導入し2004年に開通。その後、国産化を急ぎ、昨年3月から国産車両の運行を
始めブラジルや米国など海外への輸出計画を進めていた。事故・故障の続発で輸出の見通しは難しくなった。

 韓国各紙によると、国産車両はこれまで41件の事故・故障が発生。窓ガラスの破損例も多く、7日には
車体下のモーター減速機の固定部に亀裂が入り脱落寸前だったことが発見され、大騒ぎとなった。

 モーター減速機は重量0・5トンもあり走行中に脱落した場合、大事故は必至。点検で問題を発見した職員は
その功で直ちに昇進となったという。国産車両は韓国企業の現代ロッテムが製造し「日本、フランス、ドイツに次ぐ
世界で4番目の国産高速鉄道」としてもてはやされてきた。

 KTXは2月にソウル近郊のトンネル内で6両が脱線する大型事故があったほか、突然の走行停止や異常騒音など
“事故”や運行の遅れが相次ぎ世論に不安と批判の声が高まっていた。

部品欠陥 で山川運行縮小
http://japanese.yonhapnews.co.kr/headline/2011/05/12/0200000000AJP20110512003100882.HTML
リコールを受けKTX、運行数を調整して整備
http://japanese.joins.com/article/883/139883.html?servcode=400§code=400
【韓国 /KTXリコール問題】現代ロテム「ある程度の故障は避けられない」ブラジル高速鉄道入札に悪影響を及ぼす可能性も「[05/12]
http://kamome.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1305162758/
http://www.chosunonline.com/news/20110512000031

【韓国】KTX『電気障害』〜光明駅から遅れて出発[05/12]
http://kamome.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1305159508/
1 HONEY MILKφ ★ 2011/05/12(木) 09:18:28.31 ID:???

頻繁な故障や事故で搭乗客の不満が溜まっているKTXが、今度は『電気障害』で光明(クァンミョン)駅から遅れて出発する事態が起きた。

12日、KORAILおよび列車の乗客たちによれば11日の午後11時15分頃、ソウル駅
を出発して釜山(プサン)に向かったKTX173号列車が電気系統の異常で 光明駅からの出発が遅れた。

光明駅に到着すると、客室の照明とエアコンなどが切れた列車は、約3分間点検をしてから再び発車した。

この列車に乗ったある乗客は、「急に室内灯が消えて列車が後に少し動き、『電気系統に問題が起きて点検中』という放送案内が出た」と話した。
KORAILは電源側から障害が発生したとし、問題が起きた原因を調査中だと明らかにした。

ソース:NAVER/アジア経済(韓国語)
http://news.naver.com/main/read.nhn?mode=LSD&mid=sec&sid1=102&oid=277&aid=0002605880

5.11
山川リコール発動
KTX-山川は商業運行を始めた昨年3月以後先月まで大小の事故41件が起きたし、
昨年11月から今年2月まで3ケ月の間ガラス窓破損だけ120件余り発生した。

アルストム社が製作したKTXは2004年4月高速鉄道開通と共に運行を始めて
7年余りの間車両平均走行距離が310万kmに達する。
去る8日釜山発ソウル行KTX130号列車で発生した騒音と振動はエンジン動力を
車輪に伝達するベアリングが溶けて流されながら発生した。
アルストム社はこのベアリングを250万km走行すれば交換するように推奨しているが、
KORAILは自らの規定を聞いて問題がないという理由で交替しなかった。

アルストム社の高速列車はアフターサービス期間が満了して部品調達が円滑でないと知らされた。
KORAILのある職員は「一部部品は生産が中断されたり、アルストム社が大量購入条件を提示すると知っている」と伝 えた。

KORAILは去る7日明け方高揚車両基地で高速列車運行前検査をして
KTX-山川2号車のモーター減速機軸で亀裂を発見した。モーター減速機は高速列車のエンジンに該当する
モーターブロックの動力を制御する主要構成装置で、KTX-山川1編成(10両)ごとに8個が設置されている。
重さが500sのモーター減速機が故障する場合、脱線など大型事故が発生することができるという憂慮が出てきている。

パク・ヨンニュル、大田(テジョン)/ソン・インゴル記者
http://www.hani.co.kr/arti/society/area/477461.html

KORAIL強硬対応の背景に疑問(YTN 2011-05-11 20:51)
http://news.naver.com/main/read.nhn?mode=LSD&mid=sec&sid1=102&oid=052&aid=0000353593

[アンカー]
最近の相次ぐ鉄道事故と関連しKORAIL側はKTX-山川の製作会社ヒョンデ・ロテムに事実上のリコールを要求するなど、劇薬処方に乗り出しています。
しかし、今年の主要な鉄道事故は、車両の欠陥ではなく、運用上の問題で発生してコレイル側が強硬対応に出た背景には疑問が提起されています。
ソン・テヨプ記者が報道します。

[レポート] 先月23日昼に発生したKORAIL盆唐(ブンダン)線電車脱線事故。

宝亭(ポジョン)駅から出発し、竹田(チュクチョン)駅に向かって行った電車が駅進入を20mを残して軌道を離脱しています。
幸いにも電車が時速20kmでの低速走行中であるため、人命被害はなかったが、ややもすると大きな事故につながりそうになりました。

当時、事故の原因は車の外ではなく、光明駅KTX-山川号脱線事故と同様に、線路異常のためであることが把握されました。
実際に去る2月光明駅KTX脱線事故以来、KTX-山川に関連する事故や運転の障害は5件発生したが、既存のKTXで9件、電車で1件、無窮花号で3件が 発生しました。

線路や信号システム障害は、事前の整備不十分など、運用上のエラーに起因する事故が車両自体の問題よりもはるかに多いです。
[インタビュー:パク・ソンゴン、鉄道労組広報チーム長]
「オペレーティングシステム自体が、技術よりも管理中心になりがちで、
組立時にKTXの技術を学んだ方々が現場の管理者から、本社や管理職にいくと現場に空白が生ずる。」

コレイルが事実上のリコールを要求したKTX-山川第2編成の場合でも、製作会社の現代ロテムの説明については、KORAIL側とはかなり差があります。
問題となったモーター減速機には、3重の安全装置になっており、走行中に脱落する可能性はほとんどないということです。
また、KTX-山川の初期故障率は、フランスの T G V や 日 本 の 新 幹 線 よ り も 低 い という説明です。
KTX-山川は、いわゆるG7のプロジェクトで、海外輸出を目的として開発された当社の高速鉄道技術の結晶です。

コレイルはリコールという予想外の強硬対応をしながらも、「(メーカー側の)製作上の欠陥があって追加的な欠陥があるかどうか
精密検査をしてくれと要請した。」と言葉を惜しみました。


しかし、第2編成で発見された問題が深刻なものでなければ、コレイルは相次ぐ事故に伴う責任を回避するために、
海外への輸出という国益まで無視したという非難を受けかねません。YTNソン・テヨプです。

韓国型高速列車「KTX山川」リコール要請
http://japanese.joins.com/article/article.php?aid=139833&servcode=400§code=430
コレイル(韓国鉄道公社)が故障続きの「KTX山川」に対して初めて事実上の「リコール」を
要求した。
コレイルと鉄道労組によると、7日未明、高速鉄道車両基地で事前点検中、昨年導入された
KTX山川2号車の「モーター減速機」固定台で欠陥が見つかったという。
韓国の技術で製作されたKTX山川は昨年3月以降、41回の大小の故障を起こし、最近相
次いでいるKTX運行障害の主要原因となっていた。
【韓国】韓国型高速列車「KTX山川」=リコール要請[05/11]
http://kamome.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1305084046/

カバンを運転台に置いてマスコン誤動作

【韓国】10日のKTX停止〜「運転士のミス(かばん)でブレーキに異常信号」[05/11]
http://kamome.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1305081317/

1 HONEY MILKφ ★ 2011/05/11(水) 11:35:17.45 ID:???
■ 鄭東泳議員らのツイッター投稿で列車の遅れが判明

韓国高速鉄道(KTX)で10日、運転士のミスによりブレーキが異常信号を感知し、運行に遅れが出る事態が発生した。
この事実は、列車に乗っていた野党・民主党の鄭東泳(チョン・ドンヨン)議員らが、簡易投稿サイト「ツイッター」
で「列車が遅れた」と書き込んだことにより明らかになった。鄭議員は「KTXの運行をめぐって不安が高まっているが、
尋常ではない事態だ。乗客の不安感がこれ以上高まることのないよう、鉄道公社の社長は念入りな安全点検を実施
すべきだ」と書き込んだ。

韓国鉄道公社が10日に発表したところによると、この日午前7時50分にソウル・竜山駅を出発し、光州松汀駅へ向かって
いたKTXの列車が光明駅に到着した際、ブレーキが異常信号を感知した。運転士は正確な原因を突き止められなかっ
たが、異常信号を感知したスイッチを切り、定刻より7分遅れて発車した。運転士は天安牙山駅に到着した際、再び電
動車の電源を切り再起動したが、ブレーキの異常信号は消えなかった。

その後、運転士が列車内を詳しく点検したところ、自分の乗務かばんが運転席の右側にあるブレーキボタンを押し続け
ていたことに気付いた。運転士はすぐにかばんをどけて発車したが、これにより列車は定刻より約11分遅れの午前11時8
分ごろに終点の光州松汀駅に到着した。
ソース:朝鮮日報
http://www.chosunonline.com/news/20110511000020

5.9
【韓 国】KTX:週末に2回も運行トラブル、今年すでに25件[05/09]
http://kamome.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1304919780/
【韓国】KTX、運航中に整備してまた遅れる[05/10]
http://kamome.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1305008145/

1 依頼550@なつあかねφ ★ 2011/05/09(月) 14:43:00.57 ID:???
激しい騒音・振動が発生、棚の荷物が落下
乗客を前の車両に移動させ運行継続

韓国高速鉄道(KTX)が、週末に2回も車両故障を引き起こした。7日には機器の誤 作動により、
列車が走行中に突然停止し、8日には激しい騒音と振動のため、乗客が 避難する事態となった。

8日午後2時20分ごろ、天安牙山駅と光明駅の間を走行していた釜山発ソウル行きのKTX 130号の
最後尾車両(18号車)で、激しい騒音と、棚の上の荷物が落ちるほどの大きな振動が発生した。
当時、列車は最高速度の時速300キロで走行していた。

トラブルが発生した後も、列車の運行は続けられた。乗務員が18号車に乗っていた約60人の乗客を前の車両に避難させ、
最高速度を通常の半分程度の時速170キロまで落として、ソウル駅には定刻より13分遅れの午後2時48分に到着した。

韓国鉄道公社は「速度を落として運行したところ、特に大きな問題は起こらず、光明駅に停車した際に緊急点検を行ったが、
ソウル駅まで運行しても大丈夫だと判断したため、そのまま運行を続けた」と説明した。だが、事故として処理されるのを避けるため、
危険を承知で運行を続けたのではないか、という疑惑も浮上している。鉄道労組のチョン・スンイク教育宣伝局長は
「KTXは定刻より20分以上遅れれば事故として処理され、職員たちが懲戒処分を受けるため、
無理に運行を続けた可能性がかなり高い」と話した。トラブルの原因はまだ明らかになっていないが、これについても鉄道公社はあいまいな姿勢を見せている。

鉄道公社はトラブルの原因について「連接台車が激しく揺れたため」と説明し「高陽車両基地に留置されている問題の車両を詳しく点検しなければ、原因は分か らない」と語った。連接台車とは、事故が発生した際に列車がバラバラになるのを防ぐなどのために、二つの車両の間に一つの台車を設けて連結したものだ。

一方、7日午後7時20分ごろには、釜山発ソウル行きのKTX 606号が、金泉亀尾駅近くの線路上
で突然停止した。車輪の温度が通常の範囲を越えたときに列車を止める「車軸温度センサー」
が誤作動を起こしたためだった。このトラブルにより、列車はソウル駅に定刻より9分遅れて到着した。

鉄道公社側は「センサーが異常を感知したため、安全規則に従って列車を停止させたが、運転士
が線路に降り、温度測定器を用いて点検を行ったところ、特に異常は見つからなかったため、運行を再開した」と説明した。

KTXでは今年に入り、これまでに25件の事故や運行トラブルが発生した。2009年には20件台だった事故や運行トラブルの回数は、昨年には50件台に 倍増した。

郭彰烈(クァク・チャンニョル)記者

朝鮮日報 2011/05/09
http://www.chosunonline.com/news/20110509000021
KTX 列車事故立て続け‥騒音振動の煙気で避難騒ぎ
http://imnews.imbc.com//replay/nwtoday/article/2845412_5782.html
◀ANC▶
KORAIL列車事故が相次いでいます。昨日は走行中に煙気が立ち込めるかと思えば、
客車が大きく揺れることまであって乗客らが避難する騒ぎがありました。チョ・ヒョンヨン記者が報道しています。

◀VCR▶
KTX客車の内部にかなりの騒音と一緒にひどく揺れます。
この客車に乗っていた乗客は、不安を感じてちらほら他の客車に慌てて避難して問題の客車は空っぽになってしまいました。
駅員一人だけが万が一の事態に備えて、客車に籠っていて、隣の客車の入り口に避難乗客たちが不安気に見守っています。

昨日の昼2時頃、釜山(プサン)からソウルに向かうKTX130号列車が天安牙山駅付近を
通過するころには18号客車の後半で急に煙が発生したと乗客たちは言いました。

◀SYN▶当時乗客
「(列車の動力車)の間で、車輪のある方で煙がちょっと大きく出たのですよ。」

そして5分が過ぎた頃、棚の上の荷物が落ちるほどに客車が大きく揺れてしまったと乗客らは述べています。

◀INT▶当時乗客
「(振動)が立ってられないほどに酷かったんです。 (棚に)上げておいた物が落ちるほどに...」

乗客は運転士に列車を止めるよう要求したが、機関士は列車を停止する権限を持ってないと言いながら、
普段の半分の水準である時速170qくらいでスピードを控えめにソウル駅まで運行を強行しました。

◀INT▶チョン・スンイク/鉄道労組
「KTXが20分以上遅延した場合、事故の処理がされています。 (そうなれば)従業員が懲戒処分をされています。
(だから)無理に列車を運行した可能性が非常に多いですね。」

事故以来、KORAILの内部管理システムには、事故原因が列車最後の最後にある動力車故障という報告が上がってきていたが、
KORAIL側は今回も、事故原因を調査中という公式の立場を出しました。
5.8事故続報
【単独】KTX事故、モーター溶けた『危険な瞬間』
http://imnews.imbc.com//replay/nwdesk/article/2845925_5780.html

<ANC>
昨日のKTX列車の故障に関連する客車の写真をMBC取材陣が入手しました。
コレイル側の説明とは異なり、モーターがほぼ溶け出した非常に緊急な状況だったことが確認されました。
チョ・ヤンイク記者が単独報道しています。

<VCR>
乗客らが避難するほどひどく揺れる客車。客車の後方から煙気まで発生した昨日の事故の原因は、
客車の底についているモーターにあったことが分かりました。
取材陣が単独で入手した事故が起こった客車のモーターの写真です。
モーターを保護するカバーのいずれかが壊れています。モーターは、ところどころ真っ黒に焼かれています。
モーターの動力を車輪に伝達するベアリングは粉々になってえいるかまったくなくなっています。
すべての熱のために溶けて、発生する現象です。
ところが、このようにモーターが故障した状態でも、列車は普段の半分の速度170KMぐらいのスピードでずっと運行しています。

◀SYN▶KORAIL車両管理員
「(大きな事故につながることもあるんですか?)あります。 出火するか、車が壊れるかこういうことがあります。」

これに対し、コレイル側は過熱したモーターを冷やすためにスピードを控えめに走っただけでモーターの故障ではないと釈明しました。
昨日、故障したKTX列車は、2003 年フランスから導入されたもの今までの走行距離は、310万キロ。
KORAILの規定によれば、モーターの場 合、250万キロを走行するたびに、新しいものと交換をするようにになっているが、
なんと60万キロメートルも超過
し たことと知られています。MBCニュース、チョ・ヤンイクです。
5.8
【韓 国】「KTX また故障・・・」〜客車が搖れて乗客避難[05/08]
http://kamome.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1304867150/

1 HONEY MILKφ ★ 2011/05/09(月) 00:05:50.97 ID:???
8日の午後2時頃、KTXの天安(チョンアン)・牙山(アサン)駅付近で、釜山を出発して
ソウルに向かうKTX 列車の後部客車が、騷音と同時に酷く搖れる現象が 発生しました。

KORAILは乗客を前方の客車に移動させた後、光明(クァンミョン)駅まで列車を低速
運行して約10分程度遅れて到着し、原因はまだ把握されていないと説明しました。

KTXは一昨日の午後にも金泉(キムチョン)・亀尾(クミ)駅付近で、東大邱(トンデグ)
を出発してソウルに向かう列車が線路の上で急に停車する事故が発生、乗客らの抗議を受けました。

ソース:NAVER/YTN(韓国語)
http://news.naver.com/main/read.nhn?mode=LSD&mid=sec&sid1=102&oid=034&aid=0002276759
ホームの長さ足りず、KTX-1乗り入れ時はベニヤ仮設ホーム(屋根 なし)での乗降強制中

列車より短い金海進永駅乗り場
10両に合わせる建設、ボンハ訪問者など増えると20両運行、木で臨時 乗り場はんだ付け
来年建増しまで不便長期化
http://media.daum.net/culture/view.html?cateid=1001&newsid=20110508201115171&fid=20110508201115171&lid=20110508201010888

列車の長さより短い乗り場の姿…。臨時に設置した木乗り場…。その臨時乗り場上を流れる高圧電流は見るにもくらっとした。
去る7日訪れてみた慶南金海進永邑進永駅はこんなにこっけいで危なく見えた。去年12月門を開いた進永駅の'歪んだ顔'だ。
これはKTX利用客需要予測分析が間違ったからだ。結局巨額の予算をもっと入るよ建て増しする境遇に置かれた。

◇誤った需要予測=進永駅は去年12月15日慶全線高速鉄道開通とともに新設歴史でドアを開けた。開通初期進永駅では
進永-ソウル2時間39分がかかるKTX山川が平日往復5回、週末(金-日曜日)往復7回運行した。

しかし昌原市(馬山駅-昌原駅-昌原中央駅)と金海市(進永駅)利用客は急増した。結局コレイル側は
5月1日付けで列車運営体系を改編した。既存KTX山川(10両·201m)の代わりにKTX1(20両·388m)を一日3回往復投入する事にしたの だ。
KTX1はKTX山川より車が多くて二倍の乗客を乗せることができる。

コレイル関係者は「進永駅KTX利用客が開通直後一日平均100人であって現在は300人位に増えた。」とし、
「今後とも進永駅の接近性が良くてもっとたくさん増えることとみえる。」と言った。

実際金海市はKTX開通に合わせるボンハ村-進永駅を引き継ぐ市内バス(14番·10番)路線を調整する市内シャトルバスを運行した。
こんなに進永駅接近性を高めるせいで利用客が大きく増えたのだ。
しかし問題が起こった。進永駅が10両(201m)であるKTX山川に合わせる設計·伸縮さ れたのだ。
したがってKTX1(20両 ·388m)は停まることができない。進永駅乗り場長さは300mでKTX1長さ(388m)より88mも短い

結局高速鉄道建設当時国土海洋部と韓国鉄道施設公団が金海市進永駅需要予測分析が下手なわけだ。
韓国鉄道施設公団関係者は「進永駅は妥当性の調査結果需要がそんなに多くないことがわかった。」と認めた。
同じ慶全線高速鉄道停車駅である馬山駅と昌原駅、昌原中央駅はKTX1が停まっても乗下車に問題がない。

それでコレイルは乗り場両方に60mずつ、上·下り線それぞれ120mの木デッキ臨時乗り場を作った。
しかし臨時乗り場上の5.4m高さには2万5000ボルトの高圧電流が流れる。そして高圧電流線を差す送電支柱が臨時乗り場に立っている。
コレイル関係者は「臨時乗り場が不便だ危なく見えるが高圧送電塔支柱には電流が流れない上に安全フェンスも設置されており安全だ。」と言った。

◇心細い利用客=しかし利用客たちには不安になるしかない。タクシー運転手ムン某氏(48)は、
「臨時乗り場を作ったこともところが乗り場に立つある送電塔支柱は危なく見える。」と言った。

ノ・ムヒョン前大統領逝去2週期行事を行う「美しいボンハ財団」も臨時乗り場の安全問題を指摘した。
「大衆交通を利用して金海ボンハ村を訪れる人々はほとんど列車を利用する人々。」というのだ。
財団関係者は「5月追慕期間の中にKTX外にもムクゲ列車などを利用してボンハ村を訪問する方々も多いだけに
進永駅臨時乗り場の安全を優先しなければならない。」と明らかにした。
コレイルは状況が思うようにならないので韓国鉄道施設公団に増改築を要請した。

韓国鉄道施設公団は国土海洋部と協議したあげく15億ウォンを投じて遅くとも来年まで乗り場とホーム屋根を直す事にした。
しかし今年は予算確保が易しくない状態。したがって乗客たちはしばらくこっけいで危ない木の乗り場を利用するしかなさそうだ
5.6
【韓 国】KTXまた止ま る〜「なぜ再々?」[05/06]
http://kamome.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1304670399/

1 HONEY MILKφ ★ 2011/05/06(金) 17:26:39.98 ID:???
東大邱(トンデグ)駅を出発してソウルに向かうKTXがまた止まり、乗客らが不便を被った。

6日の午後1時17分に東大邱駅を出発してソウルに向かったKTX132号列車が、金泉(キムチョン)−亀尾(クミ)駅を
通過した直後に線路の上で停止した後、約20分経ってから出発する事故が発生した。

この列車は無停車通過駅である金泉−亀尾駅を正常速度で通過したが、直ぐに徐行して停止した。
列車が止まって132号列車を含む後続の列車が10〜20分ほど遅れて運行され、乗客たちが不便を被った。

132号列車に乗ったある乗客は、「制動装置の温度が急に上昇して止 まる事になったという案内放送が出た後、他の案内が無かった」と不満を露わにした。

ソース:NAVER/亜日報(韓国語)
http://news.naver.com/main/read.nhn?mode=LSD&mid=sec&sid1=102&oid=020&aid=0002238508
【韓国・鉄道】「今度はムグンファ号・・・」〜5km区 間で3回『ストップ』[05/06]
http://kamome.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1304639591/

1 HONEY MILKφ ★ 2011/05/06(金) 08:53:11.39 ID:???
● 儀旺市(ウィワンシ)過ぎて車輪から煙・・・。驚いた乗客、地下鉄で帰宅する騷ぎに。

京釜線(キョンブ線)鉄道で夜間運行をしていたムグンファ号列車が、5kmの区間で3回も止まった。特に列車の車輪から発生
した煙が客車で入って来て、火事が起きたと思った一部の乗客らが緊急避難をするなど、大きな騷ぎが起きた。

去る4日の午後9時18分頃、京幾道(キョンギド)議旺駅付近の京釜線鉄道で、東大邱(トンデグ)発ソウル行きのムングファ号
列車が急に停止した。KORAILは別の機関車を投入してけん引させる事にして、午後9時46分頃に出発したが2分後に再び停止した。
その後再び出発したが機関車の制動装置が誤作動を起こし、線路との摩擦で車輪から発生した煙が客車の中に入って来たため、
列車の中で大きな混乱が起きた。列車に火事が起きたと判断した乗客らが、とても驚いて動揺した。

結局列車は午後10時28分頃に安養(アンヤン)鳴鶴(ミョンハク)駅に停車した後、機関車の制動装置を外して15分後の午後10
時43分に再び出発した。列車は予定時間(午後10時10分)より1時間8分遅れの午後11時18分にソウル駅に到着した。
5qの短い区間で3回も発生した故障に驚いた乗客らは、列車から降りて地下鉄を利用して帰るなど、不便を体験した。

事故が起きた列車には、乗客400人余りが乗っていた事が分かった。
KORAILの関係者は、「最初に機関車の故障で停止した列車を別の機関車で牽引している途中、故障した機関車の制動装置に問題
が発生しながら起きた事故」と言いながら、「正確な原因を調査している」と明らかにした。

今年に入り、KORAILが運営する列車で発生した様々な事故や故障は、合計20数件にのぼる。去る2月11日 にKTX 列車が光明(ク
ァンミョン)駅で脱線したのに引き続き、先月23日には首都圏の盆唐線(ポンダン線)電車で脱線事故が発生した。
ソース:NAVER/京郷新聞(韓国語)
http://news.naver.com/main/read.nhn?mode=LSD&mid=sec&sid1=102&oid=032&aid=0002132583
5.4
泥酔した乗客、走行中のKTXのドア開けるもそのまま走行

【韓国】KTX酔客がドア開け、高速で8分間走行[05/04]
http://kamome.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1304495691/

1 依頼406@なつあかねφ ★ 2011/05/04(水) 16:54:51.20 ID:???
【大邱4日聯合ニュース】走行中の韓国高速鉄道(KTX)の車内で、酒に酔った乗客が非常レバーで開け、列車がそのまま8分間走行し続けるという騒ぎが あった。

釜山地方鉄道警察隊などが4日に明らかにした。同隊などによると、3日夜にソウル駅を出発し
4日午前零時15分ごろ慶尚北道金泉市の金泉亀尾駅近くを通過したKTX173号車内で、
泥酔状態の44歳の会社員の男が、非常レバーを引き車両のドアの一部を開けた。当時、KTXは時速300キロメートルで走行しており、
開いたドアから強い風が列車内に吹き込み、車両が揺れるなどしほかの乗客にも動揺が広がった。駆けつけた乗務員らが手動でドアを閉めるまで、
約8分間にわたり列車はそのまま走行した。この騒ぎで列車は速度を時速200キロメートル前後まで落とした。

男は乗務員らに取り押さえられ、次の停車駅で釜山地方鉄道警察隊東大邱センターに引き渡さ
れた。調べに対し、「酒に酔った状態で列車内にいるのが息苦しく、ドアを開けようと思った」と話しているという。
鉄道警察隊は近く男を業務妨害の容疑で立件する方針だ。


聯合ニュース 2011/05/04
http://japanese.yonhapnews.co.kr/headline/2011/05/04/0200000000AJP20110504002900882.HTML

KTX、扉を開けたまま“恐怖の疾走”
http://japanese.joins.com/article/article.php?aid=139716&servcode=400§code=430
Korail社長乗車の KTXも遅延

KTX:「乗客に申し訳なく、穴があったら入りたい心境」
http://www.chosunonline.com/news/20110504000057
「鉄道施設公団との統合が必要」

 「私が乗っていたKTX(韓国高速鉄道)が走行中に停止し、冷や汗をかいた」

 先月初め、韓国鉄道公社の許准栄(ホ・ジュンヨン)社長が乗っていたKTXが走行中に停止した。
ソウル駅を出発した列車が、間もなく大田駅に到着するというときだった。許社長は「また故障かと思い、戸惑いを感じた。
信号待ちのためだったことが分かったが、周りの乗客に申し訳なく、穴があったら入りたい心境だった」と語った。

 許社長は2日、本紙とのインタビューで「いかなる理由にせよ、最近相次いでいる事故やトラブルにより国民に心配をかけ、本当に申し訳ない。
しかし、安全に少しでも問題があれば、列車の運行を止めて点検や補修を行っているため、故障やトラブルが多いように思われているが、
重大な事故につながることはない、ということは信じてほしい」と述べた。だが、許社長は「私が実際に(走行中の停止を)経験してみて、(事故につながるの ではないかと)不安になった。
飛行機の整備と同じぐらい、事前の点検を徹底的に行い、走行中の停止や故障を最小限にとどめるシステムを確立していく」と語った。

 また「(列車が脱線し、車体が破損した)KTX光明駅の事故は、システムの問題ではなく(ミスが重なった)人災だった。報告を受け調べた結果、 24ものミスがあった」
と述べた。事故が起こる前の点検などの過程で、ミスを未然に防ぐ機会が24回あったにもかかわらず、これを見逃したため事故につながったというわけだ。

 一方、許社長が労組の問題を重視しすぎた一方で安全をおろそかにしたのではないかとの指摘については「もうこりごりだというぐらい、徹底的な安全対策を 講じてきたため、
そのような批判は不当だ。安全を守るために必要な人員を削減したことは一度もなく、KTXの整備要員はむしろ増やした」と話した。

 その上で「一部の人員削減は、(定年退職による)自然な減少と、車両の近代化によるものだ。もし、政府が人員を削減するよう指示したとしても、
安全を守るために必要だと判断すれば、私が先頭に立って反対する」と語った。

 また、2004年に鉄道庁を解体し、列車を運行する鉄道公社と、施設を管理する鉄道施設公団に分割したことが、
度重なる事故やトラブルの要因になったのではないかとの指摘については「分割によるメリットはほとんどなく、
現場でも両組織の対立を引き起こしている。施設の管理や整備と列車の運行が一体化してこそ競争力が高まるため、
適切な時期に統合の必要性について問題提起するつもりだ」と述べた。
4.29
【山川】年間41回故障

*KTX山川1年間41回故障…´安定化´に最小2年[イシュー+]ともすれば故障KTX信じる乗ることができるが
http://www.asiatoday.co.kr/news/view.asp?seq=475835
[アジアトゥデー=柳亭民記者]国産高速列車KTX-山川(写真)この本格的な海外進出を控えて'残高場'ではしかを病んでいる。
去る2月11日光明駅隣近で発生した脱線事故で高速鉄道に対する国民的関心が高まり、ホ俊英コレイル社長は
「航空機水準の整備」など大きい声を吐いているが不安感は相変わらずな実情だ。
 光明駅脱線原因は車欠陷ではない転轍機誤作動だったが、以後車自体故障で立ち止まる事例が相次いで発生し
「高速鉄道を信じる乗ることができるのか」と不信が増幅された状態だ。
 29日KTX-山川の車製作社である現代ロテム関係者の言葉を聞いて見たら、KTX-山川は2010年3月実戦配置された以後
今年3月まで1年間41回の車両故障を起こしたことに集計された。

 デバイス別では信号装置10件、空気配管10件、高圧回路3件、モーターブロック3件、スンガンムン3件、
保護装置誤動作2件、空調装置外7件から9件のなどだ。
 この中10件の故障が発生した信号装置の場合、海外製品の国内環境適応がなだらかではなかった場合だ。
空気配管故障は配管と配管の間を連結する固定装置(フィッティング類)異常が原因だった。
現代ロテムは信号装置故障に対してはソフトウェアとハードウェア改善を通じて安定化を図っており、
配管固定装置も部品入れ替えと改善作業等を進行中だ。
 山川は国内技術で生産するが100%国産ではない。現代ロテムに部品を納品する国内外業社だけ200余個で10両を基準に
105万個の部品が必要となるのに、この中87%だけが純粋国内技術で生産された部品だ。
 現代ロテムは現在の地元足生現況に対して鉄道の特性の上安定化を経る過程だと言っている。フランスのテゼベ(TGV)の場合
開通後3ヶ月間95件、6ヶ月間30件、9ヶ月は62件で安定化に2年以上が必要となったという説明だ。
現代ロテム山川車開発を統括するイ・ビョンソク現代ロテム首席研究員は「高速鉄道の核心技術中の加速と制動技術の安全性は
最高と自負する。」とし、「運行過程で発生する可能性のある多くの変数による故障で徐々に安定化になる。」と言った。
現代ロテムからKTX-山川の車の安全性、気がかりな事に対して聞いて見た。安定化対策と気がかりな事に対して聞いてみた。

車両納品以前試験をどの程度だったか?
◆KTX-山川車は政府主導で129個の産官学共同で開発した'G7'が母胎だ。当時政府が1500億ウォンの研究開発コストを出したほど
支援がすごかった。山川はG7を母胎に11ヶ月間の基地試験及び6万qの本船試運転を実施した。

安定化期間をどの程度に見るか?
◆鉄道は数万種類の機械、電気などの部品が相互融合して走行する車で初期故障が発生してから一定期間安定化過程を経る。
2004年フランスで取り入れたKTX-1の場合初度車を取り入れるのに63か月の半月が必要となったし、
故障は2004年81件、2005年50件、2006年50件、2007~2010年25件内外で開通の後2-3年次に約60%に減少したことを見られ る。
山川の場合も営業開始2年余り位の安定化期間が必要だ。

定時到着率はどのくらいか?
◆定時率は列車の運行安全性指標だ。韓国高速鉄は2009年の場合99.8%でフィ ンランド(93.9%)、
イタリア(90.3%)、フランス(79.0%)などに比べて世界最高 水準だ。

ブラジル高速鉄道受注が関心事だ。海外輸出計画は?
◆ブラジル高速鉄道を含めてトルコ(2012年上半期)、ロシア(2012年上半期)、アメリカカリフォルニア(2012年下半期~2013年の初め)な どだ。
ヨーロッパ及び米洲地域ではフランス(アルストム)、ドイツ(ジーメンス)、カナダ(ボンバルディア)と一緒に各国家別で
国家代表級の企業を育成して国家と企業が一体的にに世界市場で受注戦を繰り広げている。
特に全世界的に急速に市場が拡大している高速鉄道は先端技術とシステム運営能力検証のような高い信頼性が要求される。
ブラジル高速鉄の場合日本、中国、ドイツ、フランスなどが競争国家なの に各国大使館で国内記事を翻訳して自国に送っているという話を聞いた。
現代ロテム立場ではこれが受注戦にある悪材と作用しないか懸念している。
4.28
[現場24]鉄道橋の火災事故の無防備...違法施設の 乱舞 2011-04-28 18:25
http://www.ytn.co.kr/_ln/0103_201104281825345832
[アンカーコメント]
火災現場を突き抜けて疾走する電車、考えただけでもクラクラですよね。
鉄道橋の下から炎が立ち上がる中で電車が橋の上をそのまま走る危険な状況が先日、実際に発生しました。
鉄道橋の下には引火性物質があちこちに放置されており、常に火災の危険が潜んでいるが、管理監督が疎かになっているのです。
アンユンハク記者が取材しました。

[レポート]

鉄道橋の上に真っ黒に広まり始める煙。
橋の下で始まった火災は猛烈に燃え上がって線路あごの下まで届きそうです。
このような状況なのに電車は、煙を突き抜けて、そのまま走ります。
しばらくして、別の電車も同様。
京畿道議政府市緑揚駅付近から火が出たのは去る19日。
鉄道橋の下の古物商で、労働者が鉄筋の切断作業をして火を出したのです。
これに対し、KORAIL側は、煙だけ見えたので、電車の運行を停止するような状況ではなかったと釈明しました。

[録音:KORAIL関係者]
「運転士が煙が出ているのを見て視界を確認しながら注意して運転していきましたし。付近の駅に通報して確認後、列車を送るという措置しました。」
しかし、熱い炎が原因で線路が曲がっている場合は電車が脱線することもあるくらっとする状況。
さらに、火災現場近くには、ご覧のようにLPG充填所があって、ややもする大事故につながる恐れも少なくありません。

議政府市にあるもう一つの地下鉄の駅。
鉄道橋の下の食堂には、LPGボンベが堂々と置いてあり、火災予防のための装備をしないで稼動している工場もあります。
全部、鉄道施設公団が管理する国有地を借りて使っている建物です。
しかし、レストランや工場などを運営することは違法です。
鉄道安全法をみると、鉄道橋の周辺には、火災の恐れがある施設物を置かないようになっています。
監督をしなければならない鉄道施設公団は、関連法令を全く知らなかったという反応です。

[インタビュー:鉄道施設公団関係者]

"鉄道安全法のための要因をよく見回すことができない部分がありますが、事故後の担当者たちが一つ一つ確認しながら、火災の危険要因をチェックしてい て..."
監督機関が安全性検査の基準さえ把握できなかったことになります。
いつでも大事故につながる可能性のあるリスクにさらされる鉄道橋たち。
管理監督に手を置いている間に、今日も電車は、多くの市民たちを乗せ、その上を走っています。
YTNアンユンハクです。

【韓国】鉄道橋梁、火災事故の無防備…違法施設の乱舞[05/02]
http://kamome.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1304333429/
4.26
相 次ぐ鉄道事故、綱紀の緩みを指摘する声
http://www.chosunonline.com/news/20110426000024
ほぼ1日に1回のペースで事故・トラブルが発生、昨年同期比22%増

長期間の独占による綱紀の緩み、社長のリーダーシップの問題も

 鉄道事故が相次いで発生し、国民の不安感が高まっている。毎日のようにどこかで事故が発生し、
このままでは取り返しのつかない大事故が起こるのではないか、という懸念も広がっている。

■1日1回のペースで事故・トラブルが発生

 本紙が25日、今年3月までに発生した鉄道での事故やトラブルに関する資料を国土海洋部(省に相当)から入手し分析したところ、
3カ月間に82 件、ほぼ1日に1回のペースで事故やトラブルが発生し、昨年同期(67件)に比べ15件(22%)も増えていたことが分かった。
中でも韓国高速鉄道(KTX)で発生した事故やトラブルは、昨年は3月の時点で10 件にすぎなかったが、今年は34件発生し、
3倍以上も多い結果となった。また、特急「セマウル」号や急行「ムグンファ(むくげ)」号では40件、
今月23日に脱線事故を起こした盆唐線などの都市鉄道では8件の事故が発生した。

 事故やトラブルの大部分は、整備不良など職員の怠慢が引き金になっており、韓国鉄道公社は全体的にねじが緩んでいるのではないか、
との指摘が挙がっている。車両の設備の欠陥や整備不良による事故やトラブルは57件と最も多く、以下、信号設備の欠陥によるものが9件、
運転士などの手抜きによるものが4件という順になった。
 全体的に見ると、鉄道での事故やトラブルは2004年以降減少傾向にあったが、09年に再び増加に転じ、今年に入ってさらに急増している。
09年の事故やトラブルの件数は305件、昨年も299件とそれほど変わらなかったが、今年は第1四半期(1−3月)だけで82件も発生した。

■綱紀の緩みに加え、リーダーシップの問題も

 専門家たちは、最近相次いでいる事故やトラブルについて、数十年間にわたって鉄道を独占してきた鉄道公社の綱紀の緩みが最大の原因だ、
との見方を示した。交通研究院のキム・ヨンギュ研究員は「鉄道公社が長期間にわたって独占してきたため、綱紀の緩みが無視できない要因となっている」と 語った。
 鉄道公社の許准栄(ホ・ジュンヨン)社長のリーダーシップに限界があるのではないかとの指摘もある。
09年3月に就任し、2年以上にわたって鉄道公社を率いてきた許社長は、約5000人の人員を削減し、また昨年は、
毎年恒例の鉄道労組によるストライキを中止させた実績が認められているが、この過程で相対的に安全を軽視し、
職員たちの自発的な協力も得られなかったのではないか、というわけだ。鉄道技術研究院のある研究員は
「鉄道公社の最高経営責任者(CEO)は『安全第一』の原則を掲げているが、実際にはコストの削減による経営の効率化を最優先としている。
許社長が労使関係をめぐり、強硬姿勢で臨んだことも、やはり安全より効率を優先させたものといえる」と話した。

 これに対し、鉄道公社の関係者は「安全を最も重視しない経営者が、一体どこにいるというのか。そのような論理は、
許社長に反発する労組が広めている。鉄道に対する国民の意識が高まる中、昨年末に導入したKTX山川(サンチョン)=韓国で開発された新型車両=で
トラブルが頻発したため、事故やトラブルが増えたように思われているだけだ」と反論した。

【鉄道】韓国産KTX、運行から13カ月でトラブル41回[05/01]
http://kamome.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1304232811/
4.23
盆唐線の脱線... 6時間で運行再開
http://news.kbs.co.kr/society/2011/04/23/2280410.html
<アンカーコメント>
皆さん、こんにちは。
コレが運営する京畿道盆唐線の地下鉄が今日の昼の竹田駅で脱線事故を起こしました。
このため、一部の区間で6時間の間、電車の運行が中断されました。
最初のニュース、ユンジヨン記者が取材しました。

<レポート>
線路から外れた電車を移す作業の真っ最中です。
今日の昼12時半、ソウルの方向に向かっていた盆唐線の電車が竹田駅に進入する過程​​で、脱線しました。
乗客 40人は避難して人命被害はなかったが、事故の影響で梧里駅から宝亭駅までの3つの駅で電車の運行が中断されました。

<インタビュー>パク・ダヒョン(京畿道竜仁市サヒョンドン):
「私今急いでるんですよ。早く行こうと走ってきたのに、
列車がこのようだから荒唐でどうすればいいのか分からない。」

急に電車の運行が中止され、状況を知らずに駅を訪れた市民たちの抗議の問い合わせも続きました。
電車の運行が再開された午後6時半まで6時間の間、市民たちは、他の交通手段を探すのに不便を経なければしました。

<インタビュー>パク・チャンジュ(京畿道城南市イメドン):
「家に帰ろうとしたんですよ。家が盆唐ですが、地下鉄を止められたので、タクシーに乗って梧里まで行くよ。」

KORAIL側は電動車の後輪が線路を離脱して、事故が起きたと述べています。

<インタビュー>ヒョン・ギョンス:
「単純な取扱い誤りである場合、一気に原因を知ることができるが、
そのような事ではないから調査をみると確認することができそうです。」

頻繁なKTX事故、今度は盆唐線電車まで脱線しながら、市民の不便と不安も高まっています。
4.19
【山川/車両故障】
恐ろしいKTX…天安牙山駅でまた故障
http://www.asiatoday.co.kr/news/view.asp?seq=472183
 頻繁な故障で人気がされていたKTX-山川510号列車が19日午後4時20分頃京釜高速鉄道の天安牙山駅で、
モータブロックの故障で遅延し、300人あまりの乗客が不便を経験した。
この日、光州駅を出発し、ソウル龍山に行っていた、この列車は運行中にモータブロッ クの2つに異常が発生し、
天安牙山駅で待機中だった非常列車に乗客を乗り継ぎさせ、予定より20分遅れで出発した。
モーターブロックは、電気量を調節して、列車の車輪を動かす主電動シート装置だ。これは、KTX-山川の主な故障の原因と目されている。
KORAILの関係者は「異常が発生したモーターブロック2個に対する高精度の原因調査を行う計画だ。」と述べた。

4.18
遅延20分で一部返金のため、事故処理がおざなりになるニダ!

「事​​故処理急遽20分のマニュアルのせい」 2011.04.18 11:56:17
http://www.sisainlive.com/news/articleView.html?idxno=9964
 取材過程で出会ったKTXの労働者は、KTXの『20分の返金規定』を問題視した。KTX返金規定によると、
到着時間が20分以上40分未満の遅延で、料金の12.5%を現金で 返してくれるか、または25%割引券を与える。
40分以上60分未満は現金25%の返金、あるいは50%割引券、60分以上は現金50%のリターン、あるいは100%の割引券を与える。

 時間はお金なので、現場での事故処理を急がなければならないという ことだ。2011年1月基準で、
一日平均190回運営されているKTXの定時率を高めるためには、事故の処理に時間を先延ばしにしてはならない
4.17
禁煙なのに喫煙する客のせいで遅れるニダ!

チャン・ユンソク議員、KTX内禁煙対策促す|2011-04-18
http://www.kyongbuk.co.kr/main/news/news_content.php?id=535451
ハンナラ党のチャン・ユンソク議員(ヨンジュ)は17日、乗客が吸うたばこの煙が原 因でKTX列車の運行が
遅延される騒ぎが頻繁に起きている
ことに対する対策作りを促した。
チャン議員は同日、「火災検知器の動作が原因で列車が停止することが 頻繁に発生している。」と述べ、
「しかし、実際に火災が出て緊急停止したケースは一度もなく、客車内の喫煙で火災検知器が作動して
緊急停止するか、または減速する状況が発生したようだ。」と指摘した。

彼は引き続き「去る2010年3月2日から運行を開始したKTX-山川には、昨年29回の緊急停止をしており、今年だけでも、すでに19回も立ち止まった ことがある。」と説明した。

チャン議員は「航空機内での喫煙をする場合、航空会社の安全性とセキュリティに関する法律に基づいて
500万ウォン以下の罰金刑に処することができるが、KTXでの喫煙は、軽犯罪処罰法に基づいて
3万ウォンの過料に終わる。」とし、「火災予防のためにでも客車内禁煙への広報をさらに強化し、
より強力な禁煙対策を用意しなければならない。」と述べた。
4.16
【車両故障】

KTX列車また停車…5分後に再開 2011.04.16 17:50:03
http://news.mk.co.kr/v3/view.php?sc=30000001&year=2011&no=242162&relatedcode=&sID=300

KTX列車がまた立ち止まりました。
今日(16日)午後5時16分光明を出発した釜山行KTX列車が15分後に水原駅近くで立ち止まったことが確認されました。
KTX列車は停まってから5分余ぶりに運行が再開されたが、正確な事故原因などは明らかにされていません。

KTXは先月20日と今月4日にも釜山駅を出発後13分後に衿井トンネルで停まったし、
去る4日には出発5分後に漢江鉄橋に立ち止まって8分後に運行が再開されたことがあります。

これに先立ち、去る2月11日には光明駅日直トンネルで脱線事故で、
同月26日には亀尾駅隣近で機関故障で39分遅延を起こすなど大小の事故が続いています。
4.14
Suicaグリーン券のパクリに目処?
(2010.1.14の記事)
コレイル、京春線座席急行運賃収受システム構築
코레일, 경춘선 좌석급행 운임징수시스템 구축
http://www.nyjnews.net/sub_read.html?uid=19009

 コレイルが年内京春線座席急行列車導入・運行のための運賃収受システム構築作業に取り掛かった。
もう去る7日、業務入札公告を出したし、今月中業社を選定して来る9月まで業務を進行するという計画だ。
 京春線座席急行列車運賃収受システム構築は乗車券券売機製作及び設置、
座席急行乗車券予約と発売関連プログラム開発などの作業で成り立つ。

コレイルは課題の内容書で券売機製作・設置と関して京春線竜山駅、往十里駅、清凉里駅、再会駅、坪内好評駅、大成里駅、
清平駅、加平駅、江村駅、南春川駅、チュンチョン駅と京釜線五松駅、金泉(亀尾)駅、新慶州駅、蔚山駅など15駅に
計106台を設置することにしたが、事情によってこのような設置場所・数量が変更されることがあるという点を明確にした。

竜山まで運行される座席急行列車は最高速度が180q/h、平均速度は120q/hを誇っており、春川-上鳳区間44分、
春川-竜山区間は69分で走破できる。コレイルは列車について各種安全検査を終えた後に、
早ければ来る7月頃試運転を実施する予定であることで知られた。

関心の焦点である始終着駅を抜いた停車駅は持続的なモニタリングなど需要分析を土台に
下半期中にでも最終確定・発表される見込みだ。

現在座席急行列車運行計画に対して何も確定されたところないというのがコレイル側の公式立場だが、
時間が経つほど停車駅誘致・選定のための地域別動きが激しくなるとみられ、ある程度の相互摩擦が不可避な実情だ。
軌道劣化さらに進行中

姜基甲「KTX保守対象の線路が急増」
(ソウル=連合ニュース)ガンビョンチョル記者
http://www.yonhapnews.co.kr/politics/2011/04/14/0502000000AKR20110414221400001.HTML

民主労働党の姜基甲議員は14日、「KTXが通っている京釜線で補修が必要な線路が急増し、
乗客の安全を深刻に懸念される」と明らかにした。

姜議員は同日、報道資料を通じて、「コレイルの京釜高速1段階の線路点検の結果に よると、
保守対象の線路が2010年の毎月平均794ヶ所、 3.08qから、
今年3月現在、毎月平均1,518ヶ所、6.11qに増えた
。」と主張した。

彼は、「2段階のKTXが開通し、KTXの運行回数が増えた反面、老朽化し​​た線路を補修する職員は増えず
平均補修対象の線路が増えたとみられる。」とし、「人材の増員などの特段の措置が必要だ。」と述べた。
【山川】脱線事故で職員懲戒

『KTX脱線』の2人を罷免·解任
光明事故...14人重い懲戒
http://news.chosun.com/site/data/html_dir/2011/04/16/2011041600086.html

 今年2月の景気光明駅付近で発生したKTX列車脱線事故に関連して、KORAILが、
従業員2人を罷免​​·解任するなど、14人を重い懲戒処分をした。
単一の事故ではKORAIL史上最大規模の懲戒だ。

 コレイルは15日、「脱線事故の直接の原因を提供した4級職員イ某さんを罷免した。」と明らかにした。
事故当時、線路転換機(列車を一軌道から別の軌道に移動させるための設備)の古いケーブルを交換する過程で、
固定ナット一個が抜けるエラーが発生すると、李さんを保守作業に投入したが、李氏は、ナットを外れたまままま
任意に直進だけできるように転轍機を操作して脱線を起こしたというのだ。

 また、現場の線路の変動の問題が発生しても、鉄道管制センターでは'正常'と表示するように指示された
鉄道交通管制センターの管制士のオ某氏を解任した。
KORAILの関係者は、「今回の事故は、機械の欠陥で発生したのではなく、KORAILの従業員が回路を誤って操作し、
またこれを中央管制室で適切に制御できなかったため、懲戒の規模が大きくなるほかない。」と述べた。
これに対し、鉄道労組は声明を出して、「使用者側がすべての責任を無力な従業員個人に被せた。」と明らかにした。

KTX事故の個人的な責任に追い込む鉄道公社
光明駅事故関連労動者14人今日懲戒委付託(2011.4.12)
http://www.labortoday.co.kr/news/view.asp?arId=103528

 韓国鉄道公社が去る2月発生した光明駅KTX脱線事故を職員たちの責任に追いたてている。
11日鉄道労組によれば、鉄道公社は12日、脱線事故と関して現場労動者と事業所所 長など14人に対し懲戒委員会を開催する予定だ。
このうち事故当日整備信号を担当した労動者と事業所所長、官制センターからの信号に関して通話をした労動者など5人が
重い懲戒で懲戒委に付託されたので知られた。労組は日、労使協議会で懲戒委付託について問題を申し立てた。
 労組は事故の責任を個人に追いたてることについて反撥した。パク・ソンゴン労組広報チーム長は
「個人の間違いが一部あるとしても事故が発生する可能性しかないシステム的な条件がある。」とし、
「個人の不注意で沒我懲戒を下した後、事件全体をなだめようとするのは問題がある。」と批判した。
労組は懲戒委結果に応じた対応方案を論議していると明らかにした。
 一方、国土海洋部航空・鉄道事故調査委員会は最近光明駅KTX脱線事故調査結果を発表し、
管制業務及び信号設備業務に関する安全管理システムを全般的に改善することを勧告している。

4.13
【交換サイクル短縮→部品不 足加速?→共食い悪化!?】

KTX主要部品来年まで全交換
入力:2011-04-13 17:48/修正:2011-04-13 17:48
http://www.hankyung.com/news/app/newsview.php?aid=2011041337821&sid=010620&nid=008&ltype=1

KTXの主要部品が来年まで全量交換されるか、交換サイクルが短くなる。去る2月光明駅脱線事故の原因だった
線路転換機など主要部品について製作時の安全性検証が義務化される。 また2億ウォン以上の
高速鉄道維持補修工事は施工実績がある業社だけ参加できるように入札条件も強化さ れる。

国土海洋部は最近ひんぱんな事故を起こしているKTXの安全強化のために、
このような内容が含まれた'KTX安全強化対策'を用意したと13日明らかにした。

国土部関係者は「KTX-1が1999年フランスから持ちこんで、2004年から運行に入っただけに、部品交換時期が到来した。」とし、
「来年末まで887億ウォンを投入して全量を交換し安全に問題がないようにしたい。」と言った。

交換対象はKTX-1の920両の牽引電動機と動力接触機、軸上ベアリングなど11 種1万点あまりのもの部品だ。
またKTX-1の部品交換サイクルも車軸ベアリングは既存の200万qから140万 qに
主電力変換装置のブロックスイッチは500万qから300万qに縮めるな ど、
信頼性分析を通じて交換サイクルを減らすことにした。
'故障鉄'KTX対策…故障憂慮部品も変える :2011.04.13 14:36
http://news.chosun.com/site/data/html_dir/2011/04/13/2011041301293.html


 KTXの安全事故を防御するために韓国鉄道公社の技術者を拡大して安全組職を独立化する方案が推進される。
国土海洋部とコレイルは最近に頻繁に発生しているKTX事故や故障によって、このような内容を骨子とする
安全強化対策を用意したと13日明らかにした。
まず車両故障最小化のために、KTX1の場合、故障が憂慮される部品を予防的に全量交換して主要部品に対し交換サイクルを縮めることにした。今年中に列車推進装置である牽引電動機522個全量を交換するなど、
故障がひんぱんな11種の部品を交換して詳細部品について交換サイクル を減らすことにした。

 国内技術で開発されたKTX-山川の場 合、空気配管と高圧回路など故障が繰り返される10種の部品を交換するとか
技術的補完を推進して、製作社に対しては専任の品質、組職を拡大して専 門家を鉄道公社車両基地に増員して
常在するように措置した。整備品質を高めるために、故障 原因分析などのための鉄道公社内専門技術者をふやして、
航空機水準のデータ管理システムと整備管理監督体系も取り入れることにした。

 また軌道回路など1段階区間の老朽施設を早期に改良して、線路弁機 能モジュール予備設備を構築するなど
核心信号設備を二重にして運行し、障害を事前に防ぐ計画だ。

 既存の輸送安全室から安全組職を引き離して社長直属で改編するようにして、官制監 督機能を大幅強化して、
現場常時点検のための機動安全点検チームを運営することにした。
技術力と経験を取り揃えた維持補修業者選定のために選定基準も強化することにした。

障害の原因分析と迅速対応のためには、京釜線1段階区間に設置された転轍機184台の主要部品別の
障害可否を見張るリアルタイム障害監視システムが構築される。

国土部は「今回の対策をKTX関係機関従事者の安全意識を高め、鉄道安全問題を根本的に改善するきっかけにする。」と言った。
4.9
【グモ】在来線区間で線路進入

漢江鉄橋隣近で列車投身事故
http://news.hankooki.com/lpage/society/201104/h2011040902043421980.htm

 8日午後9時19分頃、ソウル地下鉄1号線鷺梁津駅から漢江鉄橋の上で、約1q離れた地点で、50代に見える男性が
釜山発ソウル行きKTX列車に飛び込んでその場で死亡した。
この事故で15分程の列車の運行が中断された。
警察は、「鷺梁津駅から漢江鉄橋の方向に行く途中に何かぶつかったという感じて一旦停止し、
119番に通報した」KTX機関士の陳述を基に、正確な経緯を調査している。
4.6
KTX1日7.6回遅延、山 川投入後悪化

KTXは一日平均7.6回の遅延
http://news.donga.com/Society/New/3/03/20110405/36187832/1

■7年間の遅れの現状
 今年の2月11日の京釜高速鉄道光明駅で発生したKTXの山川脱線事故は、韓国鉄道公社(KORAIL)の従業員の
不注意から始まった『人災』と確認された。
国土海洋部航空鉄道事故調査委員会は5日、「50日間の様々な証拠を、関係者の調査、専門家のアドバイスなどを経た結果、
光明駅脱線事故は、転轍機密着センサーのナットの紛失後の鉄道関係者が任意に信号機を操作して発生したもの。」と発表した。

○一日平均7.6回の問題が発生する
調査委によると、事故当日の日直(イルチョク)トンネル内に密着センサーのケーブルを交換していた
外部の業者の従業員は、4つを緩めなければならないのネジを5つ外した後、残りの1つを締め付けなかった。
これにより、転轍機に障害が発生すると、信号施設の保守担当コレイル従業員は、任意の線路転換期の進路の
表示回路を接続したが、管制士に報告しなかった。
このため、管制士が転轍機進路を、分岐側から直進に変更したときに、管制センターの表示画面には、
進路が正常に表示されたが、鉄道はずっと分岐側の場所にあり、列車が進入してから脱線させたものだと、調査委は説明した。
不注意による列車事故は、慢性的な問題であると確認された。

東亜日報は、ハンナラ党イ・ハンソン議員を使っ てコレイルから入手した『KTX年別遅延現況』資料によると、KTXが開通した2004 年4月1日から昨年までのKTXは車両、線路、通信、運転など大小の理由で1万8,518回も終着駅に5分以上遅れて到着する
遅延事故を起こした。7年(81ヶ月)の間、一日平均 7.6度だ。
ただKTXの遅れの事故は、導入2年前後を節目に減った。
KTXの遅延事故は、2004年に4,322件、2005 年の3,185件に続き、2006年の4,400件まで増えたが△2007年の3,244件△2008年の1,911件△2009年 995件△2010年の461件などに減少した。
KTX導入2年少し、2006年には一日平均12回の多様な遅延事故が発生したが、5年が経過し、昨年には、
一日平均1.2回くらいに頻度が減ったのだ。


○KTX-山川の成長痛との指摘も
鉄道の専門家たちは、高速鉄道が2、3年間、一種の成長痛を病んでいる途上から安定化段階に入ると口をそろえる。
コレイルによると、日本の新幹線は、開通初期3年の間に定 時運行率は90%のラインにとどまった。(※)
KTXの定時運行率も、導入初期には95%を 超えることができなかったが、2008年(96.66%)、2009年(98.27%)、2010年(98.09%)など、時間が経つほど高い定時運行率を見 せている。

このため、最近の相次ぐKTXの事故は、昨年3月の運行を始めたKTX-山川の成長痛に解釈することができるという分析も出ている。

ウソン大学の鉄道車両システム学科イ・ジンウォン教授は、「高速鉄道は通常、序盤に設備・システムなどの各分野での試行錯誤を経験して安定化された後、再 び数年経つと機器が老朽化され、障害が発生するパターンが見られる。」とし、「KTX-山川が導入され、再び試行錯誤の段階を経るものとみられる。」と分 析した。


※新幹線は開業以来1分が定時基準(KTXは5分)
4.5
【韓国】KTXまた トンネル内で停車[04/05]
http://kamome.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1301987087/
釜山発KTXまたトンネル内で停車、異常信号(4月5日) 
≪先月に続き同じトンネル内で2度目≫

 コレール(韓国鉄道公社)が4日に明らかにしたところによると、同日午前10時10分に釜山駅を出発しソウル駅に
向かっていた上りの韓国高速鉄道(KTX)602号が、出発から6分後に金井トンネル内で停車した。

 運行中のKTX内の信号機に異常信号が見つかり、運転士が停車させた。異常の有無を
調べたところ、少々のエラーが発生しただけで、正常に作動することを確認し、運行を再開したと説明した。

 停車と同時に、乗客には停車理由をアナウンスしており、特別な混乱や抗議はなかったという。
金井トンネルは全長20.3キロメートルの、韓国最長のトンネル。

 釜山発の上りKTXは先月20日にも、乗客500人余りを乗せ出発したが、13分後に
金井トンネル内で停車する事故が発生した。運行時間が1時間遅延し、乗客が抗議する騒ぎとなった。

(2011年4月5日、聯合ニュース)
http://app.yonhapnews.co.kr/YNA/Basic/ArticleJapan/new_ArticleMPIC/mpic_listview.aspx?cid=MYH2011040500710088
【輸出優先の結論?】2月のKTX脱線事故、原因は作業員のミス 2011/04/05  15:40
http://japanese.yonhapnews.co.kr/headline/2011/04/05/0200000000AJP20110405001900882.HTML
【ソウル5日聯合ニュース】国土海洋部の航空鉄道事故調査委員会は5日、ソウル付近の光明駅近くで2月に起きた
韓国高速鉄道(KTX)の脱線事故は感知器のナットの締め忘れと作業員が無断で信号機を操作したことが原因だったと発表した。
 同事故は2月11日に光明駅近くのトンネルで発生。釜山発のKTX列車が脱線し、上り、下りとも運行が約30分間ストップした。
 調査委によると事故当日、トンネル内で行った感知器のケーブル入れ替え作業中に作業員がナットを締め忘れ、
線路を切り替えるポイント(分岐器)で障害が発生した。このため、光明駅の信号施設の作業員が任意で分岐器の進路表示回路を直結させ、これが脱線の直接的 な原因となった。
 調査委では管制官に信号設備の変更内容を不正確に通知したことや管制官の対応不備、管制業務の監督不行き届き、事故に対する認識の甘さ、安全管理システ ムの不備なども事故の原因だと指摘した。ただ、列車や運転などに問題はなかったとした。

 調査結果を踏まえ、調査委はコレール(韓国鉄道公社)に対し、作業員に信号設備の重要性を認識させるとともに、
作業の管理監督を徹底し、信号設備を無断で操作することを防ぐ対策を講じるよう勧告した。
また、鉄道事故への認識を高め、職種間での連携強化、管制業務や信号設備全般に対する安全管理システムの改善を指示した。
4.4
【韓国】木浦行 KTX、出発直後に漢江の鉄橋の上で停車[04/04]
http://kamome.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1301871947/
4日の午前5時20分にソウル・龍山(ヨンサン)駅を出発して木浦に向かった
KTX高速列車が、出発から約5分後に漢江の鉄橋の上で停止する事故が発生しました。

KTXは8分間停止をして運行を再開したが、橋の上で停止して列車の中で
不安に怯えた乗客たちは、運行側のKORAIL側に激しい抗議をした事が分かりました。

KTX側の関係者は、「鷺梁津(ノリャンジン)駅に進入する直前にKTXの車内
信号表示器が作動せず、安全点検のために8分間停車してから点検を終えて運行を再開した」と明らかにしました。

KTXは去る2月11日に線路転換器の整備不良によるナットの欠落で、光明(クァンミョン)駅近くの線路で脱線した上、
去る31日には1日に2回停止するなど最近事故や誤作動が続いています。

ソース:NAVER/YTN(韓国語)
http://news.naver.com/main/read.nhn?mode=LSD&mid=sec&sid1=102&oid=034&aid=0002265559

釜山発KTXまたトンネル内で停車、異常信号 2011/04/04 18:21
http://japanese.yonhapnews.co.kr/headline/2011/04/04/0200000000AJP20110404003700882.HTML
【釜山4日聯合ニュース】コレール(韓国鉄道公社)が4日に明らかにしたところによると、同日午前10時10分に
釜山駅を出発しソウル駅に向かっていた上りの韓国高速鉄道(KTX)602号が、 出発から6分後に金井トンネル内で停車した。

 運行中のKTX内の信号機に異常信号が見つかり、運転士が停車させた。異常の有無を調べたところ、
少々のエラーが発生しただけで、正常に作動することを確認し、運行を再開したと説明した。

 停車と同時に、乗客には停車理由をアナウンスしており、特別な混乱や抗議はなかったという。
金井トンネルは全長20.3キロメートルの、韓国最長のトンネル。

 釜山発の上りKTXは先月20日にも、乗客500人余りを乗せ出発したが、13分後に金井トンネル内で停車する事故が発生した。
運行時間が1時間遅延し、乗客が抗議する騒ぎとなった。
【山川】KTX-山川、喫煙 で感知器作動、今年6回停止

KTX列車運行停止"思わず吸ったタバコの煙のために"|記事入力2011-04-04 21:19
KTX 열차 운행정체 "무심코 피운 담배 연기때문에"
http://news.naver.com/main/read.nhn?mode=LSD&mid=sec&sid1=102&oid=055&aid=0000202523

<8ニュース>
<アンカー>
KTX山川列車がタバコの煙のために今年だけですでに6回目止めて集中しています。
キム・アヨン記者が報道しています。

<記者>
愛煙家にとってはKTX列車に乗って行く1〜2時間も喫煙欲求を堪えにくい時が多いです。

[チェ・ヨンミン/ソウル大興洞:列車の中でも、吸っていたいと思う時があります。(なぜ?)え?吸っていたいからそうです。なぜかというのがあります か?]

しかし、このように走る列車の中で何気なくタバコ一本でも吸っていたら列車自体が止まって立ち止まることができます。
国内で生産するKTX-山川列車には、煙だけ でも動作する火災感知センサーが設置されたためです。
実際にトイレのあるところでタバコの煙が発生させたら、センサーが作動し、すぐに機長室に火災警報を鳴らしました。

[グォンジェオ/KTX-山川機長:火災感知装置が動作すると、列車の安全運転のために、必ず停車し、異常の有無を出発するようになっています。]

今年だけで6回もタバコの煙のためにKTX-山川が立ち止まっています。
しかし、喫煙者たちは、ほとんど知らなかったという反応です。

[キム・ソング/釜山海雲台区:まさかそれほどまでに関係するのか。吸うからといって、本当に止めるほどに深刻なのか。]

喫煙で摘発されても3万ウォンの科料だけ出して終わるので、警戒心を植 え付けるのは難しいという指摘もあります。
KORAIL側は「列車が停止しても、他の乗客たちを不安にして、到着時間が遅れることになる。」とし、禁煙規定を必ず守ってくれるよう要請しました。
4.2 【韓国】ソウル行き のKTX、密陽で一時停車騒動[04/02]
http://kamome.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1301739680/
1日の午後1時頃、慶南(キョンナム)・密陽市(ミルヤンシ)上東面(サンドンミョン)の
上東駅を通過してソウルに向かう『KTX山川』284列車が、線路付近に接近する酔っ払いを見つけて5分間停車した。

この列車はソウルへ運行中、酔っ払いが線路に近付くのを見つけて急減速した後停車、
駅員が酔っ払いを安全な場所に移動させて正常運行したことが分かった。

この列車は馬山(マサン)駅を出発してソウルに向かう途中、ソウルから379qの上東駅隣近で停車した。

ソース:NAVER/密陽=ニューシス(韓国語)
http://news.naver.com/main/read.nhn?mode=LSD&mid=sec&sid1=102&oid=003&aid=0003778548
【山川】ガラス破損のまま走行【國鐵廣島?】

KTX窓ガラス割れたまま'活発'[アジアトゥデイ]
http://www.asiatoday.co.kr/news/view.asp?seq=466243


▲2日午後9時50分、ソウル発-東大邱行き363列車の8号車の座席側の一窓ガラスが割れている。
[アジアトゥデー=ホンソンユル記者]
最近の相次ぐ故障が発生した「KTX-山川」が、窓ガラス が割れたままで運行し、乗客らが不安に震えた。
2日午後9時50分、ソウル駅で出発を待っていたドンデグヘン363列車の8号車の座席側の一のガラス窓は、
ウィンドウ全体が割れて透明なシート紙、テープをペタペタ 貼り付けておいた状態だった。
乗客は、割れた窓ガラスをその場しのぎに貼ってあるのを見て、安全性に疑問を提起し、不安を訴えた。
ユン・ダフィ氏(30、女)は「時速300km以上で走る高速鉄道で、割れた窓ガラスを透明テープで貼り付けておいたというのが
話になるのか。」と言いながら、「何の理由なのか分からないが、安全が最優先ではないか。」と困惑していた。
キムムンホ氏(仮名、47)も「目に見えるものもきちんと整備しないのに、乗客たち がよくわからないことや、
目に見えない部分では、どのように整備を手を抜くかどうかは明らかだ。」 とし、
「仕方なく利用するが、常に不安だ。」と述べた。

しかし、列車内の乗務員は、窓ガラスが割れても二重窓になっている安全性に異常がないと強調した。
一人の男性乗務員は、「割れていることを知らなかった。走行速度があまりにも速く、
石が跳ねて壊れる場合がしばしばある。」とし、「二重窓になっているだけに心配しなくていい。」と強調した。

▲割れたガラス窓の上に透明シート紙とテープを付けていた姿。
4.1
【韓 国】「KTXまたトラブル」〜大邱で運行中断事故(今年10回目)[04/01]
http://kamome.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1301592919/

KTX列車が31日、大邱(テグ)で再び停車する事故が発生した。

事故の原因は冷却器の誤作動によるものだったが、今年に入ってからだけで10回目のKTXの事故として記録された。

31日の午後3時50分頃、大邱・東大邱(トンデグ)駅。午後2時にソウル駅を出発して、
この時刻に東大邱駅を経て釜山(プサン)に発つ予定のKTX137列車が、どういう訳か線路上で立ち往生した。

この列車は当初の出発予定時刻より、21分過ぎた午後4時11分になってようやく運行を再開した。
KORAIL側は、列車の冷却器の誤作動による列車の中断事故と見て、詳しい調査を行っている。

脱線や誤作動などで、今年に入って発生したKTXの列車事故だけで既に10回目。

伝えられていない列車事故も加えれば、これより更にと多い事故が発生しているいうのがKORAIL内外での指摘だ。

KORAIL労組は、「このように相次いで発生するKTXの事故は、整備の人材が大きく減ったため」と主張している。
今年に入ってますます増えているKTXの事故。KTX利用客らの不安は膨らむしかない。

ソース:NAVER/大邱CBS=ノーカットニュース(韓国語)
http://news.naver.com/main/read.nhn?mode=LSD&mid=sec&sid1=102&oid=079&aid=0002238134

3.30
KORAIL職員 も不安な『KTX-山川』[2011.03.30 13:13]
http://news.kukinews.com/article/view.asp?page=1&gCode=all&arcid=0004800248&code=41121111
[クッキー社会]最近のKTX運行事故が相次ぐなかでKORAILの従業員さえもKTXに対する
不安感を訴えており、大々的な安全点検が求められている。
特に、これらは『KTX-山河』について、時速300qを超えると激しい揺れの症状を見せ、
この振動を除去できなければ場合、大きな事故につながる恐れがあると指摘している。

 去る25日、全国鉄道労働組合のホームページには、『KTX-山河...チーム長として一言』というタイトルで、
毎日乗る私も怖じける。列車が揺れる。まるで転覆しそうだ。市民よりも、私はもっ と心配だ。」と
不安感を訴える書き込みが掲載された。
文が上ってくるとKORAILの従業員たちは、大惨事を防ぐために、『KTX-山河全面整備』を主張した。

 チクポクというニックネームの組合員は、「私もしばらく前に乗ったが、ホイールを 誤って削ったのかホイール側から
『チクタク音』がして左右に振動がひどすぎる。なるべくなら山河は乗ら ないようにと思っている。」と述べた。
また、ニックネーム『乗務員』は、「山河の場合は、スピードが出れば浮かぶ感じがあ り、このため、揺れもひどい。」と
乗務する人々が見たときに乗り心地が安定するよりは不安だ。振動を除去できない場 合、大きな事故が起こることもある。」と安全性を懸念した。
その間、従業員の間で着実に主張されていた部品流用も再び提起された。
ニックネーム『高速』は、「部品流用があるようだ。」とし、「整備をしても、故障の 原因を解明できないでいる。
そのときごとに移る現実。」と部品の流用が事故の原因だ と指摘した。

 しかし、別の従業員は、突然の事故で、保守品が一度に入った場合を除き、絶対部品が足りないことがないという
意見を見せ、部品と事故は無関係だと主張した。
この他にも「運行を停止し、全面整備をしなければならない。」、「施行前に十分な試運 転を経ていない。」など、
従業員自らもKTXの安全性を疑う姿を見せた。
これに対し、労働組合関係者は「最近、事故が頻繁に発生するとの不安感が高まり、科するように書き込みをしただけ。」
と言いながら、「重い責任感のために、従業員たちが敏感になったのだ。」と述べた。
70 代列車にひかれて死亡して... KTX運行20分中断【2011-10】
http://news.kbs.co.kr/society/2011/03/30/2266460.html
昨日の午後7時頃、大田市オジョン洞大田操車場駅付近で70代に見える男性が釜山発ソウル行きKTX列車に轢かれて死にました。 この事故でKTX列車の運行が20分ほど中断されました。
コレイルは、死亡した男性が突然、列車に飛び込んで事故が起き、遺体を収拾した後、列車の運行を再開したと明らかにした。
警察は死亡した男性の身元を把握しています。
3.27
KTX部品不足で共食い整備 継続中。

KTX綱渡り気まずかったが…'共食い'主張2011-03-27 20:24
http://news.sbs.co.kr/section_news/news_read.jsp?news_id=N1000885077
<8ニュース>

<アンカー>
このごろともすると起きる事故のためKTX乗るのが気まずいという方々少なくないですよ。
KTX側が故障した部品を無欠な違う車から引き離して交換する、いわゆる'部品共食 い'をしているという内部主張が申し立てられました。
イ・ビョンフィ記者が取材しました。

<記者>
KTXの車整備を統括している京畿道高揚のコレイル車整備団です。整備団内部現場を撮影した最近映像です。
KTX山川の客車と車輪を中間で結ぶ『台車』という装置なのに、所々歯が抜けたよう主要部品が抜けています。

[コレイル整備職員:こちらへ(ブレーキ)ディスクライニングを挟んでくれるホルダーが一つ抜けています。
運行する車両の予備部品がないからここから抜いて使用をするのです。]
整備を担当するコレイル内部職員たちは部品在庫がない場合、違う車両から取り外して部品取りをしていると主張しました。

[コレイル整備職員:時間が切迫な車とかこういう場合はどうにもできないから部品がなければ検収する車などから外してきて使うんです。]

列車運行が多い週末にはもっと深刻です。

[朝に出発しなければならないのに部品のストックがない。それでは違う車があるの か?週末にはないでしょう。
それでは午後に出る車両から取り外して…(ものすごく切 迫ですね?)出る時間と合わせなければならないのに、さまざまな苦労があります。]

コレイルのこういう部品取りは去る2005年監査院によって数十件が摘発されたし、翌年国政監査でも200件あまりが指摘されました。

[鉄道専門家:車両が少しずつ特性が違うから性能を100%発揮するのが難しくて、はなした付けた無傷な部品を入れ替る過程で損傷を受けることもある。]

内部職員たちのこういう主張に対し、コレイルは適正在庫基準に合わせて十分な部品を確保していて、
特に安全と直結された125の主要部品は特別管理をしていることから部品取りは事実ではないと反論しました。

KTX『瞬間突風』で延着 2011-03-27 10:19【2011-9】
http://www.nocutnews.co.kr/show.asp?idx=1756889

27日午前7時10分ごろ、釜山発ソウル行きKTX列車が金泉亀尾駅の近くで、
瞬間突風で徐行運行しているせいで17分ほど延着した。
コレイルによると、同日午前6時ごろ、釜山を出発したKTXは、金泉(グミ駅)付近で、秒速57mの突風が吹いて
気象監視システムが作動し、普段の運行速度の3分の1にも満たない時速90km程度で徐行運転した。
これにより、大田駅と天安牙山駅などへ17分ほど遅れて到着し、乗客たちが不便を経験した。
KTXの延着したときに、乗客たちが返還される遅延補償料は、当初定められた時刻より
20分以上の目的地に遅れて到着したときに支給される。
3.24
[KTXなぜこのざまか]事故固まり‘KTX山川’問題ないか
入力:2011-03-2421:58:29|修正:2011-03-2510:25:45
http://news.khan.co.kr/kh_news/khan_art_view.html?artid=201103242158295&code=940202

ユン・ヒイル記者

・事故率既存モデルの3倍
・専門家“設計など技術が未熟”
・製作会社“初期の一時的現象”

「本当の問題は『KTX山川』です。」

韓国型高速列車の「KTX山川」が、最近相次いでいるKTXの事故の中心に登場している。KTX山川の事故率が既存KTXに比べてはるかに高いためだ。

政府や製作会社の現代ロテム側は「運行初期の一時的な現象」という見解で一歩退いているが、現場では「KTX山川自体に問題があるのではないのか」という 見方が広範囲に広がっている。

◇何が問題なのか=「危険なKTX山川」はこれまでの統計が立証する。鉄道労組の分析の結果、2010年の一年間に46編成が運行されている既存KTXで は
25件の故障および事故が発生した。しかし昨年3月に運行が始まったKTX山川は19編成だけが運営されているのにも28件の事故が発生した。一般KTX の事故率は54.3%であるのに比べてKTX山川は何と147.4%に達するのだ。KTX山川の場合、昨年1編成当たり1.5件の事故が発生したという話 だ。

今年KTXで発生した9件の事故および故障の中で4件(44.4%)もKTX山川で起きたのだ。「運行初期の一時的な現象」ではなく、KTX山川の問題が 長期化しうることを示す一節だ。

コレイル(KORAIL)の職員や専門家たちは政府と製作業者のロテムなどが「世界的水準」であることを前に出している
KTX山川自体に問題があるものだと指摘する。

ある鉄道専門家は「ロテム側がいわゆる『韓国型高速列車』を開発しながら、フランス 業者が持っている既存
KTXの特許権を侵害しないために『独自の設計』という名前で高速列車 を作っていると知っている」と伝えた。
そうしたら「高速鉄道関連技術を完全に習得できない状態で無理に設計を しているとあちこちで問題が発生
するものと分析することができる」ということだ。

コレイルのある職員も「既存KTXの動力車・客車などに対する設計をいわゆる韓国型 に改造しながら当初予
想できない故障や事故が発生することでも見ることができ る」と話した。

◇技術的要因なのか=高速鉄道市民の会のペ・ジュノ代表(韓神大グローバル協力大学教授)は「KTX山川が
10万kmに達する試運転時には致命的な問題を表わさなかったが、商業運転の過程で 予想できない部分の
故障が相次いでいる」と話した。彼は「国内技術陣が高速鉄道関連技術を完全に習得できなくて醸し出す『技
術的要因』が大きいものと見ることができる」と話した。

1990年代後半にフランス高速鉄道を持ってくる当時、直接フランスに行って研修を受けたり試運転をしながら
技術を積んだ専門家たちの相当数が退職したり離職しながら技術的未熟があらわれているという分析も出て
きている。

これに対してKTX山川の製作会社の現代ロテムのチャン・ドクキュ次長は「現在発生している故障および事故
国産化された車両・線路・システムが互いに調和を作り出すことができないところか ら始まっていると見られ
る」として、「KTX山川のすべてのシステムがはやく安定化するように努力する」と話した。

【韓国】事故の固まり「KTX山川」、問題ないか〜専門家「設計など技術が未熟」、製作会社「初期の一時的現象」[03/24]
http://kamome.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1301134181/
危険で遅延のKTXから在来線とバスに 客が遁走

[KTXどうしたの]'整備不良'自ら招いたKTX…通勤族"恐くて乗る事ができない"
・運行増えるのに人員3千名減縮、整備回数減る
・ひんぱんな遅延に「大田-ソウル通勤高速バスに変える」
http://news.khan.co.kr/kh_news/khan_art_view.html?artid=201103242159545&code=940202

 「KTXは乗る事ができない。恐ろしいし定時運行に対する信頼が欠けてしまったか ら。」
24日大田西区ドンサン洞ドンサン高速バス停留所。ソウル行高速バスを待つ乳母さん(20·大田儒城区盤石洞)は、
時間はもっとかかるが料金が安いし、最近大事故を起こしていない高速バスを利用す る事にした。」と言った。
最近時速300qで走るKTXで脱線など各種事故と故障が続き、国民の不安感が大きくなっている。
これによってKTXの利用を憚る国民が増えているがコレイルは根本的な処方を出すことができなかったままジタバタしている。

◇KTXが恐ろしい=隣近ドンサン市外バス停留所で会った金某さん(47)は、「KTX と新しくできた空港鉄道を利用すれば
2時間で仁川空港まで行くことができるが、KTXを信じられないので1 時間多くかかる市外バスを利用するために待っている。」と言った。
彼は「KTXに乗って行って故障で止まるとかすれば、出国もできなくなるからこの前 のように市外バスを利用するのが心がもっと楽だ。」と言った。

 仕方なくKTXを利用する人々も不安に思うことは同じだ。大田駅で会った朴玄酒さん(38·ソウル恩平区葛硯洞)は
KTXは早いから利用するが常に気まずい。」と「客車の中のモニターに表示される走行速度が時速290qを越して
何か物音がすると、無意識に肱掛けをつかまえるようになる」 と言った。
 一部乗客たちはKTXより相対的に遅いセマウル号や無窮花号など一般列車を選んだりする。パク・チョルさん(56·大田西区図案洞)は
このごろは列車を利用すれば無条件でセマウル号や無窮花号に乗る」 といい、「高速走行ではないし、
事故が起きても被害が少ないようだから」と言った。

◇運行はふやす、整備は減らす=KTXがひんぱんな事故と故障を起こす原因は何だろう。
現場で働く人々は「不足な整備」を一番の原因に指折る。
 列車の運行回数は増えたが整備回数はむしろ減り整備が不良になったと いうのだ。京釜高速鉄道2段階が開通した去年11月以後
KTX運行回数は平日の15.9%、週末の23.3%も増えた。しかし整備間隔はもっと増えた。
2段階開通以前の去年10月KTXが3500 qを運行すると1回ずつ整備した。
しかしこのごろは5000q運行して1回ずつ整備をする。

KTX開通当時の2004年(2500q走行 後、1回整備)と比べると整備間隔が2倍に増えたのだ。
 鉄道労組釜山支部ビョン・ゾンチョル局長は「2008年以後、鉄道人員がおおよそ 5115人減ったが、
このうち58%の2980人余りが
車・施設・電気など整備分野人員」 と言った。
 彼は続けて、「2段階開通以後列車運行回数は急激に増えたのに整備に投入される人力と時間がむしろ減って、
整備人員の労動強度が2倍近く高くなった。」とし、「無理な整備人員 減縮が続くKTX事故の主な原因。」と主張した。
 2008年167件だった施設・整備不良による運行障害事故が去年196件に増えたことも、すべて不良整備のためというのが
現場職員たちの哀訴だ。特に最近発生する事故や故障がモーターブロックを含んだ機関やバッテリー、熱感知センサーなど
列車の核心装置で発生して乗客の安全をさらに脅かすことが指摘されている。

◇'安全中心'のKTXにされなければならない=高速で疾走する高速列車は一度事故が出れば大型惨事につながる可能性が高い。
それですべてのシステムは収益より安全を優先して構成されなければならない。専門家たちは事故が出る度に
ハンダ付け式で出す「応急対策」ではKTXの安全を担保にすることができなければ、 「安全」を中心にした
「高速鉄道総合案前対策」を打出さなければならないと主 張した。

このためにはKTXの整備·維持補修及び安定規定を今より強化し、整備分野の人力を増やすべきいう主張だ。
鉄道労組は「高速鉄道整備業務など核心業務の外注化推進計画は今すぐ中断しなければならない」と要求した。
ウソン大学の鉄道車両システム学部のチャン・デソン教授は、「鉄道運行の最優先の価値である安全と国民の普遍的移動圏を
保障するためには、コレイルの経営基調が安全中心に向かわなければならない。」と言った。
[KTXどうしたの]"山 川、信号体系も不安定…海外進出はナンセンス"
http://news.khan.co.kr/kh_news/khan_art_view.html?artid=201103242158375&code=940202
・高速鉄市民の団体ベ・ジュンホ韓国神大教授
「安全性も確保することができないのに海外進出はナンセンスです。」

 高速鉄市民の集まりぺ・ジュンホ代表(韓国神大グローバル協力大学教授)は、「『世界的水準の韓国型高速列車』に掲げている
KTX山川自体に問題があるようだ。」と診断した。
ペ代表は高速鉄道が開通する1年前の2003年、「安全に乗ることができる高速鉄道」を作るために市民の集まりを発足させて
今までに先頭に立っている。彼は、「『韓国型高速鉄道』が本気に世界最高水準かは私たちの国土で徹底的に検証した後で
海外に出ていかなければならない。」と指摘した。
 「私たちの高速鉄道が世界市場で競争力を確保するためには、日本の新幹線はもちろん、フランス·ドイツの先端高速鉄道システムと競争をしても勝たなけれ ばなりません。国内市場で安全性が確保されなかった状況で世界舞台で進出することは ナンセンスです。」

ペ代表は「KTX山川が最小限3-4年の商業運転を通じて安全が担保されなければ、
外国でもそのシステムを適用することはできないだろう。」 と指摘した。
ペ代表は「韓国型高速列車であるKTX山川の信号体系は既存KTXとは違う。」 とし「変わったKTX山川信号体系を自体技術で構築しているが、まだ安定することができないという事実が、事故や故障を通じて立証されている。」と指摘し た。

彼は「KTX山川を運営するための信号体系まで完備されてこそ韓国型高速鉄道が完成されるだろう。」と指摘した。
ペ代表は「ひんぱんな事故を予防し、国産技術を発展させていくためには技術者たちを優遇する鉄道文化が急務だ。」と強調した。

3.23
http://media.daum.net/society/view.html?cateid=1020&newsid=20110323091504685&p=sbscnbc
先月、光明駅脱線事故、担当者規律弛緩によって発生
KTX事故中で特に、先月光明駅で起きた脱線事故は、まだその原因に対して消えない疑問点が多い状況だ。
これは、技術的な問題で発生する通常のKTX事故と違った。線路転換期保守を引き受けたコレイル整備担当者と、
管制センター担当が起こした初歩的失敗のために起きた事故だったためだ。すなわち、規 律弛緩で発生した事故ということができる。
'線路転換機'は、高度な技術が集積されたKTXと関係がない車両の線路を変更する極めて単純な機械装置で、200年前鉄道草創期の時から使われる施設 だ。

KTX山川スタート以後事故頻繁になって…技術国産化にともなう成長痛
フランスの高速鉄道を持ってきた90年後半期に、鉄道施設公団職員らは 直接フランスに行って研修も受けて試運転もしてみた。だが、現在その 時技術を習った人の相当数は、退職したり離職した状況だ。また、初期に導入したKTX1は、国内で運行されて10年を越えて中古車になっ た。その上、部品の場合故障すればこれを韓国で生産できなくて、修理するのに困難も 体験している。
2004年以後、鉄道の最高速度は時速130kmから300kmに発展した。だが、これは自らの技術習得によったのではなく、
外国から持ってきた技術によって可能になったのだ。昨年、コレイルは国内技術のKTX山川をスタートしたが、
この時から事故が頻繁になり始めた。すなわち、鉄道の国産化比率を高めながら、事故率が高まったのだ。
これに対して、今の状況は他人の技術を私たちのものに持ってくることにともなう成長痛だと見ることもある。

技術職冷遇…人災につながって
KTXの頻繁な事故は、どんな面からも人災と見ることもできる。コレイルが発足してから満7年が過ぎる間、
コレイルは実績を高めなければ民営化するという圧迫をたくさん受けた。こういう過程で、コレイル内では技術者らが冷遇を受けて、事業性と収益性が重視される分野の人々が優遇された。これにより、技術者の技術 移転努力がまともに成し遂げられなかったし、規律弛緩が発生した。これは、KTX山 川を作った現代ロテム側も同じだった。

3.20
【韓 国】「KTXがトンネル内で故障」〜1時間の遅れ[03/20] 【2011-8】
http://kamome.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1300602462/
http://news.naver.com/main/read.nhn?mode=LSD&mid=sec&sid1=102&oid=023&aid=0002245836

KTXがまた故障して、500人余りの乗客が不安と不便を体験した。
20日の正午、釜山(プサ)を出発してソウルに向かうKTX130列車が出発から20分後に故障して、衿井(クムジョン)トンネルで停止した。

衿井トンネルは総全長20.3qに達し、韓国内で一番長いトンネルだ。
衿井トンネルで故障した列車は約18分ほど止まっていて、対向の動力車で釜山駅に戻った。
500人余りの乗客は、午後1時に別の列車に乗り換えてソウルに出発した。一部の乗客は運行の遅れに抗議をした。

KORAILの関係者は、「列車が出発してから約10分後にトンネル内部で速度を出せずに停止した。原因を調べている」と話した。

今回故障したKTX車両は、韓国型高速鉄道開発事業の一環として開発された『KTX山川』ではない。

3.10
【韓国】鉄道施設公団、「電車線路」の国産化を始動 [03/10]
http://kamome.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1299760004/

3.09
Korail、報道陣から逃 げまわる

脱線事故コレイル度を過ぎた言論忌避症
http://www.seoul.co.kr/news/newsView.php?id=20110309012005
“広報室を通じて要請してください。”“事業部署で資料を与えないそう です。”

先月11日光明駅KTX脱線事故と続いた車両故障などでひどい侮辱を支払ったコレイルの‘言論忌避現象’が行き過ぎている。

事業部では広報室で、広報室は事業部署にボールを渡すピンポンゲームをしている。
自分たちの口当たりに合う部分だけ発表して口を閉める‘打って落ちる’戦術も駆使する。
脱線事故発生後3日後の先月14日、自発的に事故原因を公開しながら「(職員が)マ ニュアルを破った。」と認めた。
しかし「マニュアルは公開できない。」という辻褄が合わない論理でひん しゅくを買った

コレイルは2004年高速鉄道1段階開通後に高速列車の定時率を公開する一方、
20分以上遅れた場合遅延補償料を支払っている。最初10分以内だった定時基準を現在は5分以内に再調整した。
しかしコレイルは遅延返還額を公開しない。

列車脱線事故と相次ぐ車両故障で国民の不安感が高くなったことへの責任ある姿勢は見られない。
“一応避けて見よう。”という行動なので周辺ではコレイルに対するネーム・バリューが限りなく落ちることがあるという憂慮が出ている。
3.08
【KTX】黒田勝弘氏「新幹線ではなくTGVを導入した 韓国、それみたことか」「韓国の鉄道は歴史的には日本の鉄道として成長した」 [03/08]
http://kamome.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1299582776/

3.05
KTX山川、 障害者専用座席を一般客にも販売

KTX山川列車、車椅子障害者の座席'廃止'
出発切迫して座席残っていれば、すべてのお客様に販売
2011-03-05 09:51:11エイブルのニュース、記事投稿日時:2011-03-05 09:51:11
http://www.ablenews.co.kr/News/NewsContent.aspx?CategoryCode=0014&NewsCode=001420110302082523640625

ソウル - 馬山KTXが昨年12月15日開業、2時間55分で、ソウル - 昌原 - 馬山を行き来することができるようになった。
週末には、上下下り12回、月曜日〜金曜日は一日に上下8回運行される。

その間、馬山、昌原を分かればKTXに乗って東大邱で降りてセマウル号、無窮花に
乗り換えをしなければならない大きな不便さがあったからこそ多くの便利されたことを肌で感じている。
 先月28日、慶南昌原市を訪れることがあって26日KORAIL(韓国鉄道公社)の予約の電話で、京畿道光明駅から、
昌原中央駅までKTX -山川列車の午前6時51分一般ヨルチャピョを予約した。
また、障害者たちのために用意されている手動車いす障害者の座席がどれだけかを相談し、
従業員のパク某さんに聞いてみたし、'完売となった'という話を聞いた。

 ところが、28日、KTXに乗って、 手動車椅子の障害者の座席を確認をしてみたら1号車11Aには内容があり11Dと11Cには、健常者が座っていた。この3座席の上には、障害者のマークが 描かれており、怪しさが聞いた。
そこで乗客に聞いてみると、ソウル〜東大邱まで行くためにソウル駅の窓口で列車票を買ったんですが、この席だったと言った。
客室乗務員に障害者席を健常者に販売できるかどうか確認したら、"障害 者席ではない"とした。
確かに、障害者のマークが描かれているとしても。
列車長に再度お問い合わせしたら、"障害者席が当たって、客室乗務員が 間違っていた"としながら、
"障害者が乗車をしない場合は、お客様への販売をしている"と説明し た。
だから、中間で使用する車椅子の障害者はどのように利用するかを聞いたし、列車長 は、"間違っている"と認めた。
いくつかの塗り後、ソウル駅の乗客の課長に会って、手動車いすの座席の販売について聞いてみると、
"障害者が利用しない場合は、列車の出発に切迫して、お客様に販売をする"としながら、
"この問題は、自分の所管ではないので、KORAIL本社に問い合わせてください"と言い逃れした。

これに対し、KORAIL 本社マーケティングチームの担当者は"障害者の座席をお客様に販売することは話にならない"と述べた。

このように、手動車椅子の障害者たちのために用意された座席が制限なしで販売されており、障害者の利用不便がもたらされている。
3.04
脱線事故は日本のせいニ ダ!

鉄道『転轍機』の故障、列車脱線16件
http://www.ytn.co.kr/_ln/0103_201103061308169467
先月光明駅で発生したKTX列車脱線事故の原因が『線路転換機』誤作動を確認されている中で、
一般的な鉄道でも線路の変動の故障による列車の脱線事故だけ16件に上ることがわかりました。

線路の変動に起因する主な列車脱線事故を原因別にみると、列車が完全に通過していない状態で、
線路が転換されている『途中転換』が9件で最も多く、列車の軌道が完全に密着されていない
『密着不良』5件、『手動取り扱い不注意』と『回線不良』がそれぞれなどに集計された。

線路転換機の場合は、1960年代末に日本から導入され、ほとんど40年前の技術を そのまま使用され、
障害が発生しているという分析です。
http://www.yonhapnews.co.kr/economy/2011/03/04/0301000000AKR20110304198000063.HTML?template=2087
 時期別では、1970年代に1件、1980年代に4件、1990年代に5件、 2000年代の6件などで、
線路転換器異常による列車脱線事故が頻繁になっている。

これは、鉄道の主要な信号設備である軌道回路は、線路転換器、信号機、連動装置の中で、ほとんどの設備は、
列車の高速化、電気電子技術の発達で改良が完了したのに対し、線路転換器は1960年代末、日本での導入以来、
今まで40年前の技術をそのまま使用しながら、障害が発生しているからだ。

実際に2010年7月時点で、コレイルが、全国の鉄道で使用されている線路転換器は、8078台で、
この中で、日本から導入した『NS型』が4564で56.5%を占めている。残りの 3122台(38.6%)も、NS型を改良した『NS-AM型』である。また、線路転換器の特性上、些細な問題にも列車事故と直結して重要 な要求条件(保証条件など)を設定し、
検証するのが非常に難しいのも一つの理由だ。

特に、京釜高速鉄道に導入された『MJ81型』の場合は、これまで安全性と信頼性を認められてきたが、
光明駅で発生した不具合により、KTX脱線事故をきっかけに、安全性などを再検討しなければならないという指摘がおこっている。

1981年にフランスで開発された『MJ81型』は、昨年12月末現 在、全国の鉄道高速線で
410台が設置されており、今年も約100台を追加で設置する計画だ。
『MJ81型』はまた、国内メーカーで国産化を完了したが、価格(1台 あたり1千万ウォン)が高く、
1ヶ所で独占生産されていることも問題として指摘され る。

コレイル研究院のある関係者は「光明駅KTX脱線事故は、線路転換器自体の問題ではなく、人的過失による事故の蓋然性が高い。」とし、「ただ一般線に主に 使用されるNS型線路転換器は、安全性と信頼性を備えながら、高速線と、既存線でも使用できることで開発される必要性が大きい。」と語った。
【山川/2011-4】故障 件数さらに増加【2011-7】
【韓国/KTX】KTXの故障さらに3件発生、2月は計 7件[03/04]

http://kamome.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1299223648/

韓国高速鉄道(KTX)の相次ぐ事故・故障で安全問題への懸念が拡大するなか、
これまで報じられていた4件のほかにも3件の故障が発生していたことが分かった。

国会の国土海洋委員会に所属する自由先進党議員が4日、コレール(韓国鉄道公社)から入手した資料を公開。
それによると、2月の1カ月間に、光明駅近くのトンネル内での脱線事故など4件のほかにも、3件の故障が発生していた。

新たに判明した故障は、東大邱駅構内で発生した東大邱発ソウル行きKTXサンチョン (KTX−TT)の通信障害(2月15日)、
光明駅付近で発生した釜山発ソウル行きKTXの車輪軸感知センサー誤作 動(2月24日)、
新慶州駅で発生したソウル発釜山行きKTXのモーターブロック(制動装 置)停止(2月27日)

一方、同委員会に所属するハンナラ党議員は、全体会議質疑書のなかで、
海外から輸入し46編成を運営しているKTXの故障は2007〜2010年に103回だったのに対し、
国産車両で昨年19編成を投入したKTXサンチョンは、昨年だけで94回の故障が発生したと指摘した。
2011/03/04 16:10KST
http://japanese.yonhapnews.co.kr/society/2011/03/04/0800000000AJP20110304003000882.HTML

2.28
【韓国】 高速鉄道関係者「中国や日本などの競合国がKTXの事故に関する悪質なデマを拡大再生産している」 [02/28]
http://kamome.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1298878395/
KTX:相次ぐトラブル、技術移転への影響懸念する声

 韓国高速鉄道(KTX)の新型車両として、韓国の技術で開発された「KTX山川(サンチョン)」は
現在、建設費が20兆ウォン(約1兆4000億円)規模とされるブラジルの高速鉄道や、米国カリ
フォルニア州の高速鉄道への技術移転を目指し、他国との競争を繰り広げている。特にブラジルへの
技術移転をめぐっては、韓国が有利な状況にあるとの報道が現地で相次いだ。ところが最近、
KTX山川の故障や事故が相次いだことで、技術移転にも影響を及ぼしかねない、と懸念する声が出ている。

 ブラジルの高速鉄道は、今年4月11日に入札が行われる予定だ。さらに同月29日には事業者の
第1次選定が行われ、6月には最終的に事業者を確定し、今年下半期に契約を締結する見通しだ。

 韓国の高速鉄道関係者は「中国や日本などの競合国が最近、KTXの事故に関する悪質なデマを
拡大再生産しており、懸念している。現地での影響を最小限に抑えるため努力している」と話した。

 鉄道技術研究院のキム・ギファン博士も「ブラジルは当然ながら、最近の事態(KTX山川で
相次ぐトラブル)に注目しているだろう。今月11日に光明駅で起こった(脱線)事故により、
相当な打撃を被ったが、開通して間がないころに起こり得るようなトラブルまで問題にして
いては、当然受注に影響を及ぼすだろう」と語った。

キム・ミンチョル記者
朝鮮日報/朝鮮日報日本語版
http://www.chosunonline.com/news/20110228000065
【韓国】 韓国鉄道公社、週末の一日に2件の事故 「ただの小さな故障なのに…」[02/28]
http://kamome.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1298878478/
1:東京ロマンチカφ★:2011/02/28(月)16:34:38.85ID:???
コレイル(韓国鉄道公社)が運営する列車が週末一日に2件の事故を起こした。

KTX開通7年目での最初の脱線事故(11日)に続き、この2週間にKTXのほか、京仁(キョンイン)線・京義
(キョンウィ)線・京春(キョンチュン)線で次々と事故が発生している。これを受け、コレイルの監督機関である国土
海洋部と国会が鉄道安全対策の用意と事故関連者の問責を検討している。

光明(クァンミョン)駅脱線事故を起こした韓国型高速列車「KTX山川」は今回、機関が故障した。26日午前
9時27分ごろ東大邱(トンデグ)駅を出発したKTX山川354号は、金泉(キムチョン)亀尾(クミ)駅付近で機関
出力の異常のため速度が時速300キロから150キロに落ちた。コレイルはこの列車を大田(テジョン)駅まで運行
し、乗客およそ600人を別の列車に移したが、目的地のソウル駅には予定時間より39分遅く到着した。

春川からソウルに向かっていた京春線の急行列車は同日午前7時20分ごろ、清平(チョンピョン)駅で止まった。
コレイルは列車の故障の原因を確認できず運行を中断し、乗客はその後に到着した一般列車に乗り換えた。
故障の影響で乗客は予定時間より40分遅く終点の上鳳(サンボン)駅に到着した。

しかしコレイル側は「人命被害があったわけではない」という反応を見せた。光明駅脱線事故当時は「全国の鉄道に対する
安全点検を実施し、再発を防ぐ」と述べたが、事故が相次ぐと「列車の大小の事故は常にあるものだ」という態度に変わったのだ。

許准栄(ホ・ジュンヨン)社長も26日、あるメディアとのインタビューでこうした趣旨の発言をした。許社長はKTXの
熱感知装置事故について「事故だなんて、人がけがでもしましたか。ちょっと異常信号が出たから点検し、また
出発しただけなのに、何か大変なことになったかのように。ただの小さな故障なのに…」と話した。

韓神(ハンシン)大の「劑(ペ・ジュンホ)教授(高速鉄道市民会代表)は「最近の高速鉄道事故は車両や
線路が老朽化している時期に発生しているという点に注目すべき。最高経営者の考えがこのように安易では再発
防止対策がきちんと出るだろうか」と指摘した。

「教授は「従来のKTXはもっと頻繁に整備し、昨年3月に投入されたKTX山川の安全性もさらに高めなければならない」と強調した。

市民は怒りを表した。イさん(48)は「コレイルの職員も許社長と似た考えをしているはず。この人たちを信じて
高速列車に乗らなければいけないと思うとぞっとする」と話した。許社長のインタビュー内容を知ったある人は「列車
の安全も安全だが、国民に対する公企業社長の態度がこれほど傲慢不遜とは」と批判した。

責任論も出ている。宋光浩(ソン・グァンホ)国会国土海洋委員会委員長は「今週初め、常任委を開き、
コレイル列車の安全対策を総体的に点検する」とし「コレイルは人命被害はないと強調するよりも、国民がどれほど
不安を感じているか認識すべき」と指摘した。

国土海洋部の崔政浩(チェ・ジョンホ)鉄道政策官は「コレイルの列車運営や管理体系などに対する特別点検
を実施中」とし「コレイルの職務放棄や過失などが明らかになれば、関係者を問責する」と明らかにした。

▽11日、光明駅脱線事故後
キム・フンソン報道官「事故再発を防ぐため全国の鉄道で運営体制全般を再点検している」

▽23日、京義(キョンウィ)線停電事故後
キム・フンソン報道官「人命被害があったわけではない。列車は体系が複雑で、常に大小の事故が起きる」

▽25日、KTX熱感知装置事故後
コレイル関係者「高速列車には数え切れないほど多くの部品があり、1カ所くらい故障することはある」

▽26日、KTX山川・京春線事故後
許准栄社長「何が事故なのか。人がけがをしましたか。何か大変なことになったかのように…ただの小さな故障なのに…」


2011.02.28 09:25:05 中央日報/中央日報日本語版
http://japanese.joins.com/article/article.php?aid=137802

2.27
整備間隔悪化

http://www.segye.com/Articles/NEWS/SOCIETY/Article.asp?aid=20110227002945&subctg1=00&subctg2=00
ry
コレイルは最近何年も人力運営效率化などのために現場維持補修人力と普段検査回数を大幅に減らして
KTX事故故障が維持補修、整備不良によるものではないかという主張に重さが積まれている。

全国鉄道労組によれば2009年一括減縮された人員5115人中、車両分野1203名が施設989人,電気766人など現場維持補修人員が57.9%の 2958名だ。

維持補修定員減縮で▲KTX運 行点検(運行距離3500q→5000q)
▲新型電気機関車点検(運行2日→7日または5000q以後)

▲信号設備点検(2週間隔→月間隔)
▲無線設備一日点検廃止
など各分野の常時点検回数が減った。


最近 KTX 主要 故障・事故 日誌
2011. 02.26 KTX―山川 金泉亀尾駅 隣近で 機関故障, 39分遅延
2011. 02.25 KTX        華城で熱感センサー誤作動で停止
2011. 02.11 KTX―山川 光明駅日直トンネルで始めて脱線事故
2011. 02. 06 KTX―山川 釜山駅でバッテリー 故障、列車入れ替え
2010.12.25 KTX―山川 論山連山駅で動力装置故障、25分遅延
2010.11.11 KTX―山川 天安牙山駅隣近でラジエーター故障
2010.10.27 KTX―山川 天安牙山駅でモーターブロック故障
2010.10.25 KTX     ソウル駅で火事感知器作動1時間遅延運行
2010.10.24 KTX     五松で制動ホース故障、35分遅延
2010. 02.10 KTX     天安牙山駅で信号装置故障、KTX25便遅延
2.26
【山川】【韓国】「KTXまたまた故障」〜2週間で事 故3件=『事故鉄』の汚名[02/26]
http://kamome.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1298697964/
KTX 列車が去る11日の脱線事故と25日の故障事故に引き続き、26日にも故障で運行が
遅れて利用客らに不安を与えている。

KORAIL(韓国鉄道公社)によれば26日の午前9時27分頃、東大邱(トンデグ)駅を出発した
KTX-山川(サンチョン)354号列車が、金泉(キムチョン)-亀尾(クミ)駅付近で機関出力の
異常により正常速度を出す事が出来ず、大田(デジョン)駅に予定時刻より26分遅れで到着した。

KORAILは大田駅で待機していた別の非常列車に、乗客600人余りを乗り換えさせてソウルに向かったが、
目的地であるソウルには当初の予定より39分遅れて到着、利用客らは乗り換えと運行の遅れで大きな支障をきたした。

KORAILは問題を起こしたKTX列車を京畿道(キョンギド)高揚(コヤン)の首都圏車整備団で、
故障の原因を詳細に調査する事にした。

KORAILの関係者は、「KTX-山川列車が出力の異常で時速150q以下に速度が下がり、
金泉-亀尾駅に臨時停車した後大田駅で乗り換えをした」とし、「正確な故障原因を調べて
いる」と話した。

KTX列車はこれに先だって25日の午前8時24分頃、京畿道華城市(ファソンシ)梅松面
(メソンミョン)付近のトンネルを通った区間から熱感知センサーの誤作動で停止して、40分余り列車の運行が遅れた。

また去る11日には、京釜(キョンブ)高速鉄道上り区間の光明(クァンミョン)駅付近で脱線
事故を起こすなど、2週間で3件の事故と故障を相次いで起こし、『事故鉄(サゴチョル)』という汚名を被る事になった。

ソース:NAVER/大田CBS=ノーカットニュース(韓国語)
http://news.naver.com/main/read.nhn?mode=LSD&mid=sec&sid1=102&oid=079&aid=0002228572
2.25
【韓 国】「KTXまた停止・・・」〜45分後に運行再開[02/25]
http://kamome.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1298596770/
走 行中のKTXがまた停止しました。

25日の午前8時25分頃、釜山からソウルに向かうKTX106号列車が京畿道
(キョンギド)華城市(ファソンシ)梅松面(メソンミョン)付近で停止しました。

事故列車は、停止から約45分後の9時10分頃に運行を再開しました。

今日事故で幸いに人命被害はありませんでしたが、列車が線路の上で
停止しながら後続列車の運行にもそれぞれ支障をきたし、利用客らが
大きな不便を体験しています。

KORAIL側は、「運行中に熱感知装置が作動して列車が自動で停止した」
とし、「現在熱感知装置が作動した原因を調査している」と明らかにしました。

ソース:YTN(韓国語) 
http://news.naver.com/main/read.nhn?mode=LSD&mid=sec&sid1=102&oid=034&aid=0002252982

KTX 熱感知装置から警告音、300キロから急停車…事故原因分からず運行再開
http://japanese.joins.com/article/article.php?aid=137781

鉄道専門家らはコレイル全体組織員の規律弛緩を事故頻発の原因と指摘している。鉄道
技術研究院の研究員は「コレイルは以前の事故に対する徹底した原因分析もせず、教訓
を得ようという努力もしていないようだ。事故が繰り返されるのは組織規律がそれだけ緩ん
でいるという傍証」と指摘した。

2.23
KTX 脱線から12日後に今度は列車停電
http://news.livedoor.com/article/detail/5367297/
23日午前、ソウル−ムンサン区間を行き来する列車がソウル駅で故障を起こし、運行が
1時間30分ほど中断されて大混雑となった。

事故列車は乗客200余人を乗せたまま、午前8時25分にソウル駅を出発するためプラット
ホームで待機しているところだった。当時、事故列車に乗ってい乗客は「列車の屋根の上か
らジリジリという音がした後、バンという音とともに列車のすべての電気が消えた」と話した。

特にこの日の事故は出勤時間帯に発生し、京義(キョンウィ)線を利用する市民の足に大き
な影響が出た。事故列車は現場で復旧されず、ムンサン車両基地でけん引された。
2.21
http://www.konas.net/article/article.asp?idx=24615
口蹄疫,KTX,エジプトニュースに現われた放送の歪曲
ry
第二,KTX列車脱線原因に対して列車故障問題に関心を回して人為的テロに対する関心遮断だ。
初期にはKTX列車の脱線が線路変換器内の失われたナットのためだと話してから、
鉄道に対して知識のある人の疑心を買うような雰囲気を感知すると、
今度は「脱線された列車が去年にひんぱんな故障」を起こしたと報道したのだ。
また、話にならないのが「列車が故障しても(ただちに)脱線にはならない。」と言う事実を見逃したのだ。
すぐバレるような手段で騙そうとする態度に違いない。
2.18
KTX、 完全復旧したと話していたが…
http://japanese.joins.com/article/article.php?aid=137556
開 通7年目で初めての脱線事故が発生したKTXの光明(クァンミョン)駅現場の復旧が来月までかかる ことが明らかになった。
事故から31時間後に完全復旧し正常運行すると明らかにしていたコレイル(韓国鉄道公 社)の説明とは違う

コレイルのキム・フンソン報道官は事故翌日の12日、「事故発生から31時間後に復旧を終え、KTXが正常運行されている」と発表した。キム報道官は当 時、「12日午後7時に事故区間の線路と列車線・信号設備などの復旧を完了した」とし
「事故区間でKTXの速度を時速90キロから45キロに落としているだけで、正常運行する」と述べた。
ホ・ジュンヨン社長も15日、事故現場を訪問し、復旧作業を視察したが、「復旧完了後の正常運行」というコレイル側の立場は変わらなかった。

しかしコレイルの公式発表とは違い、事故区間では線路や信号設備の復旧作業が真っ最中だ。
コレイルは17日、事故区間で列車が別のレールに乗り換える際にレールをつなぐ装置である分岐器2つを撤去した。
10両編成で車両の重量が403トンにのぼる「KTX山川」が脱線したことで、分岐器やレールが大きく破損したからだ。
「ねじ外れた」 鉄道公社 「電算システム」も手抜きか
http://www.idaegu.co.kr/new_gisa.html?uid=224294
 7oナットによるKTX偏差で鉄道大乱を呼び起こした韓国鉄道公社が、今回はKTX 乗車券の重複発券で物議をかもしている。
 17 日、鉄道公社大邱支社などによると、16日午前8時東大邱から出発してソウルに向かうKTX列車の特室乗車券23枚が大量に重複発券された。このため、ビ ジネスでソウルを訪問する予定だった23人の団体の乗客は、
列車内で3時間近く立って不満ばかり言うというとんでもない状況が発生した。

この日の団体のお客様は、「鉄道公社で重複発券で、それも料金が高い特室乗車券を購入したのに、
とんでもないことが起きたが、謝罪もなく、『料金を払い戻すこと』という回答だけで一貫していた」と不満を表示した。

このため「ねじ外れた」鉄道公社が電算システムさえ手抜きではないか」という非難が 高まっている。

鉄道公社大邱支社関係者は「KTX列車の運行時間の調整に伴うシステムの手違いで
乗車券の重複発券が行われたようだ。」とし、「乗車券は、全額返金した」と明らかにした。
2.16
【山川】1日1回故障

【韓国】KTXに問題多発、4ヶ月で7回…頻繁に発生する誤作動や故障 「輸出に赤信号」 [02/12]
http://kamome.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1297490849/

『KTX山川』、一日に一度の割合故障‥政府は、特別検査
http://imnews.imbc.com/replay/nwdesk/article/2795849_5780.html

<ANC>
ネジ解かれたKTX。
知ってみると光明駅事故ではなくても、過去1年の間に大小の故障が絶えませんでした。
ほぼ1日1回の割合で故障が出ました。オ・ムジイン記者です。

<VCR>
国産高速列車『KTX山川』が運行を始めてから一ヶ月の昨年4月、光明駅に進入していた列車が
自動制御装置の故障で急に立ち止まりました。
わずか一ヶ月後、今度は車両の状態を示すモニターが急に消えました。
時速300km以上で走る列車のドアが閉まらなくなったり、列車の信号装置が故障、走行中に急に止まりました。

車輪を動かす動力装置が故障、運行が遅れたり、昨年10月には国内最長のトンネルである金井トンネルの中で
試験運行中に止まって立ったりしています。

整備が必要な小さな故障まで考慮すると、一日に一度ずつ、問題を起こす のが現場の関係者の言葉です。

<SYN>KORAIL関係者
KTX-山川は一日に一度の 割合で故障のために、基地に入庫され、修理しているのが実情です。」

整備を担当した担当者は、「別の列車に比べて故障が多いうえ、国産化を急ぎながら
部品の供給も円滑ではなく、今後がもっと問題です。」と 指摘しています。

コレイル側はまだ初期段階であるだけに安定化までには時間が必要である立場です。

政府は、今回の脱線事故をきっかけに列車の運営や信号システム全般について特別検査に着手しました。
Korailと国土海洋部、 輸出意識で車輌欠陥隠蔽に汲々
'KTX脱線事故'疑惑繁茂なのに所管部処1週間目緘口…分からないが隠すが [2011.02.16 18:47]
http://news.kukinews.com/article/view.asp?page=1&gCode=eco&arcid=0004648070&code=11151100

 光明駅で発生したKTX脱線事故の原因をめぐる様々な疑惑が提起されている。しかしコレイルと所管部処である国土海洋部、
事故原因を調査中の航空?鉄道事故調査委員会すべてが関連内容に対する狩口令が敷かれむしろ疑惑を育てる状況だ。

 16日国会国土海洋委所属一議員室によれば、事故当日の転轍機制御用転轍機の老朽電線を入れ替えた外注業社K社は
コレイルと6ヶ月の短期工事契約を結んだ。議員室関係者は「通常外注業社との契約は1〜3年ほどだが、
特定工事を引き受けるときは契約期間が数ヶ月に過ぎない。」とし、「こういう場合、鉄道に対する専門性や安全に対する配慮が低下する可能性がある。」と指 摘した。

これと関連コレイル側は「該当の工事業社は去年11月から来たる4月までKTX線路の老朽ケーブル入れ替えを引き受けた業社。」とし、「契約期間は工期に 応じたものであり、外注業社との契約期間が事故原因と連関させるのは正しくない。」と反論した。

 今回の事故発生の段初に指目されている'ナット紛失'可否と係わってもコレイルと外注工事業社の間で真実攻防に走り上げる雰囲気だ。コレイルは去る14 日、事故原因に対するブリーフィングで「業社職員が転轍機の中にある老朽ケーブルを入れ替えている途中、ナットを紛失したこと。」と発表した。しかし工事 を引き受けたK社職員たちはナットを触れたこともないと主張する状況だ。
国土部とコレイルはK社職員たちの言論接触を徹底的に遮断するなど、口 止めをしていて、事故原因に対して口裏を合わせるのを試みるのではな いかと言う疑惑を呼んでいる。K社職員たちがナットを触れたこともないと主張するに対しても国土部は何の釈明をしていない。

 KTX開通の時から現場管理を担当した経歴9年目コレイル職員の転轍機点検過程も易しく理解されない部分だ。
この職員は転轍機の接触不良原因が見つからないまま、信号表示を上り線だけで固定させたのに続き、
配線も過って連結したとコレイルは発表している。

事故が発生してから1週間目に入り、疑惑は尾を加えているが、国土部は、被造詐欺官であるコレイル側に急いで事故原因の発表をした後、固く口を閉ざしてい る。コレイル側も被造詐欺官なのを理由にボールを国土部で投げている。
国土部関係者は「原因の調査と係わって提起される疑惑に対してはいちいち対応しないこと。」と言った。
2.15
【韓国】 KTX脱線事故のあきれたミスの数々 安易さと適当主義、うわべだけの報告、とんでもない措置 [02/15]
http://kamome.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1297742614/
‘KTX 脱線事故’解けない疑問 2011年02月15日07時01分 パク・ヨンニュル記者
http://news.livedoor.com/article/detail/5343509/
3日後に事故原因把握?
通常は7〜8ヶ月かかる…‘ブラジル高速鉄道 受注’意識
取れたナット 一つのために?
用役業者 "私たちはケーブル会社…ナットには触らない"
異常信号通知なかった?
線路転換機ではなく電子制御・車両欠陥 当たるべき

 本来 鉄道や航空事故調査を担当する機関は‘航空・鉄道事故調査委員会’だ。 この機関は国土部傘下にあるが
‘航空・鉄道事故調査に関する法律’に基づき調査を担当する事実上の独立機関だ。大学教授・研究員・弁護士・専門家などが
チームを設け調査を進めるが、最終結論が出てくるまで普通7〜8ヶ月、短くとも 3〜4ヶ月はかかる
航空・鉄道事故調査委員会関係者は「今回の発表は KORAILの自主調査結果に過ぎず、最終結論は私たちが下す」として
「事故当事者であるKORAILが直接ブリーフィングすることもそうだが時期も少し 早い」と話した。
韓国鉄道技術研究院関係者も 「鉄道調査は運転者のミス、 軌道上の問題、車両の問題などを複合的に調査しなければならないために時間が長ければ1年もかかる」と話した。

 だが、国土部とKORAILは事故が発生して3日も経たず公式ブリーフィングまで 開き、KORAILと用役業者職員のミスを
事故原因として推定するという自主調査結果を出した。国 土部・KORAIL側は早期発表した理由について、「懸案が非常に明確なため」と説明したが、KORAIL内外では4月に予定されたブラジル高速鉄道受注戦に悪影響を及ぼすことを憂慮し速戦即決で結論を下そうとしたのではないかとの疑惑が出ている。

 KORAIL が事故の発端として言及した‘ナット問題’についても、用役業者とKORAILは交錯した主張を出している。
KORAIL側は脱線事故前の3回にわたる異常信号発生の原因が線路転換機保守用役業者のミスでコントロールボックス内の
ナットを嵌めなかったことに始まったと明らかにした。だが、信号転換機保守を担当したK業者関係者は
「私たちはコントロールボックス内ケーブルだけを交換する会社であり、信号接点を触る会社ではなく、ナット問題とは関係がない」と主張した。

  ナット問題は事件の発端と推定されるだけで脱線の直接原因になったのはKORAIL職員が異常信号が発生すると直進信号に固定し、これを管制室に通知しな かったことだ。KORAIL側は職員の単純ミスと言うが、このように重要な懸案を正しく報告しなかったという点は疑問だ。
鉄道専門家たちは線路転換機の問題ではなくとも他の電子制御装置や高速鉄道車両自体にも問題がなかったか、
几帳面に探ってみなければなければならないと強調する。航空・鉄道事故調査委員会はコントロールボックスはもちろん、
車両と機関士などに対し全面調査を行う方針だ。

 一方、労組側では更に根本的な原因を提起している。鉄道労組ペク・ナムヒ宣伝局長は「ホ・ジュンヨン社長就任の
一ヶ月後にKORAILが5115人の定員を縮小した結果、維持・保守業務が外注用役業者に移り整備時間も大きく減った」とし、
過度な人員縮小と外注化を事故の背景として指摘した。

2.14
システム全般がおかしい

“転轍機誤作動希薄…運営システム再点検至急”
http://www.seoul.co.kr/news/newsView.php?id=20110214010008&spage=1

去る11日KTX脱線事故直前、転轍機維持補修作業があったし、これによって事故が起きた可能性が頭をもたげている。
しかし不始末な報告体系などでこのような事実を光明駅では把握していなかった。今回の機会に高速列車運営システム全般に
対する再点検が必要だという指摘が出てある。

●夜間補修のための応急措置だけしたように

 ある鉄道専門家は13日「事故形態だけ見れば列車線路を切り替えながら後尾がレールで離脱した『途中転換』になった形態」とし、「転轍機は各種安全装 置があって列車が一定距離内に入ってくれば作動しないために誤作動の可能性は低い。」とコレイル側の事故原因推定とは違う指摘をした。
 これによって脱線事故前にあったと推定される転轍機補修作業が今回事故の原因を提供したのではないかについて、
強い疑問が申し立てられている。当時上り線で運行中の列車たちが多く、完全な補修をしないまま夜間補修のための応急措置だけ
なされた可能性が高いというのだ。事故発生前まで上・下行高速列車が差し支えなく運行したという点もこのような情況を裏付ける。
 しかしコレイル関係者は「光明駅は週末にだけ臨時列車が運行するため、この事実を認識していない維持補修者が直線走行に線路を固定した可能性も看過でき ない。」とし、「この場合、転轍機がまともに作動しなかったこともありうる。」と伝えた。

●不始末な管理システム現われて

 線路維持補修に対しコレイルの安全不感症もわかった。光明駅では事故当日このような作業が進行された事実さえ把握できずにいた。列車運行を統括する区 (部署)であるコレイル交通管制センターが、このような事実を報告を受けたのかも不明だ。
区の交通管制センターは高速鉄道施設物管理を責任を負う五松事務所と同じ障害点検システムを持ってあるだけに、
今回のように障害信号が出てから消える場合、補修可否などを交差点検したら事故を防げたという指摘が出ている。

ある関係者はこれに対し、「一般線と違い高速線は維持補修履歴を該当駅に報告せず、全くわからない状況。」と言った。

トンネル及び橋脚での事故時復旧対策も杜撰だった。高速列車は最大900人が過ぎる乗客を乗せて300qで運行するため、
ささいな障害や故障も大型事故でつながりかねない。光明駅脱線事故は速力を大きく低めた状態なので人命被害を避けられた。
また10両であるKTX山川ではなく20両で編成されたKTXであったら被害はもっと大きくなりかねなかった。

コレイル関係者は「国土部鉄道事故調査委員会の調査結果が出れば全般的な改善・補完対策を用意する計画。」と言った。

2.13
分岐器より車輌!?

KTX‘転轍機’事故直前にも誤作動 :2011-02-13 21:30:30
・異常信号で何度も整備…‘不良’分かってからも無理な動作
http://news.khan.co.kr/kh_news/khan_art_view.html?artid=201102132129435&code=940202

高速鉄道光明駅で発生したKTX脱線事故は、転轍機作動間違いによる人災とわかってきた。
しかし新車である‘KTX山川’投入以後故障が続いていて、車欠陷可否についても調査と一緒に根本的な対策用意が至急だという指摘が出る。

◇事故原因は人災?=13日KTX脱線事故を調査中の国土海洋部は、事故当時光明駅駅員たちの転轍機操作ミスで
事故が起きたことで報告、関連者を相手に正確な経緯を把握中だ。

問題がなった転轍機は事故直前にも接触不良で整備を受けたことがわかった。国土部関係者は「線路を変えてくれる転轍機がひんぱんな異常信号(エラー メッセージ)を出して事故前に何回も整備をしたことで把握された。」とし、
「光明駅舎の転機整備及び操作を引き受けた職員たちがこれを修理した後、異常信号にもかかわらず転機を無理に作動させたのが脱線事故のひとつの原因のよう だ。」と明らかにした。

この関係者は「事故原因が転機操作者たちの過失に狭められている。」とし、「車欠陷可否は明かされたわけではない。」と付け加えた。彼は「現在事故調査委 員会の真相糾明作業を経て正確な事故原因を明らかにするには1週間頃かかること。」と言った。

事故当時KTX列車は転轍機を通じてあらゆる列車が右側レールで移動しなければならなかったが、
転轍機誤作動で機関車を含んだ4両だけ代線路に立ち上がっただけで残り6両は軌道を離脱して脱線した。
転轍機は現在京釜線730個余り、湖南線270個余りを含んで全部で1000個余り(2006年現在)が設置されている。
転轍機が誤作動する場合、最悪の場合追突事故につながりかねない。

◇続く安全事故=光明駅KTX脱線事故は2004年高速鉄道開通以後初め発生した離脱事故だ。
特に‘KTX山川’が投入されてから相次ぐ故障や欠陷事例が受付されてあって列車欠陷可能性も申し立てられる。

去る6日午後1時50分頃釜山駅からソウルに出発しようとしていたKTX山川列車が出発直前バッテリー故障で13余分間出発が遅延した。また先月31日に は馬山発KTX山川の制動装置異常で54分遅延運行された。京釜高速鉄道2段階開通以前である去年10月13日にはKTX山川が電動装置故障で国内最長ト ンネルである衿井(クムジョン)トンネル(20.3q)中に立ち止まるくらっとする事故も発生した。

今度事故原因に推定される転轍機以外にも車と線路との連携欠陷、列車運行情報及び自動制御システムなど
鉄道運営全般に対する点検が必要だという指摘が出る理由だ。

鉄道労組関係者は「今度の事故は5000名の定員を減縮する過程で整備と施設、電気などあらゆる鉄道業務を縮小化したところによるもの。」とし、「鉄道安 全と直結された鉄道整備業務に対し業務再評価が行われなければならない。」と言った。

コレイルは鉄道運営效率化のために最近数年間、常時線路巡回点検など日常検査周期を大幅減らしてきて労組の反発を買った。
人災

【韓国】「ナット一つがKTXを脱線させた」[02/14]
http://kamome.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1297651214/

線路'直進'に変えて管制所に通報しない…光明駅KTX列車脱線は間違 い重なった'人災' :2011.02.14 03:02
京釜KTX開通してから7年…運営体制総体的点検必要
政府"車両欠陷はなくて"…列車運行は正常取り戻して
http://news.chosun.com/site/data/html_dir/2011/02/14/2011021400030.html
11日光明駅で発生したKTX脱線事故は車欠陷よりは転轍機をまともに修理しなくて
転轍機を過って調整して発生した人災である可能性が大きいことが明らかになった。

韓国鉄道公社(コレイル)職員たちは修理を間違っただけなく修理結果を管制センターに届けることもなかった。
用務業社とコレイル職員たち、鉄道管制センターなどで同時多発的に大きく、小さい間違いをしたし、これによって高速列車であるKTXの
線路離脱事故が起きたと政府は把握している。こういうとんでもないミスが複合的に作用して、あわや大型惨事でつながるところだったのだ。

http://image.chosun.com/sitedata/image/201102/14/2011021400030_0.jpg
▲13日コレイル関係者たちがソウル駅近く鉄路で転轍機(右側下の丸)などを点検して帰っている。レールを押すとか引いて列車が
線路を変えるようにしてくれる装置である転轍機操作間違いが今度光明駅KTX脱線事故の原因で把握されたと国土部は明らかにした。

@ナット正しく挟まなかった

まず11日夜明け1時30分から4時30分の間転轍機整備用務業社関係者たちは光明駅転轍機コントロールボックスにある老朽ケーブルなどを入れ替える作業 をした。この業社関係者は修理中ナットを一つ満たしながらしっかり締めていないことがわかったと国土部関係者は言った。直径約7oのナットが事故の端緒を 提供したのだ。このナットをユルユルに締めたことで転轍機を作動する度に警告信号が引き続き発された。

A現場職員たち、直進に転換

管制センターからエラー信号がひんぱんだという連絡を受けたコレイル関係者たちは、朝7時30分頃光明駅現場で転轍機を取り離して点検したが原因が何なの かを捜し出せなかった。転轍機中にはいくつかのデバイスが複雑に設置されて短時間に理由を捜すのできなかったというのだ。
それとともにコレイル関係者たちは転轍機を後ほど直すことにして、まず直進のみを可能になるように装置を調整しておいた。
国土部関係者は「光明駅に入って来る大部分のKTX列車が直進することだからそうにしても問題がないと判断したのようだ。」と言った。

しかし事故前に当該KTX列車は釜山で光明駅まで来て折り返してすぐ再び乗客を積んで再び釜山で行くために線路を左側から右側に変えようとした。
しかし転轍機が'直進'で調整されている状況で右側線路で乗りこもうと方向を振ってから脱線をするようになったと国土部関係者は言った。
機関車を含んだ列車4両は走行慣性で分岐線路上に乗り上げたが、5番目間から6両は分岐レールを乗れずに脱線したのだ。
この日朝、転轍機を'直進'状態にしておいた後、光明駅に入ってくるときに線路を変えようとした列車はこの列車が初めてだった。

B見てもまともにして

 コレイル職員たちが直進だけ可能になるように操作しておいても、管制センターにこのような事実を知らせたら事故を予防できた。
しかし職員たちは管制センターに何らの連絡もしなかった。管制センターはこのうな事実を分からなくて線路を変えるように管制をして事故がおきたというの だ。国土部関係者は「現場と意思疎通だけ円滑にしたら十分に阻止できる事故だった。」言った。
 これによってKTX運営システム全般を総体的に点検しなければならないという指摘が出ている。
鉄道事故専門家である三星物産のカン・ギドン顧問は「今回の事故は機械的な欠陷ではなく操作ミスや不注意で発生したようだ。」とし、「エラーサインが出た 時どう措置を講じるべきか関連マニュアルが全ているはずなのに、手続きどおりされることもなくて、
必要な基本的な連絡や措置も取られていない。」と言った。
これに対しコレイル関係者は「KTX光明駅軌道離脱事故に関して『航空鉄道事故調委』の調査結果が出れば、全般的な改善方案と補完策を用意すること。」と し、「現在としてはKTXの運行正常化に重点を置いて事故を収拾している。」と言った。
コレイル、脱線前の線路異常知りながらも放置!?

コレイル、KTX脱線前'線路異常'知っていた :2011.02.13 23:01
http://news.chosun.com/site/data/html_dir/2011/02/13/2011021301008.html

 去る11日午後KTX脱線事故が出ること前に鉄道公社職員たちが線路転轍機修理作業に乗り出していたことがわかった。
これによって韓国鉄道公社(コレイル)が問題を感知してもまともに対処できなかったのではないかという指摘がでている。

 13日国土海洋部とコレイルによれば、事故当日の11日深夜から夜明け4時間に光明駅内日直トンネル内に設置された転轍機で
古い線などが発見されてコレイルは何回にかけて自主補修作業を広げた。この過程でコレイルは転轍機内ナットなど附属品を入れ替えたが
「線路不一致現象」が再び発生した。線路不一致現象は線路にある信号灯と線路状態が一致しなくて発生する障害だ。

 このためコレイル側は午前7時30分頃再び転轍機に対する補修作業に出た。異常現象の原因を正確に探査できなかったコレイルは
自動で信号を伝達する信号装置を手動に切り替えた。列車運行が可能になるように強制措置したのだ。

 国土海洋部高位関係者は「転轍機の附属品を入れ替えた場合、最初のコレイル職員と後ほど投入された他の
二番目の職員がまともに措置を取らないと把握された。」とし、「事故列車であるKTX-山川224号列車は問題がある
この分岐器を使って脱線事故をおこした。」と言った。

先立って去る11日1時5分頃、釜山発KTX列車は京畿道光明駅前方500m地点トンネル中で軌道を離脱して少し傾いたまま立ち止まった。
当時列車には乗 客149人が乗っていた。人命被害はなかった。

国土海洋部「鉄道事故調査委員会」は現在この日事故前に行われた転轍機に対する補修作業が
適切だったのかなどを詳細な調査しているので伝えられた。

コレイル関係者は「転轍機のほかにも、違う理由で脱線がある場合もあって、正確な事故原因は鉄道事故調査委員会の公式調査が終わると知られるだろう。」と 言った。コレイルは最初「転轍機誤作動」を今回の事故原因と推定した。

2.12
韓 国】KTXに問題多発、4ヶ月で7回…頻繁に発生する誤作動や故障 「輸出に赤信号」 [02/12]
http://kamome.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1297490849/

1 [―{}@{}@{}-] Korean Monkeys (韓国猿)@動物園φ ★ 2011/02/12(土) 15:07:29 ID:???

韓国の高速鉄道KTX山川が11日、京釜高速線光明駅の近くで脱線した事故で、線路転換器システムの誤
作動が原因だった可能性が高いという。しかし、過去4カ月の間に7回の故障や事故があったことが明らか
になり、メディアは「乗客が不安」、「輸出に赤信号」などと伝えた。

韓国鉄道公社コレールは11日午後5時に会見を行い、「線路転換器システムの誤作動と推定される」と発表
した。車両に欠陥(けっかん)があった可能性は低いとみているが、頻繁(ひんぱん)に発生する誤作動
や故障を懸念する声が高まり始めた。

11日の脱線事故を含め、2010年10月からモーター・ブロックの誤作動・客室の暖房機の故障・動力装置の
故障・ブレーキシステムの不具合・バッテリーの故障などのトラブルが続き、安全性の問題に不安がつの
る一方だ。2011年に入ってからすでに3例目となる。
韓国メディアは「相次ぐ事故で乗客に不安を与えている」と指摘。「今回脱線したKTX山川は海外進出の
ために野心を持って開発された韓国型高速列車だが、国内でさえそっぽを向く状況に懸念が高まる」と述
べ、「海外進出に赤信号」と厳しい見解を示した。

このように、韓国国内でもKTXの安全性に懸念を示す声は多い。メディアは高速鉄道に関心を持つ米カリ
フォルニア州のシュワルツェネッガー知事がKTXを試乗したことに触れ、「アメリカやブラジルなどが
KTXに関心を持っているため、今回の脱線事故の原因が車両の欠陥によるものとなれば輸出にも悪影響
を与える」と懸念を示した。(編集担当:金志秀)
韓国KTXに問題多発、4カ月で7回…「輸出に赤信号」=韓国
http://news.searchina.ne.jp/disp.cgi?y=2011&d=0212&f=national_0212_074.shtml
2.11
【山川/2011-3】脱線事故
【韓国】高速列車KTXが脱線事故…走行中に6両が脱線、乗客に負傷者


■光明駅でKTX脱線…60代女性乗客が痛み訴え

11日午後1時23分頃、ソウルへ向かっていた釜山発のKTX列車がKTX光明駅の約300m手前の地点で脱線し、乗客1人が負傷した。
事故は列車が光明駅に進入する途中、ガタガタというを立てて全10両のうち6両(5〜10号車)が脱線した。

当時列車に乗っていた乗客147人のうち朴さん(63歳・女性)が事故の余波で腰の痛みを訴え、近くの光明ソンエ病院で治療を受けている。残り の146人は乗務員の案内で線路に降り、光明駅まで歩いて退避した後、運賃の払い戻しを受けた。

脱線した列車が上下線にまたがって支障したため、KTXの列車運行は全面中断された。
事故がおきると直ちに消防当局は救急・救助車両25台と人員100人余りを現場に急派、万が一の事態に備えた。
コレイル(韓国鉄道公社)と警察は機関士などを相手に正確な事故経緯を調査中だ。

▽ソース:仁川日報(韓国語)
http://news.itimes.co.kr/news/articleView.html?idxno=409151
▽別ソース:Yahoo!Koreaニュース
http://kr.news.yahoo.com/service/news/shellview.htm?articleid=20110211144526125f7&linkid=4&newssetid=1352

2.7
【山川/2011-2】車輌 故障

釜山駅でKTX故障..遅延出発に帰京客不便 :2011.02.06 20:48/修正:2011.02.06 22:24
부산역서 KTX 고장..지연 출발에 귀경객 불편
http://news.chosun.com/site/data/html_dir/2011/02/06/2011020601303.html


6日午後1時50分頃釜山駅からソウルへ出発する予定だったKTX -山川002号列車が
出発直前にバッテリー故障で違う列車に入れ替えされる騷動がもたら し。

このため既に乗っていた乗客たちが故障した列車から下りて違う列車に乗り換えるために大きい混雑をもたらした。
列車出発時間も13分余りの間遅延して、お正月連休を終えて帰る帰京客たちが不便を経験した。

コレイル関係者は「出発10余分前にバッテリーに異常が発見されて運行列車を入れ替えた。」とし、
次列車出発には差し支えがなかった。」と釈明した。
1.31
【山川/2011-1】車輌故障

KTX54分も遅れたが...変な返金規定
KTX 54분이나 늦었는데… 이상한 환불규정
http://www.asiatoday.co.kr/news/view.asp?seq=445781

[アジアトゥデー=ホン・ソンユル記者]
31日午前9時55分馬山から出発した『KTX-山川』の列車がブレーキ故障で 当初の到着時刻よりも54分ほど遅れてソウル駅に到着した。さらに最近、韓国鉄道公社(KORAIL)の不合理な返金までの知名度を加えながら、乗客の不 満が頂点に達した。

 1日のコレイルの列車遅延補償規定によると、KTXの場合、遅延時間20〜40分未満は25%、40〜60分未満50%、60分以上の100%までの払 い戻しを受けることができる。しかし、これは、次の乗車券を買うときの運賃割引券として使用することで、現金で返金すると、20〜40分未満12.5%、 40〜60分未満25%、60分以上の50%しかもらえない。
乗客たちは重要な約束に遅れたのに返金規定の案内もないと言って声を高めた。

 業務上の会議をしに行ったヨン・テクフン氏(53)は「みんなの約束に遅れて下車した後の払い戻しについて
気にする暇がないのに、案内放送もない。」とし、「あまりにも不誠実に対応するのではないか。」と悔しさを放った。
友人の結婚式に出席しようとしたキム・ファンミョ氏(31)は「少しでも時間を惜しもうとKTXを利用したのに
セマウル列車と何が違うのか。」としながら「結婚式場で、ご飯だけ食べて来るようだった。」と語気を高めた。
KTXを頻繁に利用するというイ・ダヨン(29、女)は「毎度出発は、ナイフのよう に(鋭く)しながら、10分は基本的に遅れている。」とし、「今の山川列車に乗るたびに、約束に遅れないか不安だ。」と述べた。

この日の遅延到着したKTX-山川は最近、頻繁に故障を起こした機種として知られていた。
1.28
【2011-2】グモ

 28日午前8時15分ごろに忠北沃川(オクチョン)郡沃川邑オクチョン駅付近の線路で
身元未詳者がKTXソウル行列車に轢かれて死んだ。
また事故を収拾するために列車がオクチョン駅に20分ほど停まって乗客たちが不便を経験した。
機関士は警察で「オクチョン駅を通過するときに軌道内に人 が立っていて
急停車したが結局事故が起きた。」と言ったことがわかった。
警察は死亡者の身元を確認する一方、機関士と目撃者などの陳述を土台に正確な事故経緯を調査中だ。

京釜線沃川駅舎列車事故... 1人死亡
경부선 옥천역서 열차사고… 1명 사망
http://news.hankooki.com/lpage/society/201101/h2011012809193774990.htm
忠北沃川駅舎列車事故が発生...死亡者身元調査中
충북 옥천역서 열차사고 발생…사망자 신원조사 중
http://www.hankyung.com/news/app/newsview.php?aid=201101283465k&sid=0104&nid=004&ltype=1

1.18
KORAIL、昼間KTX運行空白時間帯の理由を説明。

'KORAIL、KTXこのように運行しています'
‘코레일, KTX 이렇게 운행합니다’
http://www.kric.or.kr/jsp/industry/ntp/railNewsDetail.jsp?p_id1=M01060101&p_id2=97250&p_id3=2011-01-18

- 平日172回、週末に218回運行
-高速線でのメンテナンスのために日夜、安全点検の実施
-午前11時から12時まで高速線での点検でKTX運行停止
 KORAILは、毎日11:00〜12:00(ソウル、 釜山駅発の列車基準)にKTXを運行していない理由について、
多くの国民が気にすることにより、KTX運行 事項を説明した。
 KORAILは世界的に認められている高速鉄道の運営者として、線路条件、車の性能、運転状態などを考慮して、
高速線での効率的に活用しており、定時率は、'10年の98.1%(※5分以内)で世界最高水準である。
利用客の時間の価値を高めるための終電時刻を延長して、便利にKTXを利用できるように、
出発予定時刻を固定しているサービスを行っている。京釜高速鉄道2段階の開始とともにKTXは平日172回、
週末に218回運行されており、KTX釜山行き、太田行き終電時刻を23時と23時30分に延長した。
ソウル駅、釜山駅KTXの出発時刻は、平日に毎時きっかりと30分、週末は一時間毎10分と55分で、
湖南線竜山駅と木浦・光州駅KTXの出発時刻は毎時20分です。ソウル〜大田間平均1時間に5回運行している。

 KTXの運行は、高速線での微妙な軌道狂い(o単位)も乗り心地に大きな影響を与えるので、終電の運行が終了してから
最初の列車の運行開始前までに、夜間の線路点検及び保守(01:00〜04:30)を実施し、夜間に識別することができない部分は、
午前中にKTXの運行を中止し、昼間の線路の 点検(11:00〜12:00)を実施する。
 昼間点検時間は前日夜の作業現場での異常の有無のチェック、当日の午 前KTX運行過程で、線路の振動が発生した場所についての緊急点検・ 補修などを実施している。高速鉄道のヨーロッパの先進国でも昼間検査を運用して、列車の安全運行の確保や乗り心地の向上を図っている。
列車の運行が終了した夜間の保線時間には、最先端の線路の検査機器(軌道検測車、レール探傷車など)で精密検査を実施し、
専用の補修装備を使って、保線をしている。
KTX運行時には危険区域外線路の点検と列車の巡回点検などを通じて、施設の状態を管理する。

KORAIL(社長ホ・ジュニョン)は、「京釜高速鉄道の全区間開通や運行の拡大などにより、
お客様が便利で安全にKTXを利用できるよう、サービスの改善や安全管理に最善を尽くしていきたい。」と話した。
1.16
【2011-1】線路横断で轢死

昨日の夕方6時頃、ソウル永登浦駅で59歳のイ某氏が駅を通過していたKTX列車にはねられ死にました。
警察は、李氏が線路を横切って反対側の乗り場に行こうとしたが事故に遭ったとみています。
서울 지하철 1호선 열차, 한때 운행 중단
http://news.kbs.co.kr/society/2011/01/17/2227609.html

1.4
【上下分離破綻!?】適正な線路使用料を受け取れずにKTX建設負債 償還に難渋する鉄道施設公団

<KORAIL-鉄道公団の線路使用料の葛藤の解決法はないか>
<코레일-철도공단 선로사용료 갈등 해법없나>
http://www.yonhapnews.co.kr/local/2011/01/04/0807000000AKR20110104187500063.HTML

「使用料下げるべき」vs「負債利子費用もない」

 KORAIL(韓国鉄道公社)と鉄道施設公団が『線路使 用料』問題をめぐり、数年間対立しているが解決策を見つけられずにいる。
5日、コレイルによると、2005年に公社発足以来、5年間鉄道公団に出した線路使 用料は、年間5千億〜6千億ウォンずつ総額2兆9,162億ウォンで、同 期間の営業赤字の合計額の3兆1,359億ウォンに迫るほどに経営を難しくしている。
 これは、線路使用料を列車の実際の利用に関係なく、一般の鉄道線路は、維持補修費の70%、高速鉄道は、売上高の31%ずつを画一的に出すようになっており、赤字が深刻な 一般的な鉄道の線路維持補修費が余分に支出されているからだ。

KTX運輸収入
線路使用料
2004 5,862億ウォン 5,474億ウォン滞納
2005
6,554 億ウォン
2006
9,034 億ウォン
2007
1 兆137億ウォン

2008
1 兆376億ウォン
2,400 億ウォン
2009
1 兆1,013億ウォン
1,808 億ウォン


計2 兆9,162億ウォン
 全国22の 鉄道路線の中で2009年から昨年上半期までに黒字を出したのルートは、高速鉄道京釜線と一般鉄道京仁線の2つを除いては、残りのすべてが赤 字を記録した。
 KORAIL企画調整室関係者は「一般鉄道使用料は、鉄道公団から維持補修費として返してもらえますが、
営業収益を計算しないで策定され、赤字の蓄積を引き起こしている」とし、
公団は高速鉄道も、使用料を受けて建設国債を全額返済しようとしてより過度に加算し ている。」と主張した。

 一方、鉄道施設公団はコレイルから 受け取る線路使用料は、高速鉄道建設の負債の利子費用にも満たすことができずにいると、他の声を出している
高速鉄道の建設過程での債券発行などで発生した負債は、現在の10兆 7,300億ウォンで、年間の利息費用が4,111億ウォンに達するが、高速鉄道線路使用料は、2008年の2,400億ウォン、2009年1,808億ウォンなど 2,000億ウォン前後に過ぎない。また、一般鉄道の場合は、メンテナンスをコレイルが担当しており、実際には使用料全額をコレイルに返す 形なので、公団の収益には助けにならないという立場だ。

 鉄道公団の企画室関係者は「鉄道の所有者からの線路使用料を受け取り、維持補修費を支給し、建設債務を
返済しなければならないが、線路使用料がひどく不足なので建設国債が持続的に増加し ているのが現実。」と述べた。
このように線路使用料において、両機関の立場が先鋭化すると、国土海洋部は2008年の専門研究を経て、列車の種類と営業収益に応じて、差分化された『単位線路使用料』に列車運行距離を乗じて総線路使用料を策定す ることで意見を集めた。
 しかし、単位の線路使用料をいくらにするかをめぐりKORAILと鉄道公団が再び対立し、当初、昨年末までに、
線路使用料の算定システムを再構成しようとした計画は、年を越して空転を繰り返している。

 国土海洋部の鉄道運営と関係者は「コレイルの線路の使用料負担を抑えるには、それ だけ税金が投入されなければならないし、企画財政部など他省庁との予算協議も容易ではない。」とし、「ただ制度改善の必要性があるだけに可 能であれば、今年上半期に結論を出す計画だ。」と話した。




SEO [PR]  ローン比較 再就職支援 バレンタイン 無料レンタルサーバー SEO