KTX新駅・延伸計画まとめ

Home >Korea

2010.10.26更新(2期区間分)

ソウル地区延伸整備釜山地区在来線京釜高速線第2期区間(大邱-釜山)湖南高速線(五松-木浦)建設大田・大邱市内新線化全羅線直通化新駅関連が対象〜


2004.4.1 京釜高速線(光明-東大邱)開業、京釜(東大邱-釜山)・湖南線(西大田-木浦)乗り入れ
2007.6.1 京釜線(大田-金泉-亀尾-東大邱)に乗り入れ
2010.11.1 京釜高速線(東大邱-釜山)延伸開業、既存区間で五松・金泉駅開業、始興
2010.12.1 慶全線(三郎津-馬山)電化開業に伴いKTX乗り入れ
2012.12.5 慶全線(馬山-晋州)複線電化開業に伴いKTX乗り入れ
予定
2012 空港鉄道(ソウル-仁川空港)乗り入れ
2014 大田市内・大邱市内線増・立体化完成
    ソウル市内専用線延伸
    江南新線(首都圏高速線)開業
    東海南部連結線開業に伴い浦項乗入れ
2015 湖南高速線1次開業(五松-光州松汀)

【ソウル地区在来線・首都圏高速鉄道】







KTXスソ、2015年に開通事実上"不可能" 2012/09/05 19:10
http://news.mtn.co.kr/newscenter/news_viewer.mtn?gidx=2012090518082463387
http://news.chosun.com/site/data/html_dir/2012/09/06/2012090600130.html
2015年に開通予定だったKTX水西の完工は事実上難しくなりました。

韓国鉄道施設公団は9月5日「ソウル市がスソの代わりに三成駅をKTX終始着駅に建設することを要求して、
開発制限区域審議を3回も延期しており、首都圏高速鉄道の当初の予定通り開通するのは不可能だった。」と明らかにした。

鉄道公団は、三成駅をKTX終始着駅に建設することになれば、地下鉄3号線と盆唐線よりも地下に建設すると、
列車が係留する駐泊施設も問題が起こるという説明です。また、鉄道公団側はそもそも三成駅延長を反対していた
ソウル市が立場を変えて事実上の首都圏高速鉄道の建設を不可能にしていると、
計画通り開通するためには10月に着工しなければと付け加えました。

KTXスソ "駅舎"だけ優先建設することに 2012-07-07 16:19
http://news.naver.com/main/read.nhn?mode=LSD&mid=sec&sid1=102&oid=277&aid=0002810167
[アジア経済ベギョンファン記者] KTX水西駅が地域全体の開発を先送りして駅舎だけ優先建設する方式で推進される見込みである。
7日、ソウル市によると、韓国鉄道施設公団は先月開かれた市都市計画委員会の江南徐一帯に駅舎だけ先に建設する開発制限区域の管理の計画変更案を提出した。 原案は、この一帯に駅舎と共にホテル、コンベンション、デパートなどを造成する複合開発計画だった。
 しかし、開発制限区域を解除する手順が遅れて変更案を受け入れたことが分かった。
一方、KTX水西駅舎一帯は周囲よりも地表面が低い梅雨常習浸水地域であるが、
 国土海洋部、鉄道施設公団、ソウル市がすべての適切な対策を用意していないでいる。

2012.07.04
湖南・首都圏高速鉄道2014年に開通困難 2012-07-04 03:06
http://www.seoul.co.kr//news/newsView.php?code=seoul&id=20120704001010
[ソウル新聞] 湖南高速鉄道と首都圏高速鉄道建設の主要な工程に支障を来たして2014年末に開通の"赤信号"がともった。
政府と韓国鉄道施設公団が明らかにしたスケジュールは、2014年に完成と開業である。

 しかし、鉄道業界では延期開通が避けられないとみている。特に湖南?首都圏高速鉄道は『競争体制』を前提に推進されているが、
論難が続いており、たとえ競争体制を導入しても企業の準備期間(2年6ヶ月)を考慮すると、今月中に事業者を選定しなければ、
2015年年から事業参加が難しくなる。湖南高速鉄道1段階(五松-松亭間182q)工事は、 「列車制御システム」の契約が遅れている。

 列車運行の"頭脳"の役割をしている制御システムは、列車の脱線や衝突を防ぐ重要な設備で、線路条件等を考慮して列車の安全速度、
停車などを自動調整する高度なシステムである。しかし当初の計画より2年遅れ、今月末に契約が行われる見通しだ。
2010年に開通した京釜高速鉄道2段階(128.6q)区間は、1段階と同じシステムであり、区間が短かったが開通4年前に契約を締結した。

 湖南高速鉄道に設置されているシステム(TVM430SEI)は、京釜高速鉄道に適用したシステムと異なるため、
十分な試運転と安全性を検証する必要があります。湖南高速鉄道の一部施工安全性の問題も浮上した。
 首都圏高速鉄道の建設も難航に陥った。水西(スソ)駅建設をめぐり、ソウル市都市計画委員会が審議を保留した。
駅舎を地下に建設する都市計画上の提案に公団が反発しながら、事業に支障が避けられない。東灘駅付近の事業者選定もなされず、
全体工程率が9%に過ぎない。水西建設計画は今月中に審議を通過し、10月以前に着工の予定表を守らなければ2014年に完成が不可能である。
 高速車両の供給も支障が生じた。公団は2014年までに22編成の供給を受ける計画だったが、契約の遅延で2014年末に15編成、
2015年6月までに7編成の供給を受けるものに変更された。2015年6月に開通説が説得力を得る理由である。
これに対して国土部関係者は「2014年末までに完工するという方針には変化がない。」と言いながらも「開始時期は柔軟に近づいている」と語った。

2010.4.28(5.1更新)
国土海洋部、KTX江南新線(水西-東灘-京釜高速平沢間61.1km)設計着手。
11年下半期着工、14年開業目標。
http://news.mk.co.kr/outside/view.php?year=2010&no=217310


2010.3.2(3.3更新)
国土部、「高速鉄道安全性代案用意すること」釈明
http://news.nate.com/view/20100302n08639
http://www.mdtoday.co.kr/mdtoday/index.html?no=119101

 国土海洋部(以下国土部)は一部言論で報道した高速鉄道安定性問題に関して代案を用意する計画だと解き明かした。
去る2日、一部言論で首都圏高速鉄道路線上の新葛(シンガル)貯水池区間に不安定な断層帯が発見されて
高速鉄道安全性に問題があり、これに対して精緻な調査が必要で、結果によって地盤補強など対策作りと、
場合によって路線についての見直しが必要だと報道したことによるのだ。

これに対し、国土部は首都圏高速鉄道の該当区間は基本計画流動地盤調査を施行した結果、
トンネル工事のときに通常発見される水準の断層破碎帯として現在技術水準で十分に克服が可能なことで
検討されたと明らかにした。

ただ地盤強度、透水などを考慮するとき、高難度、高技術が要求されて大型工事入札方法審議結果によって
ターンキー工事で施行することにしたし、3月中入札公告を割予定だと説明した。

国土部関係者は「現在は概略的な路線だけ決まった状態として詳細設計が進行されれば専門家と先端装備を動員して
精密地質調査を通じて適正工法及び代案を用意する計画。」と明らかにした。


首都圏KTX地下路線に断層帯確認」2010-03-02 午前11:45:46
http://www.naeil.com/News/politics/ViewNews.asp?nnum=528497&sid=E&tid=1
水西(スソ)から新葛(シンガル)、東灘(ドンダン)を経て平沢(ピョンテク)までつながる「首都圏高速鉄道」路線の一部地下区間で
断層帯が発見されて安全性に深刻な問題があるという指摘が申し立てられた。
民主党趙正G(チョン・ジョンシク)(始興・写真)議員は2日、「鉄道施設公団調査結果、水西から24.8km、28.5km
過ぎた新葛貯水池付近の地下トンネル区間で不連続面が3- 4ヶ所存在する断層帯が確認された。」と
「時速300km以上で走る高速鉄道運行時、安全上に深刻な問題が発生しかねない。」と主張した。

チョン議員によれば、政府は去年12月末告示した路線中の、新葛貯水池下の区間の2所で断層帯が発見されたし、
地盤補強が必要なことがわかった。
チョン議員は、「去る2004年京釜高速鉄道黄鶴(ファン ガク)トンネル区間で軌道狂い現象が発生したが、
工事当時発見されなかった断層帯が原因と明 かされた。」と「安全性のために細密な調査が必須で、
最も最善は危険区間を経ないように路線を調整すること。」と明らかにした。


2008.3.26

ソウル-始興間と平沢-ソウル江南地区水西間の高速新線、2015年供用 目指す。
http://japanese.joins.com/article/article.php?aid=97973&servcode=400&sectcode=400
http://www.hankyung.com/news/app/newsview.php?aid=2008060193681&sid=0106&nid=006&ltype=1

平沢(ピョンテク)新駅-東灘(ドンダン)-水西(スソ)間60.7kmに4兆1,800億ウォン、始興-ソウル-水色間28.6kmに1兆9,700億 ウォンを投入。
江南新線は大半が地下式、ソウル新線は漢江を新設の橋で超える。

2007.5.29

京釜線ソウル-始興の線路容量拡充へ。-建設交通部
現在の容量171本/日(KTX、在来線、地下鉄含む)で平日166本、休日は容量超過のため、ATP(日本で言うATS-Pに近い)導入で
2014年まで凌ぐとしているが、2015年に湖南高速鉄道(五松-木浦間)が開通すると処理が不可能になるため。
線増式か異なる行先の列車を併結する多層列車式かで検討。
聯合:http: //www.yonhapnews.co.kr/economy/2007/05/29/0309000000AKR20070529120000003.HTML
SportsToday:http://www.stoo.com/news/html/000/724/240.html
プライム経済:http: //www.newsprime.co.kr/news/articleView.html?idxno=32332

2006.12.15

竜山-光明間に地下鉄車両によるKTXシャトル列車運行開始。
(始興信号所-光明間はKTXの線路を、それ以外は地下鉄線の線路を走行)

2006.9.27

【KTX-Duplex?】線路容量限界のKTX、2015年までに2階 建て列車導入で解決へTGV-Duplex


在来線と線路を共有するソウル-始興(17.6km)の線路容量が逼迫しており、線増は用地・費用・工事期間の確保が難しいため。
聯合ニュース:http: //japanese.yna.co.kr/service/article_view.asp?News_id=032006092705000
釜山日報日本語版:http://japanese.busanilbo.com/index301.asp? gubun=R&i_db=board5&i_sno=607




【釜山地区在来線】

2010.10.26
KTX新永駅停車で「盧武鉉併記」
http://www.yonhapnews.co.kr/economy/2010/10/26/0302000000AKR20101026123300052.HTML
慶南金海市進永邑住民たちは26日、「慶全線三郎津〜馬山駅区間複線化で開通する高速鉄道(KTX)の進永駅に停車し、
駅名も『盧武鉉駅』を一緒に使ってください」と促した。

進永駅前の対策委員会と、この地域イジャンダン、住民など100人余りは同日、進永邑(シンヨウンウプ)事務所で
「進永駅移転に伴う市民の不便を最小化、およびKTX停車促進決意大会を開き、「駅舎の移転に伴う不便を最小化する最もよい要件は、
進永駅にKTXに停車するものであり、進永駅名称も『進永(盧武鉉)』に決めてほしい」と要求した。


2007.5.8

KTX、浦項(ポハン)へ直接乗入れへ。
東海南部線を2010年開業予定のKTX新慶州駅に接続。

2007.4.10

2011年慶全線(馬山・昌原)へKTX直通、ソウル〜昌原が2時間半に。

なぜかイラストには日本のJR100系電車…
慶南新聞:http://www.knnews.co.kr/?cmd= content&idx=624838
韓国建設新聞:http: //www.conslove.co.kr/news/news_read.asp?idx=13346∂=

2004.11.03

釜山市内の踏切解消のための京釜線立体化(道路地下化)始動。事業規模は1471億ウォン。竣 工予定は2006年末
国際新聞: http://www.kookje.co.kr/news2000/asp/news.asp?gbn=v&code=0100&key=20041103.22002222956


【全羅線】

2007.6.28

全羅線複線化蹉跌不可避 2007.06.28.00:00
全州市請願発生,"工事着工阻む" 麗水-ソウル3時間等エキスポSOC憂慮
http://kjdaily.com/read.php3?aid=118295640086027r3

2007.4.10

2011年ソウル〜麗水がKTXで3時間に。全羅線複線電化完成時。

朝鮮日報:http: //news.chosun.com/site/data/html_dir/2007/04/10/2007041000087.html

毎日経済:http://news.mk.co.kr/newsRead.php?sc=30100008& year=2007&no=183096&selFlag=&sID=301

2006.9.22

電化・高速化事業の遅れで全羅線へのKTXの乗り入れが2010年 →2012年以降に遅れ
全南日報:http://www.jnilbo.com/read.php3?no=190075& read_temp=20060922&section=2
ソウル日報:http://www.seoulilbo.net/news/sub_read.html?uid= 44227&section=section4
京郷新聞:http://news.khan.co.kr/kh_news/khan_art_view.html? artid=200609211639371&code=950312
http://www.moodeungilbo.co.kr/read.php3?no=218684&read_temp=20060922&section=11

2005.1.28

G7/HSR350X、2008年に全羅線に投入か。2006年12月に10両1編成、 2007年2月にさらに10両1編成の先行量産車落成予定
KBS:http: //world.kbs.co.kr/japanese/news/news_detail.htm?No=18214

2004.8.30

【我田引鉄】イ・ヘチャン国務総理、「全羅線複線化に1100億投入。盧武鉉大統領の任期中にKTXを乗り入れさせ る」
朝鮮日報日本語版:http: //japanese.chosun.com/site/data/html_dir/2004/08/30/20040830000093.html

2004.8.9

全羅線改良事業(線形改良・部分複線化)完了
毎日経済新聞:http://news.mk.co.kr/newsRead.php?sc= 30300001&year=2004&no=285765&relatedcode=

2004.8.1

2006年に全羅線複線電化(益山-順天154.2km・1兆1,677億ウォン)を2年繰り 上げ、G7/HSR350Xの運行へ。
全北日報:http://www.sjbnews.com/view.html? gsid=20040801191949&sec=003


【大田・大邱市内線増・立体化】

2009.3.31

大田市内京釜線線増・立体化事業着工(総事業費1兆2,160億ウォン)
大徳区梧亭洞(オジョンドン)〜大田駅〜板岩洞(パナムドン)〜食蔵山(シクジャンサン)トンネル〜沃川郡(オクチョン グン)沃川邑三青里(サムチョンニ)18.1km
http://newswire.ytn.co.kr/newsRead.php?md=A01&tm=1&no=396283
http://www.asiae.co.kr/uhtml/read.php?idxno=2009033113264632469


2009.3.20

大邱市内京釜線11.5kmの線増・立体化事業着工(総事業費1兆3,107億ウォン)
http://www.dailian.co.kr/news/n_view.html?id=150558
http://www.dailian.co.kr/area/news/n_view.html?t_name=dg_news&id=13117

2007.12.11

大田市、高速鉄道市内通過部分の立体化来年着工へ

京釜高速鉄道弁整備来年5月着工
http://www.joongdoilbo.co.kr/jsp/article/article_view.jsp?pq=200712110042
大田駅一帯京釜高速鉄道弁整備事業が来年5月着工される.
 テジョン市は大徳区梧亭洞(オジョンドン)〜東区板岩(パナム)洞(6.7q)にのぼる区間に立体交差施設新設などを骨子とする
京釜高速鉄道弁整備事業委・受託最終協約を締結したと11日明らかにした

大邱市もKTX市内通過部分を立体化へ

KTX大邱都心区間11.5q整備
http://www.seoul.co.kr/news/newsView.php?id=20071212011008
京釜高速鉄道(KTX)大邱都心区間周辺が大々的に整備される.
 大邱市と韓国鉄道施設公団は11日、市役所状況室で京釜高速鉄道大邱都心区間整備事業推進のための委・受託協約を締結した.
整備事業区間は西区上里洞(サンリドン)〜寿城(スソン)区晩村洞(マンチョンドン)11.5qと、来年2月工事に入って行って2014年完工される.

2007.11.14

米軍部隊に足首つかまった大邱高速鉄立体化
米軍武器倉庫移転拒否に地域発展‘足踏み’
http://www.ohmynews.com/NWS_Web/view/at_pg.aspx?CNTN_CD=A0000765291&PAGE_CD=12

2006.8.23

大田市内KTX立体化事業1兆3,459億ウォンに
大田日報:http: //www.joongdoilbo.co.kr/jsp/article/article_detail.jsp?article_no=200608220071

2006.7.26

中央政府が補助予算(6272億ウォン)カットなどで、最初の約束である 13.7kmの側面道路と 17ヶ所の立体交差施設改良及び新設計画は縮小、緩衝緑地(14.6km) 造成と防音壁(11.7km) 設置は事業計画から排除され、大田市は困惑している。
大田日報:http: //www.daejonilbo.com/news/news/newspage_05.asp?pk_no=629365&gubun=05_001

2006.4.6

大田市の京釜線都心通過区間立体化事業、2年経っても手付かずで、市民ら「政府に騙された!」
大田日報:http: //www.daejonilbo.com/news/news/newspage_05.asp?pk_no=604844&gubun=05_001

2005.1.3

高架化に決まっていた大田市内高速新線建設方式が一部(東区)住民の白紙に
中都日報:http: //www.joongdoilbo.co.kr/jsp/article/article_detail.jsp?article_no=200501030006

2004.12.02

【大田線増立体化】大田市内高速新線地上化(在来線沿いに高架化)が決定 し、全線開業後も京釜間2時間以内の達成が困難に
朝鮮日報:http: //www.chosun.com/national/news/200412/200412020469.html
同日本語版:http: //japanese.chosun.com/site/data/html_dir/2004/12/02/20041202000061.html

2004.10.24

KTX都心通過審議委員会、大邱市内のKTX地上化(高架方式)を決定
中央日報:http: //news.joins.com/society/200410/24/200410242024343571300037003740.html

2004.10.19

大田市、KTX高架化工期短縮のための支援団結成へ
大田毎日新聞:http://www.cctoday.co.kr/news/read.php?idxno= 89658&rsec=S1N2

2004.10.10

大田市と建設交通部、高速鉄道高架化事業大邱より先行実施
中都日報:http: //www.joongdoilbo.co.kr/jsp/article/article_detail.jsp?article_no=200410110002

2004.10.5

与党、2ヵ月半を超えた大邱地下鉄ストで大邱市に早期決着を要求
聯合ニュース:http: //www.yonhapnews.co.kr/news/20041005/030000000020041005172411K4.html

2004.10.4

"高速鉄道地上化反対" 大邱で1千名余デモ
大邱毎日新聞(原文):http: //www.imaeil.com/sub_news/sub_news_view.php?news_id=36204&yy=2004

2004.9.2

KTX大邱都心地上化優勢。中・西・北・寿城区は「地上化」、東区だけ「地下化」
大邱毎日新聞(原文)http: //www.imaeil.com/sub_news/sub_news_view.php?news_id=32583&yy=2004

2004.8.6

KTX大邱市内通過方式、10月末までに結論。
中央日報:http: //news.joins.com/society/200408/06/200408061535063731300032003220.html

2004.8.2

KTX「高架化反対=地下化支持」署名21,000@大邱市東区住民 vs 「高架化推進」署名5,900@大邱市西区住民
empas:http: //news.empas.com/show.tsp/lo/20040805n06334/
朝鮮日報:http: //www.chosun.com/w21data/html/news/200408/200408060095.html

2004.7.20

まだまだ続くKTX大邱通過方式を巡る大邱市の論争
朝鮮日報:http: //www.chosun.com/w21data/html/news/200407/200407200079.html

2004.6.28

大邱で「高速鉄道10年論争再燃」
文化日報:http: //www.munhwa.com/society/200406/28/2004062801015043025002.html

大邱市内のKTX通過方式で沿線市民の対立依然深刻
大邱毎日新聞(原文):http: //www.imaeil.com/sub_news/sub_news_view.php?news_id=22034&yy=2004

2004.6.14

KTX大邱市内立体化、依然、地上・地下で紛糾
東亜日報:http://www.donga.com/fbin/moeum?n=society$ c_706&a=v&l=1&id=200406140424
世界日報:http://www.segye.com/Service5/ShellView.asp?TreeID =1052&PCode=0007&DataID=200406131607000249
中央日報:http: //news.joins.com/society/200406/14/200406142025044071300032003220.html

2004.6.8

韓国鉄道施設公団、大邱市議会・市民にKTX大邱市内通過方式の3案を提案。工費は1兆 1,276億ウォン〜1兆8,743億ウォン。早ければ年末にも決着か
ハンギョレ新聞:http://www.hani.co.kr/section- 005100033/2004/06/005100033200406082008244.html

2004.6.2

KTX大田市内の新線化、2014年完工から早める大田日報ハンギョレ

2004.5.23

KTX大邱市内立体化依然論難。周辺整備含む事業費5100億ウォンの政府支援案も浮上中央日報

2004.5.13

大邱はKTX都心通過方式、以前紛糾大邱毎日新聞:原文5.17付中央日報

2004.5.11

KTX大田都心通過方式が地上高架式に正式決定。総工費は5,200億ウォン、2005年末着 工・2010年完工予定ファイナンシャルニュース中央日報

2004.4.29

【大田市内線増立体化】KTX、大田都心部23kmの地上高架方式に。地上・地下を巡る13年 の論争に決着か。工期10年半、工費1,149億ウォン。在来線など周辺整備費用を含めると5,000億ウォン超。大田日報


【湖南高速鉄道】




2012.11.02 【パリパリ/ケンチャナヨ】
湖南高速鉄道工事 "過速スキャンダル"懸念 2012-11-02 03:12
http://www.seoul.co.kr/news/newsView.php?id=20121102012016
[ソウル新聞] 忠北五松と光州を結ぶ湖南高速鉄道(KTX)1段階の建設工事が"終盤の運転打撃"のために不良が懸念されるという指摘が出た。
1日の民主統合党キム·ドンチョル議員が提出した"国会予算決定特委員会2013年予算案の総合質疑"プレスリリースによると、
政府は、湖南高速鉄道1段階五松-光州間(182.3q)区間の事業予算の約半分を完成するまでの残り2年の間に集中的に投入しなければならない。

京釜高速鉄道など他の高速鉄道事業が段階的予算投入と終盤の精密安全点検などを経た手続きと対比されるだろう。
湖南高速鉄道建設事業の年度別予算執行を見ると、総8兆7283億ウォンのうち最後の年2014年に2兆2756億ウォン(26.1%)など
残りの2年の間に半分ほどが投入される予定だ。このうち車両購入費5937億ウォンを除いても完成した時点で、
2014年ぶり1兆7000億ウォンが入るべきである。李明博大統領の大統領選挙公約で推進されたこの事業は、2009年に着工されたが「4大河川事業」など、
優先順位が押されながら、現在の工程率が56.1%である。これにより工期を合わせるための工事強行は避けられないものと見られる。

京釜高速鉄道の場合、1段階は完成2年前14.1%、1年前9.0%、完工当該年度3.3%を、2段階も2年前19.8%、 1年前の23.3%、
完工当該年度10.8%をそれぞれ投入したのとは対照的である。また、京釜高速鉄道の完成2年前の工程率は1段階92.0%、
第2段階60.9%などと大きな差を見せた。このように、湖南高速鉄道の工事が終盤に集中は、これまで国土海洋部が要求した予算を
企画財政部が大幅に削減したためだ。国土海洋部は昨年7997億ウォン、今年1兆2020億ウォン、来年1兆1000億ウォンの予算を要求したが、
反映された予算は、昨年5500億ウォン、今年7800億ウォン、来年9500億ウォンに過ぎなかった。
 
金議員は「事業半ばと終盤期予算を集中的に投入し、最後の年には、試運転などの安全点検に重点を置くべきなのに、
現在の工程率を勘案すると、残りの2年の間に44%の工事を終えなければならない。」とし、「運転打撃式工事で手抜き工事などが懸念される。」と指摘した。
キム·ファンシク国務総理は答弁で「湖南高速鉄道の完成時期と安全性については、徹底的に取りまとめること。」と明らかにした。

一方、湖南高速鉄道1段階区間は2009年19全区間が同時着工され、工事が進行中であり、この鉄道が完成される
2014年の終わりからはソウル龍山-光州間の所要時間が現在より1時間以上短縮された1時間30分台に入り、湖南圏も首都圏地域での通勤が可能となる。

2012.7.4 【湖南2期】光州以南完全新線化断念

光州〜木浦KTX既存路線を活用
国土部は、事実上確定案出し
http://www.seoul.co.kr//news/newsView.php?code=seoul&id=20111222016008
 全南道は21日、湖南高速鉄道(KTX)光州〜木浦区間を既存の列車路線を活用する内容を骨子とした関係機関の協議文書を国土海洋部から受けた。
政府は今年4月、光州〜木浦区間を2017年までに完工するものの、新設せずに既存の路線を高速化するという
第2次国家鉄道網構築計画の細部事業を暫定的に決定した。国土部は来年2月、企画財政部と全羅南道、光州市など関係機関の協議を経て、
鉄道産業委員会に上程した後、3月確定する方針だ。事実上の飲食行為のみが残ったわけだ。

光州〜木浦区間の高速鉄道新設の場合、平均時速234q、最高300qに光州から務安空港まで11分かかるが、
既存の路線を利用する場合の平均時速188q、最高230qに落ち、かかる時間も19分に達すると分析される。

これに関連し、全南道は「時速230qはKTXの目的に合わず、既存の路線リサイクルは、全国どこにもない。」とし、
「政府が推進する全羅南道〜済州高速海底トンネルのためにも新設路線が必要だ。」と対抗した。

パク·ジュンヨン知事は、去る5月「新設されない場合、工事中止を要求し法的対応も辞さない。」と強く反発した。

2009.12.4 湖南高速鉄道1期区間起工式が李明博大統領参列のもとで行われる。
1期区間は1年前倒しの2014年完工予定。


http://www.dailian.co.kr/news/news_view.htm?id=182425&sc=naver&kind=menu_code&keys=25
http://www.cbs.co.kr/nocut/Show.asp?IDX=1332065


2009.10-12 鉄道施設公団、湖南高速鉄道(五松-木浦230.9km)の1期区間(五松-光州松亭のうち175km)を発注(契約は 2013年3月23日)。

*サムホグループ、334億ウォ ンで湖南高速鉄道の第3-2工区の建設工事受注。
*高麗開発(KDC)、558億ウォンで湖 南高速鉄道の建設工事を韓国鉄道施設公団から受注。
*韓信(ハンジン)工營(コンウォン)、430 億ウォンで湖南高速鉄道の第2-1工区(8.3km)路盤施設の工事を受注。
↑仁川モノレールで欠陥工事したところw
http://www.asiae.co.kr/news/view.htm?idxno=2009100111062884935
*聖地(ソンチ)建設、187億 8906万5800ウォンで湖南高速鉄道第2-4工区(10.6km)路盤工事受注
http://www.asiae.co.kr/news/view.htm?idxno=2009112510021177517
*東部(トンブ)建設、1066 億9999万5000ウォンで第3-1工区(11.3km)、548億2400万ウォンで第3-3工区(8.1km)路盤新設その他工事を受注。
http://www.asiae.co.kr/news/view.htm?idxno=2009112510041605438
*南光(ナムクァン)斗建、354 億4225万3400ウォンで湖南高速鉄道の第5-3工区(12.57km)路盤新設その他の工事を受注。
http://www.asiae.co.kr/news/view.htm?idxno=2009112514205128728
411億3075万ウォンで第1-2工区(9.96km)の路盤新設他の工事受注。
http://www.asiae.co.kr/news/view.htm?idxno=2009122813352591377
*サンブ斗建、662億5157万 2000ウォンで湖南高速鉄道の第2-2工区(10.3km)路盤施設などの工事を受注。
http://www.asiae.co.kr/news/view.htm?idxno=2009112515184699343
*慶南エンタープライズ、469億7266 万4500ウォンで湖南高速鉄道第2-4工区(10.6km)を受注。
*SK建設、2989億9700万ウォンで湖南高速鉄道第1-1工区(7.904km)工事受注
http://www.asiae.co.kr/news/view.htm?idxno=2008090811114906994

2009.7.27

南高速鉄、手始めからきしきし
政府予算、要求額比41.1%編成にとどまって

http://www.asiae.co.kr/news/view.htm?idxno=2009072710290468641

 国土海洋部が来年度湖南高速鉄建設予算を大幅に縮小したことがわかって、
2014年完工を目標にしている1段階事業に蹉跌が憂慮されるという指摘が出た。
 27日国会国土海洋委員会所属チョ・ジョンシク民主党議員が手に入れた国土部の'2010年鉄道予算(中)'によれば、
鉄道施設公団(以下公団)の年度別投資計画によって用意された国庫要求額4801億ウォンの
41.1%(1975億ウォン)だけが来年予算に反映されたことがわかった。

これは国土部が来年京釜高速鉄道建設のために公団から要求受けた国庫支援額比予算反映割合83.6%はもちろん、
公団の来年全体鉄道建設事業予算反映割合63.7%にも大きく及ぶ事ができないことで対照をみせている。

きたる2014年まで湖南高速鉄1段階事業である忠北オゾン-光州松亭駅区間を完工するという目標の下、
去る24日益山駅で着工式を行われて本格的な工事に入って行ったが、実際来年国庫支援がこのように大幅に縮まったこと
が判明し、期間内完工に難しさが不可避であることと予想される。

チョ・ジョンシク議員は「大統領選挙当時、李明博大統領は光州選挙対策委員会出征式で湖南高速鉄道を任期中に早期完工すると言った事があって、
去る1月光州全南地域業務報告席では湖南高速鉄道建設事業に対する先行投資と早期開通を推進すると重ねて明らかにしたのに、
最初計画された国庫支援予算を大幅に削減するなど言葉と行動が違う。」と批判した。

一方、公団と光州・全南地域地方自治体など施行機関が国土部に要求した一般鉄道建設要求額比予算はそれぞれ
▲同スンチョン-光陽複線化(600億ウォン→518億ウォン、86.3%)、▲スンチョン-旅愁複線電鉄(1300→1115億ウォン、85.8%)、
▲全羅線複線電鉄化(500億ウォン、100%)▲真州-光陽複線化(1980→1000億ウォン、50.5%)などとわかった。

チョ議員は鉄道予算の大々的な減額と係わって「鉄道など主要SOC予算の減額が来年に止めないで4大事業が完了する
2012年まで持続するという点でこれを直さなければ全国各地の鉄道建設事業は多くの蹉跌が発生して
完工時期がよほど延ばされること。」と警告した。


2009.7.24 湖南高速鉄道益山駅工区着工式


2009.5.22

湖南高速線用地買収で農民と公団対立

″現実的な補償価策定しなさい″
湖南高速鉄道論山区間編入農家、施設公団提示土地価格反発
http://www.daejonilbo.com/news/newsitem.asp?pk_no=821971

[論山]湖南高速鉄論山区間の土地編入農家たちが現地価より低い土地補償価額に不満を吐露して集団反撥して出て帰趨が注目される。
 去る22日結成された湖南高速鉄道論山区間連帯非常対策委(委員長イ・ギュファン論山怒声農協感謝・以下非常対策委)と
韓国鉄道施設公団忠青本部によれば、施設公団は論山市魯城面-江景邑区間21.3qに対する土地勘定をした後、
今月超431戸該当農家に土地補償価額を知らせて、来る9月着工を目標で本格的な補償に入って行った。
 しかし非常対策委は編入土地かなり多い数が現実に当たらないように補償価額が付けられたと反撥している。
非常対策委は魯城面フアムリ358番地の場合、施設公団が策定した補償価額がu当り3万1800ウォンで、おこる現地価4万ウォンより
8000ウォンあまりや少なく評価されたと全区間がこれと似ているように現実に当たるのないように補償額が策定されたと主張する。
これらは現実に当たる補償は勿論編入土地の外残余土地収容、施設物の現価補償及び残余施設収容、畜産業の閉業補償、
営農損失補償、間接被害補償などを要求して出た。

 非常対策委は要求事項貫徹のために23日イ・インジェ国会議員と面談を持って、「施設公団の補償価額策定は力無い農民たちを
馬鹿にする仕打ち。」と言いながら権益を保護受けられるように助けを要請した。
またこれから江景邑に設置された施設公団補償現場事務所と忠青地域本部を抗議訪問して
現実に当たる補償価を要求する陳情書を提出することにした。
続いて忠南道支社と道議会議長との面談を推進して農家たちの難しい境遇を吐露して、青瓦台と国土海洋部など
関連機関ホームページを通じて同時多発で不当な補償価策定に抗議する一方1000万名署名運動をしていくという方針だ。

イ・ギュファン非常対策委員長は「要求事項が貫徹されるときまで全方向闘いを強力にして出ること。」と言った。

これに対し施設公団関係者は「農家に知らせた補償価額は2つの勘定機関が評価基準によって糸価格で評価したこと。」と
「残余だ買受と営農補償なども適法手続きによって進行している。」と明らかにした。

2009.5.21

麗水市、政府に湖南高速線早期着工を要請

麗水-ソウル間KTX2時間台に
五松-益山高速鉄道化…30分短縮 2009. 05.22. 00:00
http://www.jnilbo.com/read.php3?aid=1242918000299545004

 ソウル-麗水間KTXが最初3時間19分台から30分繰り上げられた2時間49分台に到着できることと見込まれる。
21日麗水市博覧会諮問団によれば、最近国土海洋部など関連部処、関係期間などと協議を通じて
政府がKTX運行時間を縮めさせるなどの基本計画を用意したことで確認された。
 市はその間2012麗水(ヨス)世界博覧会成功開催のために首都圏と外国人観覧客の便利な接近性を確保する方便で
湖南高速鉄も五松(オソン)-益山(イクサン)区間、全羅(チョルラ)線益山-麗水複線電鉄化を博覧会開催以前竣工を持続的に建議した。
さらに市は麗水空港滑走路400m拡張の中が水の泡となった状況で、鉄道だけでもより短縮された時間に繋がれるのを希望した。

これによって政府は湖南高速鉄道五松-南公州区間の早期建設に強い意志を表明しており、
関連部処はこの区間が渓竜山と金剛などで難工事区間なのを勘案しても博覧会成功のためには
必ず必要だというところ共感を示しているので知られた。

ソウル-釜山を時速280qで走る高速鉄道と違い益山-麗水間高速電鉄は時速180q内外なので博覧会を3年控えて
一部区間の早期高速鉄道化を通じ接近性確保は持続的に申し立てられて来た。
市関係者は、「五松-南公州-益山区間を時速280q台の高速鉄道で結べば、ソウル-麗水が最初3時間19分台から
2時間49分まで大幅に繰り上げられる」と「政府が麗水世界博覧会成功開催意志を持っているほど必ず成り立つのだと信じる。」と伝えた。

2008.9.17

湖南高速鉄道2012年完工の大統領公約不可

イ・ミョンバク大統領の公約事業である湖南高速鉄道の2012年完工が現段階では事実上不可能だという分析が出た.

国会予算政策先は17日国会民主党朱昇鎔(チュ・スンヨン)議員(旅愁)に「湖南高速鉄道の現政権任期内完工公約の
実現可能可否」についてゾサブンソックギョルとを提出した.

 予算政策先は“国土海洋部では諸般事項たちを綿密に検討しているとするが
湖南高速鉄道の実施設計が2009年8月に完了する予定なので現政府の任期である2012年まで3ヶ年間工事が
完了する可能性は低い"と明らかにした.

 政策先は引き継いで"現在遂行している基本設計では2012年まで湖南高速鉄道を完工するための
具体的な内容を含んでいない”と付け加えた.
 政策先は"万が一2012年まで湖南高速鉄道を完工するためには基本設計が完了した以後に
湖南高速鉄道の露盤工事を実施設計と施工を竝行するFast Track方式を取り入れるとして工事をターンキー工事で
発注するとして,このような工期短縮方案は9月中に予定された基本設計完了以前に樹立するとする”と分析した.

 また“年間2兆5千億ウォンの財源調逹が必要で、このために韓国鉄道施設公団が建設期間間には債券を発行して
建設費用の80%以上を調逹して湖南高速鉄道の財務的安全性をためには政府が事業費の
100%を政府財政支援で調逹するとなる”と付け加えた.
 これに対し朱昇鎔議員は“基本設計が終わる9月がいくら南至ない状況で国土海洋部がまだまでも
このような具体的な工期短縮方案や財源調逹方案を用意してあるのなくてあることだから
湖南高速鉄道の2012年完工は物理的に到底不可能にいい”と明らかにした.

朱議員は“それなのに政府は最近湖南地域の善導プロジェクトで湖南高速鉄道を含ませながら
まるで大統領公約どおり任期内完工する意志があるように国民を混乱するようにしているのに,
今でも湖南高速鉄道にについて正確な建設計画と一緒に工期短縮方案を提示しなければならない.”と主張した.

朱昇鎔"湖南高速鉄2012完工不可能"
http://news.hankooki.com/lpage/politics/200809/h2008091714223821060.htm

2007.9.17

湖南高速鉄2009年着工
毎日経済:http://news.mk.co.kr/newsRead.php?sc=30000022&year=2007&no=506213&sID=300

2007.7.11

"湖南高速鉄開通2年繰り上げる"
 李明博候補"インフラ次元で先行投資すると"
http://kjdaily.com/read.php3?aid=118416600087025t2

2006.12.12

高速鉄、4年間「亀運行」
※ソウル-(京釜高速線)-五松-(湖南高速線)-益山-(全羅線)
2011年に全羅線の複線電化(在来線高速化)完成でKTX車両が投入されても、五松-益山-光州-木浦間の湖南高速線の完工が2015年以降になるた め、地元では湖南高速線と連絡する五松-益山間の先行着工を要望している。
全羅日報:http://www.jeollailbo.com/news/general_view.php?An =185732&code4=PO0100001&page=1

2006.4.14

湖南高速鉄道(天安〜大田〜五松〜益山)開通後も「天安〜西大田〜益山ルート存続」
中都日報:http: //www.joongdoilbo.co.kr/jsp/article/article_detail.jsp?article_no=200604130084

2006.4.5

湖南高速鉄道(2017年までに建設)公州・井邑駅追加設置は選挙対策?
京郷新聞:http://news.khan.co.kr/kh_news/khan_art_view.html? artid=200604051755201&code=910100

2005.11.11

盧武鉉「湖南高速鉄道、経済性に問題あっても着工すべき」
KBS:http: //world.kbs.co.kr/japanese/news/news_detail.htm?No=19742

2004.10.28

湖南高速鉄道基本計画樹立始動
YTN:http://www.ytn.co.kr/news/news_view.php?cd= 0102&key=200410280907005144

2004.10.21

【湖南】憲法裁判所の新行政首都特別法に違憲判定で湖南高速鉄道分岐駅選定や新駅構想にも影響 か
朝鮮日報日本語版:http: //japanese.chosun.com/site/data/html_dir/2004/10/21/20041021000036.html

2004.10.6

ハンナラ党、湖南高速鉄道分岐駅で五松支持を党論に。
CBiニュース:http://www.cbinews.co.kr/news/read.php?idxno= 11338&rsec=S1N7

2004.9.30

湖南高速鉄道の中部分岐駅〜益山間81.6kmの高速新線建設が事実上確定。
忠北道民日報:http: //www.domin.co.kr/news/news_read.do?section_id=2&iid=195114

2004.9.29

ハンナラ党、新行政首都に代わる忠清圏行政特別市案で湖南高速鉄道分岐駅に「五松」指名
ハンビット日報:http: //www.hvnews.co.kr/news/read.php?idxno=48946&rsec=MAIN

2004.9.10

湖南高速鉄道分岐駅年内確定
KBS:http://news.kbs.co.kr/news.php?id= 635511&kind=c

2004.8.25

今年中に湖南高速鉄道建設計画樹立へ
毎日経済新聞:http://mbn.mk.co.kr/newscenter/newsRead.php?sc= &cc=mbn00006&cm=&year=2004&no=305441&relatedcode=

2004.6.25

【湖南】忠清南道内市長運輸協議会、「湖南高速鉄道分岐駅は天安・牙山駅が最適」との決議文採 択
大田日報:http://www.daejonilbo.com/news/news_view.asp? gotopage=1&pk_no=385767

2004.6.17

新行政首都候補地4ヶ所が発表されたことで、湖南高速鉄道分岐駅選定の関心も高
バンビット日報:http://www.hvnews.co.kr/news/read.php?idxno= 43683

2004.5.7

全羅北道金堤市、市民公聴会で湖南高速鉄道(第3期区間・益山〜木浦間)の市内白鴎面付近に駅誘致案浮上西全北新聞

2004.4.10

京畿道、建設交通部と湖南高速鉄道の水原経由を協議京畿新聞京仁日報


【京釜高速鉄道第2期延伸(大邱-釜山)】

簡単なまとめ:韓国側は英パンドロール社のせいにしたがってるように見えるが、あまり重要なことではなさそうな希ガス。
そもそも公団・メーカーがテストして悪かったのに安さに目が眩んで採用してる時点でry
むしろ以前から指摘されている1期区間と2期区間の分岐器制御方式の違いのほうが重大かも
※表内の赤字が選考過程・使用実績・組み合わせなどの面で問題を引き起こしている。

KTX2期区間不具合相関図(図内の→をクリックすると該当記事にジャンプ可。)

KTX手抜きまとめ相関図Ver2.0(09.03.14update)

各国高速鉄道路線の軌道分野の採用例
路線 最高
速度
分岐器
Turnout
転轍機
Switch
信号制御
システム
道床 枕木 ボルト 締結装置
(Rail Fastening)
実績
TGV東ヨーロッパ線
(パリ-ストラスブール・07年開業)
320 仏Cogifer 仏 Alstom MJ81 - バラスト - 英Pandrol OK
KTX第1期区間
(光明-大邱・04年開業)
300 仏Cogifer 仏 Alstom MJ81
(+韓 Sampyo E&C)
英Pandrol
レール式
(フランス式)
バラスト (明かり区間)
(
トンネル内のみ
Rheda-Sengebergスラブ
)
- 英Pandrol 英Pandrol
SFC(安い)
OK
KTX第2期区間
(大邱-釜山・11年開業予定)
300 独BWG 独Siemens
S700K

英Pandrol
Rheda2000スラブシステム
(by
韓Chunwon RailOne)
第4工区(大邱 -蔚山68q)
*1
Chunwon RailOne
*ボルト
(仕様書は
締結装置の部品)
Chunwon RailOne
*フックボルト
ハンアップ社
Pandrol Korea
(英Pandrol現地法人)

SFC
第5工区(蔚山 -釜山57km)
*2
TM Track System
+Chunwon RailOne
ウリジナ ル工法(英仏独混合)
京津城際鉄路(中国)
(北京南-天津・08年開業)
300
-
350
独BWG 独Seimens
S700KC
独Pfleider Track system Rheda2000スラブ「System300-1 」 OK
独Vossloh
ケーブル式
Railone 独Railone 独Vossloh
HSL-Zuid (オランダ)
(Schiphol-Breda)
300 独BWG 独Siemens
S700K
独Pfleider Track system Rheda2000スラブ「System300-1 」*3
OK
独Vossloh
ケーブル式
Railone 独Railone 独Vossloh
SBSラインマイン線
(ドイツの高速鉄道)
300
-
330
独BWG Siemens
S700K
独Pfleider Track system Rheda2000スラブ「System300-1 」
OK
独Vossloh
ケーブル式
Railone 独Railone 独Vossloh
新幹線
(※東北盛岡以北・九州・北陸)
260
日本製 日本製 日本製(ケーブル式) JRスラブ(プレキャストセ グメントスラブ軌道) 日ハードロック工業 英Pandorol OK
台湾高速鉄道
(07年開業・板橋-左營332km)
300 独BWG 独Siemens
S700K
日独混合?
(ケーブル式)
JRスラ ブ 日ハードロック工業 スミハツ(旧住友発条) OK
台湾高速鉄道
(07年開業・台北-板橋7.8km)

※在来線転用の低速区間
120 独Pfleider Track system Rheda2000スラブ 「System300-1 」
OK
独Vossloh
(ケーブル式)
Railone 独Vossloh
*1 独・レールワンと韓国セメント業の・チョノン工業の合弁(比率55:45)
*2 独・レールワンと韓・テーミョン実業と の合弁(比率35:65)

*3 
ドイツの軌道関連メーカーのフォスロ Vossloh社が自社の締結装置・信号制御とドイツ・プフライデラー Pfleider社が特許を保有するRheda2000のコアデバイスを組み合わせてDBに認証され納入したオールドイツ体制のスラブシステム。事実上、 日本のJRスラブ以外では唯一実績・実証されたもの。オールドイツでない場合、Pfleider社も保証できないとしている。(参 照)

レール締結工事関係者は
発注:韓国鉄道施設公団(安さにつられて高 速鉄道での実績のない英国製締結装置を採用、Rheda2000スラブを安易に採用)↓2006年の記事
監理:韓国鉄道技術公社
(納入メーカーの品質チェックでき ず。)
レール敷設:サムピョE&C(2期区間の転轍機ノックダウン生産も担当)

独枕木メーカー(レールワン社):欠陥のない製品仕様を作成
韓独合弁企業(チョノン社とレールワンの合弁):
チョノン社は高速鉄道 での参入実績なし。
 *ハンアップ社(チョノンの下請け韓国企業)が納入したフックボルトが吸水性充填材を使っていたが、経験不足で検査漏れ。

→ボルトを装填
→防水発泡充填材を間違えて吸水性充填材(スポンジ)で使用。
→ボルトカバー内に染み込んだ雨水を吸収し、装填剤凍結・体積膨張
→ボルトカバーを突き破って、コンクリにも亀裂

英の締結装置メーカー(パンドロール社):
仕様通りの商品「SFC」を 出荷(ただし、300km/h級高速鉄道での納入実績なし)←ウリナラチラシの飛ばし
 *他国での実績はあるが、なぜかKTXのときだけ芳しくない試験結果に終わる。(も、韓国側が採用)
  
最 新型ではなく古いモデルを提供???
※DBの高速新線のRheda2000スラブ区間:
 ドイツの建材・枕木メーカーのプフライデラー Pfleider社が開発したRheda2000の納入の際、フォスロ社の締結装置を併用した
 「システム300-1」という工法でDBから認証を受けている。(画像はレールワン社が担当したオランダの高速新線HSL-Zuid)

↓ドイツ製締結装置を使ったRheda2000純正品(オランダ高速鉄道)
http://www.open.ou.nl//hon/hslafl31.htm
http://www.open.ou.nl//hon/HSLAFL35.htm

↓英国製締結装置を使ったエセRheda2000(KTX2期区間)。締結装置が違うた め、枕木形状も純正品と異なっている。

JRスラブ(プレキャストセグメントスラブ軌道) Rheda2000スラブ(JRスラブより保守・解体の手間がかかる)




2010.10.26 試運転中に車両トラブル

KTX試験運行途中釜山で故障で止めて
2段階区間衿井トンネルで故障。28日完全開通控えて列車安全性憂慮
http://economy.hankooki.com/lpage/society/201010/e2010102618022593780.htm

KTX列車が2段階区間において試験運行途中、故障で止めてしまった事故が発生した。
来る28日KTX2段階区間開通式を控えて発生した今度の事故で列車安全性において憂慮が申し立てられている。

26日コレイルによれば、去る13日昼12時18分釜山を出発して大邱まで試運転に出た
韓国型新型列車である‘KTX-山川(サンチョン)’が釜山衿井トンネル中で立ち止 まった

当時事故が起きると列車製作社であるロテム関係者たちが現場に急派されて調査をしたし、
列車は午後6時頃釜山駅で牽引された。幸いに試運転中だった車には搭乗客がいなくて特別な被害はなかった。

この日の事故は列車車輪を動かす電動装置である‘モーターブロック’のためであることがわかった。
今度の事故でKTX2段階区間の安全性において憂慮が出ている。

最初計画より開通日を3ヶ月ほど繰り上げて無理する早期開通で事故が起きたのではという指摘が一刻で申し立てられてある状況だ。

これに対しコレイル関係者は「モーターブロックの製作社であるヒョンデロテム側に正確な原因把握及び
追後事故がないように措置しなさいと知らせたし、これから車や線路点検を強化、事故がないように備えること。」と言った。

2010.7.27 2期区間で新た な施工不良

"京釜2段階軌道工事設計不良..運行支障憂慮"
http://news.mk.co.kr/newsRead.php?sc=30000022&year=2010&no=396184
http://www.cbs.co.kr/nocut/Show.asp?IDX=1538180
 監査院は京釜高速鉄道2段階の蔚山-釜山軌道工事過程で設計検討業務を怠慢に悪天候時の列車運行に支障をもたらす
恐れがあるとして、韓国鉄道施設公団側に担当者の懲戒を要求したと27日明らかにした。
監査院によれば軌道工事設計および発注管理業務を総括したA社は2008年6月コンクリート軌道構造をレール下段と道床コンクリート同方向鉄筋の間を207oにすることで設計、発注 を要請した。

 特定会社製品だけ使うという論議を防ぐために、B社とC社のレール締結装置の両方が使用可能にしてUM71信号システムと互換性があるためには、レール下段と道床コンクリート同方向鉄筋の間227o、縦横方 向の鉄筋間隔距離10oになるようにしなければならなかった。

監査院はA社の不良設計の結果、道床コンクリート亀裂や気象異変など悪天候時の軌道絶縁抵抗 値が8Ω・km以下
なると列車運行に
支障をもたらすことになっただけでなくレール締結装置供給業者をB 社に制限する結果をもたらすと指摘した。

また、大邱-蔚山区間工事の際のコンクリート打設する前に、軌道絶縁抵抗を測定しなければならないのに、
施工者が鉄筋絶縁抵抗値の適正性を確認しないなど絶縁状態 が不良なまま施工を終わらせたことが明らかになった。

監査院は軌道工事を不十分に施工したD社と監理業務を疎かにしたE社、責任管理院に不良ペナルティを課し、関係者に注意を促すように要求した。

この他に韓国鉄道施設公団嶺南本部側は路線を支持する吊架線を電柱にぶら下げる連結部品のク レビスパイプのクランプ
品質検査を疎かにして規格に 合わないように製作された古い規格のクランプ3千284個(2億2,580万ウォン余り相当)を搬入
昨年末まで3千16個を設置.施工(工程率99.4%)したことが把握された。

監査院はその結果すでに施工されたクランプを解体して再組 み立てする場合、来る11月開通日程に支障が予想され
そのまま使う場合には、耐久年限が8年から4年に減少するな どの路線での安全性が落ちるようになったと関係者に対する懲戒処分を要求した。

※A社:韓国鉄道技術公社
※B社とC社:英国・パンドロール社とドイツ・フォスロ社
※D社:韓国・チョノンレールワン社(ドイツ・レールワン社と韓国業者の現地合弁企業)
※E社:サムピョE&C社
※責任管理院:韓国鉄道施設公団
※クレピスパイプ→クレピスリンク


2010.6.3 試運転開始

"KTX蔚山区間異常ないです"
蔚山にKTX始めて進入。。釜山〜大邱区間試験運行手始め (蔚山=連合ニュース)
http://news.nate.com/view/20100603n10790
 3日午前9時29分。蔚山市蔚州郡三南 面双手トンネルをすり抜けて来たKTX列車は蔚山駅に立ち入って2〜3回力強く汽笛を鳴らした。
たとえ試験運行であっても20両の長いKTX列車が蔚山に立ち入る歴史的な瞬間だ。
午前8時30分釜山駅を出発したKTX列車は正確に1時間後の午前9時30分予定通り蔚山駅に止めて立った。
始めての試験運行だから時速60q以下で走ったが、この日点検する対象である軌道と電車線(電気供給線)、
信号及び通信などの状態が皆良好だったことを見せてくれた。

"釜山〜蔚山区間に異常がないです。"

蔚山駅プラットホームでKTX列車中に乗った総合試験チームと随時連絡を取り交わした駅員パク・チョンジュさんは自信を持って言った。
蔚山駅に1分ほど停まったKTXは直ちに東大邱駅を向かって出発した。
黙々と鉄道公社職員と書類包みだけ取り交わした機長南宮協さんの表情には緊張と一緒に歴史的瞬間を開く自負心と感懐が湧いていた。

国土海洋部と鉄道施設公団、鉄道公社はこの日を始まりに9月まで運行速度を最高時速320qまであげて試験運行を続く予定だ。
商業運行は来る11月から始める計画だ。

国土海洋部などは試験運行に先立って国内専門家たちを委嘱して、去る4月以降から釜山〜蔚山〜大邱区間の施設物安全点検を実施した。
特に去年大邱〜蔚山区間枕木亀裂事故の補修及び補強状態を 集中的に点検した結果すべて正常なのを確認した。
また去る24日からは電車線路に2万5000Vの電気を供給して点検するなど試験運行準備に万全を期した。

蔚山市は去る1997年汎市民KTX蔚山駅誘致器具を結成して署名運動と大市民討論会、20回あまりの
対政府及び国会上京活動などをして、ついに2003年11月蔚山駅誘致に成功した。

KTX蔚山駅は現在蔚州郡三南面6万7014uの敷地に延べ面積8579u、地下1階、地上4階規模で建設中で、
まだ足りない路面工事を仕上げて来る9月末竣工する予定だ。

KTX蔚山区間が開通すれば蔚山と慶南梁山圏乗客たちがソウルまで2時間で到着でき、全国半日生活圏が現実化されることで期待される。



2010.4.28 完工間近の2期区間

高速鉄大邱-釜山区間、6月から試験運行
追いこみ工事現場公開…ソウル-釜山22分早くなる見込み
http://news.chosun.com/site/data/html_dir/2010/04/27/2010042700031.html


26日午後釜山市釜山鎮区量定洞現代アパート入口近所京釜高速鉄道私の2段階(大邱-釜山124.2q)14-3工区第2垂直区下の地下。
車がぴゅうぴゅう走る巨済路からわずか5-10m落ちた所にある穴に50mくらい下がろう巨大なコンクリートトンネル模様をたいてい高速鉄線路が現われ た。
レールが全て敷かれて、 10-13m高さに幅18-34mの半分円筒状トンネル壁左右中央位に走ったトンネル照明等と天井部分にぶら下げられた電車線、
鉄路底の信号装置などが皆設置された状態だった。地上の東海南部線釜田駅下にはKTXが線路を変えて進入できるようにする
補助トンネル2本が本線トンネル左右から一部抜けていた。




韓国鉄道施設公団呉病数嶺南本部長は「電気・通信・信号など追いこみシステム工事を進行中。」といいながら
「次月23日天井にぶら下げられた電車線に2万2500Vの電気を供給するなど次月中システム工事を終えれば6月1日から車を投入、
総合試験運行をする予定。」と言った。

14-3工区がある所は京釜高速鉄道2段階路線のトンネル40本中最も長いトンネルである衿井トンネル区間。
金井区老圃洞-東欧チョリャン洞釜山駅近所まで20.3qだ。長さが長い位1.9qごとに空気換気区と200名が入れる救難待避所などを作った。

韓国鉄道施設公団催性圏高速鉄道1処長は「9月には実際運行するのとような状況で通してみる商業試験運行に入って行って
2ヶ月間点検した後11月中正式開通する予定。」といいながら「最初予定より2ヶ月ほど繰り上げた。」言った。

京釜高速鉄2段階が開通する場合ソウル-釜山間所要時間は現在2時間40分から2時間18分に22分短縮される。
鉄道施設公団は「大田・大邱都心区間工事が終わる2014年にはソウル-釜山所要時間が2時間10分で短縮されて
名実共に全国半日生活圏時代が開幕されること。」と言った。


2010.4.14 中国にも被害拡大!?

鉄道施設公団、350億ウォン規模高速鉄監理 中国で受注 [中央日報]
ブラジル高速鉄受注も力受ける見込み
http://news.joins.com/article/461/4111461.html

ソウル-釜山間京釜高速鉄道建設工事が盛んでいた1990年代末あらゆる工事区間の主監理社はベックテル(アメリカ)、
DEC(ドイツ)のような外国業社だった。主監理社は工事が設計どおり進行されるのか監督と不実が発見されると
工事を中断させて是正を要求できる権限を持つ。当時外国業社にこれを任せたのは国内に信じるに足る実力を
取り揃えた所がなかっただからだった。

10年余が去る今は韓国の鉄道技術が海外で続々輸出されている。地を波高石を失語運ぶ単純労動でなく工事現場を管理、
監督する対価にだけ数百億ウォンを積ぐ位に国内技術水準が高くなったのだ。

韓国鉄道施設公団は14日中国鉄道合福線(合肥-福州)、蘭新線(蘭州-新彊)、津秦(天津-秦皇島)など3事業の7路線の
施工監理と技術諮問事業を総額350億ウォンで受注したと明らかにした。
2005年中国遂重線(遂寧-重慶)試験線区間の監理業務を初めて取った以後中国で4番目受注だ。

合福線は中国安微省合肥から福建省福州を結ぶ総延長465qの鉄道だ。鉄道公団はこのうち最も長い111q区間の
監理を引き受けるようになる。完工予定は2014年末だ。

土木工事は中国業社が直接するから監理が外国企業が割りこめる事実上唯一分野だ。今度受注戦には
ドイツ・イギリス・アメリカ・イタリア業社が跳びこんだ。チョン・ヒュンヨン公団理事長は、
「過去国内に進出した外国監理院に対する『する一刀なくお金だけ多く取りそらえる』と言う不満が多かった。」と
「今は私たち技術者たちが中国などでそんな後漢もてなしを受けている”と言った。
公団は2008年にはアメリカとイギリス企業を追い抜いてハルビン-大連間旅客専用線(904q・高速鉄道線)の監理を
100億ウォンで取ったりした。

ヨン・ドクワン公団海外事業処長は「中国は4縦4横の高速旅客専用線計画を立てるなど2020年まで2万qが過ぎる
鉄道をもっと建設する計画。」と言いながら「監理だけなく事業管理など公団が進出する分野がもっと多い。」と言った。
年間処長は「今度大規模監理受注でブラジル高速鉄道受注戦にも大きい力がなること。」と期待した。
ブラジルはリオデジャネイロとサンパウロ間412qを結ぶ高速鉄道建設を推進中だ。
総事業費だけ23兆ウォンにのぼる大規模プロジェクトで韓国と日本・フランス・中国などが熾烈に競争をしている。


2010.4.6 独自枕木開発…?

コレイル、安全度進めた多肢型枕木開発
http://news.nate.com/view/20100406n03508

コレイル(社長ホ俊英)は安全度を進めながら維持補修費を大幅節減できる`多肢型H枕木'を開発したと5日明らかにした。
今度に開発された多肢型H枕木は1字形でなった既存の枕木とは違いH字形で、列車運行による枕木間間隔が変形される
現象を防止できる。また砂利図上の縦横抵抗力を増加させて軌道の流動を防止して列車運行の安全度を大きく高める。

これと一緒に軌道流動が防止されて維持補修費を節減できて騷音と震動も抑制して乗り心地を進められる。
多肢型H枕木は先月鉄道技術研究院と共同で実施した試験で一般枕木に比べて全般的に性能が優秀なので確認された。

コレイルは枕木専門業社を通じて大量生産に入って行って今月から忠北線1km区間に試験的に設置する予定だ。
キムヘゴン多肢型枕木チーム長は「国内外特許出願をした状態で今後世界鉄道枕木市場を先行獲得して出るので期待される。」と言った。

2010.3.22 不良枕木区間で試運転…

10月から2段階大邱〜釜山区間で300q以上のKTX試験運転 2010-03-22 09:36:45   
http://www.gyotongn.com/news/news_view.html?no_news=50107

 来たる10月から京釜高速鉄道の第2段階大邱-釜山区間(131.2q)の路線で、時速300q以上のKTX開業試験運転が行われる。
韓国鉄道施設公団によると、京釜高速鉄道2段階区間の開通時期が、当初12月から11月に繰り上げられて
『総合試験運行の基本計画』を変更して5月から軌道、電車線検証などの分野別の施工 品質と
パフォーマンスの確認作業に入ることにした。

 このため、安全性、運転、路盤、軌道、建築、送変電等11つの分野のスタッフとして『総合試験チーム』を
構成することにしたし、高精度の測定など、いくつかの試験は、国内外の専門機関に業務を依頼することにした。
また、施設の検証試験が終わる6月から新たな軌道にKTXを投入、段階別(時速60q→320q7段階)増速のテストを
通じてKTX列車と線路、電車線、信号などの鉄道施設との以上可否などを検証することになる。

このような統合の検証試験が滞りなく進めば、10月から は、KTXの営業運行速度時速300q条件の下で、
実際の運行システムを検証し、分野別に運営要員の適応訓練 を完了することにした。
続いてKTX列車の運行計画と営業設備などのチェックを経て、11月から大邱-釜山(プサン)間の
路線をはじめとする京釜線全区間で営業運転が行われる。
現在、京釜高速鉄道は、光明-大邱区間だけ高速鉄道専用線で走って、残りの区間は、既存の京釜線を利用して動くので、
ソウルから釜山まで2時間50分かかるが、大邱-釜山区間が開通すれば、最大30分前後まで運行時間を短縮することができる。


2010.1.19

KTX大邱-蔚山-釜山2ヶ月早めて11月開通 [中央日報] 2010.01.19 03:02入力
G20首脳会議期間高速鉄道技術広報機会することに
5月まであらゆる工事完了…ソウル〜釜山2時間18分かかって
http://news.joins.com/article/056/3974056.html?ctg=12

 京釜高速鉄道大邱-蔚山-釜山区間が11月中開通する。
最初2011年1月に予定された開通日付けが2ヶ月繰り上げられた
のだ。
国土海洋部は18日「京釜高速鉄道2段階区間(大邱-蔚山-釜山)を早期開通して
11月開かれる予定であるG20首脳会議を支援
して
行事期間中我が国の高速鉄道技術水準を国内外に知らせる機会ですることにした。」とこのように明らかにした。

 国土海洋部高速鉄道科のムン事務官は「11月超までは乗客たちが高速鉄道を快適で安全に利用するのに
一点不便さがないように措置する計画。」と言った。このために5月まで大邱-釜山区間の軌道・システム工事などあらゆる工事を終える。
11月超まで試運転と列車運行計画用意、連携交通網構築などあらゆる準備手続きを仕上げるというスケジュールも用意された

これ区間高速鉄道は延長124.2qで開通すれば現在1時間10分位かかる釜山〜大邱が39分で短縮されて、
ソウル-釜山間も30分ほど短縮された2時間18分で行き交えるよう になる。今まで乗り換えする方法で4時間以上かかったソウル-蔚山は1時間55分に減る。
嶺南圏主要地域たちが半日にソウルを行き交えるようになるのだ。

松兜期蔚山市交通建設局長は「高速鉄が開通すればKTX蔚山駅に一日往復28回の列車が停まる見込み」と
「早期開通に備えて連携交通網が蹉跌なしに稼動されるように準備を急ぐ。」と言った。

ry

一方KTX蔚山駅開通によった蔚山市の交通影響評価結果によればKTX蔚山駅の鉄砲通行発生量は
運行初期1年間は一日1万3142人、2015年には1万4385人にのぼる。
このうち67.5%は蔚山を行き交う人だが残り32.5%は梁山・密陽・金海・慶州利用客が占めることで予測された。

2009.12.16

【KTX2期】不良枕木 は補修で済ませて開業前倒し

京釜高速鉄‘大邱~釜山’区間来年末開通
[ハンギョレ]2014年末までは大田・大邱都心区間完工
事業完了の時はソウル~釜山2時間18分かかって
http://news.nate.com/view/20091213n07076
http://www.hani.co.kr/arti/society/society_general/393114.html

政府が来年11月ソウルで開かれる主要20ヶ国(G20)首脳会議などを睨み、最初 来年末完了予定だった
‘京釜高速鉄道2段階区間’(東大邱~釜山)工事を繰り上げて仕上げるこ とにした。

国土海洋部は13日京釜高速鉄道2段階工事区間の施設物点検と維持補修、総合試験運行などの内容が盛られた
‘運営準備総合計画’を出して、来年5月東大邱-釜山区間の軌道及びシステム工事などあらゆる工事を
事実上仕上げると明らかにした。

京釜高速鉄道2段階区間は東大邱-釜山、大田・大邱都心区間の工事で分けて進行されており、
現在運行している京釜高速鉄道はソウル竜山-東大邱までに高速鉄道専用線が敷かれている。
国土部は来年末まで東大邱-釜山区間を、来る2014年末まで大田・大邱都心区間の工事を終える予定で、
事業が完了すれば現在ソウル-釜山区間までかかる時間は現在2時間40分(※表定速 度153km/h)から
2時間18分(表定速度182km/h)に短縮
される。
京釜高速鉄道区間中五松駅、キムチョン・亀尾駅、新慶州駅、蔚山駅には駅舎が立ち入るようになる。

先立って去る4日国土部は「湖南高速鉄道(KTX)1段階区間’(オゾン-光州松亭)事業起工式を行ったところだ。
京釜高速鉄道五松駅で分岐して公州・益山・井邑・光州を経て木浦(任城里)まで行く湖南高速鉄道は
忠北オゾン-光州松亭区間は来る2014年、光州松亭-全南-木浦区間は2012年着工を始めて2017年完工が仕上げされる。
工事が終わればソウル竜山-木浦を今(3時間5分)より79分減った1時間46分で行き交うことができる。

2009.10.6
【国政監査】枕木は氷結圧で壊れたのではなく設計自体が誤りニダ!

"京釜(キョンブ)高速(KTX)鉄道枕木強度試験操作疑惑"<キム・ジョングォン>
2009/10/06 12:49送稿
http://www.yonhapnews.co.kr/economy/2009/10/06/0325000000AKR20091006117500003.HTML
(ソウル=聯合ニュース)キム・テジョン記者=
枕木に亀裂ができ、論議になった京釜、高速鉄道2段階大邱〜釜山軌道工事区間での、
引抜強度試験が操作されたという疑惑が提起された。
引抜強度は、レールの上に加えられる力を、枕木が持ちこたえることができる程度を意味する。

国会国土海洋委キム・ジョングォン議員(ハンナラ党)は、6日に開かれた国土海洋部の国政監査で
「去る6月に合同調査団は、枕木の亀裂が発生した原因が『結氷圧』と発表したが、これは事実とは違う。」と主張した。

キム議員によれば、枕木生産業者のチョノン・レールワンは、15万本のコンクリート枕木を納品したが、
品質試験では、クラック(亀裂)が全くなかったと明らかにした。

しかし基礎固有技術業者(ドイツの)レールワンから技術移転を受け、枕木を生産した他の業者のTM
枕木約3千本を試験した結果、50〜60%のクラックができたということだ。

高速鉄道2段階工事に必要とされる枕木は、チョノン・レールワン(4工区+5工区)とTM(5工区)が製造し、納品しているが、
TMで製作された枕木は、引抜試験で不合格だったが、チョノン・レールワンで生産した枕木の引抜試験 では、
全部合格だったわけだ
。キム議員はこのように基礎固有技術業者から技術移転を受けた2社の業者の試験結果が違う
のは、チョノン・レールワンで試験機を操作したためだと主張した。

彼は、TMは引抜試験期が鉄道施設公団の最初計画書とともに『ロードセル』とい う装置を通じて確認したが、
チョノン・レールワンは、鉄道施設公団のものとは違った試験機を利用し、試験結 果を操作したと主張した。
キム議員は「枕木がこわれたのは、結氷圧とは関係がない」とし、「設計自体に誤 りが多いため
徹底した再調査とともに事件を隠蔽・操作した疑惑がある要人を、懲戒しなければならない」と明らかにした。


2009.9.20 在来線新規路線でまた不良軌道量産…

ソウル=聯合ニュース)アン・ヨンス記者=国会国土海洋委チョ・ジョンシク(民主党)議員は20日、
「中央線と長項(チャンハン)線など現在運行中である一部の新設鉄道区間で不良施工により列車運行の安全が脅かされている」と語った。

チョ議員が韓国鉄道施設公団から提出させた資料によれば中央線オビントンネルとポクポトンネル、
京春線タブネトンネルはレールの「締結装置」が100%不良だ と明らかになった。

 締結装置というのは枕木なしでレールとコンクリート底面を直接連結するように縛る装置として接触面 が90%以上密着するように
道床コンクリートが施工されなければならない
が、今回の調査の結果、計画書に 達せず間隙が発生したことが明らかになった。
これと共に長項線、ポンドクトンネルも監査の結果このような締結装置の不良率が77%に達したと調査された。

チョ議員は「一部区間で軌道不良が確認されたのにもかかわらず、韓国鉄道公社などは列車運行を中断せ ずに
研究結果が出てくる時まで列車を運行しようとしている
。軌道装置が密着しない場合、列車運行に大きな危険をもたらすことになる」
と明らかにした。

聯合ニュース(韓国語) "中央線など一部トンネル軌道不良率100%"
http://www.yonhapnews.co.kr/bulletin/2009/09/20/0200000000AKR20090920063800001.HTML
2ch:【韓国】 列車運行が危ない〜「中央線など一部トンネルの軌道不良率100%」[09/20]
http://yutori7.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1253542249/

【韓国/鉄道】京春・中央・長項線でも100%ケンチャナヨ軌道工事(09.09.20)


2009.7.29 頭文字D?

道路真ん中に鉄道橋脚立てたKTX
梁山東面国道7号線、事故危険持続対策至急
http://www.gnnews.co.kr/?section=KNCA&flag=detail&code=223149


 韓国鉄道施設公団(KTX)が京釜高速鉄道建設過程で梁山市東面国道7号線中央に高速鉄道用橋脚を立てて
車流れに差し支えを与えるなど国道管理がまともにならなくて交通事故束地域で変わっていて対策作りが至急だ。
 28日、梁山市と韓国鉄道施設公団嶺南地域本部によれば、去る2002年韓国高速鉄道公団が発注した
京釜高速鉄道第14-1工区路盤新設工事はD建設が元請け社にT建設を下請業社に選定、現在約85%の工事率を見せている。
 しかし去る3月末頃釜山〜大邱間京釜高速鉄道14-1工区である梁山市東面法器里国道7号線4車線中央に
周長4.5m、高さ9.2mの問題の橋脚を立てて最近車線を8車線に確張してバイパスを出すなど国道7号線の基礎作業を完了したが
絶え間なく交通事故の危険が指摘されて来た。

 また最初道路にボックスを設置して高速鉄道を横断させる計画だったが、協議過程を通じて道路中央に
橋脚を立てることに変更してこの一帯の円滑な車流れのために橋脚前後で100mずつ既存4車線を8車線で確張することにした。
 しかし橋脚が立てられた地点の迂回道路がカーブが急で部分的に200m区間だけ8車線に拡張されながら出口が狭い現象が発生、
規定速度を守らない場合、事故危険も高いという指摘が辛抱強く申し立てられて来た。
 また橋脚工事完了した後にも道路路面の車線が2重3重に引かれたまま何ヶ月の間捨ておいて、
雨天の時と夜間運行時走行線と追い越し線の車線混同で大きくて小さい接触事故が倦まず弛まず発生している。
 金某(42・主婦ピョン・サンドン)さんは最近梅雨期間中問題の橋脚地点を通りながら、
視野確保が難しくて前の車線だけ報告徐行する横車線(追い越し車線)で走行した車と接触する事故が発生した。
 金さんは「橋脚が完成されてから数ヶ月が経ったが何ヶ月目道路の車線を2重3重に引いておいたまま 放置されて
こういう接触事故が多く発生する
。」と憤痛を噴き出した。

 また去る6月頃、建設業をする呉某(48・釜山)さんはバイクを乗ってウンサンジ駅で向かった中、
問題の橋脚地点で工事現場で放置されたことで推定される護岸ブロック(廃コンクリート)にかかって滑る事故が発生した。
 この事故で李さんはガードレールに肩衝撃を受けて手術と一緒に右側鎖骨粉砕と骨折、肩回転グンゲ破裂など
全治10週の交通事故にあって現在入院中だ。
 これに対し韓国鉄道施設公団関係者は「この所国道7号線はKTX工事区間からビグァンリチョング工事現場まで
韓国鉄道公社で管理を引き受けている。」と「現場を確認して道路を整備するなど国道管理に万全を尽くす。」と言った。


2009.7.03

先進国基準ではなく後進国基準で造られていた…

京釜高速鉄取り囲んだ果てしない不良論難、その真実は?(追跡60分)
http://www.newsen.com/news_view.php?uid=200907031901051001

7月3日放送されるKBS1TV『追跡60分』では数兆 ウォンが投入された大規模国策事業大邱-釜山間京釜高速鉄道の不良論難に対し集中分析する。

慶北永川市北安面一帯。こちらではもう工事が終わった枕木の点検が盛んでいる。
去る1月5日、京釜高速鉄道2段階工事4工区(大邱~蔚山)区間で発見された亀裂枕木と埋設栓をよく見て現場調査をするようになったこと。
亀裂原因糾明に官民合同調査団では埋設栓中のスポンジに染みこんだ水が凍って亀裂が発生したと発表した。しかし亀裂の原因をおいて論難がおこった。

亀裂原因を追跡した中去る5月21日、『追跡60分』取材陣は電子メール1通を受けた。「埋設栓内部の穿った下部の穴から抜けて
絶対凍破されえない構造」
ということ。枕木亀裂原因で指目された埋設栓を取り囲んだ論難の真実は何か。

取材陣が単独入手した枕木製造業社の2008年度コンクリート枕木製作日誌。2008年5月6日付け日誌には『埋設栓不良』という記録があった。
コンクリート枕木の場合『28日間』の自然乾燥基準があるが、日誌には当日生産 されて出荷された枕木もあった。

工場関係者は蒸気で急速に蒸したから 問 題 な い と主張し た。
また養生(工事中に傷が出ること易しい材料を特別に保護すること)された枕木をフレームから引き離す
タルヒョン時には監理師が検査をしなければならないが、
5月14日から8月20日まで検査記録は全くなかった。
取材陣が会った工場関係者はこれに対し、
「現場で検査が成り立つので工場での検査は重要なことではない。」と明らかにした。

一方締結装置を枕木に固定するボルトと埋設栓の構造に対し論難がやはり申し立てられている。
現在KTX2段階区間で使うコンクリート枕木とレール締結装置の組み合わせは、 まだ世界でどの国でも使われないということ。
しかし鉄道施設公団では2段階軌道の締結装置はヨーロッパ標準規準によるものなので問題ないという立場だ。

 高速鉄先進国の場合はどうか?ドイツとフランスではこのヨーロッパ標準規準を一般的、
すなわち
あらゆる国で受け入れられる最小限の基準
で 報告あったし、
特にフランスの場合より厳格な自己基準によって実験をしていた
その上に2段階軌道の締結装置は性能試験当時とは違うように施工されているという疑惑まで申し立てられて、
果たしてレール締結装置の構造的欠陷はないか分析する。

時速300Km以上に走行する高速鉄道では使われた事例がない
京釜高速鉄道2段階の締結装置と枕木組み合わせ。

室内性能試験で安全性検査が十分だという鉄道施設公団とは違い、一部では実際のレールで
一定期間中の現場敷設試験をしなければならない
と指摘している。

実際に、韓国にレール締結装置を納品した会社(※)で似ている類型の製品を納品受けた日本の場合、
室内試験を行ったあと、実際線路で現場試験をしていた。
そうだったら果たして現場敷設試験をしない
京釜高速鉄道2段階軌道は安全なのか?これを取り囲んだ疑惑たちを追跡する。放送は3日午後10時。

※英・パンドロール社(上記表参照)


不良枕木を見逃した監理業者 (≠製造業者)を再指名…。(7.04更新)

不良監理業社にまた監理任せた鉄道公団
http://news.nate.com/view/20090703n16974
http://www.heraldbiz.com/SITE/data/html_dir/2009/07/03/200907030683.asp

韓国鉄道施設公団が不良監理で摘発された業社に、再び大量監理を任せたことで知られて論難をもたらしている。

3日、鉄道施設公団によれば公団は防水性素材の代わりに吸水性素材で充填材を誤って使って、
枕木341本で深刻な亀裂が発生した京釜高速鉄道2段階4工区(大邱-蔚山)区間の工事監理を引き受けた
韓国鉄道技術公社に3件の責任監理をまた任せた。

鉄道技術公社が引き受けた監理は蔚山-浦項及び城南-驪州複線電鉄路盤新設工事などで、監理業務費だけ135億ウォンに達する。
問題は公団がこれら工事監理を京釜高速鉄道4工区区間不良監理責任を問うて鉄道技術公社に対し
先月26日2ヶ月間の業務停止を要請する行政制裁に入って行くこと以前に任せたという点だ。

鉄道施設公団関係者は「処罰した日を基準に(入札排除を)適用する。」と
「この業社に問題があったと確定されること前までは現行規定上入札参加を制限できなかった。」と釈明した。

<8ニュース>2009.7.03
不良業者分かりながらも…高速鉄道、自分の家族まとめて一度にあたえること?
http://news.nate.com/view/20090703n15962
http://news.sbs.co.kr/section_news/news_read.jsp?news_id=N1000615012
http://media.daum.net/society/others/view.html?cateid=1067&newsid=20090703210305113&p=sbsi


<アンカー>
鉄道施設公団が不良監理で摘発された業社に再び大量で監理業務を任せて物議をもたらしています。
問題があるのにこの監理業社にしきりに便宜を与える理由がありました。

辛宋敏(シン・ソンミン)記者です。

<記者> 去る2月京釜高速鉄道2段階区間の枕木341個で発生した深刻な亀裂は
充填材を(※防水を吸水に)誤って使った『欠陷工事』のためでした。
鉄道施設公団はこれによって工事の監理を引き受けた韓国鉄道技術公社に対して
先月2ヶ月間業務停止を要請する行政制裁に入ってきました。
ところがこの懲戒が決まる一ヶ月前ぐらいに鉄道施設公団は、
問題になった鉄道技術公社に相次いで3件の責任監理を任せました。
不良監理業社であると知りつつもまた仕事を与えたわけです。

[鉄道施設公団関係者:]
「処罰した日を基準にしてその時から(入札排除を)適用します。
心証的には『この業社はちょっと問題がある』とみたが、
現行規定上(調査過程では)入札参加を制限することができる基準がないから…」

鉄道技術公社の引き受けた監理は蔚山-浦項、城南-驪州複線電鉄
路盤新設工事などで監理業務費だけ135億ウォンに達します。

鉄道技術公社は鉄道施設公団の前身である鉄道庁出身たちが要職を占めています。

結局自分の家族同然の鉄道技術公社に特恵を与えたという指摘です。

[チェ・ウックチョル/国会国土海洋委員会議員:]
「枕木亀裂は責任を負わなければならない監理社が
その後に3件のまた監理を引き受けました。これは便宜供与とみるしかなくて…」

政府は今日(3日)専門家たちで構成される特別監理検収団を活性化するなど
国策建設工事に対する安全管理強化方案を出しました。

しかし自分の家族の孝敬寄食な発注慣行が変わらなかったら
政府の対策は空念仏になるしかないです。


2009.7.2 資材盗難

高速鉄工事現場電線また盗まれた
http://www.ulsanmaeil.co.kr/news/view.asp?idx=170750&oidx=3


◇KTX嶺南圏工事が盛りの中電線盗難事件が続いていて施工会社側の被害が甚大だ。(写真点線部分は配線設備部分)
4ヶ月の間5回盗難…鉄道公社‘スィスィ’捜査足踏み
東海警察、窃盗犯検挙…蔚山事件関連捜査中

 蔚山地域を含んだ京釜高速鉄道(KTX)嶺南圏(東大邱-蔚山-釜山)工事現場で電線盗難事件が絶えないでいてて、
施工会社側がそっくりそのまま被害を着るなど頭痛を病んでいる。
 これと関連、警察と韓国鉄道公社側の対策用意が必要だという指摘(本紙6月15日付け5面報道)にもかかわらず、
事件の糸口さえつかめなくて、捜査は足踏み状態にとどまっているうえ、内部的に事件を隠すだけに汲々している実情だ。

 2日、蔚州警察によれば、先月末頃、東大邱-蔚山間配電設備新設工事区間で専門窃盗犯の所作と推定される電線盗難事件が発生した。
これだから一刻では追加被害に対し憂慮の声が高まっている。
 先月27日午後1時頃も、蔚州郡斗西面西とが-チォンゾントンネル区間内配電設備工事現場で某施工業社が電線600m余を盗難にあう事件が起きた。
施工会社側は、「私たちが単純被害額だけ1,000万ウォン余に達する。」と「通信・電力など他施工会社たちの電線も一緒に切られて行ったし、
被害金額を合算してみれば少なくても2,000万ウォンを超えること。」と明らかにした。

特にこの区間は各種電線設置工事が始まった去年3月から盗難事件が絶えなくて最近に入っておおよそ5回以上被害がおきたことで知られた。
このように窃盗事件が続きながらその被害が拡散しているが、警察と韓国鉄道公社側は工事区間が膨大のうえ、巡察人員が不足だという理由などで
事件予防及び解決が難しいという立場だけ繰り返している。

蔚州警察の関係者は、「現在蔚山隣近地域の警察と力を集めて同時捜査中で、事件に対し分析している状態。」と
「前科者対照作業などを広げているが、今まで出た手がかりがなくて時間がかかることのようだ。」と明らかにした。

一方この日江原道東海で蔚山を含んだ全国の工事現場を歩き回って電線などを盗んだ一派2人がつかまって警察捜査に関心が傾いている。
江原東海警察ではナム某(36)さんなど2人をつかまえて窃盗など疑いで逮捕状を申し込んだし、
彼らが京釜高速鉄道(KTX)嶺南圏区間窃盗事件関連可否に対し調査中だ。
東海警察の関係者は、「現在彼らが蔚山北欧某アパート新築工事現場で窃盗行為をした事実が明かされた。」と
「蔚山地域でした余罪などを捜査中である。」と明らかにした。


2009.6.29

[釜山]KTX衿井トンネル区間徹底的な水防対策切実
韓国鉄道施設公団、KTXの開通時期にだけ汲々していること以外に徹底的な管理切実
http://www.cnbnews.com/category/read.html?bcode=82929


 京釜高速鉄道建設現場の釜山市民飲料水源である上水源保護区域汚染問題で一度対価を支払ったKTX14-1工区現場で
今度は環境意識不在を如実に現わして非難がおきている。
現在KTX14-1工区の衿井トンネル時点部にはトンネル内部の最終コンクリートライニング作業が真っ最中である。
コンクリートライニング作業と言うのは、トンネル内部を発破してショックリートを打っておいて次に
トンネル壁を固定させるためにセメントを厚く塗る作業だ。そうすることで多い量のレミコンが必要な作業だ。

去る26日施工会社である斗山建設関係者によれば、発破などの作業をして、それによって発生する濁水を
汚濁水処理施設に流入させて浄化後放流するべきといい、ライニングなどの作業をする汚濁水処理施設に流入させる必要はないというのだ。

そしてもし地下水にPHが高い場合は汚濁水処理施設を稼動するとして、また地下水に残存PHがある場合にも継続的に稼動するべきというのだ。
すなわちトンネルから放流される地下水のPHが高い可能性があるというので、ある瞬間に発生する地卵数ないのでトンネル作業中に発生する
地下水はなるべく浄化処理施設で流入させて浄化後放流するべきことのようだ。

一方本格的な梅雨時を控えて大型建設現場では徹底的な水防対策で土砂流出、河川への黄土物流入などを事前に予防すべきだ。

KTX14-1工区衿井トンネルと老鋪トンネル間の橋脚下は釜山市民の飲料水源である上水源保護区域で
フルロネリョがは谷があるが斗山建設では梅雨時が入っても谷に接した作業区間の水防対策が全くない実情だ。

京釜高速鉄道2段階区間枕木亀裂の安全性論難と最近京義線複線電鉄の開通時期を6ヶ月繰り上げて
色々枝問題点を露出させた韓国鉄道施設公団ではKTXの開通時期にだけ汲々していること以外に
徹底的な管理が従わなければならないのと思われる。


民運議員"枕木亀裂責任所在選り分けるべき"
再発防止及び責任者問責'制裁措置計画'文書化促求
[メディカルトゥデー朴エリー記者]
http://news.nate.com/view/20090630n04875
 京釜高速鉄道枕木に亀裂が間事件が再発しないように責任所在を選り分けるべきという主張が申し立てられた。
 ハンナラ党民運議員は29日、国会国土海洋委員会常任委全体会議で開かれた「京釜高速鉄道枕木亀裂調査結果報告」で
国土海洋部と韓国鉄道施設公団を相手に事件再発防止及び責任者問責のための「制裁措置計画」文書化を促した。

また京釜高速鉄道枕木亀裂調査結果報告後、海外トピック感がないかウィムンスロブダは意見を出した。
百議員は、「今この時点で本当重要なのはこれから1、2、5年後に再びこの問題が再発した場合、
その責任は誰が負うのかを明確にすること。」と強調した。
これに対し、チョン・ソンファン国土部長官は、「問題が再発した場合、責任を負う姿勢に措置に臨む」と
「制裁と関して明らかな話は中出たが、ここによった責任所在を明確に選り分ける。」と言った。

 民運議員は引き継いで京義線複線電鉄開通と関して安全問題と人力不足、自転車乗り換え問題などを指摘した。
百議員は、「10年にかけたこの工事は首都圏西北部地域住民たちには阿洲緊要な鉄道。」と強調して
「7月1日という時間だから安全問題が拡大報道されるとき、国民の信頼が大きく崩れかねない。」と憂慮を表明した。

京義線複線電鉄投入人力に関しては、「実際344名人員が必要なのに、150人余だけ増員された。」と
「公企業先進化次元で人力を増員できないという鉄道公社の主張はナンセンス。」と指摘した。
また緑成長政策基調に合わせて自転車を通じた乗り換え問題が解決されるべきと強調した。

関してチョン・ソンファン長官は、「その間自転車を一つの交通で扱うことができなかったのは事実」と
「これから自転車問題は自体駅内で解決できるように努力する。」と言った。


2009.6.18(6.19更新)

不良枕木、全面交換ではなく補修で済ますケンチャナヨっぷり…

"京釜高速鉄2段階来年完工問題なくて" (YTN 2009.6.18)
http://www.ytn.co.kr/_ln/0102_200906181149567599



[アンカー]
 京釜高速鉄道2段階コンクリート枕木亀裂原因は、吸水性スポンジを誤って使ったのが直接的な原因と最終結論が出ました。
合同調査団は亀裂枕木は今年末まで補修が可能で、来年完工には 問 題 が な い と 明らかにしました。
チェ・ジェミン記者の報道です。

[記者]
 京釜高速鉄道2段階区間で今まで確認された亀裂枕木は全部で341本です。
去る2月に確認された332本だけでなく、合同調査団が9本の亀裂枕木を追加で見つけたの です。
枕木に亀裂が入った原因は埋込栓(フックボルト)に染みこんだ浸透水の氷結が直接的な原因です。
埋込栓内の充填材を防水スポンジではなく吸水性スポンジを誤って使ったということです。

また、サンプル調査を通じて浸透水が40cc以上の場合、亀裂発生可能性があるという調査結果を出しました。
鉄道施設公団は去る3月から大邱〜蔚山区間に敷設された枕木を全数調査して、
浸透水量が40ccを超える枕木1万6,000本を確認したと合同調査団は明 らかにしました。
この枕木は精密非破壊検査を進行しており、非破壊検査結果、亀裂が確認されれば全 て補修に入っていく予定です。

しかし非破壊検査を通じて追加で発見される亀裂枕木は100本もないことと合同調査団は予想しております。

合同調査団は亀裂可否と関係なく、15万本余の枕木に誤って設置された
吸水性スポンジを全てとり除いて検証受けたグリスを注入することにしました。

亀裂枕木を補修して15万本の枕木にグリスを注入するには11億ウォン程の費用がかかる見込みです。
この費用は施工会社が全部負担します。こうすれば来年完工には問題がないと合同調査団は説明しました。

YTNチェ・ジェミンです。

2ch:【韓国建築】KTX欠陥工事 枕木亀裂、しみ込んだ水が原因と最終報告 残りの枕木はグリースで補強、全面交換は無し[06/19]
http://takeshima.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1245385669/

http://news.sbs.co.kr/section_news/news_read.jsp?news_id=N1000609526
http://imnews.imbc.com/replay/nw1700/article/2369252_2735.html


2009.6.15 資材盗難

蔚山KTX工事現場電線盗難相次いで
http://news.mk.co.kr/newsRead.php?sc=30000022&year=2009&no=333237&sID=504

最近蔚山京釜高速鉄道(KTX)工事現場で電線盗難が相次いで警察が捜査に出た。
15日蔚山警察庁によれば4日と5日夜と夜明け時間間に蔚山市蔚州郡彦陽邑盤谷里KTX工事現場で
現価1千万ウォン相当の電力ケーブル1千m余が盗難にあった。

また去る1日と2日間にも夜間時間帯同様な地域盤谷里工事現場隣近で1千m余の電力ケーブルが消えた。
工事関係者は警察で「朝に工事現場に来てみたら電力ケーブルが相次いで消えて警察に届けた。」言った。

公式的に警察に受付された2件の盗難事件以外にも申告されない小さい規模の窃盗事件がもっとあることで知られた。
警察は発生した2件の盗難事件は規模でBoA2人造以上の専門窃盗団が車を利用してやらかしたことで推正して探問をしている。

警察は工事現場に建設社関係者が常在しているが巡察活動が脆弱な夜間時間帯に盗難事件が起きていて
これから建設社側と共助して巡察をもっと強化するなど対策を用意することにした。


2009.5.9

枕木問題最終報告書、月末までズレ込む模様。

高速鉄道亀裂最終報告書5月末頃出るよう 2009-05-06 10:18:28
http://www.fnnews.com/view?ra=Sent0501m_View&corp=fnnews&arcid=00000921645322&cDateYear=2009&cDateMonth=05&cDateDay=06

 最初4月末に予定された京釜高速鉄道2段階4工区(大邱〜蔚山)枕木亀裂と関わった最終報告書が5月20日以後に遅くなるようだ。
 国土海洋部のイ・スンホ鉄道政策官は「今月末頃最終報告書を出すために海外専門家たちを対象に国際セミナーを開いて
原因分析と解決方法の妥当性を最終検討する予定だった。」と
「海外人士の日程を適時に合わせられなくて、報告書検証が多少引き延びになること。」と説明した。

国土海洋部合同調査団は、当時発生した枕木に防水性素材がないスポンジ状の吸水性素材を使って、埋立栓に
水が染み込んだからと先月8日分析したところだ。埋立栓は枕木1個当り2個ずつ附着して、調査対象埋立栓は約8000になる。
調査団は現在2300余個枕木に対して非破壊検査を進行している。


2009.4.9

「防水」を「吸水」と間違えた枕木不良、「ドイツの仕様書が悪いニ ダ!」
…その程度の常識すら明記してないドイツが悪いってか?

高速鉄枕木仕様書に防水材言及なくて…ドイツ社,技術移転不良論難
http://www.seoul.co.kr//news/newsView.php?code=seoul&id=20090409002014

京釜高速鉄道第2段階建設工事(大邱-蔚山)区間枕木で発生した亀裂は、防水性素材の代わりに
吸水性スポンジを使って染みこんだ水が冬季に凍りついて生じたことで暫定結論が出た。
これによって枕木製作過程でドイツ業社から防水性素材使用について十分な技術移転があったのかが論難で浮び上がっている。
 国土海洋部合同調査団(団長キム・ウンギュン漢陽大教授)が8日韓国鉄道技術研究院で中間結果発表会を持って
「各種要素を考慮した数値解釈と数量分布及び室内モデル試験結果、氷圧が亀裂発生の主要因だった。」と明らかにした。
枕木と締結装置を連結する部品であるフックボルトに防水性素材の代わりに水を吸収する吸水性スポンジを使って
凍破されたというその間の推定が事実で確認されたつもりだ。
 発表によれば設計図にはフックボルトに防水充填材であるPEフォームや圧縮性グリスを使うように言及されているが、
具体的遠慮や材質を指示する仕様書には、防水充填材について言及がないことが わかった。
キム・ウンギュン団長は「ドイツ語で書かれた仕様書には言及があるが、ドイツ業社から渡されなかった ことで分かっている。」と
当然供給されたのはずの仕様書がなぜ供給されなかったのかわからない。」と 言った。
調査団によれば、派遣されたドイツ人技術者3名は防水充填材の代わりにスポンジを使うことを分かりながらも見逃したことで調査された。

2009.4.8

全面交換など省みぬ!

京釜高速鉄道合同調査団“枕木亀裂は‘氷圧’だから”
【ソウル=ニューシース】
http://news.nate.com/view/20090408n11371

去る1月軌道枕木に亀裂が発生して不良論難をもたらした京釜高速鉄道2段階区間と関連、
枕木亀裂の発生原因は氷圧だからという中間調査結果が出た。

京釜高速鉄道枕木亀裂の原因を糾明するために構成された民・官合同調査団は8日午後、
京畿道議旺市にある韓国鉄道技術研究院でブリーフィングを開いてこのように明らかにした。

調査団は中間調査結果に対して各種要素を考慮した数値解釈と数量分布及び室内モデル試験結果を考慮した結果、
氷圧を亀裂発生の主要因だと判断した。

これは韓国鉄道施設公団が自主的に亀裂原因を調査した結果、枕木とレールを連結させる部品である埋立栓(フックボルト)内部に
防水充填材の代わりに吸水性スポンジを挿入しながら凍結により破損されたことで推定されると発表したという内容だ。

また引抜試験(破壊強度を測定する実験)が設計値である6t以上を十分に確保することで評価したし、
枕木の品質管理は概して良好なことで評価した.

これと一緒に圧縮強度は平均68MPaと設計基準強度である50MPaを十分に確保していることで判断した。
調査団はこれから亀裂に及ぶ色々な変数を考慮して体系的な数値解釈を考慮、亀裂原因を最終整理して
国内外諮問会議を経て結果を検証する一方、補修・補強代案を提示する計画だ。
またこのような内容を総合的に整理して今月末まで総合報告書で提出することにした。


2009.3.27

[経済カフェー]KTX技術 美輸出作戦が成功しようとすれば
日総理まで動員新幹線広報
韓国も汎政府次元に出るべき
http://www.donga.com/fbin/output?n=200903270056

 韓国高速鉄道(KTX)技術がアメリカ進出を試みている事実が分かりますか?
最近アメリカ連邦政府が経済活性化のために高速鉄道建設計画を具体化する動きを見せながら、
その間この事業を受注するために努力して来た韓国コンソーシアムである‘GRC(Global Rail Consortium)’の足が早くなっています。
 GRCには滑リ国鉄道技術公社、シンウォン総合開発、ウルトラ建設などが参加しているし、
早いうちに国内5大建設社のうち一社が正式に加勢する計画です。
GRCによれば国内主要情報技術(IT)企業と鉄道関連企業等も、事業が具体化されれば同参するという意思を明らかにしたといいます。
 現在アメリカ政府は11個路線の高速鉄道計画を推進しています。このうちGRCが事業権を取ろうとする所はアメリカ国内
一番目の高速鉄道路線になるフロリダ州のタンパ〜オーランド区間です。総額建設費は約40億ドル規模ですね。
GRCはタンパ〜オーランド区間がアメリカ高速鉄道の標準モデルになる可能性が高いと思っています。
この事業権を確保すればこれから推進される他の路線の事業権を取るにも有利することができるという意味です。

 しかしGRCと競争する会社がアメリカの世界的な建設社であるフルールというのを勘案する時、決して易しい目標ではないようです。
その上に最近、フルールは4月2日開かれる予定であるフロリダ州政府高速鉄道公団の会議を控えて
日本の新幹線技術導入を検討している
と言います。
先月末、米日首脳会談で麻生太郎日本総理はバラク・オバマ米大統領に新幹線技術の長所を説明したりしました。
 これによってGRCは最近韓国政府に‘KTX技術セールス’を広げてくれと言って要請しました。
国土海洋部は1月担当者をアメリカに派遣したし、駐米韓国大使館などを通じて現地情報を把握するところだと言います。
 アメリカの一番目高速鉄道がKTX技術に運行されるということは想像だけでも 胸がいっぱいな事です。
ブラジルやロシアなどの高速鉄道事業に進出するにも大きく役に立つでしょう。
民間と政府が協力してアメリカにKTX技術を輸出ができるようになるのを期待してみます。

2009.3.25

天安・金泉に次ぐ駅名論争再び-蔚山

高速鉄駅名建議通度寺も出た
「蔚山駅(通度寺)」反映のために市民署名運動など展開
「『天安牙山駅(温陽温泉)』のように地域間共存モデル事例」
http://www.gnnews.co.kr/?section=KNDL&flag=detail&code=213436

 京釜高速鉄道上にあって仮称「蔚山駅」と命名された駅名について、梁山(ヤンサン)地域市民団体たちが
「蔚山駅(通度寺/トンドサ)」と建議したなかで、最近通度寺も寺刹銘を駅名に入れることに出て帰趨が注目されている。
 25日通度寺によれば、京釜高速鉄道蔚山駅の所在地が梁山市管内ではないが地理的に接しているうえ、
通度寺の地域ブランド確立のために出ることにしたということ。
 このような通度寺の動きは「京釜高速鉄道蔚山駅(通度寺)推進委員会」の建議で
通度寺住職ジョンウ師僧が会議席上で積極指示したことで知られた。
 これによって通度寺側は、駅名最終決定に先に進んでまず通度寺本社を含めた末寺と布教団を中心に、
梁山市民たちの署名を通じて通度寺の公式立場を政府側に伝達する計画だ.
 通度寺側関係者は、「通度寺が蔚山駅が立ち入る蔚州郡三南面と接した所で、通度寺を訪ねる観光客に対し
便宜提供は勿論、高速鉄時代をそう通度寺の広報機会に判断されるによって直接出るようにいい。」と「
まず市民たちから署名活動を通じて通度寺駅名入れるのに最善の努力を傾ける方針"と明らかにした。

 京釜高速鉄道蔚山駅(通度寺)推進委員会キム・シンドン委員長は、「もう『天安牙山駅(温陽温泉)』のように
二地域名を使いながら地域間共存のモデルがなっているほど、蔚山駅名にも通度寺が入っていくのは無理な要求ではない。」と
「市民世論を通し広報活動と一緒に関係機関に梁山の立場を積極伝達する方針」と言った。
 一方京釜高速鉄道蔚山駅(通度寺)推進委員会は最初「蔚山梁山駅(通度寺)」で進行して、来たる去る2005年から
「蔚山駅(通度寺」に修正して、去年9月このような内容を蔚山市に公式要請している状態にある。

2009.3.24

施工不良解明調査期間、1ヶ月延期

京釜高速鉄2段階枕木亀裂4月末にでも真相糾明
http://www.asiae.co.kr/uhtml/read.php?idxno=2009032400390437240

 京釜高速鉄2段階枕木亀裂原因糾明及び対策樹立が4月末頃にでも可能な見込みだ。
国土海洋部は京釜高速鉄2段階枕木亀裂の原因糾明などのために構成された「合同調査団」の
調査が4月末まで延長されると24日明らかにした。
 合同調査団は先月16日から白紙の状態で可能なあらゆる枕木亀裂原因に対して調査するために現場調査と試験を施行している。
しかし資料の整理・検討などのための時間や、調査のための時間が必要だと国土部に建議した。
国土部はこれに最初2月16日から1ヶ月ほど必要となることで予想された調査期間が4月末まで延長されると伝えた。
一方合同調査団は、来る4月初に記者説明会を通じてその間の調査結果と今後日程に関して発表する予定だ。

2009.3.18

採石場の後始末不手際でKTX崩壊の懸念

切り立った石山絶壁復旧なるが
霊泉北安面竜系里石切り場階段式工法外面くそみそ土石採取
拡張申し込み住民反対ぶつかって取下げ…廃石放置周辺環境汚染憂慮
http://www.kyongbuk.co.kr/main/news/news_content.php?id=253608&news_area=110


 慶北永川市北安面竜系里に素材したある石切場が、復旧が容易い階段式工法に背いたまま
くそみそに土石を採取して復旧に難しいことは勿論、周辺環境汚染が憂慮されている。
 特に石切場は2006年永川市の便宜供与疑惑が申し立てられた中で、業社が交換した林野19万8千余uに
一部敷地を土石採取拡張承認を市に要請して、住民たちが強く反撥して法的問題などで難航を経験して許可を取下げした状態だ。
 永川市によれば最初この石山はソンジンレミコンで運営するサンマサンアップが引き受けて、
去る2004年12月1日から2013年12月31日まで10年間土石採取許可を永川市から受けた。

 しかし去年から東洋メージャー(株)がこの石山を引き受けて、既存の4万5千余uから去年12月26日、
北安面竜系里山18番地と20番地5万4400uに対し土石採取許可を申し込んでから去る5日取下げた状態だ。
問題は東洋メージャーが拡張承認を要請したこの敷地はKTXソウル-釜山区間の完全開通を1年余り残した時点で
高速鉄路から可視距離600m以内に位しており、トンネルからは300mあまり離れた土石採取許可制限地域で
鉄道可視圏2q以内で規定されている現行山地管理法に抵触して許可を取得できない所
だというのだ。
このように石切場が高速鉄道トンネルと接していて、土石採取のために発破したら
トンネルと高速鉄道施設の崩壊危険が憂慮
されているということが問題点で指摘されている。

だから石切場一帯北安面明紬、新里、シンデ里など9村住民たちは石切場延長と新規許可を強力に反対している。
北安面明紬里Y(73)さんは「永川市がはじめからここは石切り場許可を出してはだめな地域だ」と
「今後延長許可を永川市が受けて入れたら住民たちが終りまで反対闘争すべき」と強調した。

現在この石山は石山元夕を採取しないでいる中、高速鉄道工事トンネル現場で発生した廃石を加工して骨材で販売している。
採取場一帯に加工した数十万tの廃石が積もった所は防塵覆いなどを設置しなくて、飛散ごみは勿論、
環境汚染まで憂慮されていて行政政府の力強い取り締まりが要求されている。

専門家たちは石山を運営している業社が復旧費で9億3千万ウォンを永川市に預託しているが
階段式で土石採取を夏至なくて復旧は力たちのだと憂慮している。

2009.3.12

英国製締結装置、現場試験なしで選定 していた

KTX締結装置、現場試験経らないで選定
http://www.donga.com/fbin/output?n=200903120074&top20=1

 現在運行または施工中の京釜高速鉄道(KTX) 1,2段階区間(ソウル〜大邱〜釜山)に設置された
締結装置が外国と違い、現場試験なしに室内試験だけ経たまま選定されたことで現われた。
レールと枕木を連結する締結装置は列車の荷重を枕木で分散させる役目をする核心装置だ。
 11日国会国土海洋委の鄭熙秀(チョン・ヒス)議員(ハンナラ党)が手に入れた 『KTX 2段階事業監査結果』によれば、
鉄道施設公団側は 2005年 3〜7月韓国機械研究院でイギリス・パンドロール社の締結装置である SFCと、
競争社であるドイツ・フォスロ社製品(Sys300-1)の性能を試したし、二つの製品皆適合判定を受けた。
 最終的に SFCの単価が 40億ウォンあまり低くて選定されたが、
公団がした性能試験は実際現場検証が含まれない室内試験だったということ。
室内試験は、23±5度の決まった温度で決まった垂直荷重を数百万回経る方式で行われる。

 監査院は、「室内試験は決まった条件で遂行されるしかなくて、実際車運行の時とは運行状態、環境などの条件が違う」と
「実際 (現場で) 使われる製品の状態は室内試験結果と違うことができる」と指摘した。
ドイツの場合新しい軌道システムを採択するとか敷設するとき、室内外性能試験を経った後、
3年以上(累積通過 t数最小 8000万 t 以上) 現場運営試験で性能が立証されると使用承認が出る。


これに対して公団側は、「時速 300kmで走る高速鉄道の試験運行のために室外に
別途のレールを設置するのが現実的に難しい」と「今後の現場試験を反映するように努力する」と言った。


鉄建公団の便宜供与疑惑調査チームに操作中断圧力を行使した 疑いのある警察上層部が辞任。

KTX非理 捜査チームに 捜査中断 圧力 疑惑…忠南警察庁長 辞表
http://www.donga.com/fbin/output?n=200903120081

[東亜日報]
KTX高速鉄2段階区間工事業社と鉄道施設公団間わいろ非理捜査チームに、捜査中断圧力を加えた疑惑を受けている
金洞民忠南地方警察庁長官が辞表を出した。金庁長は10日、警察総合学校長に内定された。

警察庁関係者は11日、「金庁長が忠南地方警察庁に辞表を提出した」と「以後関連手続きによって受理されること」と明らかにした。

去年KTX高速列車大邱〜釜山間工事を引き受けた2社が、鉄道施設公団にわいろを渡して入札過程で便宜を受けたという
疑惑が申し立てられながら天安警察では特別捜査チームを立てて鉄道施設公団関連非理捜査をして来た。

ところが捜査チームは政府の経済助ける政策に当たるのないという理由で1月急に捜査を中断した。
この過程で金庁長が自体監察チームを天安警察で捜査チームに送って監察をしたので現われた。
監察結果捜査チームには星問題が現われるのなかったが天安警察では捜査を中断した。

これだから金庁長は警察庁の監察調査を受けて来たし、辞表提出を慫慂受けたので知られた。
一方金庁長が辞表を提出するによって警察総合学校長にはイ・チョルギュ/ソウル地方警察庁警務部長が挙論されている。


2009.3.10

手抜き工事発覚で海外進出頓挫の危機→鉄建公団「日本のせいニ ダ」

韓国高速鉄道...海外進出危機! : YTN2009-03-10 03:20
http://www.ytn.co.kr/_ln/0103_200903100320296238

[アンカー]
京釜高速鉄道第2段階大邱〜釜山間区間のコンクリート枕木亀裂問題が波紋を拡げ、
世界に向けた我が国の鉄道産業にブレーキがかかりました。
不良疑惑が雪だるまのように大きくなりながら、世界市場で韓国鉄道技術を眺める視線が変わっているからです。
イ・ジョンウ記者が報道します。

[レポート]
 韓半島の生活を半日圏に縮小したKTX。時速300qを走る私たちの先端技術力が危機に落ち込みました。
今年下半期に予定されたブラジル高速鉄道建設事業を含めてアメリカと中国、
クウェートなど海外市場で韓国の事業参加が不透明になっているからです。
 ブラジルの場合リオ・デジャネイロからサンパウロ間420q高速鉄道建設事業は
20兆ウォンにのぼる大型事業。その間韓国鉄道施設公団が日本と入札競争を先を争って来たが、
最近浮上した高速鉄道不良疑惑が大きくなりながら事業参加が難しい境遇に置かれました。

[インタビュー:金健(キム・ゴン) 韓国鉄道施設公団 海外事業開発チーム長]
「ブラジルだけで推進されているのではなく、アメリカとインドなど他の国家でも
高速鉄道事業が推進されていて問題が大きくなれば困難が予想されています。」

 京釜高速鉄道第2段階大邱〜釜山コンクリート枕木亀裂で始まった高速鉄道建設に対する
疑惑申し立てが韓国鉄道の海外進出の足枷になっているという説明です。

[インタビュー:金洛g(キム・ナッキ) 鉄道施設公団 新成長事業団長]
根拠ない怪しい噂が横行することで、さまざまな支障をたくさん受けていま す。
特にブラジルの場合、競争国である日本でこのような事態を悪用しようとする動き も捕捉されています。」

 韓国鉄道施設公団が推進している海外事業は、現在中国を含んで全9ヶ国。
今度の事態で海外事業進出に相当部分難しさが憂慮されます。
去る2005年中国の遂寧と重慶を結ぶ遂慶線と2006年武漢〜広州線、2008年ハルビン〜大連線など、
3件を相次いで受注した韓国の海外鉄道市場進出事業が一瞬にして危機に落ち込んだのです。

[インタビュー:李シヨン 鉄道施設公団 建設計画所長]
「すべての鉄道建設事業が完璧な品質管理と施工を通じて行われるという事実に対して、
信頼感を確保するのに重点を置くようにします。」

 京釜高速鉄道建設ノウハウと時速350q級韓国型高速列車商用化、そして時速400q級高速列車開発を
きっかけに海外鉄道市場開拓に積極的に乗り出している我が国。

最近浮上した京釜高速鉄道2段階コンクリート枕木亀裂が
鉄道産業に大きい試練を与えています。

YTN、イ・ジョンウでした。


2009.3.5

英パンドロール締結装置採用でDB資 料を捏造して正当化根拠に。
+UIC「そんなことは言ってない」


コードレス通信…線路転轍機…高速鉄「雑音」
http://news.chosun.com/site/data/html_dir/2009/03/05/2009030501869.html

 高速鉄工事を取り囲んだ問題はその間絶えなかった。今度の枕木不良施工も透明ではない入札過程が問題中の一つだった。
 民主党キム・ソンスン議員は最近、「2段階区間列車コードレス通信システム(TRS)構築のための 事業者選定過程でも非理・癒着疑惑がある」と主張した。
金議員によれば、去年12月韓国鉄道施設公団がこの優先交渉者を選定する過程で90億ウォンをもっと高く使い出したLGコンソーシアムが選定された。
これについて金議員側は「公団通信部長出身である金某さんがLG社を選定されるようにロビーをした疑惑がある。」と言った。
これに対し公団は「公正な審査を経た」と返事した。

 2段階高速分岐器事業者選定時も同じだった。1段階時分岐器事業を引き受けた国内 Sampyo E&C社に代わり、
150億ウォンがもっと入るドイツBWG社
に変えながら、「安全を担保にするに値する実績がないから」と説明した。
これは2段階締結装置選定時、実績を無視して「費用節減と装備国産化」という論理で追いやったこととは違った。
当時監査院と国策研究院もこのような決定の不当性を指摘したことがある。
 また公団は、「レーダ2000軌道構造にパンドロ−ル社締結装置が使われる」と これと関したドイツ連邦鉄道(Deutsche  Bahn)ホームページ内容を抜粋して資料に振り撤いたが、実はこの部分は「分岐器に限って(for turnout sections)」という文章を略したまま作成されながら
分岐器に使われるパンドロ−ル社製品が、まるで(すべての)締結装置にも投入されるように誤読させる ように誘導した。
締結装置に対してパンドロ−ル社製品を使うという内容はなかった。

 また公団が、「現在の締結装置が国際的性能を満たす」と提示した国際鉄道連盟 (UIC)報告書も、
UIC代表から「公式報告書ではなくいのに、UICロゴが使われたことに遺憾を 示す」という抗議を受けた。
 公団は締結装置製造業社選定と関しても、2段階区間でパンドロ−ルコリア製品を使って、218億ウォンを節減したと明らかにしたが、
この過程で脱落業社の価格を脹らまして数値を操作した。
ありもしない附帯収入費用を追加して、もっと高い為替を適用して原価を計算
したのだ。
 国土海洋部高位幹部は、「その間鉄道関連公企業たちが外部統制をほとんど受けないで閉鎖的に運営されてい るのを見たら、
内部的に問題が生じても先送りする場合が多かった」と「これについて監視体系を徹底的に構築 しなければならない」と言った。


2009.3.4

建設事業者の鉄道施設公団(KR Network)だけでなく、
運行事業者側の鉄道公社(Korail)もスラブ軌道の経験不足で未だマニュアルすらなし

京釜高速鉄2段階手抜き工事どうか
http://www.seoul.co.kr/news/newsView.php?id=20090304025011&spage=1

 京釜高速鉄道2段階(大邱~釜山)工事のコンクリート軌道枕木亀裂事故による後遺症憂慮が出ている。
韓国鉄道施設公団が先月24日新しい工法導入による‘試行錯誤’を自認して波紋遮断に出たが、
各種疑惑と安全について不安感を解消することができなかった。

 まず高速鉄を運行するコレイルが憂慮を現わしている。
来年から公団から線路を引受けて列車を運行して維持補修を責任を負う当事者だからだ。
高速鉄道利用客減少について抜いても申し立てられる。2008年基準高速鉄道一日平均利用客は10万4000名。
現列車運行体系で最高水準に上がったという評価だ。

 しかし開通初期各種不良と安全についての疑惑が申し立てられながら、
2004年日平均利用客は7万1000人に過ぎなかった。6月には6万名余まで落ちたりした。

 コンクリート軌道に対しての維持補修も初めて経験することなので負担だ。
まだ補修と点検周期などのマニュアルも用意されていなかった。

ある関係者は“政府調査が進行中の状況で声を出せる位置がない。”と“不良資産を渡されることはできない。”と言った。

 政府と公団が意欲を見せている海外事業進出にも蹉跌が憂慮される。
中国鉄道に対する監理受注などで上がった信任度毀損が不可避になった。

 今年発注する計画で知られたブラジル鉄道建設事業見込みも不透明だ。
BOT(Build Own Transfer)方式であるブラジル鉄道事業は公団(監理)、コレイル(運営コンサルティング)、
ロテム(列車)などが参加して建設で運営まで引き受ける、初めてのトータル海外進出プロジェクトだ。
国家的に力量を集中する中、今度の事故がどんな影響を及ぶか見積ることが大変な状況だという。


仁川のモノレール工事でも欠陥発覚か

[現場24]モノレールに'ボルト代わりに溶接'...不良論難
http://www.ytn.co.kr/_ln/0103_200903040538469215


[アンカー]
 KTX2段階事業で施工会社が資材をむやみに変えて使った事実が最近確認されて、不良工事に対する批判がおこりました。
ところが仁川月尾島モノレール工事現場でも、ボルトを打ちこまなければならない所に溶接をするなど、
基本設計を変えた事実が現われて観光客の安全が憂慮されています。
パク・チョウン記者が報道します。

[レポート]

 月尾島(ウォルミド)浜辺に沿って6.3kmを循環するモノレール工事が盛んでいます。
軌道を支える柱との連結部分はモノレールを安全に守ってくれる核心装置です。
開通を5ヶ月控えて現在、連結部分には大部分で基礎溶接が終了されました。
問題は鉄板を溶かしてはんだ付けをする溶接方式が最初の設計と特に違うという点です。

[インタビュー:基本設計者]
「溶接構造に変えると言えばとても大きい欠点が発生されることができるのに、
大きな欠陥は軌道の変形、破壊能力を消化することができない。」

基本設計には230本あまりの柱ごとにボルト数十個が個別に連結するようになっているが、なぜか溶接に変わりました。
しかし秒速35m程度に吹く強くて湿った風と時速50kmで走る列車の重さを耐えようとすれば、
ボルトで堅く締めてくれなければなりません。

[インタビュー:モノレール工期評価委員会'審議技術士]
「列車がずっと走らなくても震動荷重をたくさん受けるからボルトにするのはよくないと思います。」

軌道に上げられるY字形ガイドレールも設計と違いボルトが消えました。
列車を移動させる核心装置であるガイドレールを支える装置がないと言えます。
設計とおりなら、この鉄板の上にボルト穴1万2,000余個が先に抜けて柱の上に上げられなければなりません。
施工会社は後でガイドレール支持装置をつけるという計画だが、まともに検証手続きを行わなかったのです。
工事を発注した仁川交通公社はまだ設計変更を承認していません。
専門家たちはガイドレールが少しでも搖れて信号を受信することができなければ、
ややもすると列車が急に止まるとか脱線することがありうる
と思っています。

[インタビュー:基本設計者]
「撤去をしてまた作業をするとか、でなければ格別の方法を捜さなければならないのに...
全般的な見直しが必要ではないかという気がします。」

施工会社である韓信工営は工事を進行しながら設計を変えたことは事実だが、安全性には何らの問題がないと釈明しました。
論難が続けば再検証を受けると言いながらも、公式的な立場表明は断りました。
来る8月開通を目標にしたモノレール事業には交通公社予算860億余ウォンが投入されました。


2009.2.27

'亀裂京釜高速鉄'はんだ付け式処方?
http://www.ytn.co.kr/_ln/0102_200902271848199764

[アンカー]
 京釜高速鉄2段階4工区区間コンクリート枕木で発生した
亀裂の原因を明らかにするために、来週から本格的な現場詳細な調査が実施されます。
しかし、部品選定が相応しかったのかなどの根本的な調査は計画されていなくて
はんだ付け式処方という指摘です。チェ・ジェミン記者の報道です。

[レポート]

 合同調査団の調査は大きく三つの分野で分けて実施されます。
まず現場詳細な調査が来週から本格的に実施されます。
大邱から慶州まで97km区間のうち、トンネル区間を除いた27km区間が集中の調査対象です。
この区間を6個で分けて亀裂が発生した330余個の枕木を含んで全1200個の枕木を調査する事にしました。
コンクリート枕木製造業社も調査対象です。

 亀裂原因を捜すための試験も実施されます。
枕木を埋め立てて製作したスラブ試験体の埋込栓中に水またはグリスを満たして、
零下20度まで冷凍させて枕木亀裂可否を確認するというのです。


[インタビュー:ヤン・シンチュ鉄道技術研究院・首席研究員]
"果してそうしてヒビが入ったらほとんど原因はそれと終結されることができるから、
私どもはこんな過程を重要に踏んで行っているのです。"

このようにして亀裂原因が把握されれば補修に出るという計画です。
しかし'レーダ2000'工法で始まった京釜高速鉄2段階事業で、
部品が変わるようになった理由と適合性などは調査対象から除かれました。


[インタビュー:金修三(キム・スサム)合同調査団長教授]
"技術的な検討をしているが国土海洋部が私どもに要請していないです。
ただ私どもは亀裂に影響を及ぼすことができる構造に対してだけ検討しています。"
このために国土海洋部と鉄道施設管理公団が根本的な解決策を提示するよりは、
先立って言及された疑惑たちを急いで覆おうと思うという指摘も出ています。

YTNチェ・ジェミンにだ。


列車無線でもロビー疑惑

京釜高速鉄2区間TRS構築ロビー疑惑申し立て
http://www.housingnews.co.kr/news/articleView.html?idxno=7488

キム・ソンスン議員(民主党)が去る2月25日、京釜高速鉄道の2段階区間列車コードレス通信システム、TRS
構築のための事業者選定過程について非理疑惑を申し立てた。

 金議員は報道資料を通じて“去年12月韓国鉄道施設公団が優先交渉者を選定する過程で、
LG CNSがソウル通信技術より90億ウォンも高い入札金額を使い出してからも優先交渉対象者で選定された”と明らかにした。

続いて金議員は、“韓国鉄道施設公団通信部長出身である金某氏がモトローラ関連社に勤めながら、
モトローラ製品を主要品で使うLG CNSが落札されるように施設公団にロビーをしたという疑惑もある”と付け加えた。


2009.2.26

締結装置の競争入札は出来レース!?

[単独]'不良高速鉄'鉄道公団解明もでたらめ
http://news.sbs.co.kr/section_news/news_read.jsp?news_id=N1000551435

<8ニュース><アンカー>
 欠陷工事で問題になった2段階京釜高速鉄道事業と係わって鉄道施設公団が解明をしたが、
この解明さえ偽りとわかりました。納品価格を操作して特定業社に便宜を与えたという疑惑が現われました。
キムテフン記者の単独報道です。

<記者>
鉄道施設公団が線路と枕木を連結する締結装置製造業社選定と係わって出した解明資料です。
去年EURO貨為替が急騰してドイツのフォスロ(Vossloh)を選定する場合、外貨を浪費する状況だったと明らかにしています。
フォスロへの製品価格が1個当り5万6200ウォンで、国内に製作するパンドロ−ルの価格
4万3450ウォンより102、750ウォンも高いということです。
しかし公団側が提示したフォスロへの価格はでたらめでした。

 公団はフォスロへの6月2日付見積り価格を土台としながらも、レートがもっと高かった5月29日の1620ウォンを適用したし、
ここに関税など輸入附帯費用5100ウォンを加えました。
 しかしフォスロへの見積りでは輸入附帯費用が別に追加されない方式だったし、締結装置は無関税商品でした。

[関税庁関係者:(高速鉄道締結装置関税率がどうなるのか調べようと思う。)関税率 0%になっています。]

 公団側がありもしなかった輸入附帯費用を追加して、高いレートを適用してフォスロへの製品価格を脹らましたのです。
 2段階事業でドイツ系フォスロの代わりに、価格が半分しかならないイギリス系パンドロ−ルを
選定して218億ウォンの事業費を節減したという解明も偽りです。
 1段階高速鉄道事業でフォスロ社が納品した締結装置の最終価格は
4万1千ウォンで2段階事業に使われたパンドロ−ル社価格と似ています。

鉄道施設公団はこれに対して慣行によって資料を作成したと解き明かしました。


2009.2.25

ついに開通延期も視野か!?

京釜高速鉄開通延期可能性
http://news.khan.co.kr/kh_news/khan_art_view.html?artid=200902251742395&code=940100
 不良枕木などで論難をもたらした京釜高速鉄道2段階区間の開通延期可能性が申し立てられた。
韓国鉄道施設公団金相均(キム・サンギュン)副理事長は25日、大邱市役所で開かれた記者会見で、
「京釜高速鉄道2段階区間(大邱~釜山)枕木を全量入れ替わらければならないという合同調査団結果が 出る場合、
来年末路予定された開通日を見直しなければならない」
と言った。

また「調査結果、枕木を変えるとしたら全量入れ替えなければならない」と、
「開通期間にこだわらなくて、安全性に問題が発生しないように根本的に全過程を再点検する方針」と明らかにした。
金副理事長は“あらゆる枕木に対し非破壊検査を通じて亀裂疑心可否を確認中”と説明した。


2009.2.24

英メーカーへの便宜供与、ドイツメーカーへの懐柔工作浮き彫りに…

KTX締結装置選定特恵疑惑
鉄道施設公団、実績ない会社に工事発注
http://www.naeil.com/News/politics/ViewNews.asp?nnum=455293&sid=E&tid=2
 京釜高速鉄道(KTX)2段階4工区軌道工事枕木亀裂事故と関連、亀裂原因になった締結装置を選定する 過程でも特恵疑惑が申し立てられている。
締結装置はレールを枕木に固定させる部品でコンクリート軌道の性能と列車の走行安全性を確保する重要な要素だ。
現在KTX2段階区間設計に反映された‘レーダ2000’という軌道構造は、ドイツフォスロ社の‘システム300-1’という
締結装置を使ってドイツ連邦鉄道の認証を受ける軌道構造だ。
現在ドイツはもちろん、オランダスペイン台湾などで使うレーダ2000にはすべてフォスロ社の‘システム300-1’が使われている。
しかし鉄道施設公団は、京釜高速鉄道2段階区間でこのフォスロ社の‘システム300-1’の代わりに
イギリスパンドロール社の‘SFC(Single Fast Clip)’を適用した。

◆安全性‘検証中’
 問題はパンドロール社のSFCはレーダ2000工法に一度も使ったことがない締結装置というのだ。
だから時速300q以上に走る高速鉄道での安全と性能に対する憂慮が絶えず申し立てられた。
 レーダ2000軌道構造の源泉技術保有社であるドイツレールワン社でもSFC締結装置使用に対して‘検証中’という理由で
安全性などに対して確かな返事を出していない。
 2005-2006年設計が進行される当時から公団内部ではパンドロ−ル製品に対する問題申し立てがひどかった。
当時実務責任者だった一幹部は“2006年設計を控えてコンクリート軌道にドイツ製締結装置を使わなければならないと
説明したが全然反映されなかった。”と“イギリス製締結装置適用時憂慮される部分を言ったが、
むしろ(競争業社の)ロビーを受けたことで追いたてる雰囲気だった”と当時状況を伝えた。
当時理事長は現鄭鍾煥(チョン・ジョンファン)国土海洋副長官だった。
 これに対して鉄道施設公団は“パンドロ−ルのSFCは実績が不足だが、現場よりもっと苛酷な条件での国内外実験を経って性能を認められた”と
“安全に問題がない”と解き明かした。
しかし安全性に対する疑心が消えないない状況で特定会社製品を固執した公団側の決定は釈然としない部分が多い。


◆“5工区工事与えるから請願申し立てないでね”
 鉄道施設公団が去年KTX2段階5工区の締結装置を決める過程はこんな特恵疑惑をもっと濃くする。
パンドロール社のSFCの安全に対する問題が絶えず申し立てられると、鉄道施設公団は2008年3月7日
‘レール締結装置処理方案’という内部方針を立てた。監査院監査と2007年国政監査で指摘された内容に対する後続措置だった。
この方針にはKTX2段階4工区は現在契約になって工事中区間で使用中のパンドロール社のSFC締結装置を、
変更しにくい位発注予定である5工区にはパンドロール社のSFC代わりにフォスロ社のシステム300 -1を使うという内容が入っている。
 鉄道施設公団はまた、パンドロール社製品の安全性に対する問題申し立て根源がフォスロ社と見て、
この会社を懐柔しようと試み
たりした。公団某幹部が3月11日フォスロ社韓国代理店代表取締役を公団と呼んで
当時理事長(李聖權/イ・ソングォン)と面談するようにしてこのような内容を伝達、これ以上の請願申 し立てによって
工事に差し支えがないようにしてくれと頼み
までしたことで確認された。
 しかしどういうわけか、このような決定は6月4日‘レール締結装置処理方案見直し’という内部方針を通じて変更されて、
またパンドロール社製品を使うことで最終決まった
 業界関係者は“大規模国策事業を決めるのにこのように基準と原則もなしに何箇所企業等に引っぱれるのか理解することができない”と
これは業社と設計会社、一歩進んで鉄道施設公団まで癒着されているしか他に解釈するあてがない” と言った。
これに対して鉄道施設公団関係者は“ウォン価切り上げ、EURO価急騰など値上げ要因が発生しながら、
フォスロ社製品が46億ウォン位の値上げ要因があった”と“国益のためのやむを得ない決定” だったと解き明かした。


2009.2.23(2.24更新)

【英国のせいにできないニ ダ!】締結装置のボルト、英国メーカーではなく、韓国企業が作っていた。

2段階高速鉄不良施工、仕様書とは違い (フックボルト)製作は別会社
http://news.sbs.co.kr/section_news/news_read.jsp?news_id=N1000549436

<8ニュース><アンカー>
2段階京釜高速鉄道の総体的な不良施工、その実体が一つ一つ現われています。
今回枕木亀裂を起こしたフックボルトが仕様書とは全然違うように製造された事実がわかりました。

キム・テフン記者が取材すみだ。

<キム・テフン記者>
 高速鉄道レールを固定させる締結装置と枕木を連結するフックボルトです。
鉄道施設公団が作成した資材仕様書には、今度コンクリート枕木の亀裂ができるようになった
フックボルトが枕木ではなく締結装置の部品になっていま す。

当然締結装置製造業社であるパンドロ−ル社が作らなければなりません
しかし不良と判明されたフックボルトは枕木製造業社であるチョノン・レールワン 社が作りました。
鉄道施設公団はこのような事実もまともに分からなかったです。

[鉄道施設公団関係者 : (フックボルトが枕木の部品ですか、それとも締結装置の部品ですか?) 問題になったフックボルトは枕木部品で…
(仕様書には何の部品になっていますか?) 仕様書に… これは証拠は締結装置に…
少々お待ちくださいとにかく締結装置に入っていたことみたいで。]

鉄道施設公団は作業便宜上、枕木製造業社が締結装置の部品を作ったと明らかに しました。

[鉄道施設公団関係者 : 誰でも作ることができるという意味です。仕様書にはそうさせただけです。
他の構造物やこのようなこともそのような表現や仕様書規定があります。]

国土海洋部は欠陷工事疑惑が申し立てられた高速鉄道2段階事業に対して、
明日(24日)から一ヶ月間民官合同の調査に乗り出す事にしました。


「独自工法」は英仏独のツギハギ

2段階工事<大邱-釜山>全過程不良疑惑
'高速鉄枕木だけ不良'?
独の枕木・英のレール装置・仏の制御システム「変な組合」
レール間隔縮小問題…不良枕木業社選定も疑問
http://news.chosun.com/site/data/html_dir/2009/02/24/2009022400060.html

 不良枕木で亀裂が発生した京釜高速鉄道(KTX)大邱〜釜山間2段階工事に対し、
技術道入過程から設計→業社選定→施工→監理にのぼるまで全過程で疑惑がはみでている。
韓国鉄道施設公団は「製作業社の判断手違いによる不良品生産と、不始末な監理せいでもたらした単純な事故」と言いながら
「安全に問題がなくて、予定されている来年12月開通に蹉跌がない」と明らかにしているが、
検証が駄目な変種工法採択から特定業社選定疑惑、安全性確保不十分など事業全般が疑問だらけだ。
国土海洋部は専門家合同調査団を立てて、去る17日から一月日程で全体枕木を精密調査している。
また23日には「民官合同特別点検団を立てて24日から約一ヶ月間、事業全般にかけて総合安全点検をする」と明らかにした。

◆絶縁に脆弱で電気信号もつれかねず

 今度軌道はドイツレールワン社の特許技術である「レーダ2000」工法を基礎で作られた変種コンクリート軌道だ。
源泉技術と違い、レールワン社 の枕木、イギリス・パンドロ−ル社のレール締結装置、フランス式「レール信号方式列車制御システム」が組合わされた。
だから軌道業界と専門家たちは「列車制御システム、レール軌間縮小などの問題が発生しかねない」と指摘した。

 まず絶縁に脆弱で列車制御に問題があるという指摘が出た。事業初期設計諮問 を引き受けたある諮問委員は、
「この枕木は『ラティスガーダー』という鉄筋が露出していて、
この鉄筋がコンクリート敷設時入って行く鉄筋と重なってレールから流れる電気信号がもつれることができる」と、
「こうなれば列車間の間隔がチェックされなくて、レール上で列車がぶつかる大型 事故につながりかねない」と言った。
また彼は、「公団は絶縁コーティングをしたとしても、今度のように監理が不良だったら、
施工過程でコーティングがはげたことがあって精密点検が必要だ」と付け加えた。

これに対し公団イ・クァント軌道建築チーム長は「随時に電気信号についてチェックをしていて、安全運行に何らの問題がない」と言った。

◆レール間隔縮小問題も発生

レール間隔が縮まっているという指摘もあった。レールワン社は去年2月、コンクリート道床敷設前にレールを仮組み立てし た当時、
「レール間隔が縮まっていて解決策を捜している」という報告書を出した。
報告書は「レール間隔が仕様書の許容誤差範囲である±2mmの2倍以上の-4mmで出たし、調査区間25所中16所が誤差範囲を越した」と
「これは外国の事例に比べて多い数値だった」と明らかにした。
またレールワン側はこのような現状の原因に対し、「レーダ2000枕木に初めて使われるパンドロ−ル締結装置が相当な役目をしていることとみえる」とし た。
 軌道業界関係者は「レール間隔が減る現象は列車が脱線しかねない大きい問題」と言いながら
「検証されてもない工法である位、各段階別で几帳面に計算してみなければならない」と言った。

しかし公団側は「仮組み立て段階では軌道間隔が許容範囲を越したことがあるが、
本施工時コンクリートを敷設してからはレール間隔を直した。」と言った。


◆不良枕木業社選定過程疑惑

 枕木はレールワンが設計したので、事実上レールワンとの技術協約が前提條件だった。
最初大邱〜蔚山(第4工区)区間には不良枕木を生産したチョノン・レールワン(有)など2つの会社が施工会社であるサムピョE&Cと、
蔚山〜釜山(第5工区)区間にはチョノン・レールワン(有)とTMトラックシステム(有)が軌道公営とそれぞれ納品契約を結んだ。
 この過程でレールワンと提携をできなかったある会社は事業をあきらめたし、提携をした2社だけ残った。
このうちチョノン・レールワン(有)が全体枕木39万8244個の80%の31万8922個を納品するようになった。
公団は「1段階(ソウル〜大邱)工事に参加した5社に皆参加機会を与えたが、大部分生産設備増設など投資余力がなくて参加できなかった」と言った。
 しかし、事業をあきらめたある業社関係者は「提携をするためには10億余ウォンの設備投資額が入らなければならないし、
10年以上枕木を作った経験があっても、提携をしなければ納品をできないようにしておいてあきらめるしかなかった」と言った。
今回零細だった国内枕木生産業社6社中3社が門を閉めたことで知られた。

公団側は資材購買仕様書に「レールワン技術の枕木を納品してみたとか、技術を提携した業社」という条件をつけておきながらも、
「品質のために基準だけ提示しただけで特定業社を選定しようと思ったのではない」と主張している。


◆締結装置選定も不適切論難

 レールを枕木に固定させて与える'締結装置'選定過程も論難だ。
ドイツ・フォスロ(Vossloh)社の締結装置である「システム300-1」を使うようになっている'レーダ2000'工法に
イギリス・パンドロ−ル社の「SFC(Single Fast Clip)」を適用したこと。
'レーダ2000'工法の軌道にこの締結装置が使われたのは今度が初めてだ。
 だから'SFC'は時速300q以上に走る高速鉄道での施工実績が些細で、安全と性能について憂慮が申し立てられた。
設計が進行された2006年公団自体会議である幹部は、「パンドロ−ル製品は実績がなくて品質を確信できない。
1段階区間で試験敷設が必要だ」と指摘したが、当時鄭鍾煥(チョン・ジョンファン)理事長(現国土海洋部長官)が、
「現在運営中の区間で試験施工をすることはできない。」と
「パンドロ−ル製品は品質について憂慮があるので、外国試験機関で性能試験を再び経よう」と言った。

 これによって公団は再試験などを経て、
(仕様書を)イギリス・ドイツ二製品全てを使うように直した
しかし施工会社であるサムピョE&Cは「設計図にパンドロ−ル締結装置が主部品になっていて、当然パンドロ−ル締結装置を選択した」と
「私たちは公団が決めてやった業社から出た製品で施工だけしただけ」と言った。

 'SFC'国内生産業社であるパンドロ−ルコリアは、「現場よりもっと苛酷な条件での国内外試験を経て性能を立証受けたし、
施工実績も国家別実情によって設計が少しずつ違うだけの日本など違う国に施工された実績がある」と「正常な手続きどおり競争して選定された」と言った。


2009.2.22

欠陥工事の第4工区(大邱-蔚山)に続き、第5工区軌道工事(蔚山-釜 山)も独韓連合が落札、公団の便宜供与疑惑がより濃く。

高速鉄5工区枕木も特定業社'独占'
http://imnews.imbc.com/replay/nw1200/article/2289614_2769.html

 枕木破裂事故が起こったは京釜高速鉄道第4工区だけなく、2段階工事の第5工区にも問題の特定業社枕木が独占供給され ることがわかりました。
鉄道施設公団と関連業体によれば、
5工区に枕木を供給することに 契約を結んだ某会社も、
ドイツのレールワンが持分を保有している会社で
来る3月から8万個の枕木を独占供給する契約を結 びました。
 これによってドイツレールワン社が特許を保有した工法に当たる、特定枕木を使うように条件をつけて特定業社に恩恵を与えたのではないかという疑惑が拡散 しています。


KTX第5工区にも事故出した業社が枕木供給…便宜供与論難 [2009.02.22 18:07]
http://www.kukinews.com/news2/article/view.asp?page=1&gCode=eco&arcid=0921200539&code=41141111

[クッキー経済]
 京釜高速鉄道(KTX)2段階区間(大邱〜釜山)の第5工区にも、‘不良枕木’を納品して亀裂事故を起こした第4工区と同じ
特定業社が枕木を事実上独占供給することにした便宜供与疑惑がおこっている。
 鉄道施設公団関係者は22日、“京釜高速鉄道2段階第4工区(大邱〜蔚山間136q)と同じく5工区(蔚山〜釜山間117q)にも、
ド イツ・レールワン社が投資して設立した韓国子会社である‘TMトラックシステム’が 来月から枕木を納品する予定”と明らかにした。

 レールワン社は高速鉄2段階軌道工法‘レーダ2000’の特許を保有した業社で、国内業社であるテーミョン実業(株)が
35対65の持分で有限会社であるTMトラックシステムを設立
、チョノン・レールワンと一緒に
第5工区にそれぞれ8万個と10万個の枕木を供給する計画だ。
 
レー ルワンは国内業社であるチョノン工業(株)が55対45持分で有限会社であるチョノンレールワンを設立、
第4工区に枕木21万あまりを独占供給
して、先の枕木亀裂事故を出した。
これによって京釜高速鉄道2段階区間枕木は全てレールワン側の子会社たちが供給するようになる。

 鉄道施設公団側は2004年枕木生産仕様書(設計などで図面で現わせない事項を文書で記したこと)に、
‘レーダ2000工法に当たる枕木を生産できる技術を持っているとか、納品した実績がある業社、
またはレールワンから技術移転を受けて製造及び設備施設を取り揃えなければならない’と言う条件をつけて
枕木工事入札に出ながら、特定業社に便宜供与を与えたという疑惑を受けている.

さらに鉄道施設公団側は枕木亀裂が起きた後、国会国土海洋委員会に報告した資料で、
TM トラックシステムについての説明なしに、まるで別個の会社のように“テーミョン実業が第5工区に参加するなど
2社以上が資材を供給するようにして
便宜供与ではない”と解き明かした。

 国土海洋部と鉄道施設公団側はレーダ2000工法を使いながら、関連技術を持ったドイツ・レールワンと合弁した会社が
枕木を供給するのは当たり前
だと便宜供与疑惑を全面否認した。
国土部関係者は“レーダ2000工法は京釜高速鉄道1段階トンネル区間で使った技術を発展させたこと”と言いながら
“敷設当時には全世界に36q区間しか設置されなかったが、現在は全世界408q区間に使われた検証された方式”と言った.

 国土部は
ただ、第4工区で枕木とレールを連結させる部品であるボルト(埋立栓)の充填材を、
防水材の代わりに吸水材を使って亀裂が発生した経緯に対しては、徹底的に糾明するという方針だ。

また第5工区に供給される枕木に対しても、不良可否を確認するように指示した。

国民日報クッキーニュース キム・ヒョンギル記者


2009.2.20

【計画倒産フラグ?】施工不良の損失額、業者の保険で賄えず国庫支出ほぼ 確実?

京釜高速鉄不良,どこまで?
http://www.dailian.co.kr/area/news/n_view.html?t_name=dc_news&id=12979

ry
引き継いでこの議員は、元請け業者であるサムピョE&Cの保険加入額に対しても、
“全体工事契約金970億ウォンに比べて法外に不足な390億ウォンに過ぎない
ことがわかった”と
“全面入れ替えの場合、数百億ウォンに逹する国庫支出は火見るより明らか”と国庫損失を憂慮した.

この議員はこの日“結局全面的な再施工が不可避な状況で、数百億ウォンが充当される国庫無駄使いに対し、
総体的な不良責任がある公団側がどんな責任と対策があるのか”を詰問した。


崩落していた金井トンネル、3ヵ月後に修復完了見込み

鉄道公団,金井トンネル復旧4月10日まで完了
5月30日まで工事仕上げ…“安全,被害防止ためのトンネル埋設(盛土充填)工法”
http://www.asiae.co.kr/uhtml/read.php?idxno=2009022016373803022

 高速鉄道2段階工事区間中最近土と石が崩落した金井トンネル復旧が、
4月10日まで終わってトンネル工事は5月30日まで仕上がる。

 韓国鉄道施設公団は20日、言論の金井トンネル工事問題地籍と関連、このように明らかにして
‘トンネル埋設’を施行した区間(27m)が軟弱地盤に使われる特殊工法
(鋼管多段グラウティング工法)を適用する予定だと説明した。

 工事区間(14-2工区)が代案入札方式によって契約が結ばれた所で全額契約者負担で復旧が成り立つ。
鉄道施設公団はまたKBSの‘金井トンネル一部崩壊’報道に対し下部反断面を掘っていく過程で
もう貫通されたトンネル左側側壁に施工したショットクリートに一部亀裂が生じて土砂が落ちたのだと解き明かした。

 土砂が崩れた区間は地盤が弱くて上・下部に分けて掘り進み、上部半断面(1/2断面)を去年12月6日貫いた後、
下部半断面掘削過程で貫通されたトンネルの左側側壁ショットクリートで問題が生じたということ。

 金井トンネル工事は検証を経て一般化されたNATM工法で設計・施工されたし、土中は岩盤と土質が不連続的に成り立って
掘削をして行きながら地盤状態によって掘削方法を変えるようになる。

鉄道施設公団は工事の安全な推進と追加被害防止のために現場で一般的に適用する‘トンネル埋設(盛土充填)’を施行した。

 トンネル掘削工事中にはたまに変位または土砂崩れ現象が発生していて、
この時は安全施工のためにトンネル埋設(盛土充填)をして地盤補強と並行して特殊工法で再び掘鑿する。
土砂が崩落した所は京釜高速鉄道14-2工区金井トンネル中へソウル基点394kmにある地点だ。


ソウルの地下鉄でもコンクリ軌道の亀裂発生

コレイル,盆唐線精密点検後問題部門補修
アジア経済記事 2009-02-20 14:39

http://news.empas.com/show.tsp/cp_ae/20090220n09064/

コレイルは20日‘KTXに引き続き、首都圏地下鉄である盆唐線軌道 コンクリートでも亀裂が発見された’と言うマスコミ報道に対し精密点検をして問題がある所は直ちに補修することにした。
 コレイルはこの日説明資料を通じて‘コンクリート枕木周辺に7.5mにのぼる亀裂が発見された’と言う指摘に対しコンクリート道床亀裂は今まで施工会社 の過失報償などをしてきていて、安全運行に差し支えがないと明らかにした。

 盆唐線2段階区間は2003年竣工後、欠点補修期間(5年)中にコンクリート道床亀裂が生じて
‘発生原因及び補修・補強対策診断業務(2004年8~9月)’を行った結果、
施工ミスとわかって施工会社と監理業社が2004~2005年過失補償をした。

 コンクリート軌道は底面である躯体とその上に道床コンクリートを設置して、その道床上に再び枕木置かれている構造だ。
精密診断業務結果、道床コンクリート端の部分にコンクリート養生時、水気侵入防止用水膨脹止水材が微細亀裂を起こしたし、時間が経ちながらひびが入るとか 振動ことが生じたことと分析された。

今亀裂が生じた所は、レールと直接触れる枕木部分がなく道床コンクリート部分で、列車安全運行には差し支えがないというのがコレイル説明だ。
軌道構造上レールと枕木締結構造は異常がなくて枕木を直接支えてくれる道床コンクリート下には亀裂がないということ。

 コレイル関係者は“短期間に直接的なレール離脱所持がなくて列車安全運行に影響を受けない”と言った。
コレイルはこれからの対策で韓国鉄道施設公団と協議、盆唐線全体区間を精密点検して、
亀裂が生じた所は早い内に補修する計画だ。

 補修方法は道床亀裂が生じた所は湿潤エポキシ樹脂剤で振ることを補って、道床コンクリート隙間補修は
止水コンクリート(手元でも固まるコンクリート)で満たすようになる。
 コレイルは線路巡回点検も強化する方針だ。亀裂発生区間に対し線路巡回と定期検査を特別管理して
問題が現われれば直ちに手入れする予定だ。

首都圏電車盆唐線は宣陵-梧里(盆唐)間25.5q複線電鉄で1990~2004年建設された。1段階(水西~梧里間18.5q)は1994年9月1日、
2段階(宣陵~水西間7q)は2003年9月3日開通した。


補修の公団vs全面交換の国会

京釜高速鉄道不良施工に引き継いだ不良補修補強対策
チョン・ジンソク、現在設置された枕木全量入れ替えしか対策なくて

http://www.newscani.com/news/129975
 京釜高速鉄道コンクリート枕木不良施工と関連、現在設置された枕木を全量入れ替えない場合、
再び枕木亀裂などの事故が発生しかねないという主張が申し立てられた。
 自由先進党チョン・ジンソク(鄭鎮?)議員は、19日開かれた国会国土海洋委員会
「京釜高速鉄道コンクリート枕木不良施工に関する緊急懸案報告」で、
不良施工の韓国鉄道施設公団(以下公団)の対策に深刻な間違いがある」とこのように主張した。

 チョン議員は公団から提出を受けた不良施工以後開催された「枕木亀裂関連対策会議議事録」資料を分析した結果、
「公団で提示している枕木を入れ替えてグリスを充填するのは、『充填量が少ない場合水が蓄積されて、
充填量が多い場合オランダの場合のように、ボルト締結のときに油圧によって枕木の破損が憂慮される

という製作社チョノン・レールワン社の関係者の意見があった」と指摘した。
 チョン議員は「チョノンレールワンのドイツ技術者が提示している損傷部位除去後、トックスモルタル施工及びスチールスリーブを挿入するのは
材料が鉄材によって鉄筋と接触のときには深刻な信号障害が予想される』という公団関係者の意見が あった」と言った。

 チョン議員は「いかなる方法を使っても(補修では)京釜高速鉄道の安全を担保 にすることはできない」
「もう設置された枕木の全量入れ替えが必ず必要だ」と
「なによりも最も重要なのはまず安全で、完工予定時期が少し遅くなるとか予算がもっとかかるとしても
事故を未然に防止できるまともな対策を用意しなければならない
」と主張した。


公団と業者の癒着疑惑が深まり…

[高速鉄2段階手抜き工事‥もたげる疑惑]
http://news.mk.co.kr/newsRead.php?sc=30000021&year=2009&no=108937&sID=300
 京釜高速鉄道(KTX)2段階工事の枕木亀裂事態が総体的な手抜き工事に拡がりながら、
事故再発防止と運行安全性確保などのために明らかにしなければならない疑惑と課題もしっぽをかんでいる。
 20日韓国鉄道施設公団によれば、公団側は今回の枕木亀裂が技術的な判断手違いと不始末だった
監理・監督だからもたらしたことに問題の原因を回しているが、
軌道構造選定過程から設計指針違反、未検証技術の導入などあちこちが疑問だらけだ。

◇なぜ防水材の代わりに吸水材入れたか
 今度の亀裂発生の直接的な原因は、コンクリート枕木とレールを連結させる部品である
「ボルト」の充填材に防水材のかわりに吸水材が使われたから。
 枕木納品業社であるチョノン・レールワン側は19日国会懸案報告で、
「製品設計仕様書の外国語翻訳過程で誤訳など単純な技術 的間違い」でボルト充填材が防水材から吸水材に逆になったのだと主張した。

しかし枕木専門製造会社がボルト内部に水が染みこむのを阻むために、
防水材を入れなければならないという基本的な事実を見逃したまま正反対に吸水材を入れたという事実は易しく納得しにくい。
 特に設計仕様書に防水材を入れるように指摘していることに、
納品業社が監理会社や鉄道施設公団側に申請もなく、なぜ任意に充填材を変えたのかも糾明しなければならない部分だ。

◇なぜ性能未検証の工法取り入れたか

 枕木とレールを固定させるもう一つの重要装置である「締結装置」に性能検証がだめな会社の製品を取り入れたのも論難の種だ。
高速鉄道2段階区間の締結装置で導入したイギリスパンドロール社の「SFC(Single Fast Clip)」は、
時速300q以上で走る世界高速鉄道どの場所にも設置されることがなくて安全性と性能が立証されなかった。
(※TGV東ヨーロッパ線ではバラスト軌道ながらも採用されてるので、韓国側の調査不足部分も否定できな い。)
監査院も去る2007年に行った監査でこの「SFC」締結装置は性能が十分に検証されなかったと指摘した。

特にドイツ・プフライデラー Pfleider社が最初に開発したコンクリートレール工法である「レーダ2000」は
フォスロ社の締結装置である「システム300-1」を使って認証を受けたということで、
国内にはSFCが導入され、性能保障さえ難しい状況
だ。
 これに対し鉄道公団側は原価低減(80億ウォン)と国産化などを勘案してこのように決めたと明らかにしているが、
国民の生命を担保にする国策事業に検証された製品を差し置いて、
なぜ性能検証が十分でない製品を無理矢理に導入したのか相変らず疑点で残る。

◇軌道工法選定に便宜供与はなかったか

 鉄道施設公団が去る2004年12月軌道設計業務を入札しながら、ドイツのレールワン社の特許工法である
「レーダ2000」を使いなさいと製品仕様書に明示したのも便宜供与疑惑を生んでいる。
 入札公告の時特定工法を表記しておいて落札業社に技術提携を承諾するようにしたことは
特定業社だけ入札に参加するようにしたわけで、形式だけ公開入札であるだけで、事実上の随意契約に違いないからだ。
施設公団はこのような点を意識して、実際供給契約はチョノンレールワン(有)、(株)Sコンクリートの2社としたが、
Sコンクリートは僅かな値段の不渡りで閉業し、チョノンレールワンのための置物会社だったのではないかとい う疑惑
さえ買っている。

◇最初どおり2010年末開通可能なのか

 鉄道施設公団は肉眼で亀裂が確認された枕木を全量入れ替えて、亀裂が発生しないあらゆる枕木に対しても、
非破壊検査を通じて亀裂が疑われれば入れ替えることにした。充填材にスポンジが挿入された1万5千あまりのものボルト全部も入れ替える。
また枕木亀裂が発生した区間の補修作業と、残り軌道区間の施工作業を竝行する方法で、来る2010年末高速鉄道開通には蹉跌がないようにする計画だ。

 しかし国土海洋部と各界専門家で構成された「専門家合同調査団」の原因調査で総体的な不良が現われれば、
全面再施工などが不可避なことで見えて、工事引き延ばしなどが憂慮される。
 何より責任所在を選り分けることために国会次元の検察捜査依頼などが挙論されていて、
司法機関の捜査が着手される場合、原因糾明と補修、施工作業などがもっと引き延びになる可能性も排除できない。
鉄道施設公団のある関係者は、「専門家合同調査団の調査を通じて原因を糾明して根本的な対策を講ずる計画」と
「2010年開通に蹉跌がないように最善の努力を尽くすこと」と言った。


レール敷設精度もOINK。ドイ ツの指摘にもケンチャナヨ対処

[単独] 2段階高速鉄レール間隔縮小…脱線憂慮
http://news.sbs.co.kr/section_news/news_read.jsp?news_id=N1000547422
<8ニュース>
<アンカー>
 次の消息です。枕木亀裂が現われた京釜高速鉄道2段階工事の総体的不良が憂慮されます。
枕木問題に引き続いて、レール間隔まで一定しなくて、脱線の憂慮があると いう事実がわかりました。
KNN パクソンフン記者です。

<記者>
 大邱から釜山まで高速鉄 2段階の諮問会社はドイツレール専門業者であるレールワンです。
ところがレールワンがもう去年 2月、レール間隔が縮まっているという報告書を出しました。
 レールワンは報告書で大邱-蔚山区間に設置されたレール内側の間の間隔、
すなわち軌間が細くなっていて解決策を捜していると明らかにしました。

 また軌間縮小は仕様書許容誤差範囲である±2mmの 2倍以上の -4mmと 明らかにしました。
この結果は他の国と比べて多くの差があるとも言及しまし た。
一部の調査区間 25ヶ所のうち、誤差範囲を越す所だけでも 16ヶ所に至ります。

専門家たちは、時速300kmで走る高速鉄から、これ位の数値は深刻な問題を誘発することができると指摘します。

[00大学教授 : 軌間が細くなるようになればよく動くことができないです。
よく動かないということはレールを乗り上げることができる条件になります。]

問題を認識した施工会社側はレール間に鉄棒を挟む彌縫策で補正をして来た事 実もわかりました
レールワンはレールを固定させる締結装置を設計とは違い、イギリス式を取り入れたのが原因である可能 性を申し立てています。

枕木問題に引き続き、軌間縮小というレール構造問題が隠蔽されたこととわかると
高速鉄不良余波はもっと拡散するように見えます。


2009.2.19

独・ 英→韓の翻訳ミスが判明w ドイツ、法則回避に必死

"高速鉄 枕木納品業社設計仕様書翻訳間違い"
http://news.mk.co.kr/newsRead.php?sc=30000021&year=2009&no=107854&sID=300

 最近懸案で目立った大邱〜釜山高速鉄道(KTX) 工事区間の枕木亀裂事態を調査する過程で、
枕木を納品した業社がドイツから送った設計仕様書を(韓国語に)翻訳する過程で、間違いがあったこ とが 19日わかった。

 高速鉄枕木生産業社であるチョノンレールワンの金淳哲(キム・スンチョル)代表取締役は、この日午後国会国土海洋委が開催した
京釜高速鉄道不良施工緊急懸案報告に陳述人に出てドイツレールワン社に送った"製品設計仕様書の翻訳過程でミスがあった"と言った。

 金代表取締役はそれとともに "図面上に 「吸収材」・「防水剤」 などのハングルを英語やドイツ語から移すときに内容が間違った"
"しかし翻訳が下手でも私どもが (ドイツで受けた) 製品を試したらこんな事が発生しなかったこと"と言った。

 独社レールワンのプロジェクトマネージャーでチョノンレイルワンの代表であるマーティンピンクさんも
ドイツ技術陣の責任を問う質問に "ドイツレールワンは責任を負うことができないと思う"
"韓国語に翻訳する過程でミスがあって設計自体の問題で はない"と言った。

 一方与・野党議員たちは、この日懸案報告で、崔壯賢(チェ・ジャンヒョン)国土海洋部第2次官、
金大永(キム・デヨン)韓国鉄道技術公社代表取締役などを相手に
枕木亀裂事態の原因と責任を追及しながら真相糾明のために監査院監査及び検察捜査を促した。


安全とは言えない金井トンネル

["本当安全なのか?"憂慮一杯な金井トンネル]
http://news.mk.co.kr/newsRead.php?sc=30000022&year=2009&no=106423&sID=300

 トンネル壁にひびが入ったまま貫通式を開催したことがわかったKTX大邱-釜山区間金井トンネルに、
前でも大きくて小さい事故が発生するか分からないという指摘が零れ落ちている。
 19日釜山環境運動連合によれば、金井トンネル区間には東莱断層台と梁山断層帯に属する活性断層が 密集しており、
トンネルが南北方向に断層台と並行して抜けて全区間が断層活動の影響を受ける
ことがわかった。

 釜山環境運動連合ク・ジャサン代表は"いっそトンネルが断層台を貫けば貫通部位だけ安全対策を立てればいいが、
並行する場合、どの部位でまた事故が起こるかわからない"と"金井トンネルは設計から誤ったこと"と主張した。
ク代表は"早いうちに民間調査団を構成して事故原因を把握して、必要だったら政府に共同調査を要求する計画"と明らかにした。

 政府と鉄道施設公団が難工事区間で数えられた金井トンネルの貫通を広報するために、
急いで貫通式を進行したのではないかと言う指摘
も申し立てられた。

 プサン大地質学科ハン・セヤン教授は、
"事故区間のショットクリート(※吹き付けコンクリート)で亀裂が発生したことで分かっている"
と"ショットクリートは工事中、土や石が落ちるのを防ぐために臨時でセメントを塗っておいたのに過ぎない"と指摘した。
セメントを厚く塗ってトンネル壁を固定するライニング作業まで進行するとトンネル工事が終わるのという説明だ。
 ハン教授は"ショットクリートだけ打っておいて貫通式を開催したのは、建物骨組みだけ立てておいて
引っ越し祝いをするとお客さんを招待した体たらく
"といいながら"常識的には腑に落ちない"と言った。

 工法の安全性問題も申し立てられた。亀裂が発見されたソウル基点394q区間の工事は
発破技法であるNATM(New Austrian Tunneling Method)工法で進行された。
NATM工法は作業進行速度が早くて経済性がすぐれた長所だが発破過程で地盤の変動を起こすことがある。

 プサン大地質学科ソン・ムン教授は"金井トンネル区間のように断層帯と軟弱地盤が集中された地域で
NATM工法を間違って使えば深刻な事故が起きかねない"と言った。
ソン教授は"NATM工法は地盤自体が自ら支持力があると仮定して、ショッククリートとロックボルトで地盤を強化した後に
工事を進行するが、断層帯や軟弱地盤では地盤の支持力がめっきり落ちる"と指摘した。
彼は"工期を減らすためにNATM工法を使ったのではないか疑わしいだけなく、発破が終わってショッ トクリートを
打っておいた部分で亀裂が発生したら、地盤の支持力さえ過って計測した可能性が高い
"と指摘した。

 これに対し施設公団側は事故区間にNATM工法を使ったのは事実だが、安全に問題があることと判断した区間には
掘削機械を使うTBM(Tunnel Boring Machine)工法を使ったと明らかにした。
 施設公団オ・セヤン土木チーム長は、"事故部位の安全度を計測して、安全に問題がないという判断を下して
残り工事を進行したが、まだ予想することができなかった原因で亀裂が発生した"と説明した。
施設公団側はまた"トンネル両方で掘鑿して触れ合えば貫通だと言ってこの日を基準に貫通式を開催するのが慣例"
と言いながら、"決して急いで貫通式を開催したことではない"と解き明かした。


ウリジナルニダ!w

正しいRhedaスラブ組み合わせ(実績あり):フォスロ(独)社のケーブル式制御システム+フォスロ社の締結装置+レールワン(独)の枕木
今回の誤った組み合わせ:パンドロール(英)社のレール式制御システム+パンドロール(英)社の締結装置+レールワン(独)の枕木


''不良枕木''高速鉄大邱~釜山区間''無茶な施工''
朝鮮日報記事送信 2009-02-19 03:09
ドイツ特許でするといったら試験も荒くない工法選んで
http://news.chosun.com/site/data/html_dir/2009/02/19/2009021900062.html

不良枕木<写真>生産業社に便宜供与疑惑を受けている韓国鉄道施設公団が、
京釜高速鉄道(KTX)大邱〜釜山区間に適用した軌道工法が、
ドイツの特許工法がなく試験もまともに経なかった'変種'工法だとわかった。

18日、公団と軌道業界によれば、ドイツレールワン社の'レーダ2000'工法は、
この会社で設計した枕木と親企業であるVossloh(フォスロ)社の締結装置(枕木とレールを連結 する装置)、
ケーブル方式(ケーブルで信号を送る方式)列車制御システムなどを一緒に適用するとするシステム
だ。

しかし公団は京釜高速鉄道大邱〜釜山区間工事に、レールワン社の枕木と
イギリス・パンドロ−ル社の締結装置、レール方式列車制御システムを適用
した。
締結装置は チ ー プ で 国内認知度が高いという理由で、
高 速 鉄 道 に 使 わ れ た こ と の な い イギリス製品を選択
したし、
列車制御システムは既存ソウル〜大邱(1段階)区間と合わせるためにレールに電気信号を送る方式を適用したというのだ。
事実上、変種韓国型であるわけだ。
公団のある幹部は"1段階区間のバラスト軌道は維持・補修費用が多くかかる問題点があって、
大邱~釜山区間には工事費が50%ほどもっとかかるコンクリート軌道を適用しながら、
我が国の実情に当たる外国技術を組み合わせて新しい工法を作った"と打ち明けた。

しかし公団は申し立てられた特恵疑惑に対し"'レーダ2000'工法に相応しい軌道材料を使うのは当たり前で、
レールワンと技術提携したチョノンレールワンが選定されたのは特恵がない"と主張している。


監理能力のない韓国監理会社

韓国鉄道技術公社、見かけだけである監理能力
http://news.kbs.co.kr/article/local/200902/20090218/1725000.html

<アンカー>
 高速鉄道2段階区間手抜き工事の続報です。
韓国鉄道技術公社が監理を引き受けたが、事実上監理能力がないのと同じでした。
金在魯(キム・チェロ)記者です。

<レポート>
 コンクリート枕木亀裂を確認できる方法は大きく二種。
外部の亀裂は肉眼で区別して、内部亀裂は叩いて見る方法です。
内外部全てに亀裂がない枕木をたたけば清い音がするが、亀裂がある場合鈍重な音が出ます。
このように亀裂可否はすぐ確認できるが監理団はまだこれを明かすことができなかったです。

<インタビュー>柳仁洪(ユ・インホン/監理団長):
"ハンマーなどでたたいてなんとなく判断することしかなかった。"

 たたいても判別できる知識や能力が不足だというわけです。
またその間施工完了した区間に対し監理をする一担当者は監理団長と施工会社所長団二人、
しかしこれらは外国技術であるコンクリート枕木施設に対する専門知識もほとんどなかったのです。
ここに定期検査日付も別になく、時間ある都度にしたのがすべてです。

<録音>監理団関係者:
"毎日変異が生ずることでもなくて一定期間が経てば一月に一、二回ずつ合同で点検する。"

監理能力もない韓国鉄道技術公社の不始末な監理のため、
今まで施工されたコンクリート枕木15万個を再び設置する状況に置かれました。

KBSニュースキム・チェロにだ。


イギリス製締結装置の室内試験結 果を捏造

大邱-釜山間高速鉄道(KTX)2段階工事区間の大規模コンクリート枕木亀裂外にも、
レール工法実績操作とレール締結装置選定疑惑などがはみでている。

18日民主党朱昇鎔(チュ・スンヨン)議員室が提示した去る2006年国政監査資料によれば、
鉄道施設公団は去る2002年作成した‘京釜高速鉄道2段階区間コンクリート図上軌道構造検討書’に
レーダ2000を選定するために多い実績を添付したが虚偽報告だったということ だ。

 またコンクリート軌道の核心部品であるレール締結装置を選定する過程で、
手続きと基準を無視してSFCという製品を選定したと明示した。

 レール締結装置であるSFCは世界的に日本に約1Km位だけ設置されていて、安全性と機能が立証さ れなかったというのだ。
レール締結装置の性能が不安定ならばレールを固定させることができなくて、軌道狂いによる軌道摩耗・破裂などは勿論、
列車荷重増加でコンクリート亀裂が発生、軌道自体が不安全で列車の安全と性能に致命的なことで知られている。

 製品性能検証で適用可能性を試す選定試験でSFC原型モデル品の性能が切れると、
レールとレールパッド間に約2mmの鉄板を挿入、
不正な方法で試験を通過させたという疑惑も申し立てた。

この主張の根拠では2006年7月竣工された2段階区間軌道設計も締結で材料表にはレールパッド厚さが10mmとなっているが、
問題のレールパッドの部品図を見れば厚さが13mmとお互いに違うように表記していあると説明した。

鉄道公団のある関係者は“特定業社の便宜供与選定疑惑は事実と違う”と“正当な手続きによって選定したこと”と解き明かした。

高速鉄2段階区間、予告された手抜き工事
http://www.joongdoilbo.co.kr/jsp/article/article_view.jsp?pq=200902180212


【韓国】国内最長のKTX金井トンネル、崩落しているのに要人を招待して貫通式を強行していた [02/19]
http://gimpo.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1234994608/

■崩壊事故の土山のそばで「金井トン ネル貫通式」(↓2.13開通式停電記事)

国内最長のトンネルとして関心を集めた京釜高速鉄道第2段階区間の釜山金井トンネルの貫通式が、
崩落した土山の横で行われていたことが18日明らかになった。開通式当日発生した
行事会場の停電事故に続いてトンネル内部崩壊事故まで明らかになり、鉄道施設公団の「安全不感症」が俎上に上がっている。

韓国鉄道施設公団は、金井トンネル貫通式1週間前の今月6日にトンネル内の第14-2工区区間で
約20mの崩落事故が発生していた、と18日に公表した。この事故で金井山の山頂付近地下350m地点は
車の通行が難しいほど細くなり、一部では追加崩壊の憂慮まで提起されていたが、公団は予定されていた開通式を13日に強行した。

開通式場で停電事故を経験した出席者らは、「考えただけでもぞっとする」と首を振った。
開通式の最中に会場で急に停電が発生し、暗黒に変わった状況を経験したからだ。
崩壊事故地点から僅か6km離れた場所で行なわれた会場には、鄭鍾煥(チョン・ジョンファン)国土海洋部長官や
許南植(ホ・ナムシク)釜山市長、諸宗模(チェ・ジョンモ)釜山市議会議長な 200人余りが参加したが、
トンネル内部崩壊事故は国土海洋部に報告さえされていなかった。

京釜高速鉄道第2段階区間は最近、軌道枕木332個に亀裂が発見された事実まで確認され、
国民の不安は一層大きくなっている。

▽ソース:京郷新聞(韓国語)(2009-02-19 00:34)
http://news.khan.co.kr/kh_news/khan_art_view.html?artid=200902190034455&code=950306

2009.2.18

枕木に続きイギリス製締結装置も 選定ミス疑惑。
300km/h級での実績がないのに選定されて


[高速鉄、枕木に続いて連結装置も不良憂慮]
http://news.mk.co.kr/newsRead.php?sc=30000021&year=2009&no=103912&sID=302
 大邱-釜山間京釜高速鉄道(KTX)2段階区間のコンクリート枕木だけなく、レールを枕木に固定させてくれる`締結装置'も
安全不良が憂慮されるという指摘が新しく
申し立てられた。18日民主党朱昇鎔(チュ・スンヨン)議員室によれば、
京釜高速鉄2段階区間の主締結装置に導入した[SFC(SingleFastClip)]が、時速300q以上で走る世界の高速鉄道どこにも設置されてなくて
安全性と性能が立証されることにならなかった
ということ。
 レール締結装置と言うのはコンクリート軌道の核心部品で、レールを枕木に固定させて弾性を維持するように、
列車走行のとき、伝達する荷重を減少させる役目をする。この締結装置の性能が不安全ならば騷音、震動増加などは勿論、
軌道狂いによる軌道摩滅、破裂、脱線など列車の安全運行に致命的な事故を誘発することができる。

 特に鉄道施設公団が高速鉄2段階区間の軌道に選定された[レーダ2000]軌道は締結装置に対して は[システム300-1]を使って
ドイツ鉄道公社(DB)から認証を受けた
工法だ。
実際にドイツ鉄道公社は認証書で`線路固定装置(締結装置)に対しては
標準下敷装置に`システム300-1'を使わなければならない'と明示している。

[レーダ2000]軌道を開発したプフライデラー Pfleider(Pfleiderer) 社は去る2005年11月、
[システム300-1]に対しては経験が蓄積されて検証された装置と言いながら、今後5年間保証を確認することができるが、
SFCに対してはレーダ2000に使われたこ とがなくて保証することができない"という返事を公団側に送ったりした。

 また韓国機械研究院に依頼して製品性能を検証しながら、SFC原題品で性能基準に達していなくて
レールとレールパッド間に2oほどの鉄板を挿入して試験を通過させるまでしたことがわかった。

朱昇鎔議員室関係者は、"最初工法に適用された締結装置を排除したまま、設置実績がなくて、
認証も受けられなかった工法を無理矢理に取り入れたのは、特定業社に対する便宜供与疑惑だけではなく、
国民の安全を深刻に脅威
すること"といいながら、
"コンクリート枕木は勿論、レール締結装置など2段階高速鉄道全区間について、
全面的な安全調査が成り立たなければならない
こと"と明らかにした。


発注者「ドイツのせい」
監理業者「ドイツのせいかと思ったら、知らない国内業者だった」


高速鉄監理社 "ボルト納品業社分からなかった"
http://news.khan.co.kr/kh_news/cp_art_view.html?artid=20090218114903A&code=940202

 京釜高速鉄道(KTX)2段階区間枕木亀裂と関して、監理業社は亀裂事実が判明する前まで、
枕木とレールを連結させる部品である‘埋込栓’がどの会社から納品したのか可否を把握できないでいたことがわかった。

 埋め込み栓はレールをコンクリート枕木に固定させるためにあらかじめ埋め立てた設備で、
今まではここに水が染みこんで結氷されながら枕木亀裂の原因を提供したことで確認されている。

 高速鉄2段階監理業者である韓国鉄道技術公社のある関係者は18日、連合ニュースとの通話で
"今まで埋め込み栓が(国内で作られたことがなく)ドイツから完成品状態で入って来たことと思っていた"と明らかにした。

 枕木生産業社であるチョノンレールワン社に常在して製品の監理を引き受けている関係者
"2007年6月頃埋め込み栓と枕木を対象にサンプリング分析してみた結果、何ら問題がなかった"と
"亀裂現象が知られた後確認して見たら、ボルトがドイツではなく全羅道地域のハンアップ社から納品されていた"と言った。
 彼はまた"2007年8月から11月までしばらく工場で撤収したことがあったが、このとき、枕木製造業社がボルト納品業社を国内業社に
変更した
ようだ"と"枕木製造業社が変更した事実を知らせることがなかったから全然分からなかった。"と付け加えた。

 彼は引き続き、"生産業者(=チョノン・レールワン)に去年5月までドイツ技術者(=レールワン社員)が常在して、
あらゆる製造技術を移転してくれたから製品の質を疑うことはなかったし、ボルトが枕木の中に埋まっていて、
目で確認できなかった"と"現在正確な経緯を把握している"と付け加えた。

 韓国鉄道施設公団嶺南本部、イ・ドンホ軌道チーム長は「吸水材が入っていった経緯を調査中なのに、
製造業社のドイツ技術者たちがまさかコンクリート枕木が凍って裂けるとは考られなかったことと見える」と
「製造過程で手違いがあったようだ」と言った。

         ,. -‐'''''""¨¨¨ヽ
         (.___,,,... -ァァフ|          あ…ありのまま 今 起こった事を話すぜ!
          |i i|    }! }} //|
         |l、{   j} /,,ィ//|       『ドイツ製を直輸入だと思ってたら
        i|:!ヾ、_ノ/ u {:}//ヘ        知らない国内企業産だった』
        |リ u' }  ,ノ _,!V,ハ |
       /´fト、_{ル{,ィ'eラ , タ人        な… 何を言ってるのか わからねーと思うが
     /'   ヾ|宀| {´,)⌒`/ |<ヽトiゝ        おれも何をされたのかわからなかった…
    ,゙  / )ヽ iLレ  u' | | ヾlトハ〉
     |/_/  ハ !ニ⊇ '/:}  V:::::ヽ        頭がどうにかなりそうだった…
    // 二二二7'T'' /u' __ /:::::::/`ヽ
   /'´r -―一ァ‐゙T´ '"´ /::::/-‐  \    催眠術だとか超スピードだとか
   / //   广¨´  /'   /:::::/´ ̄`ヽ ⌒ヽ    そんなチャチなもんじゃあ 断じてねえ
  ノ ' /  ノ:::::`ー-、___/::::://       ヽ  }
_/`丶 /:::::::::::::::::::::::::: ̄`ー-{:::...       イ  もっと恐ろしいものの片鱗を味わったぜ…


鉄道施設公団、レール敷設業者選 考過程で便宜供与?

高速鉄 '不良 枕木' 特恵 疑惑
http://news.chosun.com/site/data/html_dir/2009/02/18/2009021800115.html
 京釜高速鉄道(KTX)大邱-釜山区間に敷かれた'不良枕木'を生産した業社に対し、事業初期から特恵が与えられたという疑惑が申し立てられた。
 17日、枕木製造企業等によれば、今度事業施行社である韓国鉄道施設公団は、
2004年12月軌道設計業務を入札しながら、ドイツのレールワン社の特許工法である'レーダ2000'を使うことにあらかじめ決めた。
また枕木生産仕様書には「レーダ2000工法に当たる枕木を生産できる技術を持っているとか、納品した実績がある業社」、
または「レールワンから技術移転を受けて製造及び設備施設を取り揃える」という条件をつけた。

 だから大邱-蔚山131q区間(第4工区)の施工は2007年公開入札を通じてサムピョE&C鰍ノ任せられたが、
もう枕木生産業社はドイツ・レールワンが5000余万ウォン(持分55%)を投資して作った有限会社である'チョノンレールワン'に決まっていたというの だ。
 当時納品単価は1個当り8万5000円ウォン、総額175億余ウォンになり、利益は15-20%水準であると知られた。

このような問題は2006年国政監査でも指摘されたが、公団側は特恵がないと主張した。
 枕木業社関係者は"事実上業社をあらかじめ選定したのは違いない"と"設備に数十億ウォンを投資して数年間この事業を準備した国内4-5社の枕木業社は 狼狽を見た"と言った。


2009.2.17

損害は1000億ウォン規模に!?早くも業者と公団が責任の擦り付け合 い。

不良枕木再施工1000億ウォンのよう
不良工事責任おいて論難予想
http://news.chosun.com/site/data/html_dir/2009/02/18/2009021800052.html
17日、不良枕木に数百ヶ所で亀裂が生じた京釜高速鉄道(KTX)大邱〜釜山区間では、
教授と軌道専門家10人で構成された合同調査団の精密調査家始まった。
事業施行社である韓国鉄道施設公団は"来月16日まで調査して補修方法、責任素材、責任限度などを決める"と言った。

 公団はこの日"肉眼及び非破壊検査で問題が発見される枕木は入れ替って、
残りは吸収剤(スポンジ)を抜いて防水剤(グリス)を入れる"とした。
しかし軌道業界では"枕木自体が水が染みこむしかない構造なのでグリスを入れる(といった)かりそめ策では安全を保障できない"と
"軌道の工法を再び点検して全面再施工するべき"と言った。

 全面再施工する場合、追加工事費は天文学的規模に大きくなる。
資材値だけでも枕木1個当り8万5000ウォン、総額130余億ウォン(15万3000個)にもなる。
枕木を固定するコンクリート除去費用、再敷設備用、人件費などを含めば最小500億〜600億ウォンはかかるというのが軌道業界の分析だ。
工期もやはり増えるしかなくて、施工会社は一日9500万ウォンの遅滞償還金(契約金額950億ウォンの0.1%)を問われなければならない。
今までの工期(2008年3月〜2009年2月)位に延期になる場合、317億余ウォンだ。
追加工事費用と加えれば1000億ウォンに迫る。

 公団は"枕木購買及び施工を施工会社と一括契約したので、再施工費用は施工会社に請求する"という 方針だ。
 これに対し、施工会社であるサムピョE&C鰍ヘ"公団が決めてくれた業社が作った製品を納 品を受けて施工したし、
設計と監理も公団が決めた業社によっただけ"といいながら、契約を根拠に責任を問うなら訴訟も辞さない
という立場だ。
監理社である滑リ国鉄道技術公社は"製品を組立てる過程などに責任があるだけで
その中に入って行く部品の製造工程までは責任所在が不明
だ。"とした。
不良製品を作ったチョノンレールワンは過ちを認めているが、
会社規模でみるとき責任を負うことができるか可否も不透明
だ。
この会社はドイツレールワン社が5000余万ウォン(持分55%)を投資してチョノン工業鰍ニ一緒に設立した有限会社だ。


【それでもケンチャナヨ】全交換ではなく補修で予定通り終わらせるニ ダ!

鉄道施設公団、国会緊急懸案補で

(ソウル=連合ニュース)アンヨンス記者
 韓国鉄道施設公団は17日、最近工事が進行中の大邱〜釜山間高速鉄道(KTX)2段階工事区間のコンクリート枕木で
亀裂が発生したのと関連、来る9月まで補修補強を完了する計画だと明らかにした。
 公団はこの日国会国土海洋委緊急懸案報告に先に進んで提出した「コンクリート軌道枕木亀裂現況報告」で、
"補修補強は合同調査団の補強方法によって外気温度が8℃以上になる3月に取り掛かって、来る6〜9月完了する予定"と言った。

 公団は"亀裂が発生していないあらゆる枕木も非破壊検査を施行して、異常がある枕木は全量入れ替える。"と言い、
"異常ない枕木も既存充填材をとり除いた後、防水発砲充填材またはグリスを満たして基本的に再発を防止するようにする"と明らかにした。

 また枕木の亀裂が発生した軌道4工区について補修作業と一緒に、軌道5工区施工を同時に推進して
2010年高速鉄道開通には蹉跌がないように措置すると明らかにした。
 公団側は補修補強にかかる費用負担と関連、"枕木購買及び施工を軌道施工会社で一括契約したから、
費用は施工会社責任で再敷設などの措置を取る"と説明した。
 公団は金水参韓国工学翰林院副会長を中心に専門家合同調査団を構成、来月16日まで真相調査に出ることにした。

"不良高速鉄補修。補強9月完了"
http://news.empas.com/show.tsp/cp_yh/20090217n13631/
http://imnews.imbc.com/replay/nw1700/article/2286905_2735.html


性急な国産化等が裏目、欠陥枕木問題発覚でKTXの海外輸出計画に壊滅的ダメージ

【韓国】性急な国産化等が裏目、欠陥枕木問題発覚でKTXの海外輸出計画に壊滅的ダメージ [02/17]
http://gimpo.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1234853195/

 今回の京釜高速鉄道第2段階区間(釜山〜大邱)のうち慶州〜大邱間のコンクリート枕木
手抜き工事は、無理な工事期間短縮と設計変更、きちんとした検証なしに強行された部品
国産化作業などが欠陥をもたらした
という疑惑が提起されている。
 国土海洋部と鉄道施設公団は、慶州〜大邱以外の区間についてはグリースを入れる工法で施工すると発表した。
今回の欠陥工事により、現在輸出交渉が進行中のアメリカ、ブラジルなどとの交渉の蹉跌も不可避となった。
 今回のコンクリート枕木手抜き工事は、基本的に不良品の施工に焦点が当てられているが、
軌道業界と現場業者の間では、早期開通圧力が主な要因として作用したと分析している。

 2007年にレール締結装置入れ替え問題が論議されたことで枕木施工が数ヶ月ほど遅れた
うえ、昨年初めに国土海洋部から早期開通指示が下されたことで養生期間が短縮されると
ともに、現場敷設試験など新しい製品に対する十分な検証なしに施工されたというのだ。
 コンクリート枕木の場合、通常設計指示書上は28日(国土海洋部の指針では21日)以上の養生を経なければならないが、
実際には半分にもならない10日程度の養生を経ただけで納品されていた、と第2段階工事参加業者は証言した。
軌道業界の関係者は、「養生を十分に経ていない場合は強度が低くなる可能性があり、これによって割れ目が起きることがある」と指摘した。

 現場敷設試験については、コンクリート軌道が国内初導入であり該当製品も新製品であるため
十分な現地検証が必要であったにもかかわらず、きちんと行われていなかったという指摘
も少なくない。
国土海洋部側は、「テスト当時問題がなく、計画どおり敷設された」としている。<中略>

 同時に、無理な国産化も今回の欠陥の一因となったと指摘されている。政府はKTXの海外輸出のため、全分野にわたる国産化を進めてきた。
外国企業の部品を直輸入する代わりに、外国企業と合弁会社を作って設計変更などを通じて国産化したうえで、これを納品するよう
にしているのだ。しかし、こうした部品の場合、大部分が初めて使用されるものとなり、十分な現場敷設試験が必要であるのに、
これをきちんと実施ないで敷設することが常態化していた
、というのが現場参加企業の証言だ。<中略>

 今回の欠陥工事問題は、今後のKTX輸出にも少なからぬ影響を及ぼす見込みだ。
現在輸出交渉が論議されているのはアメリカやブラジルなどだ。アメリカについては既に参加意向書を提出済みで、
今月25日には政府と民間企業などで構成された実務団が訪問する予定だった。
鄭ジョンファン国土海洋部長官は当初、20〜24日までの中東訪問に続いてアメリカを訪問する計画だったが、取り消した。

国土海洋部の幹部クラス関係者は、「今回の事態で、韓国のKTX技術に疑問が持たれる
のは確実であり、当面海外輸出はダメな雰囲気だ」と伝えた。

▽ソース:釜山日報(韓国語)(2009-02-1710:48)
■[手抜き工事の原因と今後の見通し]工事期間短縮・無理な部品国産化が欠陥を招く
http://news20.busan.com/news/newsController.jsp?subSectionId=1010020000&newsId=20090217000106


【OINK】222ヶ所 →332ヶ所→15万本全て不良。


"亀裂発見されたKTX枕木15万個全部不良品"(SBSニュース)
http://news.empas.com/show.tsp/cp_sv/20090217n16646/
<8ニュース>
<アンカー>
次のニュースです。昨日(16日)、京釜高速鉄道2段階事業区間枕木3百余個で亀裂が発見されたという報道がありました。
ところがこの区間に入って行ったコンクリート枕木15万個全部が不良品というものすごい事実が確認されました
TBC徐恩珍(ソ・ウンジン)記者が報道します。

<記者>
 高速鉄道線路を支えるコンクリート枕木が帯模様にぽかんと割れています。
鉄道施設公団は京釜高速鉄道2段階工事現場で現在までこういう亀裂が発生した枕木は全部で332ヶ所と明らかにしました。
 しかし、大邱-慶州96.9キロメートル区間に設置された枕木15万3千個全てががこういう亀裂の危険性を抱えているとわかりました。
全部防水剤ではなく吸水剤が入っている不良品だからです。
 コンクリート枕木に亀裂を起こした連結装置の設計図面を見れば、連結装置に入っていく充填材は防水発泡剤で施工するようにしていました。
 問題は連結装置を作った業社が図面にある防水剤を吸収剤に解釈して枕木会社に製品を納品したのです。

[買入前納品会社関係者:バンスという概念も曖昧で、水を遮断するのも防水(バンス)だが、水を減ら すのも放水(バンス)だから…。]
納品された枕木を管理監督する監理職員もまともに確認しなかったのです。

[監理職員:その人々が相応くない品物を使わないと思うことができなかったんです。]
不良工事疑惑は勿論、15万個の不良枕木が高速鉄道に敷かれる間、ただ一度の問題申し立てもない位、
工事管理監督もまともに成り立たなかったのです。

TBCソ・ウンジンにだ。

2009.02.16

【2 期/それでも前倒し?】KTX2期延伸区間のレール締結工事でまたもや施工不良が発覚

KTX 2段階区間 コンクリート 枕木 330余個 割れ目…再施工 不可避
http://www.segye.com/Articles/News/Society/Article.asp?aid=20090216003976&ctg1=08&ctg2=00&subctg1=08&subctg2=00&cid=0101080800000

222ヶ所→332ヶ所に増えたw

KTX 時速 300q 走行の時レールしなって大型惨事憂慮
http://news.chosun.com/site/data/html_dir/2009/02/16/2009021600007.html

●京釜高速鉄 2段階 '大邱-釜山区間' 枕木割れ目確認
工事費 50% もっとかかるコンクリート工法初施工
設計図と違い防水材代わりに吸収材使ったから
鉄道施設公団緊急の調査…15万個全量補強

去る12日午前、慶北永川(ヨンチョン)市大昌面(テチャンミョン)新光里(シングヮンニ)-北安面(プガンミョン)堂里(タンリ)5580m 区間の京釜高速鉄道工事現場。
レール設置を基準で大きく大邱-蔚山(4工区)・蔚山-釜山(5工区)の2個工区で分けられた、2段階事業区間のうち一所(4工区)だ。
こちらは2007年10月上下線レール工事を全て終えた。しかし現場工事区間の中で 300余mを見回した結果、
設置されたコンクリート枕木(横250.9p×縦28.1p×高さ18.5p)中、10あまりの所で長さ 20-30pほどの割れ目が
帯模様に入っていることが肉眼にもはっきりわかった。

*コンクリート枕木(図のライトグレー)
高速鉄道工事区間で割れ目が発生したコンクリート枕木はレールを支える核心部品だ。
横の長さ 250。9p×縦 28。1p×高さ 18。5pの大きさだ。写真で見れば長さが短く見えるのに、
中間の所まですべて打って横長さを計算すると言う。

*締結装置(図のブラウン)
レールと枕木を連結する装置。

*ボルト・ナット(図のグレー)
締結装置と枕木を連結する棒。木ねじのような役目をする。

*充填材(フックボルト/図の赤)
ボルト下の部分に雨水が染みこむことができないように空間を満たす材料。
防水・発砲成分または承認された半固体潤滑油である圧縮グリスが使われて雨水が上から染みこむことができないようにする。

 韓国鉄道施設公団は先月 29日から去る 4日まで、事業が進行された全区間にわたって該当の品目に対する全数調査をして
補強方案を用意するなどの収拾に乗り出した。公団によれば現在 96.9qにかけてレールが敷かれたし設置された
15万5000個の枕木の中でこのような現象を見せる所は全部で 222ヶ所(約 0.15%)だ。

◆高速鉄安全運行割る核心部品

 レール設置作業には高速列車タイヤと直接触れ合う鉄筋レール、その下に敷かれるコンクリート枕木、
レールと枕木を連結してくれる締結装置(※=ボルト)など大きく3種部品が使われる。
 このうちレール下に 65p間隔で一定するように敷かれる枕木は、高速列車走行時レールが日程間隔を維持するようにして
レールに加えられる力を分散して曲がる現象を防止する。高速鉄安全運行可否を区分する核心部品であることだ。
全長 124.2q、レール延長(上・下り線含) 254.2qに達する大邱-釜山高速鉄道区間には全部で 35万8000余個の枕木が使われる予定だ。
 レールと枕木を含んだ '軌道' 種類は二つで、バラストで満たす 'バラスト軌道'とコンクリートで満たす 'コンクリート軌道'に分けられる。
バラスト軌道は相対的に工事費が低く工期が短くて割れ目など枕木に問題が発生する場合、維持・補修が易しいという長所がある一方、
枕木下端とバラストが付いていなくて列車運行が繰り返されれば荷重の影響で枕木が上下・左右によれてレールが曲がることができるという短所がある。
現在全国大部分の鉄道、ソウル-大邱の間高速鉄道の中で一部区間を除いて全部でバラスト軌道が敷かれた。
 コンクリート軌道は枕木がすぐ下部のコンクリートに堅たく固定されるので、列車走行時レールのよれる場合がほとんど発生しない。
高速鉄道が発達したドイツを含めて高速列車導入を推進中の大部分国家がこの方式を好む。
国内でコンクリート軌道工法で軌道全体を作ることは今回の大邱-釜山の間高速鉄道が初めてだ。
この方式はバラスト軌道に比べて 50%ほど工事費がもっと入って、工期が長くて枕木に問題が発生すれば、維持・補修が大変だという短所がある。
匿名を要求した鉄道分野関係者は "コンクリート軌道は枕木に割れ目などの問題が発生すれば周辺部を取り外して補修しなければならないから設置段階 からまともにできた製品を使わなければならない"と言った。


◆枕木 15万あまりのもの全量補強作業

 枕木設計はドイツ業社レールワン (RAIL.ONE)社がしたし、
枕木の生産・供給はレールワン社の韓国合弁会社チョノンレールワン、
締結装置はパンドロ−ル(PANDROL UK・イギリス)の韓国現地法人であるパンドロールコリア、施工はサムピョ E&C
現場監理は滑リ国鉄道技術公社がそれぞれ 引き受けている。
(ようするに仕様=欧、設計=欧、生産・施工=韓)
 公団は全数調査開始直後の先月 29日、高速鉄道技術先及び品質環境処関係者、チョンウォンレールワン、
サムピョ E&C、韓国鉄道技術公社とともに対策会議を持った。
 会議の結果、割れ目発生はコンクリート枕木内部に設置された '枕木と締結装置を連結する部品'である
埋込栓(=ボルト、以下ボルトと変換)から始まったことと暫定推定された。
 李東湖(イ・ドンホ)韓国鉄道施設公団嶺南本部レールチーム長は "ボルトに雨水などが染みこんだし、
気温が落ちながら内部にたまっていた水が凍って部品の体積が膨脹、周辺コンクリートを持ち上げることで枕木に亀裂が入ったようだ"と言った。
公団は去る 4日まで割れ目が見えない残り15万余本の枕木に対して割れ目発生可否を確認する全数調査をしたし、
追加で割れ目が発生した所を見つけることができなかったと明らかにした。

 しかし本紙取材結果今回割れ目が出た枕木内部のボルトは、最初枕木設計図面と違うように製作されたこ とと明かされた。
施設公団によれば、枕木設計図面にはボルト内部に水が染みこむことを阻む圧縮グリス・防水発砲充填材(充填材) などのような防水物質が入って行くことになっているが、
今回割れ目が出た枕木に使われたボルトには反対に、水を吸いこむ充填材が使われ たのだ。
現在施設公団はこのように設計と違うように生産された枕木個数がいくつなのかは明らかにしていない。
 公団は残り 15万余枕木全部に対して防水などの機能を持つ圧縮グリスを入れる後続対策を検討することと知られたし、
もう割れ目が出た枕木に対しては割れ目が出た部位のみを補修するとか取り外して直す方法を検討している。
 李東湖チーム長は "設計図と違うように製作された枕木がいくつなのか現在明かされなかった"と
"工事過程全般に対しての調査をしているし、工事日程には蹉跌がないようにする"と言った。
公団はドイツレールワン関係者も今月の中で呼んで後続対策を論議する計画だ。

◆徹底的な後続対策用意すると

 鉄道分野専門家たちは今回割れ目事故が高速鉄道開通以後に再び発生しないように工事段階から
徹底的な補強対策を用意しなければならないと口をそろえて言った。
匿名を要求した鉄道分野関係者は "枕木は時速 300q 以上に走る高速列車の速度と重さを支える重要施設なので、
事業が進行された全区間に対して安全可否を計算する見直しが必要だ"と言った。


"内部で割れ目進行可能性…取り外してすべて入れ替るべき"
http://news.chosun.com/site/data/html_dir/2009/02/16/2009021600008.html
●鉄道専門家チョン・ギョンヒ韓国鉄道大教授インタビュー
"亀裂箇所だけ再修理の時はかえってもっと大きくなることもある"

鄭京姫(チョン・ギョンヒ/62)韓国鉄道大学 鉄道施設土木課教授は大邱~釜山間高速鉄道工事現場で発生した枕木割れ目に対し、
"再発防止を約束する根本的な措置なく高速鉄道開通が成り立ったら、今後大型安全事故が発生する可能性を排除できない"と警告した.
鄭教授は現在韓国鉄道大学で軌道工学を教えている該当分野の国内専門家だ。

―原因を何と見るか?

"コンクリート枕木製作過程に(割れ目原因を)求められるようだ。
コンクリート配合がまともに成り立たなかったとか、防水役目をまともにできない物質が入って行った
規格未達の枕木が工事に使われ
れば、内部染みた水が凍って体積が膨脹しながら枕木にたやすく亀裂が入る。"

―どうな措置が必要なのか?

"取り外して全面入れ替るのが最も望ましい。割れ目が入った所だけコンクリー トで再縫合する弥縫策にとどまったら
割れ目がまた繰り返されるとか、むしろもっと大きくなることもある。また防水のためにグリースを入れるのは根本対策にならない。

―コンクリート軌道は枕木補修が難しいというのに。
"バラスト軌道の場合、問題が発生した枕木周辺の砂利を掘りだして枕木を持ち出して手入れをすればどうにかなるが,
コンクリート軌道は下部がコンクリートで堅たく固定されてあって補修手続きが難しい。
だから、工事段階から規格に当たる製品を使うのが重要だ."

―取材結果、防水性のない中間材料(ボルト充填材)が全区間に使われた可能性がある。

"枕木に誤った材料が入って行ったら、割れ目が出た部分のみをよく見る方式ではなく、
事業区間全般について綿密な検討が必要だ.
雨水が枕木に染みこんだら割れ目が外で現われなくても内部で進行されている可能性もあるだからだ."


京釜高速鉄大邱-釜山区間枕木割れ目発見
国土部調査団派遣…再施工決定時2段階区間開通蹉跌
http://www.cbs.co.kr/nocut/show.asp?idx=1066193

2009.2.13

【2期】国内最長釜山金井トンネル貫通式で停電事故【フラグ?】
http://photo.chosun.com/site/data/html_dir/2009/02/13/2009021300707.html?Dep0=chosunmain&Dep1=multimedia&Dep2=photo&Dep3=photo01


▲ 13日、国内のトンネルの中で最も長い京釜高速鉄道の第2段階区間の
釜山金井トンネル貫通記念式典の場での停電事故が発生し、
暗闇の天池に車がヘッドライトをつけている。
金井トンネル(長さ20.3 q )は、既存の国内で最も長いKTX黄学トンネル( 10 q )の2倍、
最も長い橋梁の西海大橋( 7.3km )の3倍にのぼる。

[釜山]金井トンネル貫通式停電…国際的恥さらし,火薬の臭いで苦痛..
13日金井トンネル貫通式行事中停電発生
http://gj.cnbnews.com/category/read.html?bcode=68757

2009.2.10

【2期】KTX釜山延伸開業、東北新幹線新青森(2011 年3月→2010年12月)に対抗して?数ヶ月前倒しへ。
(※当初の釜山延伸開業は2010年末完工、2011年開業予定)
KTX釜山~大邱区間来年11月前後繰り上げて開通
http://www.cbs.co.kr/nocut/show.asp?idx=1060037

 京釜高速鉄道衿井トンネルが来る13日抜ける中に京釜高速鉄2段階釜山~大邱区間の開通が
一-二月繰り上げられて来年11月を前後して成り立つように見える.
 国内で一番長いトンネルである釜山衿井トンネル(20.3q)貫通で京釜高速鉄2段階区間の開通に関心が集まっている.
 韓国鉄道施設公団は最初来る2011年1月から釜山~大邱区間を完全に開通して運行に入って行く計画だった.
しかし,これを数ヶ月繰り上げて来年11月を前後して開通する方案を国土海洋部と協議していることと知られた.
 これによって工事がまともに進行されて試験運転に問題がなければ完工を繰り上げて開通するように見える.

 公団側は来年8月信号・通信工事を最後に工事をすべて終わらせた後、9月から試験運転に入って行くという計画だが
このように手続きが早くなる可能性がある.
京釜高速鉄2段階は現在露盤工事の場合94%の工事率を見せているし,工事率34%である軌道は今年の末87%まで引き上げる計画だ.
 2段階が開通すると現在2時間40分かかる釜山~ソウル区間は2時間10分位に30余分短縮される.
しかしこれは慶州と蔚山停車を勘案しないことであるだけにKTXの停車可否によって時間がもうちょっとかかることができる.
KTX料金引き上げは不可避であることと見込まれる.

2008.10.06

2期区間でも本格的に始まるレール敷設作業(第1期と異なりドイツ製スラブ軌道Rheda2000を採用)

300mロングレール連結…高速鉄一日1.4qずつ開かれる
http://news.joins.com/article/3324192.html?ctg=1200

2008.10.05

[釜山]斗山(トゥサン)建設安全不感症深刻と見られる。
京釜高速鉄道建設現場で落下物防止網,墜落防止網などの未設置で作業者及び市民たちの安全が脅威受けている。
http://gj.cnbnews.com/category/read.html?bcode=53351
 京釜高速鉄道区間の中で最後の未開通である釜山-大邱間開通のために工事中のKTX工事現場の安全不感症が昔のままと明らかになり相当な憂慮を生んでい る。
 釜山市金井区一円の京釜高速鉄道工事をしている斗山建設(会長朴龍鉉)が、何日か前から橋脚面付きである鋼橋設置作業をしながら
8大施設物の中の一部である落下物防止網、墜落防止網などを設置しなくて、作業者の安全を脅かしているだけなく現場下で通行している車たちの安全をも脅か している。
 そして作業者と市民たちの安全が脅威受けているという指摘を受けてからも、作業が長くかからないという言い訳で安全施設物を設置しないで工事を強行して いて、
通行する多くの市民たちは“我が国の典型的な痼疾病である安全不感症にかかった。”と嘆いている。

 労動部の発表によれば、2008年1月から7月末まで発生した産業災害死者の中で、事故性死亡者が825人発生したし、
その中で建設業従事者が345人で約42%の最も高い数値を記録した。そして墜落によった死亡者は全体の33%を占めたし、
その中で建設現場での墜落死亡者が195人で最も多く発生したと把握された。
 このように建設現場で事故性死亡者が最も多く発生しているにもかかわらず、斗山建設工事関係者たちは自分たちの現場では
事故が発生することはないという典型的な安全不感症にかかったものとみられる。

 また4日、トンネル工事の入口でそれまでの間放置してサビが入った鉄筋にサビ除去型防錆剤を
3馬力を超えるコンプレッサを利用したエアスプレーガンで作業をして、
その横で何人かの作業車が何らの安全装置もなしに作業をしているという指摘に、
斗山建設工事部長は防錆剤は有害物質ではないだから何らの問題がないという説明だ。

 斗山建設で使ったサビ除去型防錆剤は無機酸を主原料にした水溶性特殊化合物で、無機酸はおびただしい強酸成分の
硫酸・窒酸・塩酸などで人体によほど有害なことと知られている。
そして工事部長の話どおり防錆剤が有害物質ではないなら、どうして作業者は保護マスクとめがね及び手袋まで着用して
作業をするのかまったく理解ができない.

 斗山建設の安全不感症はここにとどまらず、一方現場では鉄筋にさびが掃けば良くないので、サビ除去型防錆剤を振り撤く作業をして、
すぐ横の現場は下請負業社の破産で橋脚の鉄筋を無防備で長期間放置してさびがひどくなったが、
最近再び作業をしながら何らの措置もなく型作業を仕上げた。

 同じ現場で同じ鉄筋にさびが掃いたが、一方はサビ除去型防錆剤を振り撤く作業をして、
なぜ他の一方はそのまま型作業をしたのか相反した斗山建設の行動が疑問だ。

2008.9.09

釜山に20.3q国内最長トンネル生ずる2008-09-10 03:28
金井トンネル都心区間6.09q抜けて
http://news.empas.com/show.tsp/cp_ch/20080910n01794/
京釜高速鉄道(KTX)大邱~釜山区間の金井トンネル釜山都心区間(6.09q・14-3工区)が10日貫通される.
次月に金井トンネル14-1工区と14-2工区間が抜ければ全体20.323km区間が貫通されて国内最長トンネルが生ずる.
既存の最長トンネルは京釜高速鉄道大田~大邱間の黄学トンネル(9.975q)引き継いだ.

国土海洋部は9日"京釜高速鉄道(KTX)大邱~釜山間18工区中終わりにある釜山量定洞とチョリャン洞を引き継ぐ
都心区間(14-3工区)トンネルを10日貫く"と明らかにした.
 2004年11月工事が始まった京釜高速鉄道釜山都心区間は多重複合施設とアパート,京釜線及び東海南部線など
地上鉄道施設下でトンネルがパスするうえ工事区間中埋め立て地が含まれてあって最大難工事と数えられた.
 国土海洋部は"トンネル上側にある施設物に及ぶ震動と騷音影響を最小化するために
一般的な発破工法代わり国内鉄道建設最初でTBM(Tunnel Boring Machine・無所洞,無発破で掘鑿する機械)工法で
掘鑿した後NATM(New Austrain Tunnelling Method・トンネル発破後内壁を補強する材料で既存地盤を活用する方式)工法で
仕上げる方式で工事した"と言った.

2008.8.22

2008.8.21

2008.8.20

トンネル工事で落盤事故(釜山)

釜山KTX工事現場で人足1人岩に敷かれて死亡
http://news.chosun.com/site/data/html_dir/2008/08/20/2008082000222.html
 20日0時頃釜山金井区南山洞KTXトンネル工事現場で発破作業を準備中だった人足パク某(51)さんが
天井から落ちた岩に敷かれて近く病院で移されたが死んだ.
 警察は朴さんが違う人足3-4名と一緒に発破作業をのために穿孔に火薬を入れる作業中
急に天井から重さ80sほどの岩が朴さんの頭上に落ちて事故が起きたが、
発破作業とは無関係なのと把握されたと明らかにした。
警察はこれによって工事現場所長などを呼んで安全管理を疎かにしたのか可否などを調査中だ。

2008.8.10

地下トンネル工事で道路陥没再び!?(釜山)

[釜山]過ぎ去る市民たち“今度はまた何?”
大宇建設が施工中のKTX地下トンネル工事で沈下された歩道の補修工事中の地点にまた再び工事で暴いて住民たち不安/2008-08-10 18:56:30
http://www.cnbnews.com/category/read.html?bcode=47419&mcode=

 歩道が陥没して,建物に割れ目が生じて住民たちを緊急待避させた釜山量定洞の事故以後、
半月がずっと去る今も進行される補修工事のために住民たちは不安に思っている.
 先月22日KTX京釜高速鉄道14-2工区大宇建設が施工中の金井トンネル地下発破作業によって
建物の割れ目と歩道が割れる事故で隣近住民が緊急待避する騷動があった.

この日事故に対して韓国鉄道施設公団関係者はこの地域ははじめから軟弱地域だったと事故が再発されるのないように
最善を終えると言いながら事故地点の地盤を安定化させることために歩道を通才してグラウティングザックアップを何日の間進行した.
 彼当時事故地点の歩道をよって都市ガス管が過ぎ去ってあってひょっとすれば大きい事故が発生する可能性があった.
しかし幸いに事故地点の都市ガス管は以上がないので把握されたが都市ガス関係者は
もしの場合を備えて事故地点の左右両方18mを点検するとするとした.

 去る8日ガス管点検工事に対して隣近住民たちは工事をして何日経っていなくてまた再び工事をすると言いながら
同じような位置に歩道を暴いていったい理解できないとしながら不満がすごかった.
 住民パク某さんはその日事故で不安に思っている住民たちがまた再びガス管点検をすると歩道を暴くのを
報告何か以上があるのがないのかと鋭敏な反応を見えてあると言いながら
この日事故以後住民たちは歩道の補修工事で何日の間旅館世話を背負子なったし
またいつ地下工事で事故が発生するか分からない不安感を持って生活とあるとする.

2008.8.8

高速鉄道トンネル直上のゴルフ場造成工事で地盤沈下。(蔚山)

Bゴルフ場通過KTXトンネル中間改着部埋設EPS一部陷沒不良施工疑惑
去年3~4m沈下、建設社補修工事実施。。原因把握用役進行
釜山日報2008/08/08日付け007面サービス時間:10:30:20
http://news.busanilbo.com/cgi-bin/dbquery?aid=20080808.1007103020&coi=100.RA106.S10.01500701-01500701:20080808:01500701.2008080810000623292:1

 蔚山市蔚州郡三同面京釜高速鉄道(KTX)チョンソン山元曉トンネル上部にある谷を埋めるのための大型'EPS構造物'、
これが去年陷沒されたのに引き継いで、最近原因把握をための用役が進行中と判明し、
不良施工疑惑と一緒にEPS構造物の安全性にも疑問が申し立てられてある。

8日韓国鉄道施設公団と施工会社であるSK建設によれば、SK建設は去る2003年11月からチョンソン山地下を貫く
総延長8.83qの京釜高速鉄道元曉トンネル工事に入って行って来年5月竣工を控えている。
 SK建設は工事期間短縮をのために蔚州郡三同面Bゴルフ場内1万8千余u谷敷地を中心に両方でトンネルをくぐる
工事を進行した後去年超に長さ50mの連結トンネル工事を完了した。
また同年3月には連結トンネル上部20余m高さに重量を減らすために、既存同一土面積重さの100分の1位である
ブロック形態のEPS構造物(上部地域面積2183u、下部地域847u)を設置した。

 最初Bゴルフ場はこの一帯が高さ20mほどの淀みによって安全に脅威を与えるのは勿論、
谷敷地の效率的な活用(造景工事)をのために周辺ゴルフ場高さ位に土砂で補うのを施工使用側に要求した。
 これに対してSK建設はこの部分を周辺高さ位に覆う場合20万トン規模の土が必要で、
トンネル壁厚さを再度最初0.75mから1.8m以上に厚く施工するとし、ゴルフ場側との協議過程でEPS工法に変更した。

 しかし問題はBゴルフ場が去年7月この敷地に造景工事のための土を搬入する過程で全体的に沈下が発生したし、
土が多く積もった所は最大3〜4m陷沒された事件が発生、安全性に疑問を投げかけている。
 専門家たちによればスティロポムを圧縮したEPS構造物は1ヶ所に重さが傾けば破損により陷沒されるとか
構造物下部に水がたまれば浮力も発生して集中豪雨など自然災害や工事が進行中の時、
陷沒事故が繰り返される可能性が高いので指摘されている。
この場合元曉トンネルの安全性にも少なくない影響を与える可能性があってボガンチェック用意が要求されてある。

 これに対してSK建設は"EPS一部が陷沒されて去る3月補修が完了したしトンネル安全性には全然問題がない"と
"現在EPS陷沒原因を探すために用役を実施中で結果が出る大道補強工事を実施する計画"と言った。

2008.7.23

釜山市内地下トンネル工事で地上の道路陥没・建造物亀裂が発生


[釜山]KTX金井トンネル上部歩道に“穴があく”
大宇建設京釜高速鉄道14-2工区金井トンネルハマゾン工事区間で上部歩道と建物割れ目
http://www.cnbnews.com/category/read.html?bcode=45707

2008.7.9

ソウル〜釜山間を2時間10分で走破 10年に京釜高速の第2段完成
http://japan.donga.com/srv/service.php3?bicode=040000&biid=2008070911158

 京釜(キョンブ)高速鉄道の第2段階事業が2010年12月に終わると、ソウル〜釜山(ブサン)の運行時間が2時間 45分から2時間10分に短縮される。
 8日、国土海洋部(国土部)によると、第2段階区間(東大邱〜新慶州〜蔚山〜釜山)のうち、
蔚山(ウルサン)駅の新設と釜山駅の増築事業を来月に着工させ、2010年12月に完工する。
新慶州(シンキョンジュ)駅は昨年に着工していた。
 京釜高速鉄道のすべての区間が開通すれば、第1段階(ソウル〜東大邱)区間は91分、
第2段階の区間は39分の所用時間となる。
 来月に着工する蔚山駅(蔚州郡三南面)は地上4階、延べ面積8578u規模。駅の建物は鶴の羽のイメージを象った。
 蔚山駅が開通すると、1日に1万1000人余りが利用するものと国土部は見通している。
蔚山から首都圏までセマウル号を利用する時よりも、およそ2時間も短縮される。
 釜山駅が増築されれば、交通混雑が減少し、釜山の北港開発が終われば、1日に15万人以上を乗せる交通観光の中心軸になるものとみられる。
 国土部の李鍾國(イ・ジョングク)高速鉄道課長は「第2段階区間が開通すれば、全国が日帰り生活圏も超えて、半日生活圏に変わる」と話した。

2008.7.4

9月に釜山駅増築工事着工。事業費は433億ウォン。

http://news.busanilbo.com/cgi-bin/dbquery?aid=20080704.1002102632&coi=100.RA106.S10.01500701-01500701:20080704:01500701.2008070410000479908:1

2008.5.19

軌道狂いが深刻で脱線事故の危惧。独仏の分岐器の互換性に問題(の可能 性)も浮上
(以下Web翻訳後、管理人が辞書で校正。)

 時速300qで疾走するKTX(高速鉄道) 京釜線の120の区間で、3年間おおよそ4392回も繰り返し鉄道軌道 狂いが発生,
脱線などが憂慮
される
ことが判明した.
‘路盤’沈下が原因と明かされても根本対策なく砂利投入など彌縫策で一貫,深刻性を加えた.
路盤は走る鉄道レールの荷重を支える枕木の下の地盤を示す.

 監査院は2006年11〜12月コレイル(韓国鉄道公社)と韓国鉄道施設公団を対象に‘KTX建設事業推進実態’に対して監査をした結果、KTXの各種安全装置がまともに設計・施工及び維持管理されることがなくて、線路及び信号互換障害で脱線など安全に深刻な問題があると18日明らかに した.
 監査院によれば京釜高速鉄道の120の区間で2004年4月から2006年12月まで路盤沈下で計4392回もの軌道狂いが判明した.
1区間当たり平均36.6回の軌道狂いが発生した高い数値だ.
 それに列車軌道と路盤の設計・工事をそれぞれ発注してみると、軌道狂いについて責任所在を選り分けるのが難しくて,
欠点補修をコレイル予算で使うせいで予算無駄使いまで招来された.

 またKTX走行時、荷重などを緩衝する鉄道レール下のゴムパッドの場合、剛性 基準によって交換しなければならないのに、
厚さ基準(7o以下)で入れ替えてレール,枕木などが破損されるとか運行車の軌道狂いが憂慮
された.
 これと一緒に列車車両を連結する安全施設である活動締結装置の場合、列車運行時に発生する変形や性能などを
勘案,設計しなくてパッドが潰れて列車軌間の拡がる危険が高いことが判明した.
 特に列車の運行線路を変えてくれる分岐器を高速鉄道建設1段階工事区間ではフ ランス製を使った一方,
2段階区間ではドイツ製を採択して信号互換障害も心配さ れると監査院は明らかにした.
一部区間は洪水被害あることが判明した.

同時にKTX光明駅の定時運行率は37.2%,東大邱駅は42.1%にとどまって、
中間停車駅などの乗客たちが大きい不便を経験することがわかった.

[単独]KTX‘脱線’危険抱えて走る
‘軌道狂い’3年間120の区間で4392回発生

http://www.seoul.co.kr/news/newsView.php?id=20080519005005


参照
2006.10.19【国政監査】「低速鉄KTX」性急な開業で 線路捩れ・軌道狂い多発、小手先保線で減速運転も。
2005.05.18「地盤不安全、あちこちに「捩れ」現象」

2007.12.21

慶州市乾川邑華川里でKTX橋脚工事用の足場が崩壊し、7人負傷。
http://www.yonhapnews.co.kr/society/2007/12/21/0701000000AKR20071221087100053.HTML

2007.11.2

【2期】釜山市の京釜高速鉄道2期区間ルート上に(釜山猿区)、「釜田 駅」開設へ。
準備工事として分岐器設置予算236億ウォンが予算計上され、将来は釜山〜馬山電鉄線や東海南部複線電鉄線と接続する。
国際新聞:http://www.kookje.co.kr/news2006/asp/center.asp?gbn=v&code=0300&key=20071102.99002102141

2007.10.10

21:15ごろ、蔚山広域市蔚州郡斗西面(トゥソミョン)の京釜高速線2期区間トンネル工事現場で掘削作業の作業員1人が水の出ないポンプを確認し たところ、感電死
http://www.ytn.co.kr/_ln/0103_200710110851165409

2007.9.5

高速鉄都心工事無断発破
釜山鎮区役所~ボリムグックザン区間住民たち騷音・震動で苦痛
http://www.kookje.co.kr/news2006/asp/center.asp?gbn=v&code=0300&key=20070906.22006212847

2007.7.19

2期区間分岐器が1期区間と互換性なく脱線の危険!?

京釜高速鉄国産化軌道離脱するが
東大邱-釜山区間分岐器国産品採択しない
費用無駄使い・互換性不足など論難
ハンギョレ 金堰怨記者

http://news.mk.co.kr/newsRead.php?sc=30100005&cm=&year=2007&no=379838&sID=301
 韓国鉄道施設公団が来る2010年末まで完工される京釜高速鉄2段階東大邱-釜山区間(122.8q)に
1段階区間に適用された国産製品をあきらめてドイツ製品を設計に反映して論難が一顧ある.
 1段階区間で該当製品の国産化に参加した国内業社と鉄道技術研究院(KRRI)は“時間と費用を入れて国産化した製品を什なくて
200余億ウォンの予算を浪費して,全体線路の維持・管理ももっと難しくする”と主張している.
 鉄道施設公団は去年6月京釜高速鉄道2段階区間実施設計で,分岐器をドイツBWG製品を使うようにした.
1段階ではフランス製品を国産化したサムピョE&C製品を適用して来たが、
2段階区間から砂利軌道代わりコンクリート軌道で変えたところよった決定だった.
 鉄道公団のギムヨンク軌道技術チーム長は“既存のサムピョE&Cの分岐器は当時まで
高速鉄のコンクリート軌道に使った事例がなかった”と“もうドイツ高速鉄に適用されて安全性が
検証されたBWG製品を選択する数しかなかった”と明らかにした.
 しかしサムピョE&Cの奴名数引っ越しは“フランスCOGIFERの分岐器を国産化して1段階に適用したが,
COGIFER製品が去る6月開通したフランスTGV東線のコンクリート軌道でもう使われている”と
“費用も国産化製品が198億ウォンでBWG製品(325億ウォン)より130億ウォンほど安い”と駁した.
サムピョは分岐器国産化に4年間170億ウォンを投資したと明らかにした.
 分岐器をBWG製品で使うによって線路転機(分岐器を動かす装置)やっぱりフランス・アルストムで技術を移転受けて
サムソンSDSで国産化したMJ81を書き取り難しくなった.
 鉄道公団ギムゾンガブ信号技術チーム次長は“BWG分岐器にMJ81線路転機を結合して書き取り難しいという結論が出た”と
“現在ドイツ・ジーメンスS700するようにとオーストリアのこんにちはドロースター線路転機を検討中”と明らかにした.
 鉄道公団は9月頃線路転機の種類と施工会社を決める予定だ.
しかし鉄道技術研究院のキム・ヨンギュ列車制御研究チーム長は“TGV東ヨーロッパ線の線路転機は国内1段階区間製品と同じだ”と
“2段階区間でもサムピョE&C分岐器を使ったら線路転機もMJ81をそのまま使うことができる”と明らかにした.
金チーム長は“1~2段階でお互いに違う製品を使えば信号体系が変わって事故対応に難しさがあって,
線路転機など部属製品費用も既存より数十億ウォンで100億ウォンまでもっと入る”と付け加えた.
 MJ81を国産化したサムソンSDSも“1段階のようにサムピョE&Cの分岐器を使ったら
MJ81を適用するところ何らの問題がない”と明らかにした.一方,監査院は去年からこの問題に対する監査をしたし,今月中監査結果を発表する予定だ


※第1期:バラスト軌道+(フランス・アルストム+国産サムピョE&Cの転轍機MJ81)+フランスCOGIFER社製分岐器
※第2期:スラブ軌道(Rheda2000)+転轍機シーメンスS700+BWG社製分岐器

2007.2.9

蔚山地方法院第1刑事部、京釜高速鉄道2期区間工事妨害のチユル僧侶の控訴棄却。僧侶は直ちに最高裁に上告。
KBS:http: //news.kbs.co.kr/article/local/200702/20070209/1298843.html

2006.12.19

LS産電コンソーシアム(LS産電、三星SDS、仏アルストム、仏CSEE)、京釜高速鉄道2 期区間列車制御システム1690億ウォンで受注
毎日経済:http://news.mk.co.kr/newsRead.php?sc=30100006& year=2006&no=551153

2006.10.21

【国政監査】穴があいた大邱-釜山高速鉄道工事/軌道工法・レール締結装置選定過程実績操作
 大邱-釜山間2段階高速鉄道工事が軌道工法選定とレール締結装置選定などの過程で、実績を操作するなど相当な虚点が あったことで国政監査で指摘された.
 国会建設交通委所属のヨリンウリ党朱昇鎔(チュ・スンヨン)議員は20日、韓国鉄道施設公団に関する国政監査でこのような疑惑を申し立てて、高速鉄道 1・2段階全区間に関して精密点検必要性を申し立てた。
 朱議員は軌道工法選定と関連、「公団では去る2002年2段階区間に適用する軌道構造でコンクリート軌道工法である『レーダ(Rheda)2000』と いう工法で決めたが、レーダ2000は全世界的に403qの実績があって、ドイツ高速鉄道ではレーダ2000が設置されたように報告したが、確認された結 果はレーダ2000は時速250q区間のうちたった7qだけ設置、実績が虚偽で作成されたことが判明した」と主張した。
 朱議員はまた「たった7qの実績には安全性と性能を立証する数ないのにレーダ2000を選定した」と「大邱-釜山間247qに安全性と性能が立証されて いない軌道を設置することに決めたのは特定業社・特定製品を選定することための行為だったという疑惑がある」と言った。
 これと共に去る6月に設計が終わった大邱-釜山間高速鉄道のレール締結装置と関しても、「主要締結装置で選定されたSFCという製品は全世界的にほとん ど所にも設置されることがない、実績が全くない製品」載せなさいと言いながら、「特に製品選定試験でSFC原題品では性能が基準に切れようレールとレール パッド間に約2oの鉄板を挿入して不正な方法で試験を通過させた」と暴露した。
 朱議員は引き続いて、「高速鉄道軌道枕木価格と関連、枕木1セット7万4千余ウォンを策定、ソウル地下鉄の6万4千余ウォンより1万余ウォン高く策定し て40億で資材予算を浪費した。」のと「この過程で設計会社である鉄道技術公社が特定業社との技術提携契約締結を慫慂した事実が明かされた」と付け加え た。

国際新聞:http://www.kookje.co.kr/news2006/asp/center.asp? gbn=v&code=0300&key=20061021.22002222909
東亜日報:http://www.donga.com/fbin/output?f=c__&n= 200610200328

2006.10.11

蔚山広域市蔚州郡斗西面(トゥソミョン)の京釜高速鉄道第2期区間トンネル工事現場で手抜き工事を原因とした陥没事故が発生、
山崩れや農地陥没、墓地毀損などの被害が出ているが、施工業者は発生から4ヵ月後の現在でも取材・補償を拒 否している。


蔚山毎日:http://www.inews.org/Snews/articleshow.php?Domain= saemi&No=144714
蔚山毎日(2):http://www.inews.org/Snews/articleshow.php? Domain=saemi&No=144787

2006.9.20

【新線】2015年までに振り子式TTXのセマウル号でも京釜間3時間以 内?【無駄?】
釜山日報日本語版:http://japanese.busanilbo.com/index301.asp? gubun=R&i_db=board5&i_sno=588

2006.8.23

KTX(京釜間)2期区間全通後も所要時間2時間10-30分。騒音対策のため、スラブ軌道採 用区間は減速運転?
釜山日報日本語版:http://japanese.busanilbo.com/index301.asp? gubun=R&i_db=board5&i_sno=564

2006.8.11

市内高速鉄道地下化(釜山鎮-釜山2.5km)の釜山市の都市計画がBPA(釜山港湾公社)に拒否される。
国際新聞:http://www.kookje.co.kr/news2000/asp/news.asp?gbn= v&code=0300&key=20060811.22002222413

2006.6.2

チユル僧侶の反対で法廷闘争中の京釜高速鉄道第二期区間(東大邱-慶州-釜山)の千聖山トンネ ル山椒魚訴訟(原告:山椒魚)が最高裁で棄却され、2年8ヶ月の工事中断にも終止符か。
朝鮮日報日本語版:http: //japanese.chosun.com/site/data/html_dir/2006/06/05/20060605000002.html

2005.12.9

チユル僧侶が11.30から5回目の断食突入
ノーカットニュース:http://www.cbs.co.kr/Nocut/Show.asp?IDX=120727

2005.12.7

京釜高速鉄道第2期区間の慶州市内で初期新羅王朝時代の遺跡が大量に出土し、工事遅延の恐れ。
国際新聞:http://www.kookje.co.kr/news2000/asp/news.asp?gbn= v&code=0500&key=20051207.99002131935

2004.12.03

金井山トンネル法廷攻防'伯仲'
釜山日報:http: //www.pusanilbo.com/news2000/html/2004/1203/030020041203.1033113407.html

2004.10.27

高速鉄道蔚山駅隣近遺跡多量分布。神話里5〜6所、駅中心圏開発影響不可避
ニュース・ワン:http://www.newsone.co.kr/New/new_org2.php?id= 154163&code=ynnews&pa=c

2004.10.26

KTXチョンソン山トンネル反対のチユル僧侶、27日から断食抗議活動再開
オーマイニュース:http: //www.ohmynews.com/ArticleView/article_view.asp?menu=c10100&no=193521&rel_no=1&back_url=
仏教新聞:http: //www.buddhistnews.net/news/1_152/200410251098741086.asp

釜山市、釜山駅総合駅舎化とKTX釜山釜田駅新設の具体案を建設交通部に報告
国際新聞:http://www.pusannews.co.kr/news2000/asp/news.asp? gbn=v&code=&key=20041026.22002224015

2004.10.23

【京釜2期】姜東錫(カン・ドンソク)建設交通部長官、釜田駅(釜山市釜山鎮区)にKTX新駅 設置検討を表明
釜山日報:http: //www.pusanilbo.com/news2000/html/2004/1023/010020041023.1002111006.html
全羅日報:http: //www.jeollailbo.com/news/general_view.php?code4=E0100003&An=126421&page=1

KTX2期区間の金井山斜坑工事、住民500人反対運動展開
国際新聞:http://www.kookje.co.kr/news2000/asp/news.asp?gbn= v&code=0300&key=20041023.33007011322

2004.10.22

古文書と大統領決済書類を保管する建物を体育館と誤って標記した地図によりKTX第2期区間の 工事着手できず。
ハンギョレ新聞:http://newsmaker.khan.co.kr/? mode=view&art_id=3149&dept=8380&p_date=

2004.10.19

蔚山市のKTX2期工事区間5ヶ所中2ヶ所で市民の抗議で14日から工事中断
慶尚日報:http: //www.ksilbo.co.kr/ksib_nws.php?action=read&t_mcategory=2&t_scategory=4&t_no=107801

2004.10.17

KTX第2期区間、相次ぐ反対訴訟。市民団体が「金井山(クムジョンサン)を守る市民訴訟委員 会」結成
国民日報:http: //www.kmib.co.kr/html/kmview/2004/1017/091958232311131700.html

2004.9.16

2010年までに開設されるKTX新駅の場所が金泉(キムチョン)駅が金泉市農所面(ノンソ ミョン)月谷里に、
蔚山(ウルサン)駅が蔚山広域市蔚州郡三南面(サンナムミョン)神話里に決定
>>駅予定地見取図
朝鮮日報:http: //www.chosun.com/w21data/html/news/200409/200409160390.html

2004.8.26

トンネル工事遅延による完工遅延の場合、社会的損失年間2兆ウォン、工事が6ヶ月延びた場合、 予定通りの完工不可。
判決が政府に不利な場合、ルート変更の論難などが再燃の恐れも

CBSノーカットニュース:http://www.cbs.co.kr/nocut/show.asp?idx= 27705

青瓦台、チョンソン山トンネル工事を釜山高裁判決まで一時中断へ。
朝鮮日報:http: //www.chosun.com/w21data/html/news/200408/200408260375.html
CBSノーカットニュース:http://www.cbs.co.kr/nocut/show.asp?idx=27766

チユル僧侶、チョンソン山トンネル工事での環境再調査を政府が受け入れたことにより、58日目 で断食中断
朝鮮日報日本語版:http: //japanese.chosun.com/site/data/html_dir/2004/08/26/20040826000087.html

2004.8.25

チユル僧侶、断食57日目、健康悪化で病院移送
YTN:http://www.ytn.co.kr/news/news_view.php?cd= 0103&key=200408251531003875

2004.8.24

26日にチユル僧侶支援蝋燭集会
国際新聞:http://www.pusannews.co.kr/news2000/asp/news.asp? gbn=v&code=0300&key=20040824.99002180510

2004.8.23

チョンソン山トンネル工事に対し、釜山の市民団体が本格的反対運動に突入
釜山日報:http: //www.pusanilbo.com/news2000/html/2004/0823/030020040823.1038113831.html

2004.8.18

チユル僧侶、断食50日目も青瓦台無反応
ハンギョレ新聞:http://www.hani.co.kr/section- 005000000/2004/08/005000000200408181753311.html

トンネル回避のため大邱〜釜山直線化(慶州をショートカット)を要求していたチユル僧侶と環境 団体
ハンギョレ新聞:http://www.hani.co.kr/section- 005100007/2004/08/005100007200408181759170.html

水と醤油だけで断食続けるチユル僧侶
ハンギョレ新聞:http://www.hani.co.kr/section- 005100007/2004/08/005100007200408181757104.html

2004.8.13

断食45日目のチユル僧侶、工事中断期間が明示されてないとして青瓦台の仲裁案拒否
YTN:http: //www.ytn.co.kr/news/news_view.php?cd=0103&key=200408131647599526

2004.8.12

青瓦台、KTXチョンソン山トンネル工事中断検討。
YTN:http://www.ytn.co.kr/news/news_view.php?cd= 0101&key=200408121007017951
朝鮮日報:http: //www.chosun.com/w21data/html/news/200408/200408130016.html
東亜日報:http://www.donga.com/fbin/output?f=totalc&code =c__&n=200408130013

2004.8.6

KTX第2期区間の13-4工区(慶尚南同梁山市熊山邑(ウンソンウップ)-東面(トンミョン)の9km)を施工する現代建設が住民9人を業務妨害で告訴。
現代建設:「金銭交渉で合意に至らず、工事が長期間腰砕けになるなど損失が累積したため」
住民は私有地賃貸拒否で対抗。
釜山日報:http: //www.pusanilbo.com/news2000/html/2004/0806/0E0020040806.1061105739.html

↓7.28報道により、公団は市に工事車輌代替通行ルート提出も迂回ルート側の住民も反発
釜山日報:http: //www.pusanilbo.com/news2000/html/2004/0806/030020040806.1028112820.html

2004.8.2

地下でKTXトンネル工事の蔚山市蔚州郡三同面紫カントリークラブ、会員への説明に苦心。
慶尚日報:http: //www.ksilbo.co.kr/ksib_nws.php?action=read&t_mcategory=3&t_scategory=1&t_no=101599

2004.7.27

KTX第2期区間の金井山トンネル工事用斜坑トンネル着工強行に付近住民と環境団体反発
60万トンの土砂搬出によるダンプの通過は500台が、生活道路封鎖をもたらすとし、工事現場変更要求。
釜山日報:http: //www.pusanilbo.com/news2000/html/2004/0728/030020040728.1030112913.html

2004.7.23

東海南部線、別線方式(?)で複線電化、KTX新慶州駅(2010年開業予定)と連絡し、現状の駅(慶州駅・仏国寺駅)は廃止へ・・・
朝鮮日報:http: //www.chosun.com/w21data/html/news/200407/200407230383.html
東亜日報:http://www.donga.com/fbin/moeum?n= society$c_706&a=v&l=7&id=200407230201
文化日報:http: //www.munhwa.com/society/200407/24/20040724010308270830020.html
中央日報:http: //news.joins.com/society/200407/23/200407231803580671300032003220.html
ソウル経済新聞:http: //economy.hankooki.com/lpage/news/200407/e2004072318241247590.htm
「日帝の敷設した線路を撤去し、民族の精気立てる機会。」
7.26付東亜日報:http: //www.donga.com/fbin/moeum?n=society$c_706&a=v&l=11&id=200407260088

2004.7.13

釜山地裁民事部、KTXチョンソン山区間工事一時中断勧告
中央日報:http: //news.joins.com/society/200407/13/200407132034599901300032003220.html

KTX第2期区間11-3工区(永川市)で担当の韓進重工業の違法行為・ 環境破壊が相次ぐ
嶺南日報(原文):http: //www.yeongnam.com/yeongnam/html/yeongnamdaily/society/article.shtml?id=20040713.010241116520001

2004.7.2

「チョンソン山守ろう」叫びながら歩いて大邱〜釜山行進。慶北大等大学生130人余り発起式し 出発
京郷新聞:http://www.hani.co.kr/section- 005100033/2004/07/005100033200407012058239.html

2004.6.30

チョンソン山トンネル反対運動の僧侶、青瓦台(大統領府)前で断食座り込み
オーマイニュース:http: //www.ohmynews.com/articleview/article_view.asp?menu=c10100&no=174453&rel_no=1

2004.6.14

11日に逮捕された反対運動者の僧侶、非拘束立件へ。
朝鮮日報:http://www.chosun.com/w21data/html/news/200406/200406140143.html

2004.6.12

慶尚南道住民、KTXトンネル工事に根強い不信
Ohmynews:http: //www.ohmynews.com/articleview/article_view.asp?menu=c10100&no=171227&rel_no=1

2004.6.11

京釜高速鉄道第2期区間チョンソン山トンネル反対運動の主導者の僧侶を逮捕
empas:http: //jnews.empas.com/show.tsp/so/20040611n05576/

2004.6.4

KTX新慶州駅の場所が慶州郡三南面神話里に暫定決定東亜日報

2004.6.1

KTX第2期区間トンネル工事で騒音・振動被害に住民抗議、和解案膠着中慶北日報

2004.5.27

鉄道庁長、「KTX全線開業2010年まで完成させるソウル経済新聞

2004.5.19

KTX2期工事区間のトンネルに反対していた僧侶を工事を妨害したとして、施行業者の現代建設 が告訴朝鮮日報

2004.4.13

金井山・チョンソン山トンネル貫通反対の市民団体が総選挙に向け、環境派候補を発表。対象外の 候補者への落選運動展開へempas

2004.4.12

蔚山駅も駅名論争。梁山(ヤンサン)市民、「蔚山梁山」への変更求めて署名 活動開始。
蔚山側は「釜山が隣だから釜山蔚山に変えろというのと変わらない」と一蹴
ハンギョレ釜山日報

2004.4.9

チョンソン山トンネル訴訟で、山椒魚を原告とした環境団体の処分申し立てを棄却。東亜日報朝鮮日報


【京釜新駅】(平沢・五松・金泉亀尾・釜山釜田など)

2010.3. 新駅設置で延着ダイヤ

KTX、オゾン・キムチョン亀尾駅新設工事で最大7分延着
http://news.mt.co.kr/mtview.php?no=2010031413265435244&type=1
 コレイルは高速鉄道五松駅、キムチョン・亀尾(クミ)駅新設工事で15日から8月28日までKTX全路線が最小2分、
最大7分ほど延着運行されると14日明らかにした。
 新設駅工事作業は高速船本線と新設駅舎の軌道を連結する作業で、工事は列車運行が終わった夜間に成り立つ計画だ。
コレイルは乗客の不便を最小化するために工事期間間KTX乗車券、コレイルホームページ、
KTX停車駅などを通じて引き延ばし内容を案内する方針だ。

コレイル金均性(キム・ギュンソン)輸送安全室長は「工事日程別でKTXの徐行運転速度と延着場所がそれぞれの
列車運行時刻には延着予想時間が反映されることはない。」と「鉄道利用に不便を差し上げた点に対し了解を望む。」と言った。


2008.8.21

[KTX駅舎名称おいて亀尾-キムチョン葛藤]
http://news.mk.co.kr/newsRead.php?sc=30000022&year=2008&no=516903&sID=300
 KTX駅名前を取り囲んで隣り地方自治体である慶北亀尾(クミ)市と金泉市が神経戦をしている.
21日亀尾市と金泉市によれば国土海洋部は来る28日午後3時金泉市南面玉山里現場で
京釜高速鉄キムチョン駅舎起工式を開催する.

 問題は国土海洋部が起工式招待状を送るとか工事を発注する時'京釜高速鉄道キムチョン駅舎'と明示して,
亀尾地域国会議員や機関長たちを起工式に招待するのないのにはみでた.
 国土海洋部は"事業名称だけ'京釜高速鉄道キムチョン駅舎'と決めただけで駅舎名称はまだ定めるのなかった"と
"駅名称は完工5ヶ月前に鉄道施設公団が正解鉄道工事が関連地方自治体協議を経って国土海洋部考試で確定される"と明らかにした.

これによってまだ金泉市農所面に立ち入るKTX駅舎の名称が確定されるのなかったのに亀尾市は
ともすれば'KTX金泉駅'で名前が固まるのがないかと言う憂慮を送っている.
亀尾市はキムチョン農所面にKTX史家完工されても全体利用客の70%以上が亀尾地域乗客であるので
推算されるという用駅結果を土台でその間'KTXキムチョン.亀尾駅'で決めるとすると主張して来た.

 これだから亀尾市はKTX駅舎建立が最終決まる時、高速鉄道駅舎名称に亀尾を銘記するという条件で
地方分担金中21億ウォンを負担して金泉市が15億ウォンを出すことにしたという立場だ.
 亀尾市は名称と関した論難がはみでよう21日報道資料を通じて"駅舎名称が金泉駅でなる場合には
駅舎建立分担金や進入道路事業費を1文も出せない"と"慶北西部地域の共同発展のために
キムチョン.亀尾駅で定めて与えるように望んで来週に慶尚北道と国土海洋部を抗議訪問してキムチョン.
亀尾駅名称に還元するのを強力に要求する予定だ"と強硬な態度を見せている.

 一方金泉市は駅舎が立ち入る行政区域がキムチョン地域である位'KTX金泉駅'という名前が付くのが当たり前だという反応を見せている.
2006年8月建設交通部が京釜高速鉄道建設基本計画変更を公告しながら駅舎名称を'キムチョン.亀尾駅'と
した後から金泉市は持続的に関係機関に名前を金泉駅で変更して竝びのを要請して来た.
これだから興奮した亀尾市と違い物静かな反応を見えている.
金泉市関係者は"はじめから駅舎名称を金泉駅で付ける方案を推進して来たし,当然なるとするのだ"と
"なぜ亀尾市が遅く名称を持って論難をするのか理解できない"と言った.

2008.7.23

土地公社,駅舎設置技術検討用役依頼
http://news.mk.co.kr/newsRead.php?sc=30000020&year=2008&no=460002&sID=503
 京畿道及び平沢市の長い間の宿願事業中ひとつの平沢高徳国際新都市内KTX駅舎設置のための
技術検討用役が外国専門機関に依頼されながら結果が注目されている.
研究用役結果技術的に駅舎設置が可能と判断される場合、回る工事費を用意,
駅舎を設置するという立場なので平沢地域のKTX停車が現実化される可能性が高くなった.

 23日道によれば京畿)都市公社と一緒に高徳新都市造成事業を施行している韓国土地公社は最近
フランス高速鉄道監理会社のシストラ社に高徳新都市内KTX駅舎設置についての技術検討用役を依頼した.
 シストラ社は来年1月中旬まで橋梁形態で建設されているKTX高徳新都市区間中平沢市古徳面ヘチァン里
隣近に新しい駅舎設置が可能か,可能ならばどうな方式で設置するとするかどうかを研究するようになる.

 その間高徳新都市KTX駅舎のさばる車が本線から出て停車できる別途の橋梁形態鉄路建設が必要で
停車のために必要な直線区間が確保されるとするのに直線区間が短くて駅舎設置が現実的に難しいという技術的評価が支配的だった.
 陶瓦土地公社などはしかし、フランスのある高速鉄道技術研究所が最近"駅舎設置が技術的に可能な"
意見を提示するによって今回に精密検討用役を依頼するようになったという。.

 回る用役結果駅舎設置が可能ならば韓国土地公社,鉄道公社などと協議,3千億ウォン以下で推算される
駅舎設置費を高徳新都市開発利益金で用意した後着工するという計画だ.
 その間在韓米軍基地が移転して来る平沢地域インセンティブ次元で高徳国際新都市に
KTX駅舎設置を中央政府に引き続き建議して来た.

2008.6.25

KTX五松(オソン)新駅(天安牙山-大田間)、今月25日に起工式、総額1536億ウォン。 2010年12月完工、2011年3月開業予定

五松駅25日起工,2010年開通
http://www.inews365.com/news/article.html?no=37594

2007.2.5

【またフランスのボッタクリか!】フランスの助言でKTX平沢駅誘致が加 速!?【珍説】

 在韓米軍基地移転の関係で中央政府の援護を受けてまで推進されてきた京釜高速線平沢(ピョンテク)駅(天安牙山-大田間)設置事業は、
300km/hで走る高速列車の停車駅を確保するには「減速区間として最低20kmの直線土工部」が必要で、
曲線部の多い平沢市内の国際化地区の直線距離はこれに満たないという。
また、高架軌道上に建設するため、土地取得費以外に7000億ウォンもの工費が見込まれ、京畿道、鉄道施設公団でも具体的な論議がなかった。

 地元選出の鄭長善(チョン・ジャンソン/ウリ党議長)議員が鉄道施設公団を通じてフランスのある技術研修所に打診したところ、
昨年末に「技術的に可能」との意見を受けた。フランス側の提示した案は「予定駅 区間の高架軌道部分に不足する直線軌道を付け足す」ものだという。


※京釜高速線って最小曲線半径がR7000だけどそれでも駅を設置するほどの直線とみなせないのか?
※東海道新幹線も新富士・掛川・三河安城の新3駅(同じく既存軌道に待避線増設)は待避線進入地点は既存駅より長めに取ってるけど、せいぜい1km。それ は待避・追い越しの最小可能時分を縮めるためであって、駅設置の技術的な障害ではなかった。
※台湾高速鉄道でTGV陣営は3分続行運転を達成するには両端で計1600mの副本線と38番分岐器でOKという結論を出していたが・・・
※フランスぼろ儲けだなwww
※低床ホームは曲線部分に設置不可???

朝鮮日報:http: //news.chosun.com/site/data/html_dir/2008/02/05/2008020500085.html

2007.9.13

清州市議会KTX五松駅の駅名変更要求など事実上拒否
http://www.cctoday.co.kr/news/articleView.html?idxno=242634

2007.3.16

【2期】2010年に開業する京釜高速線五松駅は5048億ウォンの工費で4面10線に
(2015年湖南高速線開業時、3670億ウォン。10年は2面6線、1378億ウォン)

ファーストデイリー:http://www.1stdaily.co.kr/sub_read.html?uid= 3724&section=sc1

2005.11.4

与党ウリ党のチョン・ジャンソン議員(京畿道平沢選出)、「KTX平沢駅(光明〜天安牙山間)設置で建設交通部と合意」と記者に漏らすが
建設交通部直ちに「検討中と確定ではない」と否定。
東亜日報:http://www.donga.com/fbin/output?f =a_s&n=200511040148&main=1

2004.9.24

ソウル南西住民20万人署名などで、永登浦(ヨンドンポ)駅のKTX停車 運動展開
首都圏日報:http: //www.metrotimes.co.kr/newsn/346/NewsView.asp?arcid=264537&go=2&com_id=120&se=

2004.9.22

政府、KTX五松駅建設予算100億ウォン追加確保で390億ウォンに。
忠北日報:http://cb365.co.kr/gisa/view.asp?n_idx=25033& n_rel=g1G25033&n_type=g1&n_type2=G

2004.9.14

姜東錫建設交通部長官、KTX京畿南部新駅(光明〜平沢間)開設による妥当性と経済性を検討。
韓国経済新聞:http://www.hankyung.com/cgi-bin/kisaview.cgi? NewsID=2004091453048&Date=200409&Cid=10&Sid=1008

2004.7.27

亀尾(クミ・慶尚北道)市民、KTX金泉亀尾駅の場所が市街地北西3kmの金泉市三樂洞(サン ナクトン)一帯に選定される動きに反発。
商工会議所の執行委員会で市街地南東3kmの亀尾市境界に近い金泉市農所面(ノンソミョン)への誘致に全力を挙げるとしている。
慶尚北道、欧米・金泉両市、韓国鉄道施設公団の関係者協議では、建設費の面から(三樂洞:1,300億ウォン、農所面:1,900億ウォン)
三樂洞近辺が有力候補地として中央政府に建議していた。
慶北日報:http://www.kyongbuk.co.kr/report_view.html?board= ms_newskyong&idno=8025

2004.5.25

与党ヨルリンウリ党辛基南議長、KTX平沢駅誘致宣言で、水原・華城などの隣接都市と神経戦突 入中部日報

2004.4.1

総選挙を控え候補者が五松駅早期開業を公約し住民混乱。建設交通部は早くて2008年の見解。 政府は2010年、忠北道政府は2007年。 -中央日報

SEO [PR]  ローン比較 再就職支援 バレンタイン 無料レンタルサーバー SEO